2017年10月08日

おばちゃんに、怒られちゃいましたよ…w

netgeek;安倍総理の演説妨害者を説教するおばちゃん、超絶有能 2017年10月8日

>安倍総理が登場した街頭演説で10名ほどの集団が大声で騒ぎ始め、妨害行為を行った。そこに現れたのは1人のおばちゃん。勇猛果敢に妨害者を説教し始める。

>まずは当日の様子から。

>自民党演説会において「お前が国難」「アベ政治を許さない」などというプラカードを掲げ、「帰れ」とコールする集団が映っている。周囲の聴衆は演説を聞きに来ているのにこの10名ほどの団体がうるさくて仕方がない。

>また、集団にはTBSのカメラが密着取材していることも判明。わずかな人数なのにズームで映すことで大勢いるように撮られていると批判の声があがった。これで「100名超の抗議者が」などと報じるのはマスコミの常套手段だ。

>森友・加計学園問題はすっかり冤罪と判明したので今度は「国難」というキーワードで安倍総理を責め始めた。もっともその意味合いはよく分からないが…。

>さて本題はここから。迷惑な集団に対し勇敢に立ち向かったおばちゃんがいたのだ。

▼安倍やめろと大声でコールする。

payo_001.jpg

▼一体どこから集まってきたのやら。

payo_002.jpg

▼と、そのときおばちゃん目の前に立ちふさがる!そして「うるさい!」と一喝。

payo_003.jpg

▼警察に対して指示を出す様子は超大物。思わぬ事態に集団は硬直してしまった。

payo_004.jpg

>攻撃は強くても守りは弱いというのが集団の特徴なのかもしれない。偏屈な連中が1人のおばちゃんに圧倒された瞬間は実に爽快であった。

>最後に一句。

>TBS、逆から読むと、しばき隊。





安倍ストーカーのパヨ・プラカ隊も、動員を掛けて、せいぜい10人程度か… (*´∇`) アハハ












報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-02
売り上げランキング : 622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 悲しいサヨクにご用心! ジャパニズム39 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル それでも反日してみたい 月刊Hanada2017年10月号 タダより高いものはない (イースト新書)







posted by kwazz at 14:54| Comment(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

戦いは数だよ!

産経ニュース;【衆院選】保身の権化のような政党が「身を切る改革」…どの口が言うか 希望の党公約発表 2017.10.6 17:33

>小池百合子東京都知事率いる新党「希望の党」が6日に発表した衆院選公約に苦笑を禁じ得なかった。「国会議員みずから身を切る改革を…」。議員バッジほしさに「踏み絵」を踏む保身の権化のような集団が「身を切る」だって? とんだお笑い草ではないか。

>集団的自衛権行使を限定容認した安全保障法制を「憲法違反だ」と声高に批判していた多くの民進党前職が、現行法制を実質的に容認する「政策協定書」に署名し、希望の党の公認を得た。中には、平成27年7月の安保関連法案の衆院委員会採決の際、プラカードを掲げて頑強に議事進行に抵抗した者もいる。その変わり身の早さは凡俗の身にはとても理解できない。

>「踏み絵」を踏むほうも踏むほうなら、踏ませるほうも踏ませるほうである。

>8月に民進党を離党して希望の党の結党メンバーに名を連ねた細野豪志元環境相は「選別」する立場として次のように語った。

>「『安保法制白紙撤回』ということでは、北朝鮮の問題に対応できない」

>かつての仲間たちに高飛車な態度で迫った細野氏だが、安保関連法案の衆院採決をボイコットした当時の民主党で政調会長を務めていた。「党の方針だから仕方なく従った」という一般議員の言い訳なら百歩譲って理解してもいいが、細野氏は当時の政策責任者である。何をか言わんや、ではないか。

>打算も保身もご都合主義も包摂する「寛容」(希望の党綱領)な党の体質に恐れ入るばかりだ。





議席を保守したいだけの大義で集まったクズを、いくら集めようとも。

所詮、クズはクズ… (´▽`*) アハハン♪





現代ビジネス;ポンコツ議員の寄せ集め…小池新党のどこにも「希望」が見えない これでは信念なきガラクタの集団だ 長谷川 幸洋 ジャーナリスト 東京新聞・中日新聞論説委員 2017.10.06

>信念なき「烏合の衆」

>総選挙の構図が固まった。希望の党は第一次公認候補を発表するとともに、小池百合子代表(東京都知事)はあらためて不出馬を表明した。一方、枝野幸男・民進党代表代行は新党を立ち上げた。この展開をどうみるか。

>先週のコラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53047)で「希望の党は中身がカラッポ、これぞ政界お笑い劇場」と書いたら、思いがけなく、Facebookの「いいね!」が1.5万に達する好評価をいただいた。多くの読者の共感を得られたのは幸いだ。

>政党に理念や政策の一致が必要なのは当然である。だが、その前に民進や自由から希望に駆け込んだ前議員や元議員たちは、そもそも自分の信念があるのか。彼らは、ついこの間まで憲法改正反対、安保法制反対を声高に叫んでいた。

>それが議員バッジ欲しさに自分の信念も理念も政策もかなぐり捨てて、消費税も含めて重要政策が正反対の希望になだれ込んだ。政治家として論外である。彼らは今回の解散・総選挙を「大義なき解散」などと批判したが、彼らこそ日本の政治を担う大義がない。

>彼らを選別した希望の側もホンネが見え始めた。小池百合子代表(東京都知事)は繰り返し、安全保障法制の堅持と憲法観の一致が参加の条件と説明してきたのに、土壇場になって安全保障法制についてハードルを下げてしまった。

>参加議員に誓わせた「踏み絵」の政策協定書にいわく「安全保障法制は憲法にのっとり適切に運用する。そのうえで不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する」と表現を和らげ、妥協した。これはできるだけ大勢、来てほしいからだ。

>ポンコツでもガラクタでもいい、とにかく数を揃えるのが先決だと判断したのだろう。結党のときからこんな調子だと、いずれまた何を言い出すか分からない。希望の党はカラッポに加えて、信念なきガラクタの集まりになってきた。

>「改革」とは名ばかり

>そもそも小池氏が掲げている「カイカク、リセット、しがらみ政治からの脱却」の中身がいい加減である。それは先週書いたが、追記しておこう。彼女が唱えた「東京大改革」の目玉の1つは「自律改革」だった。それはいま、どうなったか。

>実績は「自律改革事例集」として、5月30日に開かれた都政改革本部会議で公表されている(http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/kaigi09/jiritsukaikaku/03_jireishuu.pdf)。175ページもある文書だが、これを読むと自律改革がどんなものかよく分かる。

>たとえば、交通局はどうか。

>真っ先に挙げたのは「お客様の声の更なる活用」だ。駅のターミナルや改札にバス案内のサイネージ(電子案内板)を多言語で表示する。それから「お客様が求める情報の積極的な発信」。これは都営バスや地下鉄の財務諸表をホームページで発信する。

>「若手職員の積極的活用」とか「新たなバスモデルの発信」というのもある。後者は、ノンステップバスの後ろにある「段差を解消したフルフラットバスを導入する」とか「外国人にも分かりやすいように路線名にアルファベット表示を導入する」のだそうだ。

>水道局も見てみよう。

>こちらは「職員への非常時参集マップ(ポケットブック)の配布」とか「会議方法の見直し(ペーパーレス化の取り組み)」「窓口サービスの改善(タブレット端末を活用した多言語対応)などとある。もう、これくらいで十分だろう。

>お分かりのように、これは改革なのか。改革ではない。業務改善である。改革とは従来の制度や仕組みを見直して、税金の無駄使いを改めることだ。だが、小池都知事がやっているのは従来の業務の延長線上でちょっと改善を試みる。そんな程度の話である。

>正体は「官僚に丸投げ」

>なぜそうなったかといえば、官僚に丸投げしたからだ。官僚は法律や条例に基いて、制度や仕組みの下で仕事をしている。制度や仕組みを改めようと思えば、根拠になっている法律や仕組み自体を改めなければならない。

>たとえば、東京になぜ地下鉄が2系統もあるのか。利用者の目からみれば、東京メトロと都営地下鉄の2本立ては無駄で非効率だ。業務を整理統合し1本化して、天下り官僚も減らしてもらったほうがいい。そういう組織や制度の改革が本当の改革である。

>だが、そんな改革は交通局には絶対にできない。一本化しようとすれば、東京地下鉄株式会社法をはじめ関係法、条例などを改正しなければならないが、そんな権限は交通局の官僚にはないからだ。自分ができない話を俎上に載せるほど、官僚は愚かではない。

>つまり「自律改革」などと言って改革を官僚に丸投げした時点で、出てくるのはせいぜい業務改善案というのは分かりきった話なのだ。では、なぜ小池氏は改革をあきらめて、話を業務改善にすり替えたのか。

>私は東京都庁職員労働組合など労組との対決を避けたからだ、とみている。本格的な組織の改革や整理統合に踏み切れば、職員はリストラの可能性が高まり、労組との対決が避けられなくなる。それを避けたのである。

>1月13日公開コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50700)で書いたように、小池氏は先の都議選前に民進党との選挙協力を模索した。今回は多数の民進党前議員を希望の党が吸収したが、都議選前の民進党との協力話はその前触れだったとみていい。

>小池氏の足元でも反乱が起きている。都議会議員の音喜多駿氏と上田令子氏が小池氏の国政傾斜や都民ファーストの会の運営に反発して、離党を検討していると報じられた。安倍政権との対決姿勢を強めた結果、都議会与党の公明党との関係も悪化している。

>この調子だと、始める前から失速していた東京大改革の先行きはいよいよ危うい。

>口だけ立派でも

>あと2点、指摘したい。前原誠司・民進党代表の発言と連合についてである。前原氏は10月3日、枝野氏の新党結成について「すべて想定内だ」と発言した。ということは、党の分裂は織り込み済みだった、という話になる。

>彼は9月29日の両院議員総会で「(政権交代の)大きなプラットフォームを我々自身が作る…みんなで一緒に行動したい」と言っていた。だが、ホンネは「分裂しても仕方ない」と見限っていたのだ。さすが、口だけは立派な代表だ。

>分裂を覚悟しながら建前を言った前原氏も前原氏だが、それを黙って了承した議員たちも議員たちだ。枝野氏は後で前原氏に「話が違う」と苦情を言って結局、新党の「立憲民主党」結成に踏み切ったが、本当に全員が希望に引っ越しできるとでも思っていたのか。

>同じことは連合にも言える。連合は「民進党の政策丸のみと全員移籍が合流容認の条件」と報じられた。そんな話が本当に通用すると思っていたなら、いかにも見通しが甘い。いまになって「分裂は残念」などと言っても、まったく後の祭りでしかない。

>前原、枝野両氏といい連合といい、彼らはガチンコの野党分裂騒動でホンネと建前を混在させて、展開をしっかり見極められなかった。先週のコラムで書いたように、彼らはまさに「我を忘れて右往左往」という状況である。

>それは彼ら左派勢力が日頃、キレイごとの建前ばかり言ってきたツケでもある。

>世の中は普段、建前で動いているように見えながら、生き残りを賭けた局面では、それぞれのプレーヤーがホンネで動いていく。ホンネを見極められないプレーヤーは見通しを誤って、舞台から蹴飛ばされるだけだ。

>いま日本が直面しているのは、北朝鮮と中国による本物の脅威である。狭い永田町のホンネと建前すら見極められないような勢力に、戦後最大の危機を迎えている日本の安全保障を任せるわけにはいかない。日本の平和と安全は「お笑い劇場」ではすまないのだ。






monao_001.jpg


monao_002.jpg







平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法
平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法渡邉 哲也

飯塚書店 2017-04-08
売り上げランキング : 194348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース 決裂する世界で始まる金融制裁戦争: 米中朝の衝突で急変するアジア 共謀罪・マイナンバーで叩き潰される者たち ヤクザとオイルマネー: 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす 世界同時 非常事態宣言 ~トランプ以後の激変が始まった! あと5年で銀行は半分以下になる 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル なぜ私は左翼と戦うのか 希望の日米新同盟と絶望の中朝同盟: フェイク・ニュースの裏側にある真実 沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください 寄生難民

posted by kwazz at 05:32| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タヌキノミクスは、さっそく修正…w

日本経済新聞;内部留保課税「修正も」 小池氏、首相候補は検討中 2017/10/6 23:00

>希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は6日の日本経済新聞とのインタビューで、衆院選公約で掲げた内部留保課税の検討について修正もありうるとの認識を示した。自身の衆院選出馬は重ねて否定した。希望が推す首相候補については「検討中」と述べるにとどめた。安倍政権には「改革のスピードが遅い」と注文をつけ、対立姿勢を鮮明にした。

(以下会員記事)





その場しのぎの思いつき、急ごしらえの選挙公約だから… (*´∇`) アハハ





産経ニュース;【衆院選】希望の党公約の内部留保課税は「二重課税」 麻生太郎財務相 2017.10.6 13:12

>麻生太郎財務相は6日の閣議後の記者会見で、希望の党が選挙公約に掲げた企業の内部留保への課税について、「内部留保は税金を払った後のお金で、(さらに税を課すと)二重課税になる」との認識を示した。

>ただ麻生氏は、内部留保が大きく積み上がり、現預金の比率が高いことを問題視。「金利のつかない金を貯めて何をするのか。給与や設備投資に回したらどうか」と指摘した。

>麻生氏は合わせて、ペンス米副大統領との日米経済対話の第2回会合を16日に米ワシントンで開催すると発表した。「国益を守りながら、経済関係をいっそう深めていけるよう建設的な議論をしたい」と語った。

>経済対話は4月に東京で初会合を開催して以来となる。経済対話は4月に東京で初会合を開いて以来。11月のトランプ米大統領の来日を前に、経済分野の懸案を話し合う。

>冷凍牛肉を対象に日本政府が発動した緊急輸入制限(セーフガード)も議題に上がる見通し。麻生氏は、「運用を変えるだけで、今起きている問題は避けられる」と述べ、制度改正は必要ないとの考えを示した。






エキサイトニュース;<希望の党>「内部留保課税」公約 賃上げ効果見通せず 毎日新聞社 2017年10月6日 21時51分

>希望の党が6日発表した衆院選公約には、消費増税の凍結に代わる財源として大企業の内部留保への課税が盛り込まれた。内部留保課税は、これまでもたびたび取りざたされたが、課題が多く導入されていないのが実情。政策として矛盾する点もあり、「大衆受け狙い」との批判も出ている。

>6日の記者会見で、希望の党代表の小池百合子東京都知事らは「財源をどうするか、我々は逃げない」と内部留保課税を盛り込んだ狙いを強調した。

>内部留保は、企業が期末決算で売上高から人件費や原材料費、法人税、配当などを差し引いて残る利益を積み上げたもの。財務省の法人企業統計によると、2016年度の調査対象(約277万社)の内部留保の合計は、前年度比7.5%増の406兆円と初めて400兆円を超えた。

>内部留保は第2次安倍政権が発足した12年度と比べ、16年度は約100兆円増加。一方、人件費は約5兆円、設備投資は約8兆円の増加にとどまる。そのため、安倍政権は「有効活用してもらう必要がある」(麻生太郎財務相)と内部留保を賃上げや設備投資に回すよう企業に求めてきた。自民党内などで内部留保課税を求める声も出ていた。

>しかし課題が多く実現に向けた検討には至っていない。内部留保は法人税が課税された後の資金で、改めて課税すると「二重課税」となる。二重課税は課税される企業などの税負担が重くなるため、活発な経済活動を阻害しかねず、税制上避けるべきだとされる。

>希望の党は記者会見で、内部留保課税は「経済効果が非常に大きい」として「ポストアベノミクスの経済政策」の一つに位置付けた。だが、専門家の間では「効果は薄い」との指摘が多い。日本の企業は一度賃上げすると賃金カットが難しい。また、人口減で国内市場も縮小している。そのため、内部留保を減らそうとする企業は、賃上げや設備投資ではなく、手っ取り早く減らせる株式配当に回す可能性が高い。配当は外国人株主を通じて海外に流れたり、企業同士の持ち合いで結局、企業に戻ったりするとの見方もある。

>課税対象の内部留保を減らすよう企業に奨励すれば税収減につながるため、消費税に代わる安定財源に位置付けるのは政策として矛盾する。

>税制に詳しい森信茂樹・中央大法科大学院教授は、「内部留保課税は効果が薄いわりに問題が多い。企業への課税強化という大衆受けを狙った政策と言えるのではないか」と話している。






koike_001.jpg







小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2018年版
小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2018年版小宮 一慶

日本経済新聞出版社 2017-10-12
売り上げランキング : 82281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2017年版 ビジネスマンのための最新「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書) 「名目GDPって何?」という人のための経済指標の教科書 (PHPビジネス新書) 「超」一流コンサルタントが実践する情報を「知恵」に変えるトレーニング 小宮一慶の 1分で読む! 「日経新聞」最大活用術 2016年版







posted by kwazz at 05:21| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

顔と看板を、すげ替えたところで…。

TBS NEWS;“踏み絵”を前に変節? 民進 安保法制への“姿勢”は・・・ 4日 23時13分

>今、与党側がこぞって批判しているのは、民進党から希望の党に移った人たちの「安保法制」に対する“姿勢”です。2年前、審議や採決のときにあれだけ反対していたのが、希望の党に踏み絵を踏まされて変節しているではないか、そう指摘しているのです。

(記事元に動画あり)



hope_001.jpg





クズは、やっぱり、クズ… ┐(´ー`)┌ フッ





DAPPI
@take_off_dress


>クリオネ松木・ピースボート櫛渕・デマの山井・強姦の荒木・飲酒パワハラ後藤・モナ男・タクシー柚木・デリヘル吉良

>希望の党 第1次公認リストに基づく候補者(192人)の不祥事・スキャンダル・問題行動の一覧を公開しました

※随時更新予定

http://ichimen.php.xdomain.jp/pdf/kibou_scandal_1004.pdf






hope_002.jpg













「小池劇場」が日本を滅ぼす
「小池劇場」が日本を滅ぼす有本 香

幻冬舎 2017-06-09
売り上げランキング : 660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今こそ、韓国に謝ろう 偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258) 危機にこそぼくらは甦る  新書版 ぼくらの真実 (扶桑社新書) 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 報道特注(本) 戦争と平和 (新潮新書) 永田町アホばか列伝 習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書) 米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 (角川新書) 父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白

posted by kwazz at 14:01| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルアーマー、火消しに躍起だな…w

Yahoo!ニュース;<衆院選>「自民の対抗勢力作る」立憲民主党・枝野代表 毎日新聞 10/5(木) 23:59配信

>発足したばかりの立憲民主党は何を目指すのか。代表に就任した枝野幸男氏に聞いた。

     ◇    

>草の根からの民主主義や経済再生を進めるまっとうな政治勢力が必要だと結党した。アベノミクスのような富める者をさらに豊かにする流れでは駄目だ。人への投資などの政策で明確な立ち位置の違いを示したい。民進党から公認を得ていたのに、希望の党には行けない、行かない人たちを軸に50人規模を擁立する。全ての比例ブロックに候補者を立てたい。

>民進党の前原誠司代表には1日に「(全員が希望に合流するとした)両院議員総会での前提が崩れた」として、翌日に新党を結成すると伝えた。前原さんなりに良かれと思ってやったと思いたい。

>希望の党との連携については「安倍政権打倒」で動くなら、その限りでは連携できる。政権交代可能な2大政党化に取り組む。勢力の結集を目指す。その方法論を前原さんがどう考えているかは分からない。自民党とは違う対抗勢力を作り上げるという考えが変わったとは思いたくない。





看板だけを架け替えても、選挙のあとは、やっぱり、アベガー、ジミンガーで。

政策の方は、ノープラン… (´▽`*) アハハン♪





BuzzNews.JP;「立憲が希望と連携」新聞記事を枝野代表が否定し批判「考えてもいない」「雑でわかりにくい」 2017/10/6 08:30

>10月6日未明、毎日新聞の見出しが反響を呼び、立憲民主党の枝野幸男代表が否定する騒ぎになっていました。

>これは毎日新聞が「衆院選:「政権打倒なら希望と連携」立憲民主党・枝野代表」というタイトルで配信した記事に対し「立憲民主党が希望の党と連携?何を考えているのか」という形で批判的な声が巻き起こり、枝野代表が「本文まで全部読んで」「まとめ方が雑で分かりにくいが心配するようなことはない」とTwitterで懸念を打ち消していたというもの。

>記事は枝野代表へのインタビュー形式で発言を伝えた内容で、枝野代表は寄せられた疑問に対しTwitterで「希望の党に合流することなど考えてもいませんし、そう誤解されるような発言もしていません」と説明しています。

>毎日新聞側はその後、タイトルを「衆院選 「自民の対抗勢力作る」立憲民主党・枝野代表」と変更していますが、立憲民進党への関心が高まりつつあると言われていることから、毎日新聞の「ミスリード」への批判が相次いでいるようです。






edanonboomerang_001.jpg







良いテロリストのための教科書
良いテロリストのための教科書外山恒一

青林堂 2017-09-09
売り上げランキング : 6821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
青いムーブメント―まったく新しい80年代史 生前退位‐天皇制廃止‐共和制日本へ ユリイカ 2017年10月臨時増刊号 総特集◎蓮實重彦 ニューロラカン: 脳とフロイト的無意識のリアル 四方対象: オブジェクト指向存在論入門 アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書) デルクイ 01─反体制右翼マガジン 日本のテロ:爆弾の時代 60s-70s メディアに操作される憲法改正国民投票 (岩波ブックレット) 天皇陛下の味方です[単行本]







posted by kwazz at 10:45| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

当らずといえども遠からず、だわね…w

TBS NEWS;「立憲民主党は沈み行く泥舟」高校教諭が授業で・・・ 4日 19時04分

>さいたま市にある県立高校で、授業中に男性教師が「立憲民主党は沈み行く泥舟」などと発言していたことが分かりました。

>3日、埼玉県立浦和北高校の50代の男性教諭が現代文の授業中に、「枝野氏は希望の党に合流することをいさぎよしとしない」などと発言していたことが高校などへの取材で分かりました。さらに、教諭は「立憲民主党は沈み行く泥舟のようなものだ」とも発言したということです。

>高校の調査に対して、この教諭は「いさぎよしとしない」という言葉の使い方を説明する際、立憲民主党に言及したことを認め、謝罪しているということです。

>「不適切と、とられるような発言があったとしたらですね、非常に遺憾でありますし、その事実について重く受け止めております」(埼玉県立浦和北高校 伊藤治也 校長)

>県の教育委員会は「政治的中立を確保するよう指導を行っているが、不適切な発言があったことについて誠に遺憾に思います」とコメントしています。





そもそも、教育の政治的中立云々は。

そのアカい泥船の支持団体が否定しちゃってるし… (´▽`*) アハハン♪





YOMIURI ONLINE;立憲民主党、菅元首相ら46人を擁立…読売集計 2017年10月05日 07時09分

>立憲民主党が衆院選に擁立する候補予定者が、4日現在で計46人に上ることが読売新聞の集計で分かった。

>今後、希望の党から公認を拒否された民進党出身者らが加わるとみられる。最終的には50人を上回る可能性もある。

>立憲民主党は、民進党のリベラル系を中心に3日、結成された。小選挙区別の候補予定者は計10都道府県で、東京の16人が最も多く、北海道と大阪が7人で続く。

>東京の小選挙区から出馬予定の長妻昭代表代行(東京7区)ら15人は4日、国会内で記者会見し、「政策に賛同する野党で候補者のすみ分けをする」と述べ、共産党などとの候補者調整を進める考えを示した。東京では1区に海江田万里・元民主党代表、18区に菅直人・元首相を擁立する。

>民進党の牙城の一つである北海道では、荒井聰・元国家戦略相(北海道3区)らが出馬予定だ。希望の党と日本維新の会が候補者のすみ分けで合意し、希望が公認候補の擁立を見送る大阪では、行き場を失った民進党出身者が立憲民主党に回るケースも見られた。

>希望の党の第1次公認から外れた民進党の亀井亜紀子・元参院議員も4日、松江市内で記者会見し、島根1区に立憲民主党で出馬すると表明した。






dokuro_001.jpg







それでも反日してみたい
それでも反日してみたいはすみとしこ

青林堂 2017-09-15
売り上げランキング : 2060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悲しいサヨクにご用心! 吉原の真実 知らないことだらけの江戸風俗 (自由社ブックレット10) ジャパニズム39 報道特注(本) 寄生難民 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? ジャパニズム38 日本人に帰化したい!! 永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264)







posted by kwazz at 11:51| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

国政ゴッコで、足元がグラついてきちゃったじゃない…w

YOMIURI ONLINE;「都民ファ」、2都議が離党へ「共感できない」 2017年10月03日 20時40分

>希望の党の小池代表が率いる地域政党「都民ファーストの会」の音喜多駿(北区)、上田令子(江戸川区)の両都議が、同会から離党する意向を固めたことがわかった。

>2人は同会の運営に反発しており、都議会定例会が閉会する5日に離党届を提出する見通し。

>音喜多氏は3日、読売新聞の取材に、小池氏が希望の党の代表になったことについて、「都政を投げ出すような姿勢に共感できず、寄り合い所帯の希望の党も支援できない。会派にいては自分の意見も自由に発信できない」と述べた。

>2人は、昨夏の都知事選で小池氏を支援した都議会会派「かがやけTokyo」のメンバー3人のうちの2人。今年1月から都民ファーストの会として活動を始め、音喜多氏は幹事長を務めたが、7月の都議選後は要職から外れていた。音喜多氏は9月に同会の新代表が決まった際、「一部だけで党代表を決めた」と批判し、上田氏も「風通しの良い組織づくりをすべきだ」と注文をつけていた。





元民進のクズと素人とで、取りあえず頭数だけをそろえたミドリのたぬき新党の。

まるで、未来予想図のようじゃありませんか… (*´∇`) アハハ





産経ニュース;「都民ファースト」都議2人離党へ 「希望の党応援できない」…小池都知事の政治姿勢に反発 2017.10.3 21:15

>東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の都議2人が離党する意思を固めたことが3日、関係者への取材で分かった。2人は都の課題が山積する中で「希望の党」を旗揚げして国政進出した小池氏に反発。周囲には「理念がない寄せ集めの希望の党を応援することはできない」とも話しているという。小池氏批判を原因とする都議会最大会派「都民」の分裂は、衆院選を控える希望の足元を揺るがす可能性がある。

>離党するのは昨年夏の都知事選から小池氏を支援してきた音喜多駿、上田令子両都議。「都民」の立ち上げメンバーだが、2人は「都民」の代表人事を小池氏ら一部の幹部のみで決めたことに反発してきた。5日の都議会本会議終了後、離党届を提出する。

>関係者によると、2人には希望側から衆院選への出馬について打診があった。しかし、2人は「小池氏の姿勢に疑問があり、希望の党は選挙のための寄せ集めでしかない。信念を曲げることはできない」と断ったとされる。希望側は音喜多氏に東京1区での出馬を要請したという。

>一方、「都民」幹事長代理の小山有彦都議は2人が国政転身の意向を以前から周囲に漏らしていたと指摘した上で、「(1次公認に入らず)希望の党から出馬できないことが分かったので、(離党という)対応につながったのであれば残念」と言及。離党の本当の理由を明かさずに知事批判に転嫁しているとの見解を示しており、当事者の言い分は食い違っている。






netgeek;小池百合子が若狭勝に「もうTVに出るな!!」と激怒。早くも内輪もめへ 2017年10月4日

>信念が違う者が集まってもやはりうまくいかない。希望の党は早くも内部分裂を起こし空中分解しようとしている。

>若狭勝が勝手なことを言って小池百合子ブチ切れ。

>2人の間に起きた問題はこうだ。若狭勝が「次の次に確実に政権交代ができるなら小池百合子が選挙に出なくて構わない」と強気な発言をした。国政進出が噂される小池百合子がいなくても希望の党はやっていけるという意味での発言だったのだろう。しかし、これに怒ったのが小池百合子。選挙に出ないことを既成事実のような雰囲気にされてしまったとして、猛烈に抗議する。

>小池百合子「基本的に私以外の発言は取り合わないでほしい。若狭はもうテレビに出るな」

>政治家に対してもうテレビに出るなというのはかなり強い要求だ。すでにネット上では若狭勝が組織から追い出されるのではないかという噂すら立っている。事実、若狭勝はこれよりも前に問題発言を繰り返し、国民の信頼をどんどん失いつつあった。小池百合子がブチ切れるのも無理はないだろう。

>さて、若狭勝とは一体どのような人物なのか。

>同期だったという郷原信郎氏(弁護士、元検察)は若狭勝をボロクソに言っている。


郷原信郎
@nobuogohara
若狭「特捜で自民党政治の奥深い所を25年見てきた」???検事同期として、現職時代の彼を知っているが、「自民党政治の奥深いところ」など何も見ていない。特捜の看板の下で、マスコミが報じた疑惑や「妄想」に基づいて、後輩部下に無茶な取調べで「ストーリー通りの調書」をとらせようとしていただけ
21:59 - 2017年9月30日


>事前に書いたストーリー通りに調書をとっていたというのは検察にとって最も侮辱的な指摘であろう。こちらのツイートは1万3千もリツイートされ、大変な反響を呼んでいる。

>元同期にも上司にも嫌われている若狭勝。ひどく協調性がなく、オタク気質なのではないだろうか。どこの組織に属してもうまくいかないように思う。






日韓スポーツ;希望の党・若狭勝氏ら第1次公認/候補者一覧 2017年10月3日21時20分

>希望の党は3日、衆院選の第1次公認として小選挙区候補191人と、比例代表候補1人の計192人を発表した。小選挙区では前職56人、元職は45人、新人は90人だった。比例代表の1人は前職。

>1次公認は次の通り。(「新」は新人、「元」は元職、表記なしは前職。新人の一部は発表名簿の表記通り。敬称略)

(以下、名簿は記事参照)
















「小池劇場」が日本を滅ぼす (幻冬舎単行本)
「小池劇場」が日本を滅ぼす (幻冬舎単行本)有本香

幻冬舎 2017-06-08
売り上げランキング : 353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊Hanada2017年11月号 [雑誌] 今こそ、韓国に謝ろう 月刊Hanada2017年10月号 [雑誌] 月刊Hanada2017年9月号 [雑誌] 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル (青林堂ビジュアル) 大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書) 米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 (角川新書) 習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書) タダより高いものはない (イースト新書) 日本を救う最強の経済論ーバブル失政の検証と後遺症からの脱却 (扶桑社BOOKS)







posted by kwazz at 04:50| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

始まる前から、終わった観が…w

NHKニュース;民進 菅元首相 枝野氏の新党に参加の意向 10月2日 18時50分

>民進党の菅元総理大臣は2日夜、東京都内で街頭演説し、枝野代表代行が新党「立憲民主党」を結成する意向を表明したことを受けて、衆議院選挙に向け、新党に参加したいという考えを明らかにしました。

>この中で、民進党の菅元総理大臣は、枝野代表代行が2日、新党を結成する意向を表明したことについて「枝野氏は、理念をもっと明確にし、リベラルの旗をしっかり掲げて戦おうという考えで、『立憲民主党』を立ち上げる宣言をした」と述べました。

>そのうえで、菅氏は「『間近に迫った衆議院選挙を一緒に戦っていこうという人は、ぜひ集まってほしい』という呼びかけがあった。私はその呼びかけに応えて、『立憲民主党』に参加することを決意した」と述べ、衆議院選挙に向けて、枝野氏が結成する新党に参加したいという考えを明らかにしました。





さて、これからTVメディア報道は、緑のたぬきsageで。

枝豆ミンス、持て囃しにシフトか… (*´∇`) アハハ





産経ニュース;【衆院選】安保反対で委員長席に詰め寄ってたのに…「希望」へ合流希望の民進候補予定者 “雄姿”どこへ、主張リセット 2017.10.2 20:59

>小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」が、民進党からの合流希望者に、憲法改正や安全保障関連法への賛成を求めている。民進党議員といえば、旧民主党時代から安保関連法などの審議で反対のプラカードを掲げ、その“雄姿”がテレビカメラに映るように、与党に詰め寄った。民進党関係者は今、過去のリセットを求められている。

>平成27年7月15日、衆院平和安全法制特別委員会で安保関連法案が採決された。佐賀2区で出馬する現職、大串博志氏(比例九州)は、委員長席に押しかけた。隣の辻元清美氏と一緒に、採決を中止するよう、大声で詰め寄った。

>大串氏はブログでも「憲法違反の安保法案を阻止できなかったこと。これが痛恨でした」(27年9月25日)と発信した。法案の反対集会に参加した際の写真には、「戦争法はいらない!」と過激な横断幕も映り込む。

>その大串氏は、希望の党への合流を求める。

>事務所関係者は「(与党の)法案には、賛成できる部分もあったと審議を通じて訴えている。『変なところを直す』というのが大串のスタンスだ。それは、どの党になっても変わらない。(安保関連法に反対する)市民団体の支持も、得られると思っている」と語った。

>熊本1区から出馬する予定の現職、松野頼久氏(比例九州)は27年9月18日、当時の維新の党代表として「憲法の範囲を逸脱する内容を含む、違憲性の疑いの極めて濃厚な法案」(衆院本会議における内閣不信任決議案の賛成討論)と、訴えていた。そんな松野氏も、希望の党へ公認申請する考えを明らかにしている。

>赤旗にも登場

>福岡県で民進党から立候補を予定していた8人は、全員が希望の党の公認を求めた。

>元職の楠田大蔵氏(福岡5区)は、27年9月12日、福岡県那珂川町であった「安保法案を廃案に なかがわアクション」に参加した。

>当時進んでいた野党共闘を意識してか、その様子は共産党機関紙「しんぶん赤旗」でも取り上げられた。

>同じく元職、城井崇氏(福岡10区)も、自身のホームページで安保法制に関して「民主主義も立憲主義も平和主義も壊す戦後最悪の暴挙」(27年10月1日)、「憲法違反である安保法制・集団的自衛権部分の白紙化」(同)などと掲げた。

>目指す政策の一つとして「安全保障法制は見直します。憲法違反を含めた安保法制の問題点を法律で正します」と記載する。

>そんな楠田、城井両氏とも、安保法制に賛成した上での、「希望」合流を希望した。

>新人も同様だ。福岡7区の原圭助氏は、市民団体の街頭デモ活動に参加した様子を、ツイッターに何度も投稿した。自ら「戦争法廃止」のプラカードを持った写真(29年9月26日)などがある。

>「君子豹変す」という言葉もある。過ちと気づいたのなら、ためらわずに改めるべきだが、野党が大好きな「説明責任」を果たす必要はあるだろう。

>合流拒否に「光栄」

>希望の党から、合流を拒否された候補予定者もいる。

>福岡3区で民進党からの出馬を予定していた元職、山内康一氏は9月30日の段階で「自分は組織人として組織の決定に従う。希望の党でやる前提だ」と、取材に答えていた。

>ところが2日になって、希望の党の公認が得られない見通しとなった。

>山内氏は、枝野幸男民進党代表代行に近く、党内左派と目される。山内氏は「枝野さんと考えが近いのは事実であり、今から否定しても否定できない。今後、枝野さんの新党か、無所属か、いろいろな可能性がある。ただ、希望の党から『小物だけど、潰さなければいけないリベラル』と思われたことは光栄です」と語った。






KSL-Live!;速報!希望の党の「踏み絵」が流出!寝返った元民進党議員も逃げ出しそうな超無慈悲な内容と判明 2017.10.2

>希望の党の公認を得るにあたっての「踏み絵」が早くも流出、その無慈悲な内容に世間が震えあがっている。

>流出したのは、小池百合子代表に提出する「政策協定書」で、元民進党議員の主張と真っ向反する「集団的自衛権容認」だけでなく「外国人参政権の付与に反対すること」「政党支部での献金受け取り禁止」など、すべての政治信条を捨てる者のみが参加できるという暴君からの手紙である。

>今からでも枝野新党「立憲民主党」に逃亡する人が出てきそうだ。


>政策協定書の全容

以下、政策協定書の全文文字起こし

※一部が変更されたという情報あり


希望の党 小池百合子代表殿

政 策 協 定 書

私は、希望の党の公認を受けて衆議院選挙に立候補するに当たり、以下を遵守すること、当選した場合には希望の党の所属する会派に所属して国会活動を行うこと、希望の党党員として政治活動を行うことを誓います。

1.希望の党の綱領を支持し、「寛容な改革保守政党」を目指すこと。

2.限定的な集団的自衛権の行使を含め安全保障法制を基本的に容認し、現実的な安全保障政策を支持すること。

3.憲法改正を支持すること。

4・2019年10月の消費税10%への引き上げについては凍結を容認すること。

5.外国人に対する地方参政権の付与については反対すること。

6.政党支部において企業団体献金を受け取らないこと。

7.本選挙に当たり、党の支持する金額を党に提供すること。

8.希望の党の公約を遵守すること。

   年   月   日

第48回衆議院選挙 立候補予定者

_______________


>以上、ご愁傷さまです。






yasuna_sonya_agiri_001.jpg







それでも反日してみたい
それでも反日してみたいはすみとしこ

青林堂 2017-09-15
売り上げランキング : 1732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悲しいサヨクにご用心! 吉原の真実 知らないことだらけの江戸風俗 (自由社ブックレット10) ジャパニズム39 報道特注(本) 寄生難民 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 日本人に帰化したい!! ジャパニズム38 永田町アホばか列伝







posted by kwazz at 04:38| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

民主党復活、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

毎日新聞;民進党 枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」を検討 2017年10月2日 02時30分

>民進党の枝野幸男代表代行は1日、希望の党に合流しない民進党前衆院議員らを集めて、新党を結成する方針を固めた。希望の党が民進党の全員合流を認めないことに反発した。希望に参加できない前衆院議員を救済するための受け皿を目指す。党名は「民主党」を検討している。

>新党には赤松広隆元衆院副議長(愛知5区)、佐々木隆博氏(北海道6区)、辻元清美氏(大阪10区)、阿部知子氏(比例南関東)らが参加する見通し。民進党参院議員からは相原久美子、有田芳生、江崎孝、神本美恵子(いずれも比例)の4氏らが参加を検討している。

>無所属で出馬することを表明した野田佳彦前首相は、自らのグループから希望の党に参加するメンバーもいるため、新党への参加には慎重とみられる。岡田克也元代表も参加しない見通しだ。

>枝野氏は1日朝、前原誠司代表に電話で「民進党の理念や政策を実現する前提が違うなら納得できない」と伝えて会談を求め、同日夕、前原氏と党本部で会談した。会談には希望の党の若狭勝前衆院議員と候補者調整の協議を進めている玄葉光一郎総合選対本部長代行も同席して協議したが物別れに終わった。

>会談で玄葉氏は枝野氏に対し、「民進党から150人、希望の党から50人」を擁立する調整を進めていると説明した。民進党は全国で210人超の候補擁立を内定していた。玄葉氏の主張通り150人が受け入れられたとしても、約60人が希望に合流できない。

>枝野氏側は両院議員総会などで方針撤回を求めることも検討したが、希望の党への合流に賛成する議員も多いとして断念した。排除された前衆院議員らはこのままでは、無所属で立候補せざるを得なくなるため、新党を結成する。無所属で出馬した場合、比例代表との重複立候補ができず、政見放送に出られないなど運動も制限される。

>新党は共産、社民両党との選挙協力を行う方針だ。枝野氏側は前原氏に2日昼までに民進党から希望の党に参加できるメンバーのリストを明示するよう要求。前原氏が明確にできなければ新党に踏み切る考えだ。





公示日一週間前で、このゴタゴタ。

どうなっちゃうんだ、今度の選挙は… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;【衆院解散】民進・前原誠司執行部に不満爆発「話が違う!」 民進左派、参院巻き込みリベラル新党構想急浮上 辻元清美氏も無所属出馬宣言 2017.10.1 06:42

>新党「希望の党」への合流を決めた民進党の前原誠司執行部が30日、激震に見舞われた。希望の党を率いる小池百合子東京都知事は民進党からの公認申請者を厳格に選別する方針で、希望者全員の公認を求める地方組織や連合が「話が違う」と不満を爆発させたのだ。小池氏が「排除する」と明言したリベラル派は参院民進党を巻き込み、別の新党結成を模索する動きも出てきた。

>「民進党が独自の力で乗り越えられる状況ならば、こういった選択肢はなかった。安倍晋三政権をストップさせるのが野党第一党の責務だ」

>前原氏は30日、党本部で開いた全国幹事会の冒頭でこう訴え、希望の党への合流方針に理解を求めた。

>しかし、出席者からは「民進党出身者の全員が希望の公認を得られるのか」といった見立ての甘さへの懸念が続出。希望の党側で「選別」に言及する関係者が多いことへの批判も集まり、前原氏は小池氏から「自分以外の発言は取り合わないでもらいたい」と釈明されたことも紹介した。

>民進党北海道連の市橋修治幹事長は記者団に「民進党公認の道を開くよう求めたが『民進党では選挙はやらない』の一点張りだった」と怒りをぶちまけた。党大阪府連は30日夜、小池氏が日本維新の会との間で希望の党の候補を大阪府内の選挙区に擁立しないと合意したことに反発し、候補予定者が対応を協議した。

>不満は党内にとどまらない。連合の神津里季生会長は30日、前原氏に直談判するため、急遽(きゅうきょ)党本部に乗り込んだ。合流に関して前原氏と事前に腹合わせした内容と、希望の党側の実際の動きが違いすぎるからだ。

>神津氏は合流の条件として(1)民進党と連合が結んだ政策協定の丸のみ(2)民進党の公認申請者全員を受け入れる−ことを希望の党に求めていた。前原氏も「できるだけ全員を希望に合流させる」と語っていた。

>しかし、希望の党の第1次公認リストで枝野幸男代表代行(埼玉5区)に対抗馬が立つなど、民進党のリベラル派を積極的に排除する構図が鮮明になった。

>神津氏は会談後、記者団に「排除はおかしい。できるだけみんなが行くことが一番望ましい」と不快感を示した。連合幹部は「連合の要望が受け入れられなければ希望の党の候補に推薦は出さない」と突き放す。

>合流判断を覆すための両院議員総会開催を求める署名を集める動きが出るなど、党内は混迷を極めている。ただ、排除される民進党のリベラル派も生き残りをかけて動き出した。

>赤松広隆元衆院副議長は30日、名古屋市で記者団に「新しい政党も選択肢の一つ」と言及した。

>新党を作るには、原則国会議員5人以上の参加が必要だが、衆院解散に伴い前衆院議員はカウントできない。そこで「参院民進党の現職から5人を借りて『救済新党』を作る」(閣僚経験者)案が浮上している。政党に所属して衆院選に出馬すれば、比例代表で復活当選する可能性が生まれるなど、メリットが多い。






maekarasan_001.jpg







平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法
平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法渡邉 哲也

飯塚書店 2017-04-08
売り上げランキング : 37695

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース 決裂する世界で始まる金融制裁戦争: 米中朝の衝突で急変するアジア 共謀罪・マイナンバーで叩き潰される者たち ヤクザとオイルマネー: 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす 世界同時 非常事態宣言 ~トランプ以後の激変が始まった! あと5年で銀行は半分以下になる 希望の日米新同盟と絶望の中朝同盟: フェイク・ニュースの裏側にある真実 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください なぜ私は左翼と戦うのか 報道特注(本)







posted by kwazz at 04:24| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

リベラルを騙るのは、やめにしないイカ?

朝日新聞デジタル;民進リベラル系、新党準備 希望や自民と対決姿勢鮮明に 2017年10月1日03時33分

>新党「希望の党」(代表=小池百合子・東京都知事)が衆院選に向けて進める民進党出身者の公認調整に関連し、共産党などとの野党共闘に前向きな民進リベラル系の前衆院議員らが30日、希望からの公認が得られないことを前提に新党の結党準備に入った。民進からの立候補の可能性も模索している。新たに自民党と希望、日本維新の会といった保守陣営との対決姿勢を鮮明にする。

>リベラル系の前衆院議員らは参院議員と協力して、まず前原誠司代表の「合流」提案の撤回を求め、両院議員総会の再開催を要求する。参院議員の間ではすでに署名活動も始まっている。

>ただ、事実上の選挙戦へ動きだしており、総会の再開催が間に合わないことなども考慮。民進からの立候補の可能性も探りつつ、週明けにも総務省に新党を届け出られるよう準備を進める。

>昨年の参院選などで実績がある、共産や社民党、市民連合などとの連携も検討している。共産の志位和夫委員長は30日、記者団に「新しい流れを作るとすれば歓迎だ」と述べた。

>民進は同日、党本部で全国幹事会を開催。冒頭、前原氏が立候補予定者の公認内定を取り消し、全員を希望に公認申請する方針を説明した。だが、公認判断について小池氏は、民進が憲法違反として廃止を訴えてきた安全保障法制への賛同などを条件に「排除する」と明言しており、出席者からは不満や不安を訴える声が出た。

>辻元清美幹事長代行は会議後、記者団に「現実的なリベラルが今の政界に大事だ」と述べ、希望に合流しない考えを表明。旧社会党出身の赤松広隆元衆院副議長は同日、名古屋市内で記者団に「新しい政党を作ることも選択肢の一つとしないといけない」と言及した。





日本じゃ、リベラルってぇのは、反日パヨクのことだから… (´▽`*) アハハン♪

ぱよぱよち〜ん♪





NHKニュース;社民 吉田党首 希望の公認得られない民進出身候補と連携へ 9月30日 16時59分

>社民党の吉田党首は熊本県玉名市で記者団に対し、衆議院選挙に向けて、民進党が希望の党に事実上合流する方針を決めたことを受けて、希望の党の公認が得られない民進党出身のリベラル系の候補者がいた場合には、連携を図っていく考えを示しました。

>この中で社民党の吉田党首は衆議院選挙について、「今回の解散は理不尽で、安倍総理大臣の党利党略であることは間違いない。安倍政権の打倒や『憲法改悪』を阻止する重要な戦いで、『憲法を活かす政治』を全面に掲げて戦っていきたい」と述べました。

>そのうえで吉田氏は、民進党が希望の党に事実上合流する方針を決めたことを受けて「野党4党の連携で調整役を果たしてきた社民党としては、現在の状況は残念だが、希望の党に行けないリベラル系の議員とは連携を図りたい。社民党がリベラル勢力の中心的な役割を果たしていきたい」と述べました。






KSL-Live!;前原代表の切腹が決定!枝野幸男「出来なかったら腹を切るとまで言っていたから実現するものと思っている」 2017.10.1

>民進党の枝野幸男代表代行は30日、前原誠司代表の切腹が実現することを記者に明かした。

>前原代表が進めた民進党の希望の党合流案で、リベラル派議員の受け皿が無いことを記者に問われ「前原代表は、私には出来なかったら腹を切るとまで言っていたから実現するものと思われる」と答えた。

>確かに世が世なら、前原代表は民進党の城主として切腹するのが筋であるが、平成の世に切腹させられるとは、なんと無慈悲な。

>辻元清美議員らが無所属で出馬

>冗談はさておき、希望の党への参加が認められない議員や、政治信条として参加できないリベラル派議員の受け皿を作れるとは思えない。最も希望の党と遠い存在と思われる辻元清美衆議院議員は、無所属での衆院選出馬の意向をすでに固めている。

>多くのリベラル派の議員が同じような選択をするものと思われ、選挙戦で様々な制約があり比例復活もない「無所属」で不利な戦いを強いられる。当選したとしても、前原さんが用意した受け皿には納まらないだろう。






maekarasan_001.jpg







リベラルという病 (新潮新書)
リベラルという病 (新潮新書)山口 真由

新潮社 2017-08-09
売り上げランキング : 8181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
戦争と平和 (新潮新書) 日本を救う最強の経済論 コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) メディアの驕り (新潮新書) 親鸞と日本主義 (新潮選書) 戦争がイヤなら 憲法を変えなさい 今そこにあるバブル (日経プレミアシリーズ) 大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実 (SB新書) 性のあり方の多様性 一人ひとりのセクシュアリティが大切にされる社会を目指して 都道府県格差 (日経プレミアシリーズ)







posted by kwazz at 05:08| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする