2020年01月05日

年が明けても、やっぱりグダグダ…w

日本経済新聞;野党合流 枝野氏「遠くない時期」 玉木氏「吸収あり得ない」 2020/1/4 19:00

>立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は4日、それぞれ年頭の記者会見に臨んだ。両党の合流構想に関して枝野氏は「幹事長間でかなり詰めてきているので、そう遠くない時期に結論を出したい」と述べた。玉木氏は「(立民への)吸収合併はあり得ない。新党をつくり、国民に期待を持ってもらえる新しい枠組みを作りたい」と語った。

>両氏はそれぞれ三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝後、記者会見した。

>枝野氏は合流について「最終局面で予断を与えるようなことは申し上げるべきではない」とも指摘した。

>玉木氏は「どちらかの考え方に寄せていってはみんなが納得できる形にならない」と強調した。「党名や基本政策、人事といった重要な問題は幹事長間でも決まらず、代表間の協議に委ねられたという理解だ」と話した。合流をめぐり自身が枝野氏と複数回、協議して調整する考えを示した。

>立民と国民民主は2019年末、幹事長会談で20年の年明けに党首会談を開いて合流について調整すると確認していた。





はじまる前からの内ゲバ状態で、すでに終わっちゃった感が… ( ̄∀ ̄) アヒャ





CHUNICHI Web;立憲・枝野氏と国民・玉木氏が伊勢神宮に 合流近づくも参拝は別々 2020年1月5日

>立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表が四日、それぞれ伊勢市の伊勢神宮を参拝し、記者会見した。両党の合流に向け、二人は近く党首会談をすると表明したものの、参拝は別々だった。県議は立民側に二人が同行しただけで、旧民進系県議らは「どちらかの党にだけついて行くわけにはいかない」と早期の合流を求めた。

>午前に参拝した枝野氏には、県選出の中川正春衆院議員、芝博一参院議員らが同行。参拝後の会見で枝野氏は両党幹事長が年末に進めた合流協議について「大変難しいさまざまなハードルを乗り越えて大きく前進した」と評価した。

>玉木氏は午後に古川元久代表代行と参拝。玉木氏も会見で合流に前向きな姿勢を示す一方、党名や人事など協議することは多いとし「(立民への)吸収合併はあり得ない。新党をつくっていく」と強調した。

>昨年の参院選三重選挙区で両党推薦の新人が落選したことについては、枝野氏が「いい候補者だったが残念。立民としてできることがなかったか、じくじたる思いだ」と振り返った。

>年内にも予想される衆院選を巡り、伊勢市を含む三重4区では、共産党が候補予定者を決めている一方、立民と国民は選挙区支部長が不在。枝野氏は「自民党に対抗する政治勢力の候補者を立てなければ有権者に選択肢を示せない。野党全体の構図、地域事情を考慮しながらやっていく」と述べた。

>県内の旧民進系地方議員の大半は、岡田克也衆院議員を中心につくった地域政党の三重民主連合に所属する一方、無所属を貫く岡田氏に同調して両党に所属していない。岡田氏は昨年十二月の会見で「両党が一緒に参拝するのなら参加する」と呼び掛けたが、合同参拝は実現しなかった。

>民主連合幹部は「足並みがそろっていないと見られるのが心配だ。一刻も早く合流協議をまとめてほしい」と述べた。






共同通信;立民・枝野氏が吸収合併を要求 国民との合流、新党を否定 2020/1/5 17:55

>立憲民主党の枝野幸男代表は5日、国民民主党の玉木雄一郎代表が両党の合流に関し「吸収合併はあり得ない。しっかり協議した上で、新党をつくっていく」と表明したことに強い不快感を示した。島根県出雲市で記者団に「私は新党をつくるつもりは100パーセントない。何か勘違いしているのではないか」と語った。事実上の吸収合併を求めた形だ。

>合流を巡っては、党名や基本政策、合併方式などの重要課題の決着が、党首会談に委ねられた。玉木氏は新党結成による対等合併を主張しており、立民との主導権争いが激しくなっている。

>枝野氏は「新党をつくろうと呼び掛けたことは一切ない」と強調した。






産経ニュース;枝野氏「新党は百パーセントない」 玉木氏発言に不快感 2020.1.5 16:29

>立憲民主党の枝野幸男代表は5日、国民民主党の玉木雄一郎代表が両党の合流に関し「吸収合併はあり得ない。しっかり協議した上で、新党をつくっていく」と表明したことに不快感を示した。島根県出雲市で記者団に「私は新党をつくるつもりは百パーセントない。何か勘違いしているのではないか」と語った。

>玉木氏が合流をめぐる党首会談について「1回で終わるとは思っていない」と述べたことに対しても「1回で(合意)できなければ別の党でお互いに頑張って連携しようということになる」と破談の可能性に言及し、玉木氏を牽制(けんせい)した。






rena_001.jpg














posted by kwazz at 18:26| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度やらせてみて、ってぇのが一番の大博打だったよね…w

NHK NEWS WEB;“IR推進” 政府・与党の責任含め国会で追及 立民 枝野代表 2020年1月4日 18時03分

>IR・統合型リゾート施設の事業をめぐって秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件について、立憲民主党の枝野代表は、「IRを推進してきたこと自体の正当性が問われる状況だ」と述べ、政府・与党の責任も含め国会で徹底して追及する考えを示しました。

>立憲民主党の枝野代表は三重県伊勢市で記者会見し、IRの事業をめぐり秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件について、「ばくちを解禁し、それを民間企業にやらせるというのは、日本の歴史と伝統をぶっ壊す行為だ」と述べ、IR事業自体に問題があるという認識を示しました。

>そのうえで、「IRを推進してきたこと自体の正当性が問われる状況だ。推進してきた人たちは、自分たちの利権のために進めてきたのではないか。ここをきっちりと問いただしたい」と述べ、政府・与党の責任も含めて国会で徹底して追及する考えを示しました。

>一方、国民民主党の玉木代表も三重県伊勢市での記者会見で、「深刻な事態だ。IR整備法の立法過程自体が正当なものだったのか、お金の力によっておかしなことになっていなかったか早急に検証すべきだ。通常国会の召集を待たず、内閣委員会の閉会中審査の開催を求めたい」と述べました。





さて、例によってチャイナマネーに関しては、一切シカト… (´▽`*) アハハン♪





アノニマスポスト;立民・枝野代表が今年も伊勢神宮参拝 5日は出雲大社を参拝予定 支持層から批判殺到〜ネットの反応「神社に初詣して支持層失うって支持層やばすぎだろwww」「さては除夜の鐘にクレーム付ける輩も立民支持者だな」 1月 4, 2020

>“立憲民主党の枝野幸男代表が4日、伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝した。昨年1月に参拝した際は党内外から「支持層に背中を向ける行為」などと批判が殺到していた。5日は出雲大社(島根県出雲市)を参拝する予定だ。

 枝野氏は4日の参拝後、年頭の記者会見に臨み、国民民主党との合流協議に関し、早期決着へ意欲を示した。「幹事長間でかなり詰めてきているので、そう遠くない時期に結論を出したい」と述べた。

 通常国会への対応をめぐっては、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」や統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件を追及する考えを重ねて表明。「2本柱だと思っていたが、中東情勢も懸念している」と述べ、自衛隊の中東派遣も問う方針を示した。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/200104/plt2001040006-s1.html

(略)

>ネットの反応

・参拝で支持層失うとかほんとに日本人じゃないんだな

・神様にお参りして支持失うって支持層は鬼か魑魅魍魎か何か?

・お伊勢参り程度で文句言う支持層ってどんなだよw

・初詣で支持失うって、どこ層が支持してんだ?

・神宮に参拝して支持層失うって支持層やばすぎだろwww

・靖国以外でも駄目なのかw 支持層厳しいねww

・除夜の鐘自粛もこいつの地盤だったろw

・そんな気色の悪い支持層をあてにしてるのが悪いw

・さては除夜の鐘にクレーム付ける輩も立民支持者だな

・そんなのにしか支持されてないのかよ

・立民のコアな支持層って…何者なんですかね…?

・靖国じゃなくて伊勢神宮を参拝すると背信行為??すみません、まずどういう層に支持されてるんですか?






詐欺フェスト_001.jpeg














posted by kwazz at 11:53| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノージャパンだから、ヘーキヘーキ…w

zakzak;2020年、韓国が希望する日本との関係改善 高いハードルも 2020.1.5

>「主張かみ合わず」「徴用工問題は平行線」−−昨年末に中国四川省の成都で開かれた日韓首脳会談を受け、日本メディアの多くは日韓関係改善に“進展なし”との評価を下した。ソウル在住のジャーナリスト藤原修平氏が、韓国メディアの報道から、2020年の日韓関係を展望する。

* * *

>2020年の日韓関係を占うにあたり、2019年12月24日、1年3か月ぶりに開催された日韓首脳会談を韓国政府、メディア、世論がどう受け止めたかを振り返ることから始めたい。

>青瓦台(韓国大統領府)は会談後、「両国の立場の違いを確認したものの、対話を通じた問題解決の必要という点で一致した」と発表した。

>首脳会談で大きな進展が見込めないことは、開催前から言われていたことだ。だが、文在寅大統領は日中韓3か国による首脳会談後、「安倍総理との首脳会談についても大きな期待を寄せています」と語っており、日本との関係を早いうちに改善したいという本音をにじませていた。

>そうした本音は、単に文大統領や青瓦台関係者だけの思いに限らず、韓国社会全体の考えを代弁していたと言える。

>会談当日の夜のニュース番組からもそれがわかる。日本のNHKでは“日中韓”首脳会談をトップニュースとしていたが、韓国の各テレビは、“日韓”首脳会談を軒並みトップとし、その後に“日中韓”首脳会談を報じていた。特に印象的だったのは、文大統領が会談の冒頭に「一時はうまくいかなくとも、決して疎遠になることのない間柄」と語った一言を、多くのテレビ局が報じていたことだ。

>韓国の新聞各紙を見ても、「対話で問題を解決していくことで同意」という主旨の見出しで、今後の展開への希望を含ませた報道が目立つ。ただ、保守系の『朝鮮日報』は、〈「対話で解決しよう」と原則だけ一致〉(12月25日付電子版)と、特に成果がなかったというニュアンスを強く報じた。

>韓国側が日韓首脳会談に大きな期待をかけていたことは、当日までの報道ぶりにも表われていた。12月20日には、日本が輸出管理を強化した半導体材料3種類のうち、レジストについて一部緩和したことが韓国で大々的に報じられた。同21日付の聯合ニュースTVは、翌22日に北京で開催予定の日中韓経済貿易相会合でさらなる規制緩和が進むことを期待し、日韓両国で「折衝の可能性がある」と報じていた(現実には数分の立ち話があったのみ)。さらに、韓国与党の共に民主党・洪翼杓首席報道官はレジストの輸出規制緩和を受けて、日韓関係を「元の状態に戻すべき」とまで語っていた(21日付SBSニュース)。

>そして迎えた2019年のクリスマスイブは、韓国社会が日韓首脳会談に一筋の光を見出した日となった。竹島(韓国名・独島)の研究者として知られ、2003年に韓国に帰化した世宗大の保坂祐二教授は、会談当日の24日夜、YTNの報道番組で「輸出規制の完全撤廃は、もはや時間の問題」とまで語った。韓国社会には、そんな楽観論が広まっている。

>だがその一方で、日本では首脳会談の成果は特になしとの雰囲気が支配的だ。「輸出管理の問題とは別」との建前があるものの、日韓関係でいま最大の障壁となっているのは「徴用工判決」に他ならない。日本政府は元徴用工らへの補償は「解決済み」とする立場を変えておらず、今後もその原則が揺らぐことはないだろう。

>2020年、韓国が日本の輸出管理体制の緩和という希望を実現するためには、自らの最高裁が下した徴用工裁判の結果を反故にするという高いハードルを越えなければならない。日韓関係の改善を望む韓国社会には、厳しい現実が待ち受けている。





フッ化水素も国産化成功で、ムンムン大勝利… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





ニューズウィーク日本版;韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す 2019年12月27日

>韓国は例年12月になるとイルミネーションやクリスマス飾りで溢れ返り、旧正月の商戦がはじまる1月中旬まで続くが、今年は12月中旬を過ぎても例年のようなクリスマスムードは見られない。しかし、不況を話題にする人は少なく、「ノージャパン運動」への関心が長引く景気の低迷を覆い隠している。

>日本や日本企業のダメージは話題になるが ......

>日本製品不買運動がはじまって4か月余り、多くの韓国人やマスコミが日本や日本企業に与えたダメージを話題にする。

>不買運動が広がった2019年8月以降、韓国ユニクロが賃貸契約が終了した複数の店舗を閉鎖すると、マスコミは不買運動の影響と取り上げ、オンワード樫山の撤退も運動の影響と報道された。撤退は以前からの売上不振によるもので、不買運動はひとつの要因に過ぎない。

>不買運動とみられる影響では、韓国ユニクロを運営するエフアールコリアが700人規模で従業員を削減し、2019年12月にはロッテアサヒ酒類が年内に期限が満了する契約社員の雇用契約を延長しないことが明らかになっているが、職を失う韓国人に目が向けられることはない。

>また、大韓航空がリストラを発表し、格安航空会社LCCのイースター航空は会社自体が売却に追い込まれ、ノージャパンの影響と囁かれたが、景気の低迷が背景にある。

>大韓航空は12月11日、希望退職者を募集すると明らかにした。勤続15年以上でかつ50歳以上の一般職と客室乗務員が対象で、目標数は掲げていない。法定退職金に最大24ヶ月の賃金相当を上積みし、退職後も最長4年間、子女の高校や大学資金を支援する。国内景気の低迷と半導体需要減をはじめとする貨物の不振にノージャパン運動が追い打ちをかけ、10月には無給休職を実施、定期人事で108人の役員を79人に減らしている。

>格安航空会社LLCのイースター航空は済州航空への売却が内定した。イースター航空はウォン高や海外旅行ブームで2016年から3年連続で黒字を計上した。しかし、拡大を図ってシンガポール線に導入したボーイング737MAXの運航が禁止されるとリース費用が嵩んでいった。さらに19年第2四半期には燃料の高騰や過当競争で業績が悪化し、ノージャパン運動の影響で日韓路線の利用者が激減すると経営は一気に悪化した。全従業員を対象に無給休職や長期休暇を実施し、夜勤自制や定時退社と年次休暇を促すなど、コスト削減の努力を続けたが好転する見込みはなく、筆頭株主のイースターホールディングスが売却を決めたのである。

>メディアも日本が受けた影響を強調

>日本への影響を話題にするのは市民だけではない。韓国経済新聞は2019年12月16日、日本政府の輸出規制が韓国よりむしろ日本に被害を与えたと報じている。同紙は日本政府が韓国に対する輸出管理を強化して以降、日本の韓国向け輸出は前年と比べて14%減少したが、韓国の日本向け輸出は7%減にとどまり、韓国より日本が受けた影響が大きいと主張する。

>一方、産業通商資源部は輸出管理強化による日韓貿易の影響はごく限られると分析する。同部が12月1日に発表した11月の輸出額は前年同月と比べて14.3%減で、韓国の輸出は18年12月から連続してマイナスを記録している。最大輸出先である中国向けは12.2%減、2位の米国向けは8.4%減で、成長を続けてきた欧州向けも21.9%減など、6月以降、輸出額は2桁のマイナスが続いている。また、日本の韓国向け輸出は、輸出管理が強化される前の1月から6月の時点で前年を13.3 %下回っており、7月以降ほとんど変化していない。

>韓国政府の楽観的な経済見通し

>文在寅大統領は貿易黒字を強調し、政府は就業者が増加して失業率が改善していると不況を覆い隠すが、韓国銀行は大卒者が志望を諦めて入りやすい職業を選んだ結果と分析する。高学歴者を受け入れる働き口が不足し、販売や単純労働に従事する大卒就業者が増えている。平均賃金は大卒者の適正職業と比べて38%低い。

>政府はまた、来年度の実質国内総生産(GDP)成長率を2.4%とする見通しを発表した。韓国銀行が発表した2.3%より高く、モルガン・スタンレーの1.7%やLG経済研究院の1.8%など、1%台を予測する民間の経済研究機関を上回る楽観的な見通しで下方修正は避けられないと専門家は指摘する。

>韓国経済は輸出など外的要因に左右されやすい。政府は2.6%から2.7%としていた19年度の経済成長見通しを2.0%に下方修正している。






アノニマスポスト;韓国の化学メーカーがフッ化水素製造技術確立 高純度で大量生産可能と発表〜ネットの反応「まあ嘘なんですけどね」「もう何回目の成功発表だよw」「二ヶ月に一回ぐらい成功してるな」「次はいつ成功の発表するの?」 1月 2, 2020

>“韓国、フッ化水素製造技術確立か
高純度で大量生産可能と発表
2020/1/2 19:01 (JST)
c一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国の産業通商資源省は2日、日本政府が昨年7月に輸出規制を強化した「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと発表した。フッ化水素は半導体の洗浄に使われ、規制強化前は日本からの輸入に頼っていた。

 日本から韓国向けフッ化水素の輸出額は規制強化後に急減。韓国メーカーが確立したとする製造技術が採算面でも問題なく、安定供給につながれば、日本の製造会社への打撃が長期化する可能性がある。

 同省によると、化学メーカー「ソウルブレーン」が液体のフッ化水素の不純物を「1兆分の1」まで抑えられるようになったとした。

https://this.kiji.is/585407934140269665


>ネットの反応

・よかったねw

・まあ嘘なんですけどね

・共同通信

・LGディスプレイが開発した低純度の表示器の洗浄用フッ化水素さえ
失敗して、100万枚の有機ELパネルを廃棄したのにwwww
あのときも、LGディスプレイは、100%国産化に成功したといったよなwww
大笑いw

・おなじ発表を何度も見てるけど、何度目の発表なんだよ。
しかも共同通信とのコンボかよ。おわってんな。

・もう何回目の成功発表だよw しかも共同通信の記事って

・次はいつ成功の発表するの?

・ホワイト国にしなくていいよなw
要求もするなよw

・高純度フッ化水素製造成功→他国に輸出→実は全然高純度じゃなくて信頼落とすまで見えた

・良かったね〜
てか去年の10月頃に出来たって言ってなかった?

・量産じゃなくて技術を確立とは、以前と違って随分低姿勢になりましたね

・今までは?

・過去のは品質9N〜10N
これが事実ならばようやく12Nだから 日本産と並んだ事になる。
もっとも、研究所で12N出せたと言っても 極微量だと意味ないんだけどな
12N作れる事と12Nを量産出来るかは別の話
この話が事実ならば、の前提にはなるが。

・二ヶ月に一回ぐらい成功してるな

・ワロタw

・今年入って1回目の国産化成功か
後何回出るんだろなw






baka_001.jpg














posted by kwazz at 11:07| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

ちうごく様と、ズブズブですやん…w

スポーツ報知;辛坊治郎氏、IR汚職事件の本質を「日本の国会議員に中国が浸透を始めているということ」 2020年1月4日 9時16分

>4日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)で、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部が衆院議員の秋元司容疑者(48)を贈賄容疑で逮捕したことを特集した。

>さらに特捜部は、中国企業側の容疑者が「現金を渡した」と供述した別の国会議員5人から任意で事情聴取した。

>今回の事件に辛坊治郎キャスターは「問題の本質はどこにあるかというと、もちろんIRを巡る贈収賄がありますが、それ以上に中国企業は中国政府に情報を流さないといけないという義務がありますから、こういうお金を渡したということが中国の当局は分かっている。日本の国会議員に中国が浸透を始めているということです」と指摘していた。





その、ちうごく様と、もっとズブズブな特定野党と特定デマスゴミは。

反IRで、事件を矮小化… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





NHK NEWS WEB;“議員5人に現金”メモ 特捜部が任意聴取 IR汚職事件 2020年1月4日 12時07分

>IR・統合型リゾート施設の事業をめぐって秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件で、贈賄側の中国企業の元顧問が秋元議員のほかにも5人の衆議院議員に現金を配ったことを伺わせるメモを残していて、東京地検特捜部が事実関係を確認するため、5人の議員から任意で事情を聴いたことが関係者への取材で分かりました。NHKの取材に対し、5人のうち4人は中国企業側からの資金提供を否定し、1人は「事実関係を調査中」としています。

>IRなどを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司容疑者(48)は、IRへの参入を目指していた中国企業の「500ドットコム」側から3年前の平成29年9月、現金300万円の賄賂を受け取ったなどとして収賄の疑いが持たれています。

>関係者によりますと、300万円の賄賂は翌月の衆議院選挙の陣中見舞いの名目で渡されたとみられていますが、中国企業の元顧問が同じ時期にほかの5人の衆議院議員に現金を配ったことを伺わせるメモを残していて、「5人に100万円ずつ資金提供した」などと供述しているということです。

>この5人は、前の防衛大臣で自民党の岩屋毅議員、法務省の政務官で自民党の宮崎政久議員、自民党の中村裕之議員、自民党の船橋利実議員、元郵政民営化担当大臣で日本維新の会の下地幹郎議員で、東京地検特捜部が事実関係を確認するため、年末年始に5人から任意で事情を聴いたことが関係者への取材で分かりました。

>5人のうち、岩屋議員を除く4人は中国企業がIR参入を目指していた北海道と沖縄県が地元で、岩屋議員、下地議員、中村議員の3人はIRを推進する議員連盟の幹部を務めていました。

>また、政治資金収支報告書によりますと、中村議員が代表の自民党支部は、中国企業とともに北海道留寿都村でのIR参入を目指していた札幌市の観光会社側から平成29年9月26日と10月2日に、それぞれ200万円の寄付を受けたと記載されていて、中村議員の支部は同じ年の10月5日に岩屋議員が代表の自民党支部に100万円を寄付していました。

>特捜部は中国企業側のメモに残された資金の流れを慎重に調べているものとみられます。

(以下略)






asan_001.jpg














posted by kwazz at 13:50| Comment(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実名報道、キタ━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━ッ!!!

産経ニュース;IR汚職 現金受領5議員を聴取 複数が認める 2020.1.3 18:45

>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部が昨年末、贈賄容疑で逮捕された中国企業「500ドットコム」側から現金100万円を受け取ったとされる衆院議員5人から任意聴取していたことが3日、関係者への取材で分かった。特捜部は秘書が受け取った可能性も含めて、違法性のある資金提供がないか慎重に調べている。

>贈賄容疑で逮捕されたのは、「500社」元顧問、紺野昌彦(48)、元顧問の仲里勝憲(47)、日本法人元役員の鄭希(37)の3容疑者。平成29年9月、IR担当の内閣府副大臣だった秋元容疑者に、IR事業で便宜を受けたいとの趣旨で現金300万円を渡したなどの疑いが持たれている。

>関係者によると、他に現金を受け取ったとされるのは、中村裕之氏(58)=自民、北海道4区▽船橋利実氏(59)=同、比例北海道▽岩屋毅氏(62)=同、大分3区▽宮崎政久氏(54)=同、比例九州▽下地幹郎氏(58)=維新、比例九州。

>仲里容疑者が特捜部の調べに対し、秋元容疑者の他に「5人に現金100万円ずつ渡した」と供述し、電子データ上のメモも押収。特捜部は昨年末、5人から任意聴取し、複数の議員が資金提供を認めたという。

>産経新聞の取材に対し、下地氏は「2年半前のことなので覚えていない」。中村氏の秘書は「『500』社からのお金とは認識していない」。宮崎氏は「受け取っていない」とした。





小物臭しか、しないんだけど… ( ̄∀ ̄) アヒャ





時事ドットコム;議員5人から任意聴取 中国企業が「現金渡した」―IR汚職・東京地検 2020年01月04日00時42分

>カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は3日までに、衆院議員秋元司容疑者(48)=自民離党=への贈賄容疑で逮捕された中国企業側の容疑者が「現金を渡した」と供述した別の国会議員5人から任意で事情聴取したもようだ。一部議員は取材に事情聴取を受けたと認めた。

>関係者によると、5人はいずれも衆院議員で、自民党の岩屋毅前防衛相=大分3区=、宮崎政久法務政務官=比例九州=、中村裕之前文部科学政務官=北海道4区=、船橋利実氏=比例北海道=と、日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当相=比例九州=。

>宮崎氏は「金銭の提供を受けたことは一切ない。地検にも説明し、納得いただいたと理解している」と文書で回答。中村氏の秘書は金銭提供を「ありません」とした。岩屋氏は4日、大分県別府市内で記者会見する。船橋氏と下地氏からは回答を得られていない。

>資金提供は秋元容疑者に300万円を渡したとされる2017年9月下旬に近接する時期で、企業側は5人への資金提供を電子機器に記録していた。中国企業は北海道留寿都村でのIR事業参入を目指しており、特捜部は、道選出の議員やIRに理解を示す議員らに取り入ろうとしたとみて、事実確認を進めているもようだ。






KSL-Live!;【カジノ】宮崎政久議員が中国企業からの資金提供を否定!議員への賄賂として引き出した現金を実行役がプールか? 2020.01.4

>読売新聞が3日朝刊で報じた記事『【独自】「衆院5議員側に500万円」…IR汚職 中国企業側がメモ』で実名を掲載された宮崎政久衆院議員がSNSを更新し、IR汚職で問題となっている中国企業からの資金提供を全面否定した。

>読売新聞の記事では、逮捕された秋元司衆院議員以外にも、問題となっている中国企業「500.com」が5人の衆議院議員側に100万円づつ提供したとするメモを東京地検が入手し、中国企業側も認める供述をしていると掲載されていた。宮崎氏を含む5人の衆院議員が実名で報じられており、任意の聴取で複数の議員が受領を認めたとされている。

>実行役が宮崎氏の名前を悪用か?

>記事では複数議員が地検に授受を認めたとされているが、それを掲載した読売新聞の取材に対しては問題の企業から受け取ったという認識を示している議員はいない。中国企業側は宮崎氏に関してのみ「秘書に渡した」と供述しているようだが、宮崎氏と秘書を含む事務所関係者は金銭授受を否定している。

>中国企業側の供述で名前が出たことに関し、宮崎氏は以下のような推測をしている。

>“仲里氏やその関係者が500.com社に対して、あたかも私に資金提供すると言って資金を引き出し、その旨報告したり記録をつけたりしつつ、実際には資金提供することなく、どこかにプールするなどしていたのではないかと見ています。

(以下略)






kagami_tsukasa_002.jpg














posted by kwazz at 05:09| Comment(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

既得権益をぶっ壊せ!

デイリー新潮;「NHK」職員年収は1千万円、3千億円も貯めこむなら受信料を下げよ 週刊新潮 2019年12月26日号掲載

>来年早々、新会長が誕生するNHK。「ネット常時同時配信」に“待った”をかけられるなど課題は山積みだが、まず為すべきは受信料の値下げであろう。厳しい取り立てによって収入は大幅増。実に3千億円近くを「内部留保」として貯めこんでいるのだから。

>妻に家計を管理される夫。懐は決して温かくはないのに、毎月毎月、「必要だから!」とそれなりの額の生活費を天引きされる。ホントにそんなに必要なの? 家計簿を見ると、妻は知らぬ間にごちそうばかり食べていたし、高級ジムに通っていたこともわかった。それでもお金は余って結構な額の“へそくり”まであるじゃないか……。思い余って支払いを拒否すると、無理やり財布を奪われた……。

>今の受信料を巡る状況を、NHKを妻、視聴者を夫に例えるとこういった格好になるだろうか。

>受信料収入は近年、右肩上がり。膨張したその収入を番組制作費や職員の給与に投じ、その上で、さらに余った金を“塩漬け”にしているのだから……。

>「公開されている財務諸表を見て、その金の余り具合に驚きました」

>とは、NHKの財務を分析した、金融ジャーナリストの伊藤歩さんである。

>NHKの最新、2018年度の受信料収入は、7235億円に上る。これは過去最高の値。しかも5年続けて最高値を更新中という。これはもちろん、

>「8年前から、未契約世帯を裁判に訴えてまで徴収を強化した結果です。ビジネスホテルの一室一室のテレビにまで徴収するようにした。2年前には、NHKとの受信契約の義務付けを、最高裁が合憲と判断した。これで追い風が吹いた」(経済誌記者)

>全国の支払い率はここ10年で10%上がり、昨年度は過去最高の81%に上っている。

>では、こうして得た7200億円は、一体何に使われているのだろうか。

>「注目されるのは、事業キャッシュフローの額です」

>と伊藤さんが続ける。

>「これは1年間を通じて、手元に残るお金のこと。昨年度は1216億円に上りました。つまりNHKは、集めた7200億円を人件費や番組制作費などに使ってなお1200億円も余らせています」

>NHKはこのうちの多くを老朽化した地方局の改修や放送設備の更新などに使い、それを差し引いた約600億円を国債や地方債といった有価証券の購入に使っている。

>伊藤さんが続ける。

>「この傾向は数年続いています。結果NHKの資産には、現金や有価証券が貯まっている。約1兆2千億円の総資産のうち、半分を超える約6500億円が現金や有価証券です。これらの多くの部分は放送業務に使われていない、ただ貯めているだけの金となっている。これは大変な問題だと思います」

>こんな調子だから、いわゆる「内部留保」に当たる「剰余金」も貯まる一方。その額は03年度に約500億だったものが、昨年度は約3千億と6倍にもなっているのだから驚くほかあるまい。

>「上場企業なら株主が黙っていない額ですね」(同)

>“まだわかんねえ”

>「NHKをぶっ壊す!」。先の参院選挙でイロモノと見られていた「NHKから国民を守る党」が議席を獲得した衝撃は記憶に新しいが、こうした現状への不満が背景にあったのか。

>そもそも、NHKの受信料は特別な方式で決められている。放送ジャーナリストの小田桐誠氏によると、

>「総括原価方式と言われます。まず1年間の事業運営にこれだけの経費が必要、という数字を出す。そして、それに見合うような受信料が算出されるのです」

>本来は収支均衡で運営されるのが大原則。余った分の金は、はじめから徴収する必要がないのである。

>例えば、毎年の営業キャッシュフローのうち、有価証券に換えてしまっている前出の600億円。この余り金を視聴者に還元するだけで、現時点でさえ、8%の値下げが出来るのだ。

>「番組制作でもかなり潤沢な予算がついていました」

>と言うのは、元NHK職員で次世代メディア研究所の鈴木祐司所長。

>NHKの昨年度の番組制作費は約3500億円。これに対し、民放キー局5社の合計額が約4千億円だから、いかに膨大かわかろうというものだ。

>「例えば、NHKスペシャルの『深海の超巨大イカ』。これは科学者やエンジニアを何十人も集め、最新鋭の潜水艇を100回近く潜らせて作っている。これだけで1本作るのに億単位の制作費がかかっています」(同)

>番組制作費は10年前より500億円以上も増加。当時の水準に戻すだけで受信料は7%もカットできる。

>さらに、

>「人件費も気になります」

>とは、前出・小田桐氏。

>NHK職員の年収の平均額は昨年度で1098万円。他のキー局よりは劣るものの、公共放送の職員を「公務員」に近いもの、と考えればどうだろうか。国家公務員の平均年収は680万円程度。NHKにもさらなる削減を期待しても罰は当たるまい。

>「これに加えて、諸々の手当てやOBの年金も充実しています」(同)

>大ナタを振るって給与を3割削減したとすれば、受信料は4%下げられる。

>これらの点にメスを入れれば、20%程度の受信料の値下げは決して不可能とは言えないのである。

>「本体」の収入に加え、NHKは関連団体を25も抱える。本体近くのあちこちにオフィスを借り、今や渋谷区神南周辺はNHK村の状態だ。この売上高も1年で3千億円超えと、拡大・膨張を続けるNHK。が、それでもなお、あくなき商魂を見せているのは周知のとおりで、前出の経済誌記者によれば、

>「近年、若年層はテレビを見ない、持たない人も増えている。このままでは受信料が先細りになるのは目に見えています。で、パソコンやスマホでもテレビを視聴できるようにし、支払い対象者をさらに増やしたい」

>それを実現すべく、今年は放送法の改正で、テレビとネットの常時同時配信を勝ち取った。もっとも、

>「この11月、実施の段になって、高市総務相に“待った”をかけられた。それをやるなら、受信料の改革が先、と指摘されたのです」(同)

>そんな折、今月で任期が切れる現・上田良一会長に代わって白羽の矢が立ったのが前田晃伸氏。みずほ銀行の初代社長で、後に会長も務めた人物である。朝、自宅から散歩に出てきたところで声をかけると、

>「まだ何もわかんねえんだよ……」

>と苦い顔をする。

>――受信料の値下げというお考えは?

>「それはいろいろ考えなきゃいけないけど、まだ何も知らない」

>――制作費や人件費の削減は?

>「そこまではホントにわかんねえんだ。これからだから。よろしく」

>当のNHKは、大要、

>「有価証券は今後発生する支払いに充てるための資金であり、余剰資金ではありません。職員の給与は適切な水準を維持するよう努めていく考えです。番組制作費は必要かつ適正な支出規模と考えます」

>と回答するが、NHKを研究して50年、元日経新聞編集委員の松田浩氏は言う。

>「今のNHKは公共放送としての本分を忘れてしまい、お金を稼ぐことだけに注力しているように見えます」

>「みなさま」というよりすっかり「オレ様」化したかに見えるNHK。乗り込む新会長の手腕はいかに。





公共放送のありようが、こうして話題に上るようになった。

ってことは、N国の功績でもあるんでしょうが… (´▽`*) アハハン♪





Share News Japan;N国・立花党首が過激路線を封印宣言「これ以上目立つ必要がなくなった」 2020-01-02

>【野党ウオッチ】N国・立花党首が過激路線を封印宣言 いったい何が

▼記事によると…

・N国党の立花孝志氏が2019年12月17日、「過激路線」を封印すると表明した

・あえて炎上するようにしていたが「これ以上目立つ必要がなくなった」と説明

・また、最近の選挙結果を見ていると「こんなに早く支持を失うのか」と語った

2020年1月2日 1時1分
https://news.livedoor.com/article/detail/17609399/

(略)

>▼ネット上のコメント

・YouTubeからの収益が0になったので再生数を稼ぐ手段としての炎上商法をやる意味が無くなったからだと思います。

・真面目にNHKのコトだけやってれば良かったのにー

・結局何がしたいのか解らない

・策士、策に溺れる。立花氏は正にこれだと思う(´-ω-`)

・やることに品位がないから支持を失うんです。

・まったくもって、保身政策じゃそうなるわ、、

・あのフザケた政見放送を見るだけで党としての本質が判るというもの。まともじゃない。






yasuna_sonya_006.jpg














posted by kwazz at 04:42| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

ツギハギだらけの受け皿じゃ、しょうがないよね…w

産経ニュース;小沢氏、野党合流で「6日の週には合意を」 2020.1.1 16:28

>国民民主党の小沢一郎衆院議員は1日、恒例の新年会を都内の私邸で開き、立憲民主党との政党合併について「(1月)半ばまでにさらに詰めて、6日の週には党首同士で合意を得て手続きしなければならない」と述べ、立民の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表による党首会談で近く、最終合意に至るとの見通しを示した。

>小沢氏は「多くの皆さんの気持ちを両代表は分かっていると思うし、幹事長同士で詰めてきたことでもある。代表同士で最終の詰めを行って合意がなされ、野党が統一される」と語った。

>さらに「国民の願いは安倍晋三政権、自民党に代わる受け皿が欲しいということだ。自民支持者でも良識ある人はそういう思いでいる。多くの国民が望んでいることなので、来るべき総選挙にも必ず勝利し、野党政権を樹立できる」と強調。戦後、子年にほぼ毎回、政変が起きていると指摘して「今年中に政変が起きる」と予測した。

>新年会には国民民主の森裕子参院議員、無所属の馬淵澄夫衆院議員をはじめ、約50人の国会議員・元議員らが集まった。





まっとうな野党が存在しないということが。

この国の一番の不幸… (*´∇`) アハハ





アノニマスポスト;小沢一郎「(過去の)ほとんどのねずみ年に政変が起きている… 今年も例外なく、ねずみ年の政変になるのではないか」「国民の願いは、安倍政権や自民党に代わる受け皿の政党がほしいということだ」〜ネットの反応「他に受け皿が欲しいのはお前らが頼りないからだろうがw」 1月 1, 2020

>国民民主党の小沢一郎衆院議員は1日、東京都内の私邸で開いた元旦恒例の新年会であいさつし、「今年は、チューチューねずみの年だが、(過去の)ほとんどのねずみ年に政変が起きている。今日の安倍内閣の現状や国民の心理からいって、今年も例外なく、ねずみ年の政変になるのではないか」と指摘した。

その上で、年越しの懸案となっている野党結集について、早期の合意が必要と強調。国会召集が1月20日予定であることから「6日の週には(立憲民主党と国民の)党首同士の合意を経て、手続きすることにしないといけない」と述べ、来週の早い段階で両党首間で合意することが必要との認識を示した。

「国民の願いは、安倍政権や自民党に代わる受け皿の政党がほしいということだ。良識ある自民党支持者もそういう思いでいると思うし、ほとんどの国民が望んでいることだ」とも指摘。
「きたるべき総選挙にも必ず勝利し、野党政権を樹立することはできる。野党がまとまって、今のおかしな政権を倒さないといけない」と述べ、
野党結集を前提にした上で、今年は打倒安倍政権へ、勝負の年になると意気込みを示した。

「政権を目指さない政党は政党ではなく、政権を目指さない国会議員は国会議員である必要はない」と、
政権奪取に向けた心構えも、出席した国会議員らに説いた。

安倍政権について「論評にも値しない。いろんな疑惑が吹き出ており、安倍さん自身の疑惑が批判の的になっている」と、「桜を見る会」などの問題を念頭に、酷評した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-01010394-nksports-soci


>ネットの反応

・はあ、そですか

・他に受け皿が欲しいのはお前らが頼りないからだろうがw

・>論評にも値しない。

論評できない奴が使う逃げゼリフだわなそれ

・>国民の願いは、安倍政権や自民党に代わる受け皿の政党がほしいということだ。良識ある自民党支持者もそういう思いでいると思うし、ほとんどの国民が望んでいることだ
 
そこまでわかってるのになんで未だに劇場型国会やってんの?

・過去内閣が変わっただけで政権交代じゃないね

・> 政権を目指さない政党は政党ではなく
 
これは確かにそうなんだけど
政権を取ったら何をするか考えてないだろ

・ヒビ割れの受け皿なんかいらねえよ

・受け皿が欲しいがてめえはその器じゃねえんだ

・小沢と元民主の残党に退場してもらうのが一番の近道

・調べても1996の村山内閣総辞職ぐらいしかなかったが






warawara_001.jpg














posted by kwazz at 20:38| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけおめ〜♪

zakzak;【新春特別寄稿】作家・ジャーナリスト、門田隆将氏 2020年はメディア“破綻元年”となるか!? 国民の目を真実から逸らせてきた“オールドメディア”の大罪 2020.1.1

>安全保障環境は厳しさを増し、内政の課題も山積。そんななか、令和元年の国会論戦はお粗末で、機能したなどとはとても言えず、メディアのあり方も大きく問われた。『新聞という病』(産経新聞出版)がベストセラーとなった作家でジャーナリストの門田隆将氏は2020年のメディア界をどう見るのか。気鋭の論客による新春特別寄稿−。

     ◇

>■見放された野党 五輪後重大局面

>野党各党が“桜”追及に狂奔した臨時国会を見ながら、私の周りでは「現実野党が成長しなければ、日本は終わりだ」という声が多かった。ケチをつけ、足を引っ張るだけが目的の野党に、建設的な提言を期待する国民はほとんどいなくなったと言って良いだろう。

>2019年は世界で初めて日本が「人種差別撤廃」を訴えてから「100年」の記念すべき年だった。それだけに、取るに足らない話を延々と“追及”し、政権の支持率低下しか頭にない野党にはあきれ果てた。100年前の1919年、ベルサイユ会議で堂々と人種差別撤廃を訴えた日本に、世界中で植民地を保有する欧米列強は反発し、その後の日本が悲惨な道をたどったのは周知の通りだ。

>だが、100年後に顕在化したのは欧米ではなく、肥大化した中国によるチベット、ウイグル、香港などに対する弾圧と強権支配だった。しかし、日本は政府も国会も、この問題を素通りし、非難声明を出して抗議した欧米各国とは異なる情けない姿を曝(さら)け出した。

>原因はマスコミにある。日中友好絶対主義にどっぷり浸(つ)かった日本のメディアに中国非難はタブーであり、マスコミに取り上げられないようなネタをやる国会議員などいなかったからだ。ネットで“オールドメディア”と称されるそんな新聞・テレビが多くの国民の支持を失ったのは、当然だろう。

>2019年は、自らの主義主張に沿って真実をねじ曲げるオールドメディアの姿がより明確になった年だった。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、昭和天皇の肖像を焼き、燃え残りを足で踏みつけるなどの作品群を報じず、国民の目を真実から逸(そ)らせる役割を担った。

>“桜国会”報道もひどかった。野党に悉(ことごと)く突き刺さったブーメラン情報を一切、報じることがなかったのだ。「後援者を招いた」との批判も、民主党時代、議員1人当たり8人の後援者を招くとして《後援者の方等をご夫妻でご招待いただく絶好の機会》との文書を配布し、計3200人の後援者を呼ぶ計画だったことが明らかになり、前夜の宴会費が5000円だったことも問題視されたが、野党幹部が1700円でやっていたと分かった。

>ジャパンライフ元会長が招待されていたのも「民主党時代も招待されていた」と判明した。同社顧問として広告塔を集めたのは朝日新聞元政治部長だったことも明らかになったのに、ネット以外では全て伏せられた。

>私は2年間続いた「モリ・カケ」騒動を思い出した。学校法人「森友学園」が手に入れた豊中市の土地は、大阪空港騒音訴訟の現場で、建物の高さ制限もあり、国ができるだけ早く手放したかった物件だ。隣の土地(現在の野田中央公園)は民主党政権時代に補助金が投入され、実質98・5%の値下げになっていたことも報じられなかった。

>加計問題でも、当事者である加戸守行元愛媛県知事が「歪(ゆが)められた行政が正された。今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったから、この話が繋(つな)がった。加計ありきではありません」と国会で証言したが、ほとんど報じられなかった。つまり、それがオールドメディアの誘導手法なのだ。

>■時代の転換点に気付いていない

>「真実を知るのはネットで」というのは、今では常識だ。膨大な情報の中から、メディアリテラシーに基づいて真実を知るネット世代に、オールドメディアは全く対応できない。いや、マスコミのレベルが低下し、情報の受け取り手に能力的にも完全に逆転されてしまったのだ。

>では、2020(令和2)年は一体どんな年になるのか。私は、東京五輪・パラリンピックの祝祭が終わった後、マスコミの崩壊が現実化するとみている。既に地上波からBSに、BSからネットにと、多様化する価値観に基づき国民の志向は特徴ある媒体に分散しつつある。次々と旗揚げするネットの専門チャンネルは、その先取りだ。

>テレビも新聞も出版も業績悪化の数字が並び、体力のない企業から破綻する。その崩壊元年が2020年だ。そもそも真実を伝えない媒体が生き残れるはずはなく、時代の転換点に気付かない者が消え去る運命にあっただけなのである。





さて、今年も、特定野党、デマスゴミの、アベガーの一年になるのか… ( ̄∀ ̄) アヒャ





AERA dot.;年末年始の特番が激変! カンニング竹山「ドラマ再放送人気の裏で進むテレビ業界“衰退”」 2020.1.1 11:30

(略)

>あけましておめでとうございます。今年の年末年始のテレビは、再放送が多いなと感じませんか。ドラマの再放送とかバラエティ番組の総集編とか……。かつては、50人ぐらいの芸人がワイワイとロケをしていたり、各局が歌番組をやっていたり、この時期でももっと特番を制作していたんですよね。それが減ったのは、やはりテレビ局に金がないということが理由です。仕方なく、人気ドラマを一挙放送ということになったのかもしれませんが、意外と視聴者は喜んでいるという……。

>「また再放送かよ!」っていう声も聞かないし、何ならそこそこの視聴率を取っている。これが視聴者が一番望んでいた形だったのかもしれません。

>テレビ局にいよいよ金がなくなってくると、制作費がカットされ、大御所を使うよりギャラの安い人を使いたいと考えるようになってくるので、番組の内容も変わってきます。今年の傾向としては、山ちゃん(南海キャンディーズの山里亮太)とか40代ぐらいのタレントがMCで、それより下のタレントが出演する、ちょっとひねったクイズ番組やVTRを見てコメントするような番組がすごく多かった。昔よくやっていたような、たくさんの芸人が走り回ってドカンと爆破されるとか、宝物を探せとか、ちょっと設定に無理があるようなただ笑えるだけの番組が減っているんですよね。

(抜粋)






nenga_001.jpg














posted by kwazz at 17:18| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

謝ったら、負けだもんな…w

KSL-Live!;民主党大反省会を企画した津村啓介「蓮舫さんに、みっともないことやるなって叱られた」←これとまた合流するんだぞ 2019.12.31

>国民民主党の津村啓介衆院議員は30日、下野後の2013年に民主党青年委員長として企画した『民主党公開大反省会』について「蓮舫さんには、みっともないことやるなって叱られた記憶も」と当時を振り返った。

>津村氏は立憲民主党との合流協議を玉木雄一郎代表に要請した中心人物。こんな蓮舫さんとまた同じ党になり、悪夢の民主党に戻ることに抵抗はないのだろうか?

(以下略)





過去の反省、総括もないままに。

くっ付いたり離れたり、看板を架け替えたりで… (´▽`*) アハハン♪





アノニマスポスト;元民主党・津村啓介議員「民主党公開反省会をやったら、蓮舫さんに、みっともないことやるなと叱られた」〜ネットの反応「みっともない事ww 自分たちは反省しないくせに日本には反省しろとかww」「民主党を与党にしてしまった国民のほうが深く反省したからね」 12月 31, 2019

>津村啓介
@Tsumura_Keisuke

民主党大反省会。民主党青年委員長のころ、こんなこともやりました

蓮舫さんには、みっともないことやるなって叱られた記憶も…


>ネットの反応

・国民も馬鹿じゃない、一度やらせてくださいって言うからやらせてみたら、全く国の運営なんてできない人たちだったって気づいたんだよ
もう二度と政権与党にはなれんよお前ら、と言ってやりたい

・民主党を与党にしてしまった国民のほうが深く反省したからね

・二度と同じ過ちは繰り返さない
と国民が決意

・だって謝れんほうだから

・自分たちがみっともないって自覚があるんだな

・枝野曰く民主党は政権を失ったときに総括をして反省点をまとめたらしい
ただし中身の詳細は「機密のため非公表」だ
どこをどう反省すれば今みたいな体たらくになるのかわからんが

・でも彼ら自身はもう民主じゃないからと民主時の責任から逃れてるんだよね
じゃあ反省なんて意味ないじゃんという

・なるほど、自分の失態を振り返らないから、あんなに自分を棚に挙げて政権批判できるんだな。

・まともな思考の持ち主がいてはいけない政党だと気付こうか

・蓮舫の存在自体がみっともないんだが

・みっともない事ww 自分たちは反省しないくせに日本には反省しろとかwww
 
・「反省することはみっともないこと」である、か。そう考えるとこれまでの蓮舫の行動にも辻褄が合うな






詐欺フェスト_001.jpeg














posted by kwazz at 10:43| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの本のことじゃ、ないんかいっ!

東洋経済オンライン;日本が「韓国文学」から受けたすさまじい衝撃 編集者たちが見る「ブームの背景」 2019/12/29 5:25

>2019年、出版界に巻き起こった“韓国文学ブーム”。出版不況と言われる中、韓国文学のヒット作を手がけた編集者たちは、そのとき何を思い、このヒットをどう見ているのか?
ブームの火付け役となった『82年生まれ、キム・ジヨン』を刊行した筑摩書房の編集者・井口かおりさんと、「韓国・フェミニズム・日本」特集号が3刷となり、その完全版を単行本として刊行したばかりの河出書房新社の『文藝』編集長・坂上陽子さん、そして韓国文学の翻訳者であり2冊のキーパーソンである斎藤真理子さんに話してもらった(全3回)。
第1回は、ここ数年での韓国文学をめぐる変化と、ヒットした背景についてです。

(以下略)





こっちの方が、余程売れてるんジャマイカ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





文春オンライン;「みっともないことするなよ」日韓W杯で韓国に思ったこと――川淵三郎が語る「反日種族主義」 「反日種族主義」大論争#1 川淵 三郎 2019年12月19日号

>竹島、徴用工や慰安婦問題など韓国で通説となっている歴史認識を検証した書籍『反日種族主義』。今夏刊行された韓国でば国前法相が批判するなど物議を醸し11万部超、11月発売の日本版は36万部のベストセラーとなった。日韓で賛否両論、波紋を呼ぶ本書を識者が論じる。

◆◆◆

>よくぞ韓国の学者先生が、このような本を書いてくれたものです。

>何より驚いたのが、李栄薫(イヨンフン)先生をはじめ、李承晩学堂に所属している方々が中心となってご執筆されたこと。李承晩大統領と言えば、反日政策で有名です。1952年に公海上に「李承晩ライン」を設定し、この境界線を越えた日本漁船を拿捕、大勢の漁師を拘束した。それゆえ、75歳以上の世代にとって李大統領は、腹だたしい存在でした。

>その反日の象徴のような大統領の名を冠した研究機関の方が、韓国の反日の実態を明らかにする。著者の元ソウル大学教授の李先生たちが自らの信念に従い、歴史的事実に嘘はつけないと行動された結果でしょう。

>資料に基づいた実証的研究で、説得力もある。李先生は日本統治下の朝鮮の土地調査事業を調べていた。当時の土地台帳と朝鮮王朝のものを比較し、日本が朝鮮の土地の4割を収奪したという歴史教科書の記述が事実ではないと明らかにした。慰安婦についても「日本軍によって強制連行された性奴隷」という韓国での通説を否定し、公娼制度の一環だったと書いている。

>こういった事実は韓国で無視されてきた。反日を利用したい政治家はもちろん、マスコミも報道しなかった。やせ細った日本人労働者の写真を「労務動員された朝鮮人だ」と世界にアピールする始末。非常に残念です。

>日韓W杯で「えっ」と驚く経験

>韓国の方々は、対日本となると冷静ではいられない面があるのは事実でしょう。私も日韓ワールドカップ共催のときに「えっ」と驚く経験をしました。

>大会の呼称問題です。本来はアルファベット順で「JAPAN・KOREA」のはずが、韓国側が難色を示した。そこでW杯組織委員長のヨハンソンから「決勝は日本で行う代わりに、韓国・日本の順でもいいか」と打診があり、私たちは受け入れた。だが、鄭夢準(チョンモンジュン)韓国サッカー協会会長は「日本から勝ち取った」と名称のことだけ宣伝した。みっともないことをするんじゃないよ、と思ったものです。

>『反日種族主義』の出版には、ことによっては身に危険がふりかかるかもしれず、大変な勇気が必要だったでしょう。でも、歴史認識の誤りを放置しておいたら、韓国は衰退していってしまうのではないか。そう考えた見識ある著者の方々の叫びが本書には詰まっている。日本にとっても、これ程ありがたい歴史書はない。

>私は孫にも渡しました。ぜひ大勢の方に読んで欲しい。100万部、行ってもらいたいね。






中央日報;『反日種族主義』読んだかどうかの質問に…安倍氏、少し笑った後に「ノーコメント」 2019.12.31 07:25

>安倍晋三首相が、今年11月に日本で出版された後、人気裏に販売中の李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学教授の本『反日種族主義』に対して言及した。

>最近発売された日本の保守指向の月刊誌『Hanada』2月号のインタビューでだ。

>「『反日種族主義』という本が日本と韓国で話題になっているが、総理はお読みになりましたか」という質問に、安倍首相は「日本でもベストセラーになったことは知っている。ここまで申し上げたい」と言って笑った。「読んだ」というニュアンスを強く含む回答だった。

>インタビューは24日韓日首脳会談が開かれる前に行われた。

>安倍首相は徴用問題に対して「国境を接している隣国同士は多くの課題を抱えていて、ときには対立することもある」とし「そのような状況に終止符を打って正常化させるために条約を交わす」と話した。

>安倍首相は続いて「そのような新しいスタートを切るとき、両国が交わした条約を守らないなら、すべての基本が崩れてしまう」とし、1965年請求権協定の遵守を再度韓国政府に求めた。

>安倍首相は「条約を遵守することが国際法の常識であり、国際的な通念」とも話した。2015年韓日政府の慰安婦合意については「当時の朴槿恵(パク・クネ)政権と合意したのではなく、日本と韓国、国と国との間の約束」としながら「政権が変わったからといって約束を紙くずにすることは決して受け入れられない」とした。

>また「現在、韓国に対する日本国内の世論が冷ややかなのは、これまで多くの日本人が『韓国と良好な関係を築きたい』と望みながらさまざまな行動をしてきたにもかかわらず、(韓国側の行動のために)『これは何だ』という気持ちになったからだと考える」とも話した。

>それとあわせて、徴用問題などにおける対処に関連して「私は『どのようにすれば未来の日韓関係がうまくいくか』ということを基本として考えている」とし「安倍政権が根本的な原則を譲歩することはありえない」と話した。






higurashi_001.jpg














posted by kwazz at 10:27| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする