2017年12月10日

保育園に落ちた! 米軍タヒね!!!

NHKニュース;米軍「飛行中ヘリから落下の可能性低い」 沖縄 12月8日 19時57分

>7日に沖縄県宜野湾市の保育園でアメリカ軍の軍用機のものと見られる落下物が見つかった問題をめぐり、沖縄に駐留するアメリカ軍の幹部は、沖縄県の富川副知事に対し、飛行中のヘリコプターから落下した可能性は低いという認識を示しました。

>7日、アメリカ軍普天間基地から300メートルほどの宜野湾市野嵩の「緑ヶ丘保育園」で「US」などと書かれた長さおよそ9.5センチ、重さ200グラム余りのプラスチック製と見られる筒状の物が屋根に落下しているのが見つかりました。

>この問題を受けて、沖縄県の富川副知事が沖縄に駐留するアメリカ軍の司令部があるキャンプ瑞慶覧を訪れ、ポール・ロック准将と面会しました。

>富川副知事によりますとロック准将は、「アメリカ軍の『CH53』ヘリコプターのものであるのは認めるが、飛行中に落下した可能性は低い」と述べたということです。

>富川副知事は「納得できない」として詳細な調査結果を示すよう求めました。

>富川副知事は、記者団に、「県としては軍用機から落下したという認識だが、科学的な根拠があと一歩、取れていない状況だ。落下したものと確認が取れたら改めて抗議する」と述べました。

>防衛省関係者によりますとアメリカ軍は、「普天間基地のCH53ヘリコプターを調べたところ、部品などがなくなっている機体はない」と説明しているということです。





さて、琉球土人の、自作自演の真偽のほどは兎も角も。

地域住民の安全確保のためにも、普天間から辺野古への基地移転は。

待ったなしだわね… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





netgeek;保育園に落ちた米軍ヘリの落下物、自作自演疑惑が浮上 2017年12月9日

>米軍ヘリの部品が沖縄の保育園に落下したと騒がれている件について、部品がなくなったヘリはないことが分かった。自作自演疑惑が浮上している。

>錯綜する情報をまとめてみた。

>落下物が直撃したのは沖縄県宜野湾市野嵩の普天間バプテスト教会に付属する緑ヶ丘保育園。落下物は保護カバーで飛行前に外すもの。

>神谷武宏園長の証言はこうだ。

>・1歳児が遊ぶ部屋でドーンという音がした

>・トタン屋根の上に落ちていた

>・焦げた臭いがした

>・「園児に当たっていたかもしれない」

>・「やっぱり落ちたかという感じ。オスプレイが上空をひっきりなしに飛んでくる」

>しかしながら現場の写真を見るに、不自然な点が多く、ネット上ではすぐに事態を疑う声があがる。

>・部品の重さは213グラムで缶コーヒーと同じ

>・部品自体に破損がないのはおかしい

>・屋根にも破損なし

>・高い場所から落ちれば粉々になっているはず

>・そもそもピンと針金部分の取り付け方が間違っている

>・悪意ある人が屋根に投げただけでは?

>その後、米軍の調査により部品がなくなっている機体は存在しないということが明らかになった。

>米軍は「飛行中のヘリから落下したものではない」と見解を示す。

>ただしヘリ(CH53)の部品であることは確か。

>沖縄県の富川副知事もこの騒動についてコメント。

>結局、真相は分からないまま。しかしnetgeek編集部ではここで「関係者がきな臭い」ということを指摘しておきたい。

>政治的な思想が偏っている。

>まず普天間バプテスト教会の公式HPを覗くと、「オスプレイ配備に反対する県民大会に参加しました」と政治的な活動を行っていることが分かる。

>また今回、琉球新報に写真を提供した金井創さんについてもFacebookを見ると、偏った思想をもつ政治活動家ということが分かる。

>「保育園に落ちた。オスプレイやめろ」といったところだろうか。

>落下物には不審な点が多く、この状況では保育園側の証言を鵜呑みにできないのも確か。以前から保護カバーを持っていた誰かが自作自演で騒動を起こすために屋根に投げたというのが真相ではないだろうか。






ika_009.jpg







沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください
沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください惠 髞V介 渡邉 哲也

ビジネス社 2017-08-09
売り上げランキング : 236733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる 決裂する世界で始まる金融制裁戦争: 米中朝の衝突で急変するアジア 共謀罪・マイナンバーで叩き潰される者たち 日中開戦2018  朝鮮半島の先にある危機 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する 外連(けれん)の島・沖縄――基地と補助金のタブー 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ ヤクザとオイルマネー: 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』







posted by kwazz at 05:35| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

これは、日本政府の歴史修正ですわ…w

共同通信;政府、軍艦島での強制労働なし 徴用工巡り韓国の反発必至 2017/12/8 02:02

>政府は、世界文化遺産の端島(通称・軍艦島、長崎市)の炭鉱で戦時徴用された朝鮮半島出身者に関し、過酷な強制労働の実態はなかったとする元島民の証言を公開する方向で検討に入った。2019年までに世界遺産の紹介施設を東京都内に開設し、展示したい考え。複数の政府関係者が7日、明らかにした。

>15年の世界遺産登録の際に約束した徴用の歴史を説明する措置の一環。「朝鮮半島出身者が過酷な環境で強制労働をさせられた」と主張している韓国の反発は必至で、歴史認識を巡る対立が強まり、緊迫化する北朝鮮情勢への対応や早期開催を目指す日中韓首脳会談の日程調整に影響が出る可能性がある。





労働者の強制徴用のみならず、慰安婦の強制連行もあったんでしょ… ( ̄σ・ ̄*) ホジホジ





聯合ニュース;慰安婦合意検証問題 「韓日が接点見いだすのが最善」=TF委員長 2017/12/07 21:14

>【ソウル聯合ニュース】旧日本軍慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意について、韓国外交部が検証のため設置したTF(タスクフォース、作業部会)の委員長を務める呉泰奎(オ・テギュ)氏は7日、「(検証を進める)この過程で韓日両国が接点を見いだすことができる創意的な解決法があれば最も良い」との見解を示した。

>ソウル・韓国プレスセンターで開催された韓日関係の専門家による国際セミナーで述べた。呉氏はまた、「TFの検討報告書が出た後、政府が時期を選んで対応策を出すだろうが、報告書の結果だけでなく国内外の多様な要素を総合して結論を出すだろうと私は考えている」と話した。

>ただ、セミナーの出席についてはTF委員長としてではなく、日本との問題に関心のあるジャーナリストとして参加したと述べるなど、慎重な姿勢を見せた。呉氏はハンギョレ新聞で論説室長を務めた経歴がある。

>呉氏は「2018年は慰安婦合意に関する韓国の対応が大きい関心事になるものとみられる」とし、「日本は合意を守らなければ韓日関係が大きい困難に直面すると強調している。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は国民の70%以上が合意に反対する状況を重く受け止めざるを得ない状況だ」と説明した。 

>在韓日本大使館の水嶋光一公使は発表で、2017年は韓日関係が跳躍するための助走の時期だったとした上で、文在寅政権発足後、韓日関係は全体的に良いスタートを切ったと評価した。

>水嶋氏はまた韓日両国には微妙な懸案があるのも事実だが、微妙で敏感な問題は静かに管理するのが重要だとし、このような問題を外交問題や、政治問題にしない努力が必要と述べた。













美しい日本の廃墟 いま見たい日本の廃墟たち
美しい日本の廃墟 いま見たい日本の廃墟たちヨウスケ マツモトケイイチロウ 腐肉狼

エムディエヌコーポレーション 2016-08-25
売り上げランキング : 27832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
世界の廃墟 幽幻廃墟 世界の廃船と廃墟 (nomad books) 朽ちゆく世界の廃墟 美麗廃墟 美しく幻想的な廃墟たち 世界のすごい廃墟 ([テキスト]) 世界の廃墟図鑑 産業遺産JAPAN 旧ソ連遺産 廃村 昭和の残響







posted by kwazz at 04:13| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クズが露呈しただけだったよなぁ…w

時事ドットコム;「もり・かけ・スパ」追及=辻元氏 2017/12/08-11:54

>立憲民主党の辻元清美国対委員長は8日午前、森友・加計学園問題に加え、スーパーコンピューター開発会社による詐欺事件についても政府を追及していく考えを記者団に示した。辻元氏は「もりそばと、かけそばだけだと思っていたら、スパゲティまで出てきた。もり・かけ・スパだ」と語った。




国会の会期を延長し、野党の審議時間を増やしても。

目立ったのは、パヨ野党のグダグダっぷりばかり… (*´∇`) アハハ





デイリー新潮;案の定… 国対委員長「辻元清美」が披露したお粗末ぶり 週刊新潮 2017年12月7日号掲載

>言わんこっちゃない……。

>そんな溜息が野党から漏れている。安倍総理も出席した11月27日と28日の衆院予算委員会。その質問時間を巡り、立憲民主党の辻元清美国対委員長(57)が露呈したのは、そのお粗末ぶりだった。

>野党担当記者が言う。

>「もともと、予算委員会の質問時間の割合は与党2に対して野党8。ところが、与党側が時間が少なすぎる、配分を5対5に、と言い出し、議論となりました」

>質問時間の配分は与野党の国対間で話し合われた。野党の国対関係者によれば、

>「立憲は野党第一党ですから、野党の意見をまとめて、自民党の森山裕国対委員長と交渉するのが、辻元さんの役目でした。彼女は、与党と揉めて委員会を飛ばすくらいなら、野党の質問時間が少なくなってもやむなしと考え、先週21日、早々に合意しようとしたのです」

>そうは問屋が卸さない。

>「他の野党が猛反発。辻元さんに“任せてられない”と批判が集中しました。あまりに話がまとまらないので、森山さんに全党国対委員長との会談を申し込み、打開しようとするも、“立憲の国対なんだから、野党をまとめてから来い”と断られてしまった。結果、辻元さんが“どうしよう”と慌てふためく事態になりました」(同)

>ついにこの日は結論を出すことができなかった。

>「翌日、予算委員会の筆頭理事が話し合い、14時間の質問時間を与党5時間、野党9時間とすることに。国対で結論を出せず、“辻元さんのやり方が悪い”なんて批判も出ています」(同)

>その始末といえば、

>「お詫びとして、自民党や他党に赤坂の洋菓子店『しろたえ』のシュークリームを差し入れました」(同)

>“甘さ”が際立ったのは、ご自身の手腕の方だった。






haruhi_019.jpg







野党共闘(泣)。 - 学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来 - (ワニブックスPLUS新書)
野党共闘(泣)。 - 学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来 - (ワニブックスPLUS新書)安積 明子

ワニブックス 2016-11-09
売り上げランキング : 72583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書) 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 - (ワニブックスPLUS新書) 小池≠ノはまって、さあ大変!  - 「希望の党」の凋落と突然の代表辞任 - (ワニブックスPLUS新書) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 蓮舫「二重国籍」のデタラメ 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する ついにあなたの賃金上昇が始まる! 永田町アホばか列伝







posted by kwazz at 04:00| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

テレビメディアそのものが、オワコンだから…w

日刊ゲンダイ;最高裁が受信料「合憲」 金満NHKの超厚遇に拍車がかかる 2017年12月8日

>「テレビを設置したら、NHKと受信契約を結ばなければならない」と定めた放送法が、憲法に違反するかが争われたNHK受信料裁判。6日、最高裁大法廷は、受信料支払い義務を合憲とする初の判断を示した。

>2016年度のNHKの事業収入は7073億円だが、約96%に当たる6769億円が受信料収入だ。これからは、国民が家にテレビを置けば、有無を言わさず、NHKに受信料を払わされることになる。支払いを拒めば裁判所は「払え」と判決する。最高裁の合憲判決で、NHKはさぞウハウハに違いない。

>昨年度末の受信料の推計世帯支払率(全国平均)は78.2%。すでにかなりの率で受信料を集めている。現在、NHKは200億円ものカネを貯めこんでいる。

>フザケているのは、金満なのをいいことに、職員が高額の報酬を受け取っていることだ。

>NHKによると、会長の年間報酬は3000万円を超え、11人いる副会長や理事らも2000万円台。一般の職員も30歳を越えると1000万円の給与をもらっている。表向き、大卒モデル年収は30歳で532万円、35歳で669万円と公表しているが、実際には“手当”を乱発し、国民から徴収した受信料を職員に分け与えているという。

>1986年から約10年間、NHKで記者、経理職をしていた葛飾区議の立花孝志氏がカラクリをこう指摘する。

>「私は35歳の時、1150万円もらっていました。NHKが公表しているのは、最低ラインの数字です。これに残業代や各種手当が加わります。住宅補助、単身赴任はもちろん、北海道なら寒冷地手当、物価の高い都市部勤務者には地域間調整手当があります。海外赴任している職員の国内に残留している家族には10万〜15万円の手当があります。残業の割り増しは30%、休日出勤は40%です。一般的には25〜35%ですから、極めて厚遇です」

>「国営放送」でなく、「公共放送」でありながら、安倍政権ベッタリの放送を繰り返すNHKに対しては、「番組が偏向しているから受信料を払いたくない」という声も根強い。しかし、最高裁判決が出たことで、国民は抵抗の手段を失ってしまった。

>その結果、ますますNHKの金満に拍車がかかり、職員が肥えていくことになる。





地デジ完全移行で、地デジ対応せずにNHK解約した我が家、勝ち組だな… ( ̄ー ̄) フフフッ
























徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり小川 榮太郎

青林堂 2017-11-21
売り上げランキング : 230

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 月刊Hanada2018年1月号 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本は誰と戦ったのか 永田町アホばか列伝 変見自在 トランプ、ウソつかない 報道特注(本) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 パヨクニュース2018 チバレイによるパヨクなニュース50選!







posted by kwazz at 17:56| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

例によって、国民ではなく市民なのよね…w

NHKニュース;野党5党と「市民連合」 憲法改正論議で連携 12月7日 13時24分

>民進党や立憲民主党など野党5党の幹部は7日、安全保障関連法に反対する市民団体と会合を開き、安倍総理大臣が目指す憲法9条改正の発議などを阻止するため連携していく方針を確認しました。

>先の衆議院選挙で、立憲民主党と共産党、それに社民党の3党は、安全保障関連法の廃止を訴える市民団体「市民連合」と、憲法9条の改正に反対することなどで合意しています。

>こうした中で7日、3党と民進党、自由党の野党5党の幹部が「市民連合」の呼びかけに応じて国会内で会合を開き、来年の通常国会では憲法改正論議が活発になることが予想されるという認識で一致しました。

>そのうえで、安倍総理大臣が目指す憲法9条改正の発議などを阻止するため連携していく方針を確認しました。

>一方、希望の党は「安全保障関連法を肯定している」として、会合には招かれませんでした。

>立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し、「安倍政権がどういう形で憲法改正の議論をするかを注視しながら、『改悪』と見られる改正はしっかりと止めていきたい」と述べました。





いつまでも、パヨ市民団体とつるんでばかりいるから。

まっとうな国民、有権者からの支持を得られない、って気づけよ。

泡沫パヨ野党… (*´∇`) アハハ

ぱよぱよち〜ん♪





時事ドットコム;民進党名変更も選択肢=参院幹部 2017/12/07-15:07

>民進党の小川敏夫参院議員会長は7日の記者会見で、党名について「変えるというのも一つの選択だ」と述べた。その上で「なぜ国民から理解、支持が得られないのかが根本の問題だ。まず国民に何を訴えるかという本質的な議論を踏まえて支持を取り戻したい」と述べ、抜本的な党改革が必要と強調した。





産経ニュース;【野党ウオッチ】これが立憲民主党の「まっとうな政治」か?本会議場をウロウロ、居眠り 今国会、党首の会見なし 2017.12.7 08:00

>10月の衆院選で「まっとうな政治」というスローガンを掲げて戦い、野党第一党に躍り出た立憲民主党が何かおかしい。立憲民主党は、民進党の希望の党への合流構想を嫌った有権者が、「永田町の論理」と距離を置き「草の根の民主主義」を訴えた枝野幸男代表(53)の姿勢に共感して躍進したとみられる。だからこそ当選した議員もさぞ「永田町の論理」から距離を置くのだろうと本会議場を記者席からのぞいてみると、「まっとうな政治」とは言えない光景が広がっていた。

>「朝鮮半島で軍事衝突が発生した場合の甚大な犠牲は明らかです。先月末の米国の議会調査局の報告では、北朝鮮が通常兵器のみを使用する場合でも、軍事衝突の最初の1日だけで、ソウルで3万から30万人の民間人が死亡すると想定されています。日本が直接の標的となる可能性も高いと言わざるを得ません」

>11月21日午後、衆院会派「無所属の会」に所属する13人を代表して岡田克也氏(64)は衆院本会議場でこう声を張り上げていた。共産党席から時々、拍手が起こったが、かつて民主党・民進党と野党第一党を率いた岡田氏の代表質問に対する野党側の反応とは思えない寒々しい印象を受けた。

>岡田氏の代表質問は約10分だったが、その間、野党側記者席の真下では立憲民主党の辻元清美国対委員長(57)や山内康一国対委員長代理(44)、手塚仁雄国対筆頭副委員長(51)らがうごめいていた。

>この日、自民党の森山裕国対委員長(72)と辻元氏は、特別国会後初となる衆院予算委員会の開催日程や質問時間の与野党配分をめぐり、午前中から断続的に協議していた。与党側は従来の「与党2対野党8」の慣例を改めて「与党5対野党5」に変更するよう求めていたが、野党側は従来通り行うよう主張し、協議は平行線をたどっていた。

>当時、与党側は議席数に応じて質問時間を配分するよう要求し、一方の野党も行政府のチェックこそが立法府の役割だとして一歩も譲らなかった。この難しい局面をいかに取りまとめるかは、野党第一党・立憲民主党の国対委員長である辻元氏の手腕にかかっていた。

>11月1日に召集された特別国会の会期は当初8日間だったが、野党側の強い要望により39日間となった。質問時間の配分でも与党側の要求をはね付け、野党第一党としての存在感を示したい−。辻元氏らの頭にはそんな思いがよぎっていたのではないか。

>本会議中、辻元氏と手塚、山内両氏は何度も席を立ち、会話を交わし、その光景を枝野氏が黙認していることに猛烈な違和感を覚えた。いやしくもかつての同僚である岡田氏が登壇し、政府の方針をただしているにも関わらず、眼下に広がる野党席では議員が落ち着きなく、立ち歩き、際限なく“おしゃべり”を続けるのだ。

>岡田氏が聞いた朝鮮半島有事に関する質問は、国民の生命・財産に直結する事柄だ。辻元氏らは、国民の生命・財産に関わる以上に大事な話をしていたのだろうか。そもそも本会議場でなければできない話なのか。

>いくら聞き耳を立てても記者席から議場内での議員同士の会話は聞こえない。本会議後に与野党が11月27、28両日に衆院予算委を開くことを決めたことから察するに、辻元氏らは質問時間の配分で強気の姿勢を崩さない与党側との交渉戦術でも練っていたとみられる。時に「与野党の談合」と称される「国対政治」こそ「永田町の論理」の典型だが、そんなことに構っていられなかったのだろう。

>国民の知る権利に応えるためにも、野党には仕事をしてもらわなければならない。その意味で、野党側が従来通りに質問時間を配分するよう求めたのは理がある。だが、国民の負託を受けた立法府として衆院の最終的な判断を下す本会議場でなすべきことなのか。

>私は幼稚園のころから、授業中は立ち歩かないよう、人が話している最中は最後まで聞くよう教わってきた。小学校の息子と、幼稚園の娘も同じように教わっているだろう。民間企業で会議中に部屋を抜け出したり、同僚とペチャクチャ話したりすることはあり得ないし、少なくとも私は見たことがない。しかし、以前からそうだが、永田町にこの常識はない。

>立憲民主党は「まっとうな政治」と「草の根の民主主義」を掲げている。辻元氏も衆院選に当選した直後、地元で「まっとうな政治の実現に向けて大きな輪が広がり、当選させていただいた」「一番大変な選挙だった。非常に厳しい国会運営になると思うが、ぶれずに新たな動きを作っていく決意を新たにした」と語っていた。しかし、辻元氏らが本会議場で繰り広げた行動は「まっとうな政治」どころか、旧態依然とした「永田町の論理」そのものだった。

>立憲民主党の議員は12月5日午後の衆院本会議でも「永田町の論理」を実践した。この日の議題は、弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対する抗議の決議や国家公務員らの給与に関する法律の改正案などの採決だった。約35分間の短さだったにもかかわらず、深く頭を垂れ、気持ちよさそうにうつらうつらしている立憲民主党の議員が続出した。

>本会議や委員会での離席、立ち話、談笑、居眠り、読書、スマホ操作は、別に特定の政党の議員に限ったことではない。永田町の日常の風景である。「まっとうな政治」を掲げ、「永田町の論理」からの脱却を掲げる立憲民主党の議員もまた、何ら変わらず踏襲していた。

>ちなみに立憲民主党は今国会中、一度も枝野氏の記者会見を開いていない。代表の定例記者会見を開くことが「永田町の論理」だということだろうか。不倫疑惑の渦中にある同じ会派の山尾志桜里衆院議員(43)や、セクハラ疑惑を週刊誌報道された初鹿明博(48)、青山雅幸両衆院議員(55)に関する質問が嫌なのではないかと勘ぐってしまう。

>こうした疑いを払拭するためにも、枝野氏は早々に代表としての記者会見を開き、所属議員の疑惑について説明責任を果たし、「まっとうな政治」のお手本を見せるべきではないだろうか。






yuki_kyon_001.jpg







報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 695

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 月刊Hanada2017年12月号







posted by kwazz at 05:27| Comment(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

おまエラが、国益とか語るなよ…w

時事ドットコム;立憲・長妻氏「姑息で国益に反する」=巡航ミサイル、野党が追及へ 2017/12/06-16:37

>立憲民主党の長妻昭代表代行は6日、政府が敵基地攻撃も可能となる長距離巡航ミサイルの導入を検討していることについて「こういう姑息(こそく)な形で防衛政策を進めては国益に反する。是非も含めて国民の前できちんと議論することが重要だ」と述べ、国会でただす考えを示した。国会内で記者団の質問に答えた。

>希望の党の玉木雄一郎代表も記者団に「日本の安全保障方針を大きく変えることにもつながる。政府には明確な説明を求めていきたい」と述べた。

>共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「極めて危険だ。こういう検討は直ちにやめるべきだ」と批判した。





根本的な国防論議もなく。

アベガー、ジミンガーで、何でも反対。

ただただ、政権の揚げ足を取りたいだけの国民連合政府、パヨ野党… (*´∇`) アハハ

ぱよぱよち〜ん♪





BuzzNews.JP;青山繁晴議員がネット番組で共産党・小池晃書記局長に激怒「何の為にやってると思ってるんだ!」 2017/12/5 12:30

>12月4日に放送されたネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に出演した自民党の青山繁晴参議院議員が、共産党の小池晃書記局長の国会におけるヤジに激怒し、カメラ越しに怒鳴りつけるという場面がありました。

>これは11月30日の参議院予算委員会で質疑に立った青山議員が取り上げた、漂着する北朝鮮の船の中に天然痘患者がいたらというテーマについて時間をかけて解説する際の一幕で見られていました。

>青山議員のブログには質疑について報じなかったメディア批判などコメントが相次いでいるといいますが、そんな中、青山議員の質疑を国会で傍聴していたという支持者が共産党・小池書記局長が飛ばしていたというヤジについて書き込んだと言い、これを知った青山議員がカメラ越しに小池書記局長に対し大激怒。

>傍聴していたという支持者によると、青山議員が質疑において「ただ国益の為にこそ不肖ながら質問致します」と述べたところ、小池書記局長が薄ら笑いを浮かべながら「なーにが国益のためだよ」などとヤジを飛ばしていたというのです。

>青山議員はカメラの方を向き、小池書記局長を見据えるように大きく強い声でこう言い放ちます。

>青山「共産党の小池さんが何をおっしゃっても自由ですが、(カメラの方を向いて真顔で大きく強い声で)国益のためじゃなかったら何のためにやってると思ってるんだ!!!」

>また、その後も青山議員は「共産党の小池さんも文句あるんだったら堂々と僕と直接対峙したり国会で質問すればいいじゃないですか!」と呼びかけ、11月30日の予算委員会がNHKで中継されていなかったから嫌がらせをしたのだろう、との見方を示すと再び怒鳴るように大きな声で「嫌がらせでやるような品格のない人は国会議員を辞めろ!!!」と怒りを露わにしていました。






maid_001.jpg







報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか西村幸祐

イースト・プレス 2017-11-26
売り上げランキング : 1825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 変見自在 トランプ、ウソつかない 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 日本は誰と戦ったのか いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 報道特注(本) リベラルの自滅: 「日本再発見」講座III 2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 自治労の正体 (扶桑社新書)







posted by kwazz at 12:21| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看板だけを替えても、メンツが同じじゃ…w

BuzzNews.JP;民進党・原口一博副代表が「○○党のままでは戦えない」「解党的出直しが必要」声に疑問投げかけ 2017/12/7 09:00

>民進党の原口一博副代表が「◯◯党のままでは戦えない」「解党的出直しが必要」といった声に疑問を呈しています。

>原口副代表は12月6日の夜、SNSでこのように発言。

>原口「「◯◯党のままでは戦えない。解党的出直しが必要。」??自分と自分のチームに自信がない者が何故国民を代表する事ができるだろうか?今だけ、金だけ、自分だけ、もっと言えば自分の組織だけ。ミッション、理念、ビジョンが違うなら違う政党だろう。2大政党を目指さない政党に時間を費やす事も無い。」

>民進党では増子輝彦幹事長が12月6日の会見で党内の空気について「全てとは言いませんが100%とは言いませんがかなりの高い比率で、民進党の名前のままでは戦えない。民進党で戦うイメージは持てないという声が圧倒的」と述べ、2月初旬に予定しているという党大会に向けて今後の党の戦略組織運営について検討していくと説明したばかりでした(関連記事参照)。

>増子幹事長が「100%とは言わないがかなりの確率で民進党の名前のままでは戦えないという声が圧倒的だ」とした直後のタイミングで、副代表である原口議員がこうした声に疑問を呈する形となっただけに、党内の混乱増大と今後の意見対立の可能性を感じさせています。

>二大政党制実現の必要性が叫ばれているにも関わらず、希望、立憲そして民進党と分裂しそれぞれの意見の食い違いが目立ち始めている中、更なる野党再編に向けて準備を進めなければならないにも関わらず、「このままの名前のままでは戦えない」と自己否定が多数を占める民進党はいまだその入口に立ててすらいない、という深刻な状態のようです。

>こうした状況に苛立ちを募らせているかのような原口副代表ですが、発言に対しては「原口議員はいま何党なんでしたっけ?」という疑問も見られており、民進党に所属していることすら十分に認知されていない現状を浮き彫りにしています。





党名ロンダリングで、看板を架け替えれば有権者を騙せると。

そう思ってるわけだ… (´▽`*) アハハン♪





BuzzNews.JP;増子輝彦幹事長「100%とは言わないがかなりの比率で民進党の名前では戦えないとの声ある」 2017/12/6 17:30

>民進党の増子輝彦幹事長が12月6日の会見で、民進党の今後について内部から挙がっているという厳しい声を語る場面がありました。

>「かなりの比率で民進党では戦えないとの声ある」

>増子幹事長はこの日、党の戦略組織運営に関する党本部の中間報告たたき台がまとまったとして会見、月内に中間報告をまとめた上、2月初旬に党大会を開催すると明かし、その時点で民進党の方向性を打ち出すとの見解をまず示しました。

>現在、国会議員や地方とも意見交換を進めている状況だということでしたが、記者から「次期国政選挙まで民進党が残ると明言出来ますか」と問われると執行部に届いている声をこのように意味深とも言える形で紹介。「100%とは言わないがかなりの確率で民進党の名前では戦えない」という反応だと言うのです。

>増子「多くの共通した認識は、全てとは言いませんが100%とは言いませんがかなりの高い比率で、民進党の名前のままでは戦えない。民進党で戦うイメージは持てないという声が圧倒的な実は声であるということもこれ事実であります」

>増子幹事長はまた、「民進党で戦うということが本当にいいのかという問題提起もある」として、執行部としては丁寧に議論を重ね意見を聞きながら決断していくと述べ、「そう遠くない時期に一定の方向性が出されると思う」とまとめていました。

>これに対して記者から「否定されないという理解で良いのか」という質問が寄せられると、増子幹事長は「否定も肯定も、今の時点ではすべきではないと思っている」と述べ、解党もしくは党の名称変更など大きな変更の可能性もゼロではないのかとの感触を窺わせていましたが、別の質問に対しては「この党は間違いなく存続していきます」とも発言していたことから、民進党の行く末がどうなるのか、2月に行われるという党大会に向けて、関心が高まりそうです。

>民進党は12月4日の常任幹事会で「解党的出直し」という言葉を含んだ党再生に向けた改革方向性を了承したばかりでした。

>増子輝彦幹事長の発言

>記者「先程の両院懇のブリーフで、中川座長から伺ったんですけれども、たたき台に対する意見、民進党のままで戦うことは難しいというのが皆さんの意見だと伺っているんですが、ということは再来年夏、次期国政選挙まで民進党は残ると明言できますでしょうか」

>増子「これは私共いま、皆さんのご意見をお伺いしながら、また参議院の皆さん、あるいは地方統一選挙に臨む議員の皆さん、新人の皆さん含めて、どのような形が一番、この候補予定者にとって戦いやすいかということを含めて、この党が衆議院選挙で残念ながら民進党という候補者が出てなかったが為に、全く存在感がない、それこそ地方の組織でもそうですが、もう民進党はないんだと。希望や立憲にみんな行ってしまったんだと、いう声が多い状況の中で、私どもとしても、今現在この通り60名の衆参議員を抱えてる民進党ですから、今後の国会対応をも含め様々な選挙協力も含めて今、現時点で私ども民進党としての存在をきちっと、皆さんにご理解頂きながら活動してるわけです。

>その後の選挙等についてもいくつかの選択肢が今、それぞれの議員の皆さんからも、地方の皆さんからも出ております。その中で、多くの共通した認識は、全てとは言いませんが100%とは言いませんがかなりの高い比率で、民進党の名前のままでは戦えない。民進党で戦うイメージは持てないという声が圧倒的な実は声であるということもこれ事実でありますし、先程話があった通り、民進党で戦うということが本当にいいのかという問題提起もありましたんで、それらを踏まえた私ども執行部としては丁寧に議論を重ねながら、ご意見を頂きながら、その時点でどういう決断をするかということを決めていかざるをえないということになろうと思いますので、今、その質問に対して明快なお答えを申し上げる時点ではないと思っていますので、そう遠くない時期に、一定の方向が出されると思いますんで、その時点でそれは明らかになると思います」

>記者「それは否定をされないという理解でよろしいんでしょうか。先程おっしゃった決断をすることの選択肢の一つに入ってくる・・・」

>増子「否定をしないということではなくて、様々なご意見をいま、伺っている最中であるということでございますので、否定も肯定も、今の時点ではすべきではないというふうに思っています」






maid_002.jpg







徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり小川 榮太郎

青林堂 2017-11-21
売り上げランキング : 289

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 月刊Hanada2018年1月号 日本は誰と戦ったのか 報道特注(本) 変見自在 トランプ、ウソつかない 永田町アホばか列伝 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』







posted by kwazz at 12:10| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙のためだけに看板を架け替えた、互助会なんだから…w

BuzzNews.JP;憲法改正における党内の意見不一致容認の玉木雄一郎代表に「だったら何故民進党が分かれたのか」 2017/12/6 22:30

>12月5日に放送されたBS11「報道ライブINsideOUT」に出演した希望の党・玉木雄一郎代表が、憲法改正について党内で意見が分かれている点を指摘され説明したところ、「だったら何故民進党が分かれないといけなかったのか」と詰め寄られる場面がありました。

>この日は別所哲也キャスターや一橋大学の中北浩爾大学院教授と共に希望の党について話をしていた玉木代表でしたが、別所キャスターから憲法改正における党内の意見の違いを指摘され「どうなってるんでしょう」と問われます。

>これに対し「いろんな分野をまず議論したらいい」「最終的には党の中で意思決定機関で決めていくという手続きを経れば」と現状、議員間で意見の不一致があろうとも最終的に党としての見解を決定すれば問題ないとの見方を示した玉木代表でしたが、別所キャスターが切り込みます。

>別所「同じような考えだから集まって党にいるんじゃないんですか?それを後で議論してって話だとどういう旗印のもと集まったのかわかりにくい」

>これを受けて中北教授は「結局今の希望の党の中はかつての民進党と同じ状態」と補足し、だから希望の党が立憲民主党と一緒になれないというのであれば希望の党もまた解体しないといけないというロジックになる、と玉木代表率いる希望の党が抱える矛盾に言及。

>すると玉木代表は「それは違いますよ」と反論、自民党の中でも9条に関しては様々な意見があるのだから全く問題ない、と主張していました。

>しかし中北教授は「だったら何で民進党がわかれないといけなかったのか」と、党内で様々な意見がある現状を容認するのであれば民進党のままでよかったではないか、と再び玉木代表を追い詰めます。

>結局玉木代表は民進党がわかれた理由について前原前代表体制で機関決定し希望の党への合流を決めたからだ、などと述べ、現在党内に存在する憲法改正などにおける意見の食い違いを容認する姿勢を見せていたことから、民進党時代と体質が変わっていないとの印象を与えていたと言えそうです。





緑のたぬきの排除が、不充分だったのよね… ( ̄∀ ̄) アヒャ





maid_003.jpg







「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫)
「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫)有本 香

幻冬舎 2017-11-16
売り上げランキング : 414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 永田町アホばか列伝 月刊Hanada2018年1月号 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 月刊WiLL (ウィル) 2018年 1月号 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 月刊Hanada2017年12月号 変見自在 トランプ、ウソつかない 報道特注(本)







posted by kwazz at 05:58| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

疑惑の年末大蔵ざらえやぁ〜♪

KSL-Live!;辻元清美と連帯ユニオンの名前が続々!日本赤軍支援口座開設で逮捕された容疑者釈放と不起訴を求める運動 2017.12.6

>辻元清美議員の元秘書で元ピースボート職員の川口洋一高槻市議らが、日本赤軍支援の口座を不正に開設した容疑者の釈放と不起訴を求める運動に賛同し署名していたことが判明した。この署名は、森友問題を最初に取り上げた木村真豊中市議も中心的に関わっている。

>ほとんどの賛同議員が「辻元清美・連帯ユニオン・緑の党・逮捕歴」といったキーワードに符合していることは興味深い。(一覧あり)

>この内の一人、川口洋一市議は当サイトが3月にスクープした記事「動画流出!木村市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂と辻元清美元秘書も立会い」で現場に立ち会っていたことが判明した人物。

>賛同議員を一覧化し、それぞれのキーワード「辻元清美・連帯ユニオン・緑の党・逮捕歴」で色分けしてみた。

>辻元清美と連帯ユニオン関係者ばかり

>人民新聞の社長が、日本赤軍を支援する口座を不正に開設し逮捕された事件では、社民党の伊地智恭子多摩市議会議員が賛同の意思を示していたが、今回の署名運動には参加していないようだ。

>今回の賛同署名のリストに掲載された議員らの所属などをまとめ、それぞれが持つキーワードを色分けしたものが以下になる。

>大半の議員が「辻元清美・連帯ユニオン・緑の党・逮捕歴」というキーワードを持っていることがよくわかる。

木村真(豊中市議)
無所属、連帯ユニオン議員ネット副代表

戸田ひさよし(門真市議)
無所属・鮮烈左翼(革命21)連帯ユニオン議員ネット代表、辻元清美の支援を受けていた、政治資金規正法違反で逮捕歴あり

井奥雅樹(兵庫県高砂市議)
緑の党、辻元清美の元秘書、公選法違反で逮捕歴あり→出典

是永 宙(高島市議)
無所属

山ア憲一(尼崎市議)
無所属、選挙では緑の党が支持

けしば誠一(杉並区議)
無所属、過去に中核派系列の政治団体に所属(出典なし)

高木隆太(高槻市議)
無所属、連帯ユニオン議員ネット、議会では辻元清美の元秘書・川口洋一と2人会派を組む

川口洋一(高槻市議)
社民党、辻元清美の元秘書、連帯ユニオン議員ネット

熊野以素(豊中市議)
無所属、森友問題で近畿財務局を告発

高橋登(泉大津市議)
緑の党会員、器物損壊などで裁判の過去→出典

中西智子(箕面市議)
無所属、連帯ユニオン議員ネット、辻元清美が選挙で応援→出典

手塚隆寛(枚方市議)
無所属

佐々木希絵(河南町議)
無所属、連帯ユニオン議員ネット

杉谷伸夫(向日市議)
無所属

丸尾牧(兵庫県議)
無所属、緑の党メンバー

山下けいき(茨木市議)
新社会党、連帯ユニオン議員ネット、選挙で辻元清美が支持→出典

宮坂満貴子(兵庫県川西市議)
無所属

次田典子(京田辺市議)
無所属

尾和弘一(岩出市議)
無所属、過去に市職員への暴行容疑で逮捕されている→出典

参考資料:連帯ユニオン議員ネット2017年度2月加入者リスト

>辻元清美議員はこれらをどう説明するのだろうか?

>日本赤軍を支援する口座を不正に開設し逮捕された容疑者を、なんら根拠を示さぬままに「不当逮捕」「釈放・不起訴」と騒ぎ立てる公職の面々がことごとく辻元清美議員と関係のある人物ではないか。

>国会では何か月も「お友達」「名前が使われている」というだけで、安倍首相夫妻を延々と追及しておいて、自身に関わることは「デマだ!デマだ!」と大騒ぎしてマスコミにまで申し入れをする始末。

>有権者が納得するまで説明しるのが議員の務めではないだろうか?





疑惑をもたれた方に、それを晴らすための説明責任があるんだっけか… ( ̄σ・ ̄*) ホジホジ















「忖度」の構造 空気を読みすぎる部下、責任を取らない上司 (イースト新書)
「忖度」の構造 空気を読みすぎる部下、責任を取らない上司 (イースト新書)榎本博明

イースト・プレス 2017-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







posted by kwazz at 13:43| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野党の質問時間は、もっと減らせよ…w

netgeek;拉致問題で野次を飛ばしたK氏とM氏。誰だ? 2017年12月5日

>安倍総理が拉致問題への対応について説明している最中に野党の議員が騒ぎ出し、野次を飛ばす場面が見られた。

>どうやら拉致問題を解決する気がないらしい。

>安倍総理「拉致問題は安倍内閣の最重要課題です。全ての拉致被害者がご自身の手で肉親を抱きしめる日まで私の使命は終わりません。私が司令塔になって北朝鮮に対する…」

>(野次が飛び始める)

>安倍総理「国際社会の圧力をてことしつつ…」

>(野次でうるさい)

>安倍総理「北朝鮮に拉致問題の早期解決に向けた決断を迫ってまいります」

>?「〜できるの〜?」

>安倍総理「核ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の解決に向けて…」

>?「いい加減にしろ!」

>安倍総理「全力を尽くしてまいります」

>動画を注意深く観察すると安倍総理が「(拉致被害者が戻るまで)私の使命は終わりません」と言ったところで、野党が騒ぎ始めていることが分かる。この野次は安倍憎しをこじらせて拉致問題の解決より安倍総理への敵意のほうが上回ってしまった結果だろう。

>野次を飛ばす場面では全くないのにざわつきが広がり、最後は安倍総理も困惑しているように見える。

>和田政宗議員は騒いだ人物についてヒントをくれた。

和田 政宗
@wadamasamune
参院本会議で「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」が採択された。採択を受け政府より今後の取り組みについて発言があった。安倍総理が北朝鮮への圧力強化や拉致問題について言及している時に野党側からヤジが。ネットでも注目のK氏、拉致問題を抱える日本海側の県選出のM氏。何なのだろうか
17:25 - 2017年12月4日

>ネットでも注目のK氏と拉致問題を抱える日本海側の県選出のM氏。ネット上では小西洋之と自由党の森裕子(新潟県)ではないかと囁かれている。また同じように山本太郎、杉尾秀哉も野次を飛ばしていたという指摘あり。

>「いい加減にしろ」という声は確かに森裕子の声に聞こえる。

>もはや国会議員ではなく国会工作員。足を引っ張るために仕事をしているように思えてならない。





パヨ野党は、野次だけ飛ばしてりゃいいわけだし… (*´∇`) アハハ












報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか西村幸祐

イースト・プレス 2017-11-26
売り上げランキング : 3142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 変見自在 トランプ、ウソつかない 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本は誰と戦ったのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 報道特注(本) リベラルの自滅: 「日本再発見」講座III 自治労の正体 (扶桑社新書)







posted by kwazz at 05:32| Comment(0) | 国会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする