2021年11月06日

やっぱり、うまくいかないのは誰かのせい…w

zakzak;【日本の選択】支持基盤離れも反省なき「立民」 目先の票欲しさの“野党共闘”は敗北 代表選で方針変わるか疑問 2021.11.6

>立憲民主党のサイトを開くと、「衆院選2021 選挙結果」の文字の下に「変えよう。」との大きな文字が記されている。思わず「結果は変わりませんよ」と呟いてしまった。

>2日の執行役員会において、枝野幸男代表が遅ればせながら辞意を表明し、特別国会後に代表選が行われる見通しだ。「政権選択選挙」と位置づけながら、議席数を減らす結果となったのだから当然の話である。

>枝野代表のあいさつを読むと肝心なことが一切語られていない。

>「残念な結果」「ひとえに私の力不足」「大変申し訳なく思っている」との常套(じょうとう)句が繰り返されるが、なぜ、国民の支持を得られなかったのかについての分析や反省が一切見られなかった。

>投開票日(10月31日)の記者会見の際には、野党共闘に関して、「一定の成果はあった」と述べた。だが、実際に敗北を喫している以上、説得力はない。

>最大の支持組織である連合の芳野友子会長が1日の記者会見で、「連合の組合員の票が行き場を失った。受け入れられない」と批判したが、正鵠(せいこく)を射ている。元来、共産主義とは明確な一線を画してきた労働組合の会員にとって、自らが支持する政党が共産党と連携するなど、驚天動地の事態に他ならない。

>立憲民主党の執行部は、目先の票欲しさに共産党と連携する道を模索したが、元来の支持層を失う結果となった。枝野氏は潔く「野党共闘の失敗」を認めるべきであった。

>代表選では「野党共闘の是非」が論じられるであろうが、抜本的な見直しが図られるのかは疑わしい。立候補に関して前向きとされる小川淳也元総務政務官は野党共闘派とされる。

>彼が世間の耳目を集めたのは、自らの選挙区に日本維新の会が候補者を擁立すると決定した際だ。約束もなしに維新の会の代議士会に押しかけ、野党候補の一本化を懇請したのである。野党共闘に参加していない日本維新の会に野党共闘を呼びかけることもおかしいが、私には「恥も外聞もなく、自らの当選のために動く政治家」という印象が強烈に残った。

>小川氏は、報道ステーションのインタビュー(2日放送)に、次のように語っていた。

>「自民党政権は長く続き、権力の私物化のような状況が目に余る。しかし、あなたたち野党も本当に私心なく、私利私欲なく国民のために無私の姿勢でやってるのかと。第一に、無私の姿勢…」

>「無私の姿勢」とは、ほど遠い政治家に思えるのだが、私の解釈が誤っているのだろうか。立憲民主党は「共産党とは政策が異なる」と強調する。しかし、野党共闘は正しいと主張する。申し訳ないが、国家よりも自分の議席を優先しているようにしか思えない。





過去を反省し、自らを省みることのない、選挙のためだけの泥舟互助会。

現実を直視することもできない、人罪豊富な我が党だから。

お笑い代表選で、これまた存分に笑かしちゃっとくれ… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





読売新聞オンライン;立民代表選「情勢は混沌」、各グループが動き活性化…「推薦人20人」の壁 2021/11/06 10:17

>立憲民主党(所属国会議員140人)の各グループが枝野代表の辞任に伴う次期代表選をめぐり、動きを活発化させている。グループの規模は最大でも30人足らずで、出馬に必要な推薦人20人を確保して支持を広げるためには、グループ内の結束を図り、他のグループと連携・協力することが不可欠となる。

(以下略)






トーイチャンネット;立憲・小川淳也「私の体は私の体であって私だけの体ではない」と代表選に出馬意向 2021年11月06日

>小川さん、「私の体は私の体であって私だけの体ではない」となかなかセクシーなポエムで存在感をアピールしています。 朝日新聞の報道ではすでに推薦人20名を確保しているようですし、一番人気のようで、あの、有田さんも支持しているようです。 是非、頑張っていただきたい。立憲の代表選、楽しみです…

(略)






トーイチャンネット;立憲・小西議員「他にいなければ私が代表になり自民党を倒さなければならないと思っていますが…」 2021年11月06日

>立憲さんの代表候補、あの小川淳也議員が「あり」なら、小西さんだって当然「あり」でしょう。 なんたって、自民党の総裁選候補だった某先生から、ブレインとして我が党(自民党)に欲しいとまで言われた小西さんなのですから、 立憲民主党の代表くらいチョロいもんでしょう。推薦人だって楽勝で集まるはずですし…w

(略)




















posted by kwazz at 17:44| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

解党的出直し、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

変態新聞;衆院選「民主党」案分票は400万票? 「有権者の思い反映されず」 2021/11/4 19:02

>全国で400万票もの票が「案分票」となっていたら、公正な選挙と言えるだろうか――。10月31日に投開票された衆院選の比例代表で、立憲民主党と国民民主党がそろって略称を「民主党」として届け出たため、得票の割合に応じて票を振り分ける「案分票」が大量に生じた可能性がある。静岡県の場合、静岡市葵区で7955票もの案分票が発生。有権者の「1票」にかけた思いが正しく反映されなかったといえる。

(略)





さて、そこでお約束の党名ロンダリングですよ… ( ´∀`)b ネッ!





Yahoo!ニュース;「立憲民主党」代表選へ 「党名を変えた方がよい」「参院選では共産と闘わざるを得ない」の声 11/4(木) 6:00

>立憲民主党の枝野幸男代表は11月2日の党役員会で、代表を辞任する意向を表明した。立憲は10月31日に投票が行われた衆院選で、多くの選挙区で共産党などと候補を一本化して臨んだが、選挙前の109議席を下回り、96議席にとどまった。今後の代表選を巡る動きなどについてレポートする。

(略)

>今後について野党担当記者に聞くと、

>「首班指名までに新代表を決めるべきだという声もあったようですが、それは回避し、党員も含めたフルスペックの代表選を行うことになりました。現時点で立候補に意欲を見せているのは、前回の代表選で枝野氏と争った泉健太政調会長、元国交相の馬淵澄夫氏、そして映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』に出演した小川淳也氏です」

>旧民主、旧民進党時代から、「顔と名前が全然変わらない」と指摘されてきたことを踏まえれば、少しは新しさを出すチャンスといえるだろうか。

>「そうですねぇ、大臣経験者は馬淵氏のみで自民はもちろん維新と比べても知名度では劣る印象です。それに馬淵氏と小川氏は推薦人20名を集めるのは難しいと言われています。さらに小川氏は野党共闘路線ですが、来年の参院選の2人区で共産は候補を確実に立ててくるわけで、その対応をどうするのか疑問ですよね。挙句には解党的出直しのため、党名を変えるべきだという声さえあがっています」(同)

>なかなか次の「ビジョン」は見えないようなのだ。昨年の代表選でもトップと同時に党名を決めたばかりだったはずなのだが……。






sosdan_001.jpg














posted by kwazz at 18:13| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

まっとうな野党へ開眼か?

共同通信;国民、野党国対の枠組み離脱へ 維新との連携念頭 2021/11/4 13:09

>国民民主党は4日、これまで参加していた野党国対委員長会談の枠組みから離脱する方針を決めた。立憲民主、共産両党などの野党とは一線を画し、政策提言を中心とする独自路線を目指す。政権と是々非々の立場を取る日本維新の会との連携が念頭にあるとみられる。

>国民民主は、立民、共産両党と国対委員長会談を定期的に開き、国会運営に当たってきた。しかし国民幹部は、衆院選で国民前職がいる小選挙区に共産党が候補者を立てたことを問題視。「共産が参加する枠組みにはいられない」としている。維新が議員報酬の削減に向け国民との連携に意欲を示しており、足並みをそろえる狙いもありそうだ。





沈みかけの泥舟、立件共産党から、またぞろ小ネズミたちが大移動、ってことは?

過去、維新も離散集合、色々やらかしちゃってるからね… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;国民民主、立共社の国会対応の枠組みから離脱 2021/11/4 13:11

>国民民主党は4日の役員会で、今後の国会対応に関し、立憲民主、共産、社民の3党と同じ枠組みには加わらないことを決めた。同時に、立民、共産が中心となってきた野党合同ヒアリングに今後も出席しないことを改めて確認した。役員会後、玉木雄一郎代表がツイッターで明らかにした。

>共産を含む野党共闘から一線を画して衆院選で議席を増やしたことを踏まえ、独自路線をより明確にする考えとみられる。

>国民民主は従来、衆院の法案対応などについて原則として立民、共産、社民と協議して決めてきた。国会開会中は週1回、定期的に国対委員長連絡会議を開催し、終了後は立民の安住淳国対委員長が4党を代表して記者会見するのが通例だった。4党の枠組みからの離脱には、立民や共産と同列視されるのを避ける狙いがあるようだ。

>野党合同ヒアリングは、多数の議員が少数の官僚に詰問する様子がインターネットで中継されることなどから与野党から「公開リンチ」「集団つるし上げ」といった批判があり、国民民主の議員は、これまでも参加していなかった。






nakayoshi_001.jpg










posted by kwazz at 17:42| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝野辞めるなも、またブーメラン…w

KSL-Live!;蓮舫さんがまたブーメラン!枝野代表の辞任に「お支えきれず忸怩たる思い」→2週間前「自民党は支持率の下がった菅前首相を守れなかった。総裁を守れない党に国民を守れるわけがない」 2021年11月4日

>立憲民主党の枝野幸男代表が2日、衆院選での現有議席割れの責任をとって辞任する意向を示した。これを受けて同党の蓮舫代表代行はツイッターで「この局面でお支えきれず忸怩たる思いです。ご支援をいただいた方々にも。枝野代表のご決断、私は納得はしていませんが従います。」と複雑な心境であることを明かした。

(略)

>蓮舫さんの投稿には必ずブーメランが仕込まれていると思っていい。案の定、蓮舫氏は2週間前の演説で「自民党は支持率の下がった菅前首相(総裁)を守れなかった。総裁を守れない党に国民を守れるわけがない」と自民党を批判している。

(以下略)





これまたお約束通りの展開の、ツイッター芸人レンポーさん… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Yahoo!ニュース;立民・蓮舫氏「自民に国民守れない」 千葉・四街道などで政権批判 【衆院選2021】 10/16(土) 12:15

>19日公示の衆院選に向けて、立憲民主党の蓮舫代表代行は15日、四街道市内の商業施設前で街頭演説。菅義偉前首相が退陣したことを踏まえ「自民党は支持率の下がった菅前首相(総裁)を守れなかった。総裁を守れない党に国民を守れるわけがない」と批判し、新型コロナ対策での変化も求め、政権交代を訴えた。

(以下略)






TOKYO Web;「#枝野辞めるな」辞意表明受け、Twitterのトレンド1位に 2021年11月2日 18時38分

>立憲民主党の枝野幸男代表が2日、衆院選の不振を踏まえ、辞任する意向を表明したことに、ツイッターでは「#枝野辞めるな」の投稿が相次ぎ、日本のトレンドの1位になった。2日午後4時15分時点のツイート数は9600件を超え、枝野代表の辞意を伝える「辞意表明」のツイート数(9100件余り)を上回っている。

(略)

>これに対し「枝野んに代表辞められちゃうと、次の参院選で与党が勝てなくなるから、そのまま居座ってもらった方がええのよ、残念だなぁ」との与党の支持者とみられる人のツイートもあった。

(以下略)
















posted by kwazz at 14:22| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが、維新モデルでっせ!

Yahoo!ニュース;橋下元知事「大阪見てみ。野党共闘しなくてもやることしっかりやれば自民は壊滅状態」野党に維新分析勧める 11/3(水) 18:09

>元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(52)は、衆議院議員総選挙の投開票から与野党ともに大きな動きを経た3日、ツイッターを連続更新。議席を減らした責任を取り、枝野幸男代表が2日に辞意を表明、臨時国会招集後に代表選挙が行われる野党第1党の立憲民主党の新代表に対し、大阪の選挙区で自民を全敗に追い込んだ「維新モデル」の分析を勧めた。

(略)





選挙協力するにしてもや、政権選択やの何やのと。

そない阿呆みたいに騒いで、大っぴらにはしゃがんと。

もっとコソッとやりなはれ… (´▽`*) アハハン♪





トーイチャンネット;維新・松井「野党大連合は選挙互助会」⇒ 維新・馬場「大阪で維新と公明は握ってました」www 2021年11月03日

>これが維新の正体なわけですし、大阪で自民が全敗したのも維新と公明が握っていたからでしょう。 でも、大阪は自民も共産や立憲と組んだりしてますから、どっちもどっちなのでしょうけど。 それに、大阪の有権者はそれを知っていてなお維新に投票して、自民は全敗したのですから、結果がすべてでしょう…

(略)




















posted by kwazz at 03:47| Comment(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

世代交代も何も…w

Yahoo!ニュース;創業者退任、立民岐路に 共闘路線・世代交代が焦点 11/3(水) 7:56

>立憲民主党の枝野幸男代表が辞意を表明した。

>2017年に前身の旧立民を結党以来、自公政権との対決をけん引してきた創業者の退任は、同党が岐路に立たされたことを意味する。月内にも行われる代表選は、共産党との共闘路線や世代交代の是非が争点となりそうだ。

(以下略)





そもそも、キャリアにかかわらず、日頃からろくすっぽ勉強もせず、まっとうに自己研鑽などしていないものだから。

世代交代したところで、やれることといったら。

難癖のような揚げ足取りと、批判のための批判。

そして、相も変らぬ何でも反対… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;「守護神失った」枝野氏辞任 自民落胆の声も 2021/11/2 20:08

>自民党は立憲民主党の枝野幸男代表が辞意表明したことに警戒を強めている。「くみしやすい」として続投を希望する声も少なくなかったが、立民の新体制が支持を集めれば、来年夏の参院選で苦戦を強いられる可能性もあるからだ。

(略)

>衆院選で立民が失速した背景には、安全保障など基本的な政策を異にする共産党との共闘があった。これを主導した枝野氏の退場に伴い、立民が路線転換に踏み切ることも予想される。あるベテランは「自民は『守護神』を失った。辞任は痛い」と嘆く。

>一方、自民の閣僚経験者は「誰が立民の代表になっても、共産や躍進した日本維新の会との関係をめぐり、混乱が続くのではないか」と分析した。

(以下略)






onono_001.jpg














posted by kwazz at 17:23| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

今の時代は、NGかねぇ?

Yahoo!ニュース;「岩手は日本のチベット」自民・麻生氏 “失言” まだあった? 記者たちが見た衆院総選挙 11/2(火) 5:15

>10月31日投開票の衆院選は、終わってみれば自民党が単独過半数を確保という結果となった。野党共闘の効果はイマイチだった一方で、日本維新の会が大躍進。また、ベテラン議員たちが小選挙区で議席を落とすなど、世代交代の波も起きている。世論調査が予測できなかった衆院選を取材班が振り返った。

(略)

>デスク 甘利明氏や小沢一郎氏らベテラン勢が小選挙区で敗北。一方で同じベテランでも麻生太郎副総裁は強いな。もっとも失言は相変わらずで、「温暖化で北海道の米はおいしくなった」との発言は炎上した。

>A 批判にも麻生氏は我関せずという感じ。その後の岩手・盛岡駅の街頭演説でも「岩手は日本のチベット」なんて発言してて、岸田執行部は青ざめていた。

(以下略)





日本のチベットとか…。

昭和なら普通に言われてましたけど、何か?… (´▽`*) アハハン♪















posted by kwazz at 14:27| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただの数合わせの、野合でなけりゃね…w

Yahoo!ニュース;国民、維新との連携も視野 玉木代表「国会で大きな力になる」 11/1(月) 20:34

>国民民主党の玉木雄一郎代表は1日、衆院選の結果を受けた今後の国会で、日本維新の会との連携を視野に入れる考えを示した。国民、維新の衆院議席を合計すると52人となり、衆院で予算措置を伴う議員立法を提出できる50人を超える。玉木氏は「国会で大きな力になる。政策の一致する範囲で協力できるところはぜひ取り組みたい」と意欲を示した。東京都内で記者団に語った。

>維新は公示前議席の11から41へ躍進し、国民も8から11に増加。立憲民主党が野党第1党を維持したものの、維新、国民は10議席にとどまった共産党を抜いて、野党第2、第3党となった。

>玉木氏は維新との協力について、旧民主党時代、武力攻撃に至らないグレーゾーン事態に対処する「領域警備法案」を共同提案したケースを例示した。別の国民関係者は、共産と距離を置く維新、国民による「2位・3位連合」の可能性を指摘し、「いろいろな政治的組み合わせが出てくる」と期待をのぞかせた。

>国民を支援する民間労組幹部も「維新との連携は、共産とよりもハードルが低い」と話した。連合の有力労組である公務員労組系の自治労は「大阪都構想」などを巡って維新との関係にしこりが残るが、「連合が自治労を説得することは可能ではないか」(国民関係者)との声も漏れる。





何でも彼でも反対で、政権与党の揚げ足取りばかりの野党ではなく。

是々非々での論戦で、法案の審議を深められるような。

生産性の高い、まっとうな国会の景色に変えようぜっと! … ( ´∀`)b ネッ!





産経ニュース;立民「論客」相次ぎ落選 「批判だけでは支持されず」 2021/11/1 20:42

>衆院選で、立憲民主党では辻元清美氏をはじめ黒岩宇洋、今井雅人、川内博史各氏ら国会審議で政権批判やスキャンダル追及をしてきた「論客」が落選した。

>社民党から議員生活を始めた辻元氏は「ソーリ!」と答弁者を指名するスタイルで有名になった。昨年2月には、当時の安倍晋三首相に週刊誌報道をベースに質問し、安倍氏が「意味のない質問だよ」とやじを飛ばしたこともあった。

>黒岩氏は野党による官僚に対する「合同ヒアリング」の中心人物。「桜を見る会」前日に安倍氏の事務所が主催した夕食会をめぐる発信に対し、安倍氏が「真っ赤な噓」と反論したこともある。

>森友学園問題などで政府を追及してきた今井氏は、平成21年の旧民主党を振り出しに毎回政党を変え、いずれも比例復活で4回連続当選してきたが、立民で臨んだ今回は5回目の当選を果たせなかった。立民中堅は「最前線で批判ばかりしていた人が軒並み落ちた。路線を変えないと、支持は得られない」と語った。






appare_001.jpg














posted by kwazz at 09:36| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月01日

衆院選の真の敗者って…?

zakzak;【衆院選2021年秋】自民が“大幅減” 小選挙区で苦戦、37議席失う 立民は躍進、候補者一本化効果で20議席増 選挙プランナー・松田氏分析 2021.10.29

>衆院選の投開票日(31日)が目前に迫ってきた。令和初の政権選択選挙では、新型コロナウイルス対策や経済政策、外交・安全保障政策などを争点に、自民党と公明党の与党と、立憲民主党と共産党を中心とする左派野党、第3極の日本維新の会などが壮絶なバトルを展開している。各党の獲得議席はどうなりそうか。選挙プランナーの松田馨氏が終盤情勢を分析したところ、自民党は野党共闘が直撃して議席を大きく減らす一方、左派野党は共闘効果で議席を伸ばし、大阪などで旋風が吹く維新は3倍増もあり得る−となった。

(以下略)





政権選択と煽るだけ煽って、結局、赤っ恥を掻いたのは。

上から目線のデマスゴミと、自称専門家さん… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





zakzak;野党共闘で激戦区増、新聞各紙が衆院選序盤情勢報道 産経「自民単独過半数」毎日「与党で確保」日経「与党で視野」 2021.10.21

>新聞各紙は21日朝刊で、衆院選公示直後の序盤情勢について報道した。岸田文雄首相(自民党総裁)は、自公与党での過半数(233議席)獲得を勝敗ラインに掲げているが、枝野幸男代表の立憲民主党と共産党などとの野党共闘が奏功し、接戦区が増えているという。残り10日間の戦い方次第で、情勢が大きく変わる可能性もある。



>自民党は公示前、276議席で単独過半数を確保していたが、今回は議席を減らすとの見通しでは各紙とも一致している。

>産経新聞や読売新聞、共同通信は「自民党の単独過半数が焦点」とみるが、毎日新聞は自民党と公明党(公示前29議席)と合わせて「与党、過半数は確保」と分析した。日経新聞は「与党、過半数を視野」と、さらに厳しく評価している。

>立憲民主党や共産党などは今回、全289選挙区のうち210超で候補者を一本化した。共産党は各選挙区に2万票程度の基礎票を持つとされ、立憲民主党は現時点で、30前後の選挙区で優勢に戦いを進め、60〜70程度の選挙区で接戦を繰り広げているという。

>序盤戦をどう見るか。

>政治評論家の伊藤達美氏は「野党共闘が、自民党の脅威になっているようだ。産経新聞の『単独過半数の勢い』は、自民党にやや甘めで、日経新聞は少し厳しい見出しを立てた印象を受ける。重要なのは、有権者が与党と野党の政策論をじっくり見比べることだ。野党の政策には、やや『絵に描いた餅』のような印象を持つものもある。有権者は、今後の4年間(=衆院議員の任期)を考えて、検討すべきだ」と語っている。






zakzak;立民「共闘」失敗 来年夏の参院選も継続でいいのか 党内で反発必至、枝野代表の責任論も 「いずれ共産党に“抱きつき戦術”で絡め取られる」 2021.11.1

>10・31衆院選で、枝野幸男代表の立憲民主党は公示前の110議席から96議席に減らした。共産党も12議席から2議席減と振るわなかった。左派野党は候補者を一本化して、与党と「1対1」の構図に持ち込んだが、失敗した。ただ、枝野氏は1日時点で、野党共闘と決別していない。日本を取り巻く安全保障環境が厳しくなるなか、来年夏の参院選でも「日米安保廃棄」「自衛隊解消」を掲げる共産党と共闘するのか。

>「野党共闘には一定の効果はあった。おおむね理解をいただけている」「(SNSなどを駆使した選挙活動を示す)『空中戦』では支持を広げることができたが、1票1票を積み重ねる足腰が弱かった。そこが強くないと、政権にはたどり着けない」「この構造を貫くことこそが政権交代につながる」

>枝野氏は10月31日深夜の記者会見でこう語った。まるで、足腰が弱い候補者が悪い、と言わんばかりの物言いだが、党内では「政権批判の受け皿になれなかった」として、枝野執行部の責任を問う声も浮上している。

>左派野党は、共産党の候補者取り下げなどで全289の小選挙区の約7割にあたる213選挙区で候補者を一本化した。報道各社の世論調査では、立憲民主党や共産党は「公示前よりも躍進する」との見方もあったが、現実は違った。

(略)

>立憲民主党は9月末、衆院選で政権交代した場合、共産党から「限定的な閣外からの協力」を得るとの合意を得た。衆院選では、両党の関係者が、街頭演説で並んでマイクを握る場面が全国各地で見られた。

(略)

>立憲民主党を支持してきた連合には、衆院選の基本方針で「共産党を含む野党共闘にはくみしない」と距離を置かれた。

>連合初の女性トップとなった芳野友子会長は「共産党の閣外協力はあり得ない」と断言していた。

>枝野氏はこうした共産党との連携に慎重な声を押し切り、選挙戦に臨んだが、不発に終わった。

>これでも、立憲民主党は来年の参院選で共産党と共闘するのか。

>福井県立大学の島田洋一教授(国際政治)は「有権者は無原則に左傾化する立憲民主党に嫌気がさし、『ノー』を突きつけた。それでも、枝野氏が参院選でも共産党との共闘を続ければ、いずれ共産党に『抱きつき戦術』で絡め取られる。立憲民主党内には共闘路線に反発する保守系勢力も一定程度いる。中国とロシアの艦隊が日本列島をほぼ一周するなど、日本の安保環境が厳しくなるなか、党内にジレンマを抱えかねない。党内では『枝野代表−福山哲郎幹事長』の執行部への不満が高まり、責任論も噴出するだろう。保守系議員が今後、どれだけ気骨のある発言ができるかで、共産党との距離感が変わる可能性もある」と語っている。






tsuri_001.jpg










posted by kwazz at 12:14| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負け犬の遠吠えにもなりませんがな…w

産経ニュース;立民・枝野氏、代表辞任を否定 維新と連携せず 2021/10/31 23:41

>立憲民主党の枝野幸男代表は31日夜のフジテレビ番組で、衆院選で目標としていた政権交代を実現できなかった結果を受けた代表辞任を否定した。前回衆院選の際に1人で党を立ち上げ、4年間で100議席以上に増やしたと強調し、「この間の党運営がうまくいった一定の成果だ。さらに伸ばしていくため、この路線で前に進んでいく」と述べた。

>一方、公示前勢力から3倍の30議席を確実にした日本維新の会について「まったく方向性が違う政党と組むことはできない。維新は国会では完全に自民党の補完勢力だ」と批判し、連携を否定した。

>立民は衆院選で、全選挙区の7割以上となる213選挙区で共産党などと野党候補を一本化した。枝野氏は「政権の選択肢を明確に示す(与野党一騎打ちの)構造は、かなりの選挙区で示せた。この構造を貫いていくことが政権交代につながる」と成果を強調した。





特定野党の共闘が、与党批判の受け皿にはならない、どころか。

その共闘自体への批判票すらも、維新に流れてしまったという。

野党共闘ならぬ、野党共倒というお粗末加減… (´▽`*) アハハン♪





Yahoo!ニュース;維新躍進に共産・小池氏「自民への不満が流れた面ある」 10/31(日) 21:58

>共産党の小池晃書記局長は31日、衆院選で日本維新の会の躍進が伝えられていることについて「必ずしも維新さんが掲げる政策が支持されたというか、自民党にいろんな不満があると。そういう人たちが今回、維新に流れている面はあるのかもしれない」と述べた。報道機関のインタビューで語った。





TOKYO Web;立民、公示前勢力下回ることが確実に 辻元氏、平野氏らが落選、波乱相次ぐ 衆院選 2021年11月1日 03時15分

>立憲民主党は野党第1党の座は維持したものの、公示前の110議席を確保できず伸び悩んだ。小選挙区で共産党や国民民主党などと野党候補を一本化。枝野幸男代表は31日のテレビ番組で「多くの選挙区で与党候補と接戦に持ち込めた」と振り返った。ただ目標に掲げた政権交代は果たせず、党重鎮の小沢一郎、中村喜四郎両氏が選挙区で敗北、辻元清美副代表、平野博文選対委員長が落選するなど波乱が相次いだ。

>立民は選挙戦で政権与党への批判票の受け皿を目指して衆院定数の過半数(233議席)を上回る240人を擁立した。

>枝野氏はテレビ番組で、自民党の議席減を踏まえ「野党の意見を聞き、丁寧な国会運営を強く求めたい」と注文も付けた。岸田文雄首相が自民党総裁選で主張していた金融所得課税強化を先送りしたとして、国会論戦でただす考えを示した。

>選挙戦で枝野氏は、安倍晋三元首相の経済政策「アベノミクス」について、大企業や富裕層など一握りの人だけを豊かにしたため、格差が拡大したと主張。所得の再分配を優先させるべきだと呼び掛けた。(共同)






読売新聞オンライン;共産、公示前の12議席に届かず…比例で伸び悩み 2021/11/01 03:44

>共産党は、衆院解散時に沖縄1区に唯一持っていた小選挙区の議席を死守したものの、比例選で票が伸びず、公示前の12議席に届かなかった。

>志位委員長は11月1日未明の記者会見で、今後の立憲民主党などとの選挙協力について、「(来年の)参院選をどう戦うかは、まだ話し合っていない。ただ、私たちとしては共闘の道は進めたい」と述べた。

(以下略)






curry_001.jpg










posted by kwazz at 09:46| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする