2020年01月18日

ちうごく様は、民主主義国家です(きりっ)!

KSL-Live!;【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国政府のお友達に教えてもらったと告白 2020.01.18

>国民民主党の原口一博国対委員長は17日、自身のSNSで「中国は民主主義国家、共産党以外に党が6ある」「彼らにも人権を守る姿勢があります」と投稿した。

>中国政府の友人から教えてもらったそうだが、他国のプロパガンダと対日有害活動ともとれる言説を日本の国会議員が公然と垂れ流していることは憂慮すべき事態だ。

(略)

>今回の原口氏のツイートは、台湾の総統選挙が民主的プロセスによって行われたことに賛成する意思を示したことに端を発する。その原口氏に対して「台湾が国際的に中国の一部と扱われている」と指摘したアカウントとのやり取りで「私は中国の人権や民主主義を大切にしている人達に向けてもメッセージを出しています。」と反論し、中国国内で人権を訴える人たちを讃えたまでは良かったが、なぜか中国共産党まで擁護し始めたから話がおかしくなる。これは原口氏のいつもの癖で“どちらにもいい顔をする””批判したあとに日和る”というパターンだ。

(抜粋)





そもそも、あの香港騒乱とは、何だったのか… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;原口一博議員「中国も民主主義国家です。 彼らにも人権を守る姿勢があります」 2020-01-17

>原口一博議員のツイート

全く異質の事を共有しようと言っているのではありません。

中国も民主主義国家です。

一党独裁ではないかとの私の問いに共産党一党独裁ではない、他にた6あると答えてくれました。

彼らにも人権を守る姿勢があります。

それを貫いてくれる事を期待しているのです。

私と共に中国の友人と話されませんか?

(略)

>▼ネット上のコメント

・日本ウイグル協会に行って話聞いてこい!

・アホすぎて開いた口が塞がらない

・原口先生…「中国も民主主義国家」についてですが、さすがにそれは違うと思います…衛星政党の存在を以て民主主義国家と定義してしまうと、北朝鮮も…と言うことになってしまいます。

・「民主主義」の定義・認識が、根底から変わりそう。「国民"民主"党」「立憲"民主"党」等が政権を得ると、「独裁」「人権弾圧」「民族浄化」が当たり前になる、と言う事が大変よく分かった。ありがとうございました。

・民主国家って選挙ありませんでした?

・○○民主党とつく党って、ちゃんと勉強して入ったの?とりあえずアベガーすれば簡単に議員になれるのか。

・チベット・ウイグルの民族浄化を見てそう思ってるならもう救いようがない。






zakzak;【有本香の以読制毒】「中国に屈しない」総統選勝利!蔡氏のブレーン明かす「安倍首相に学んだ」 その一方…安易にカネ受け取り、中国系企業にズブズブ浸透され放題の日本政界 2020.1.17

>台湾総統選(11日投開票)で、感動的な勝利を収めて再選された蔡英文総統がさっそく動き始めた。台湾総統府は15日、昨年末に立法院(台湾の国会)で可決された「反浸透法」の施行を発表、蔡氏は自身のツイッターで次のように所感を表明した。

>「本日、私は台湾の民主制を守る上での極めて重要な一歩である『反浸透法』に署名しました。繰り返しますが、私たちは中国との交流に反対しているのではありません。わが国の民主主義プロセスに、中国が干渉することに反対しているのです」

>反浸透法とは、中国を念頭に置いた国外の「敵対勢力」による選挙運動やロビー活動、政治献金、社会秩序の破壊、選挙に関連した虚偽情報の拡散などの活動を禁止する法律だ。違反した者には「5年以下の懲役および約3600万円以下の罰金」が科される。

>このツイートには、やや横向きで厳しい表情の蔡氏の写真が付されている。普段、SNSやネット動画で蔡氏が見せる気さくな笑顔とは打って変わって、台湾の運命を背負う、厳しい「総統の貌(かお)」が写し出されている。

>これと前後して、蔡氏は英BBCの単独取材に応じ、「われわれはすでに独立主権国家あり、この国を中華民国、台湾と呼んでいる」「われわれには異なるアイデンティティーがある。この国は私たちのもの。中国は台湾を尊重すべきだ」「台湾を侵略すれば、中国は非常に大きな代償を払うことになるだろう」と発言した。

>エスカレーションを避けるため、慎重な物言いに終止した1期目とこれまた打って変わって、闘う姿勢を前面に打ち出し始めたのだ。まさに「君子は豹変(ひょうへん)す」を予感させる一幕だ。

>余談だが、蔡氏のSNSやネット動画使いは実に巧みである。言葉や画像の選び方、映像のテーマ選び・編集が「国民に刺さる」ものになっている。さらに、自国語以外の英語、日本語などを交え、しかも単なる翻訳でない、相手と時機を的確に捉えた発信がされている。

>日本に災害が起きた際、日本の政治家よりも早く、蔡氏の日本語でのお悔やみ、お見舞いツイートが出されたこともある。正式な国交がないからこそ、市井の日本国民に直接「刺さる」コミュニケーションを企図し実践しているとみられる。

>昨年夏に、私が台北の民進党本部を訪れた際、蔡氏のブレーンにこの巧みなネット活用について聞くすると、意外な答えが返ってきた。

>「SNS活用の先輩は、安倍晋三首相ですよ。安倍先生はドナルド・トランプ米大統領より早く、フェイスブックを上手に使って、首相返り咲きの武器にしたと聞いています」

>言われてみれば、と思い出したが、いまや蔡氏のSNS、ネット動画での発信の質は、わが国政府や安倍首相のそれを凌駕し、むしろこちらが学ぶところが多いとも見える。

>台湾政界に学ぶべきはネット活用だけではない。

>「台湾の民主制を守る上で、極めて重要な一歩」と蔡氏が言った「反浸透法」だ。中国系企業の関係者から安易に「選挙応援のカネ」を受け取る議員が続々出るほど、ズブズブに浸透され放題の日本政界にこそ、この種の法律が必要だ。

>台湾の立法院が、反浸透法を可決したのは昨年の大みそかだった。台湾は旧正月の方を大事にする国ではあるが、それでも選挙を抱えた年の瀬、最終日まで、与党側議員らが踏ん張ってこれを通したことは、刮目(かつもく)に値する。

>「絶対に中国に屈しない。主権は譲らない」

>その気迫が、総統選と合わせて行われた立法委員(国会議員)選での、与党・民主進歩党の大勝利をも引き寄せた。

>いまの自民党に同じ気迫があるか、といえば大いに疑問である。

>安倍首相の中東歴訪での成果は素晴らしいものであった。しかし、こと中国に対する姿勢という点では、蔡総統の決然たる姿の方が眩しく見える、今日この頃である。






yuki_kyon_001.jpg














posted by kwazz at 05:09| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

ゆうだけ番長の、口先仕事人ばかりだから…w

産経ニュース;安倍首相「自衛隊の憲法論争、終止符打とう」 自民会合で訴え 2020.1.16 21:00

>安倍晋三首相は16日、自民党本部で開かれた党中央政治大学院の会合で、「現行憲法を制定してから70年余りが経過し、時代にそぐわない部分は改正を行っていくべきだ」と述べた。自衛隊の活動をたたえた上で「憲法にしっかりと私たちの自衛隊を明記し、憲法論争に終止符を打とう」とも訴えた。

>首相は昨年の臨時国会の衆院憲法審査会で2年ぶりに自由討議が行われたことに触れ「野党の中からも憲法の中身について議論すべきだとの意見も出てきた。この大きな変化は民意の勝利だ」と指摘。「憲法審の場で、令和の時代にふさわしい憲法改正原案を策定してほしい」と期待感を示した。

>人材育成などを担う党中央政治大学院は16日から憲法をテーマとした講座を開催。有識者らを講師に招き、来年2月までに24回開く。





日本の安全保障をどうするのか。

改憲論議も含め、自民党もやる気があるんだか… ( ̄∀ ̄) アヒャ





テレ朝news;“新法”整備も論点に 自衛隊の中東派遣で国会審議 2020/01/17 12:27

>国会では自衛隊の中東派遣に関する質疑が行われました。不測の事態に備え、武器を今より柔軟に使用できる新たな法整備の必要性を巡って論戦となりました。

>国民民主党・前原元外務大臣:「事態が急変する可能性ありますよね。あらゆるものを想定して、しっかりとした新たなもの(法律)を作っておくということは大事なことじゃないですか」

>河野防衛大臣:「現時点での認識は直ちに日本関係船舶の防護が必要な状況ではありませんし、今、そういう検討が必要かと言われれば、現時点でそうではないだろうと思う」

>一方で、河野大臣は、日本の船を守らなければならない状況になった場合は武器の使用を認める「海上警備行動」を発令するとしました。その際、活動海域にイランへの刺激を避けるため排除していたホルムズ海峡が含まれる可能性に言及しました。






zakzak;【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】憲法改正はまだか!? 安倍首相は意欲も…見えてこない自民党の本気度 「大キャンペーン」を打って国民に訴える努力を 2020.1.17

>政府は、今年の通常国会を20日に召集する。与党側は今年度の補正予算案や、新年度予算案を早期に成立させたい意向だ。これに対し、野党側は自衛隊の中東派遣中止や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」について追及する構えだという。一体、憲法改正の議論はどこに行ってしまったのか。

>先の臨時国会では、衆院憲法審査会で約2年ぶりに自由討議が開かれたが、実質議論はほとんど進まなかった。憲法改正に意欲をみせる安倍首相の総裁任期が2021年9月であることを考えれば、与党は相当焦らなければならないはずだ。刻一刻と時間が少なくなっているにも関わらず、なぜこんなにも動きが鈍いのか。

>共同通信の最新世論調査では、安倍内閣の支持率が6・6ポイントも上がって49・3%だった。左派野党は昨年の臨時国会で「桜を見る会」ばかりを追及し、左派メディアも大疑獄のように伝えた。国内外の情勢が混迷するなか、国民の多くは安倍内閣を支持している。

>産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の同様調査では、憲法改正に「賛成」との回答は44・8%で、反対を4ポイント上回っていた。左派勢力の批判を恐れる必要はない。もっとダイナミックに憲法改正の必要性、緊急性を国民に訴えるべきだ。

>自民党は7日、憲法改正を推進するためのポスターを発表した。正直、がっかりした。こんな地味な宣伝ではダメだ。国民に憲法改正の必要性や緊急性を認識してもらうには、新聞やテレビ、ネット、映画など、あらゆるメディアを駆使して、大規模な予算を投入しなければならない。

>英国が2016年、EU(欧州連合)離脱の国民投票を行った際には、「反対派が有利」といわれたなか、離脱派がSNSを巧みに利用して勝利したと言われている。米国でも、前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が大統領選の出馬に向けて1000億円を使うとされる。国民の賛同を得るには、そのぐらいの本気度、迫力が必要なのだ。

>現行憲法は「戦勝国によるペナルティー」「不平等条約」といえる第9条を受け入れさせられた。それで、中国の軍事的覇権主義に対抗できるのか。北朝鮮の脅威に備え、拉致被害者を奪還できるのか。本当の意味での同盟国を得られるのか。政府は論理的に国民に説明する必要がある。

>いずれにせよ、現状では自民党の憲法改正への本気度が見えてこない。このままでは、国民の気持ちが憲法改正から離れても驚きはしない。






rena_002.jpg













posted by kwazz at 14:20| Comment(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

始まる前から、終わっちゃってるわ…w

産経ニュース;合流どころか「分裂状態」 国民、結論先送り 不満議員「推進」動議 2020.1.15 20:32

>国民民主党は15日の総務会で、立憲民主党との合流をめぐり協議継続を主張する玉木雄一郎代表の意向を了承した。これで20日の通常国会召集前の決着は困難となった。結論の先送りに不満を募らせる国民民主の21人は執行部に「合流推進」を促す動議を提出。合流慎重派との対立が激化しつつある一方、立民には早期合流に諦めムードが漂っている。

>玉木氏は総務会で「1つの政党を目指し、到達点に至っていないことについて粘り強く交渉を頑張る」と表明した。出席者からは早期決着と丁寧な協議の双方を求める意見が出たが、最終的に了承された。

>だが、推進派は黙っていなかった。総務会後に立民との協議状況を所属議員に説明するために開いた両院議員懇談会で、津村啓介副代表らが両院議員総会の場での「合流協議推進」の議論を求める動議を提出した。

>20日の総会で協議する方向だが、出席者によると、玉木氏は「なんのための総会なのかがのみ込めない。立民との交渉に関して代表に一任をもらっているはずだ」と不快感を示したという。玉木氏に合流の早期決断を求めてきた小沢一郎衆院議員は両院議員懇談会に姿を見せなかった。

>玉木氏が協議継続を求める背景には、安易に妥協すれば、合流慎重派の離反を招きかねないとの懸念もあるとみられる。党関係者は「合流を強引に進めれば、慎重派が別に新党を結成する構想がある」と明かす。

>これに対し、ある推進派は「玉木氏は皆に良い顔をしたいだけだ。政党支持率が1%に低迷する状況で立民と1つの政党にならない選択肢はない」と反発しており、党内は股裂き状態にある。

>玉木氏の想定外の「粘り腰」に直面し、計算が狂ったのが立民だ。

>枝野幸男代表や福山哲郎幹事長は昨年12月上旬以降、陰に陽に国民側と交渉を重ねてきた。国民が旧民進党から引き継いだ巨額の資金目当てとの見方もある。

>しかし、合流後に主導権を握るべく、存続政党を立民とする提案などを玉木氏は拒否した。結局、立民が当初想定した昨年中の結論はおろか、通常国会召集までの合意も困難な状況に追い込まれ、汗をかいてきた立民幹部は「当面、合流は難しいだろう」と肩を落とした。

>この日はくしくも両党の衆院控室間の壁を取り払う工事が終了。立民の安住淳国対委員長は記者団に対し「野党が力を合わせて戦う最前線の部屋にしたい」と期待感を示したが、「心の壁」を取り払うまでにはなお、時間を要するようだ。





国民不在で大儀もないままに。

票と金を保守したいだけの、保守合流… (´▽`*) アハハン♪





しんぶん赤旗;政権論「話し合える」 日本共産党第28回大会 立民・安住氏が感想 2020年1月15日(水)

>日本共産党第28回大会に参加した立憲民主党の安住淳国会対策委員長は14日、会場で記者団に、参加の感想を述べました。

>安住氏は、「非常にあたたかく迎えていただいた」とし、3年前に初めて党大会に参加したときは「相当緊張した」が、この間、選挙を一緒にたたかい「違和感はだんだんなくなってきた。今回、国民民主党の平野幹事長も参加して、一体感が出たのではないか」と述べました。

>大会に参加した理由を問われ、1年半以内にある衆院選に向け、「現実的視点に立って共産党との連携を深めていきたい」と発言。「違いを乗り越え、野党が政権をとるときの共産党の皆さんの位置づけを整理して選挙を迎える。そのスタートという位置づけで来た」と述べました。

>政権協議をめぐっては、共産党が外交安保政策での違いを政権に持ち込まないという態度を示していることなどをあげ、「十分話し合っていける。国民のみなさんにあいまいさを残さず、自公との一騎打ちの選挙を全部の選挙区でやることが大事」と強調しました。

>安住氏は、「違いはあっても政権を現実に運営するときは、きちっと協力していくメリハリ、おとなの対応ができるかを国民はみている」と述べ、党独自の考えを政権に持ち込まないという共産党の態度から、その「素地はできている」とする一方、「国民がもっているレッテルは外していき、現実的な政権政策をともに掲げられればいいんじゃないか」と話しました。






時事ドットコム;「共闘前進」どこまで 立憲など保守離反懸念―共産党大会 2020年01月15日07時17分

>14日に開幕した共産党大会で、志位和夫委員長は野党連合政権樹立に向け、立憲民主党などに一層の共闘を訴えた。党綱領改定による「現実・柔軟路線」を打ち出し、共産党へのアレルギーが残る他の野党にも配慮した。ただ、思い描くような野党結集がどこまで進展するかは見えない。

>「希望ある政権の選択肢をつくるため、あらゆる知恵と力を尽くす」。志位氏は大会あいさつでこう声を張り上げ、招待した立憲の安住淳国対委員長ら野党幹部と拳を突き上げた。

>大会には主要野党の立憲、国民民主、社民各党のほか、衆参それぞれの野党系会派メンバーも来賓として出席。野党結集の雰囲気を盛り上げた。

>党綱領の改定では外交面で現実路線をアピールする。これまで好意的な評価だった中国への姿勢を転換。名指しを避けつつ「いくつかの大国で強まる大国主義・覇権主義は、世界の平和と進歩への逆流」と非難する。

>志位氏は自衛隊や天皇制に対する党見解についても「共闘に押し付けることは決してない」と説明し、野党協力を優先する姿勢を強調してみせた。

>ただ、こうした「努力」にもかかわらず、野党内では共産党と連立を組む空気は乏しい。「保守層離反」の懸念があるためだ。立憲などの想定は、あくまで国会共闘や次期衆院選での選挙区調整にとどまる。国民民主の労組系参院議員は「連合政権は逆立ちしてもあり得ない」と語る。

>共産党の党員や機関紙「赤旗」読者はピーク時から大きく減少。2017年衆院選は公示前議席の21から12へほぼ半減し、19年参院選も改選議席から1減らした。野党内での孤立化を避け、共闘推進の旗を振ることで党勢回復につなげる思惑もにじむが、道は険しい。






Share News Japan;【共産党大会】立憲・安住氏「一体感のある協力をしていこう。自然とその先に政権が見えてくる…」 2020-01-15

>Mi2さんのツイート

【政権交代が見える】

共産党大会で挨拶した、

立憲民主党・安住淳
「皆さんと私の間には見解に相違があることは事実だが距離は縮まった。一体感のある協力をしていこう。自然とその先に政権が見えてくる」

そうか政権交代すれば、特典としてもれなく共産党がついてくるのか。恐ろしい社会になりそうだ。

(略)

>▼ネット上のコメント

・後ろのおばちゃんの顔で内容が入ってこなかったのはワイだけ?

・売った魂は一生涯後悔するがいい

・いっその事、一体化したら良いんじゃないの?言ってる事 やってる事は大して変わらないんだから。「軒を貸し (共産に)母屋取られる 元民主」😂

・じゃあ、公選法違反の件はどうですか?

・未来を想像する力のない人間は政治家は向いてない。

・共産党が連立与党になったら日本から出て行きたい

・自然とその先に政権が見えてくる、、300万光年ぐらい先ですか?w 見えてくるころには議席は無いと思います。






kemono_001.jpg







 






posted by kwazz at 12:06| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボールがあるのは、そっち側だろ…w

zakzak;文大統領が無責任発言連発! 徴用工、慰安婦、輸出管理問題も日本に“丸投げ” 2020.1.15

>韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、無責任発言を連発した。14日の年頭記者会見で、国際法違反である、いわゆる徴用工問題について、日本に筋違いの協力を促しただけでなく、文政権による慰安婦合意の破棄も開き直り、日本の対韓輸出管理強化でも一方的解決を求めたのだ。文政権とは、いかなる約束も無駄のようだ。

>「最も重要なのは被害者の同意を得ることだ」

>文氏は注目の会見で、2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意に触れて、徴用工問題での日本側に協力を求めた。何たる詭弁(きべん)か。

>日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」した。慰安婦問題も、先の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」した。慰安婦合意を反故(ほご)にして、問題を蒸し返したのは文政権であり、それを正当化するような発言だ。

>文氏は、日本の対韓輸出管理強化についても、「より簡単に解決できる問題」として、両国間の信頼回復に向けて、日本がまず早急に解決するよう求めた。これも異常な発言だ。

>日本政府は昨年7月、半導体材料などの対韓輸出管理を厳格化した。これは大量破壊兵器に転用可能な戦略物資について、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続出したためだ。韓国が輸出管理を適正にすれば解決する。

>菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「韓国に国際法違反の状態の是正を強く求めていく考えに変わりはない」と、怒りを押し殺して語った。





そもそも、ムンムン自身は、何らの解決策も示しちゃいないわけで… ( ̄∀ ̄) アヒャ





中央日報;「日本も徴用解決法を出すべき」という文大統領に、日本「韓国が国際法違反の是正を」 2020.01.14 18:08

>日本に対して「徴用問題に関して解決法を提示すべき」と要求した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の14日の新年会見内容に対し、日本政府は「韓国が国際法違反状況を是正するべきだ」という従来の主張を繰り返した。

>菅義偉官房長官はこの日午後の定例記者会見で、関連の質問が出てくると、「関連する内容は承知しているが、他国の首脳の発言のひとつひとつにコメントするのことは差し控えたい」と話した。

>続いて「いずれにしろ、旧朝鮮半島出身労働者問題については、これまでも繰り返し述べているように、我が国としては、韓国に対し、国際法違反の状況の是正を引き続き強く求めていく考えに変わりはない」と話した。

>徴用問題解決に向けた解決法を韓国が出すべきだという従来の立場を強調したとみられる。

>一方、日本メディアはこの日、文大統領の記者会見内容を速報などで報道して大きな関心を示した。

>NHKや日本経済新聞、時事通信などは文大統領の発言のうち、「日本も徴用問題関連の解決法を少し提示するべき」「最も重要な部分は(徴用)被害者の同意を得ること」という部分を大きく報じた。

>これに関連し、読売新聞は「被害者の同意」を文大統領が強調したことに対して「日本政府との立場の隔たりは、依然として大きい」と伝えた。

>朝日新聞は、原告弁護団などが創設を提案する日韓合同の協議体に「韓国政府は参加する意向がある」と発言したことを見出しに選んで報じた。

>日本メディアは「韓国から高位級の代表が出席することになると予想する」という文大統領の発言を紹介して「大統領自らの開会式などへの出席は明言しなかった」と紹介した。

>昨年と比較すると韓日関係に関連した文大統領の発言はかなり軟化したといえる。

>大法院の徴用判決から約2カ月後に開かれた昨年の新年会見で、文大統領は「過去の不幸だった長い間の歴史に起因する問題に対して、日本政府がもう少し謙虚な立場を取るべき」「韓国司法府の判決に不満があってもその部分は『やむを得ない』との認識を持つべき」などと話し、日本に対して強いトーンで発言した。

>NHKソウル特派員の質問に対しての回答だったが、当時文大統領は「実は(NHK記者ではなく)その後にいらっしゃった方を指したものだった」と話した。

>この発言をめぐり日本国内では「日本の記者とは話もしたくないということか」「言わなくてもいいことを言った」などの不満が出た。

>文大統領は今年の新年会見では共同通信記者を特別な言及なく質問者に指定した。






jashin_001.jpg














posted by kwazz at 04:15| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

言ってることが、矛盾だらけ…w

産経ニュース;立民・福山幹事長「党の会で日の丸を絶対に掲げないわけではない」 2020.1.14 19:54

>立憲民主党の福山哲郎幹事長は14日の記者会見で、記者会見などの際に国旗を掲げていないことについて「党の会で日の丸を絶対に掲げないと決めているわけではない。それ以上でもそれ以下でもない」と述べた。合流協議を進めている国民民主党が記者会見などで国旗を掲げていることについては「政党が違うからだ」と語った。




で、一緒になったらどうするよ? … ( ̄∀ ̄) アヒャ





時事ドットコム;存続政党は「立憲民主」 合流協議で国民民主に提案 2020年01月14日22時16分

>立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党の玉木雄一郎代表に提示した合流協議の合意文書案が14日、分かった。「存続政党を立憲民主党とする」と明記した。

>文書案は、合流の狙いについて「自民党政権に代わって政権を担い得る強力な態勢を築く」と強調。その上で「自由」「共生」「未来への責任」を共有する理念とした。国民の綱領にも同様の記述があり、一定の配慮を示した格好だ。

>立憲、国民両党が対立する参院側の信頼醸成を図るため、合流後は速やかに参院議員会長選を実施することを掲げた。代表選規定を策定することも盛り込んだ。

>立憲は14日の常任幹事会で、今後の交渉を枝野氏と福山哲郎幹事長に一任することを確認。出席者からは「20日の通常国会召集までに決着させてほしい」との意見が出た。

>福山氏はこの後の記者会見で、協議の進捗(しんちょく)状況について「党首間での大きな政治判断の確認がぎりぎりのところで取れていない」と説明した。






NHK NEWS WEB;「合流するしかない」両党は通常国会までに合意を 野田前首相 2020年1月14日 17時22分

>立憲民主党と国民民主党との合流協議について、野田 前総理大臣は「大局を見たら合流するしかない」と述べ、通常国会が召集される来週20日までに、両党が合意すべきだという考えを示しました。

>合流協議を続ける立憲民主党と国民民主党は先週、枝野代表と玉木代表による党首会談を行いましたが合意には至らず、今週、それぞれの党で改めて議論を行っています。

>これについて立憲民主党から合流を呼びかけられている野田前総理大臣は名古屋市での講演で「もともとは旧民主党、民進党の人が別れていて、政策や理念が180度、異なるわけがない」と指摘しました。

>そのうえで「国家のことを考え、一強にどうごしていくかを考えればほかに結論はない。大局を見たら合流するしかない」と述べ、通常国会が召集される来週20日までに、両党が合意すべきだという考えを示しました。






NHK NEWS WEB;立民 国民合流 安住国対委員長「何が何でも合流させないと…」 2020年1月14日 17時48分

>国民民主党との合流協議について、立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「何が何でも合流させないと、またバラバラだと見られる」と述べ、両党が速やかに合意すべきだという考えを示しました。

>合流協議を続ける立憲民主党と国民民主党は先週、枝野代表と玉木代表による党首会談を行いましたが、合意には至らず、今週、それぞれの党で改めて議論を行っています。

>これについて立憲民主党の安住国会対策委員長は静岡県熱海市で共産党の党大会に出席したあと、記者団に対し、「共産党と比べれば、国民民主党と立憲民主党の差はあってないようなものだ」と述べました。

>そのうえで、「分裂劇を繰り返した感情的な対立があるが、それを乗り越えて野党第1党が衆議院では120人近い受け皿になることが大事だ。何が何でも合流させないと、またバラバラだと見られる」と述べ、両党が速やかに合意すべきだという考えを示しました。






hatena_001.jpg













posted by kwazz at 10:42| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

反社認定で、いいよね…w

しんぶん赤旗;成人の日 民青と共産党が宣伝 希望持てる政治 共に 私も社会を変える行動する一人 2020年1月14日(火)

>2020年成人の日の13日、日本民主青年同盟(民青)と日本共産党は、振り袖やスーツ姿の新成人などでにぎわう東京・渋谷ハチ公前で街頭宣伝を行いました。

(以下略)





いつでも、どこでも、やりたい放題… ( ̄∀ ̄) アヒャ





パチンコ屋の倒産を応援するブログ;憲法守れとか言うならルールを守れよ 2020.01.14

>成人式があったわけですが、
成人式があると必ず出てくるのが共産党。

>ご覧くださいこの非常識さ。

>駅の連絡通路に勝手に貼りまくり、

>共産党名物の公選法違反(選挙期間外の名前たすき)はいつものこと。

>当然ながら成人式会場前も勝手に占拠。

>負けじと福島瑞穂だってわざわざのぼりを持って成人式の会場前に。

>で、共産党信者のの老人どもが
成人式の会場で配ってたのがこちらのようです。

>「赤紙」

>こういうことをやれば9条信者が増えたり、自分が徴兵されるかもしれないと思って
憲法改正に反対する人が増えると思ってるんですよ?この人達。
いやほんっとに気持ち悪い、ただただ気持ち悪い。

>憲法守れとか言うまえにマナーとかルールを守れよ。

>自衛隊の中東派遣に立憲民主党、日本共産党、国民民主党、社民党の
いわゆる反日野党連合が反対しているわけですが、
その根拠が「軍隊を派遣するから攻撃される!」という理由です。

>昨年無防備なタンカーにイランの革命防衛隊が攻撃を仕掛けた事は
彼らの中では完全に無かった設定に変更されているんです。

>都合の悪い事は存在しないことにされる。
それが日本の反日左翼の基本原則。

(抜粋)






Share News Japan;成人式会場付近で、共産党と社民党・福島瑞穂議員らがビラ配り 2020-01-13

>hagisanさんのツイート

荒れる成人式よりたちが悪いな

毎年の事ながら成人式会場付近でパフォーマンスして祝福ムードをぶっ壊す共産党と社民党

(略)

>▼ネット上のコメント

・素直に成人を祝ってやれない人達だって、きっと若者も分かっていると思う。こんな事をしているから若者の自民党支持が増えているのだと思う。

・まあ読解力が低下した今の若い人達なら簡単に釣れたりするし、なにせよ日本人の若者って政治に関心ないやつ多いから一見良さそうな言葉垂れ流しとけば釣れることもあるらしいからね

・自分達の祖父母世代から受ける仕打ちですよ。 祝われていない、自分達の祝いとしてここにいるのではなく、政治的な活動と気づかされる。 こういうのが尊敬を奪い、政治への関心を削ぐ。

・気持ち悪っ!!これは不愉快(゚∀゚)これをみて社民党、共産党など与党には票は入れたくないなと感じたでしょうね。

・記念に1枚くらい貰ってやれよw

・なんだこの嫌がらせは。

・自衛隊時代、成人式に制服で参加したけど。。。共産党から罵声を浴びたのを30年以上経っても忘れてないよ。






アノニマスポスト;日本共産党、成人式会場前でやりたい放題… ⇒新成人「共産党のおじさんおばさん!成人式でわざわざお祝いのスピーチありがとう!プレゼントのパンフレットありがとう!鍋敷きに使うね!」〜ネットの反応「順調に嫌われてて草」「日本の将来は明るいな」 1月 13, 2020

(略)

>ネットの反応

・「憲法を守り」と護憲護憲ってるけど、横断幕を持ってる連中って、共産党が日本国憲法成立に反対したことは知ってるんだろうか?

・アンケートがそもそも不安な事しか書いてないw
ネガティヴ100%アンケートw

・なんで全力で嫌われるような事するんだろうな

・自分たちが正しくて周りは全て間違ってる
正しい事なら間違ってる人間を殺し迫害しても許される
こういう思想の人間だからわからないんだろ

・鍋敷きにもしたくないや

・順調に嫌われてて草

・日本の将来は明るいな






Togetter;成人式会場周辺には毎年恒例の共産党が演説を行っている模様 2017年1月10日

>新成人の皆さんは、目先の事に囚われずに是非とも見識を持って世界を未来を俯瞰して貰いたいですね。

(以下略)






josi_001.jpg














posted by kwazz at 17:45| Comment(0) | 日本共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

却って、支持率、減らしとりますやん…w

Yahoo!ニュース;IR疑獄と「桜」で安倍政権を追い込む! 立憲民主党代表・枝野幸男を直撃 1/13(月) 8:34

>野党“合流”協議の真っ只中に立憲民主党代表・枝野幸男を直撃

>’20年は解散総選挙の年。永田町ではそう囁かれている。本命は東京五輪の余勢を駆っての秋解散だが、6月解散で東京都知事選とのW選挙に持ち込む、という見立ても。これに対して「2月解散」の可能性を指摘しているのが、立憲民主党の枝野幸男代表だ。「桜を見る会」問題に加え、秋元司・元国交副大臣の逮捕で幕を開けたIR疑獄に揺れる自民党をいかにして追い詰めるのか? 野党合流協議真っ只中の12月25日に枝野代表を直撃した。

(略)

>「ブーメラン」という指摘は見当違い

>――桜問題では安倍後援会の前夜祭がホテルニューオータニで会費5000円だったと問題視されたが、その後、立憲民主の海江田万里議員も同じホテルで一人5000円程度のパーティを開催していたと報じられ、「ブーメラン」と話題になった。

>枝野:その指摘は見当違いです。なぜなら、政治資金パーティは「来ない人がたくさんいる」ことを想定しているもの。パーティ券代の購入者数に対して参加者は何分の一という数になるのでホテルへの支出は減り、パーティ券の購入者数で支出を割ると、一人当たりの負担が小さくなってしまうのです。しかし、「前夜祭」はあらかじめ参加者が確定しているもの。同じ5000円でも、比較対象にはなりません。

>支持は派手ではないが着実に広がっている

>――ただ、桜問題が注目を浴びても、立憲民主の支持率は伸びていない。

>枝野:それも間違いです。常に世論調査の結果を分析している専門家の計算では桜問題以降、我々の党の支持率は平均1ポイント近く伸びています。顕著な上がり方ではありませんが、それは当然のこと。選挙になって初めて、大多数を占める無党派層が支持政党を決めるようになり、各党の支持率が大きく上昇するからです。だから、選挙の際にいかに無党派層から選ばれるかが重要。その点、私は手応えを感じています。大宮の駅頭に27年間立っていますが、町の反応が「次こそ野党、頑張れよ」となってきています。

>――支持が広がっていると感じられるようになった背景とは?

>枝野:それは共同会派の成果でしょう。基本的に国会は会派主義です。会派ごとに質疑の時間が配分されるため、以前は各会派がバラバラのテーマで、時に重複した質問をするようなこともありました。しかし、共同会派を結成してからは、テーマを絞り込んで追及することができました。桜問題の火つけ役は共産党でしたが、共同会派という形で窓口を1つにすることで、共産党との情報交換もスムーズになり、役割分担も明確になった。議員が多い我々の党は安倍首相の地元である山口まで行って聞き取り調査を行い、共産党は新たな事実の調査に注力してもらうという具合です。

(略)





内閣支持率は、上昇に転じてるんだけど… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;【産経・FNN合同世論調査】自衛隊の中東派遣、5割が支持 内閣支持率横ばい ゴーン被告主張は「納得できない」9割 2020.1.13 11:55

>産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は11、12両日に合同世論調査を実施した。米国とイランの対立で緊張が高まる中、中東海域の情報収集強化を目的とした海上自衛隊の派遣について尋ねたところ「賛成」は49%に上り、「反対」の35・3%を上回った。米国とイランをめぐる日本の外交姿勢については、「両国との関係を維持する外交をすべき」との回答が81・7%に達した。

>憲法改正について「賛成」は44・8%で、前回(12月14、15両日)と比べて2・2ポイント増えた。「反対」は40・8%だった。ただ、首相が在任中に改憲を成し遂げたい意向を示していることを「評価する」との回答は36・1%にとどまり、「評価しない」が51・3%だった。

>立憲民主党や国民民主党、社民党の3党に合流を目指す動きがあるが、野党のあり方について訪ねたところ、「3党それぞれが独立の政党として協力」するのが望ましいとの回答が43・5%で最も多く、「3党の合流」は24・1%にとどまった。3党が目指す合流に「大義があると思うか」との質問に「思う」との回答は26・4%で、「思わない」は54・1%を占めた。

>安倍晋三内閣の支持率は前回調査(12月14、15両日)と比べ1・4ポイント増の44・6%でほぼ横ばい。不支持率は1・4ポイント減らし38・9%で、1カ月ぶりに40%を下回った。

>政党支持率は、自民党が前回比1・4ポイント増の39・3%。逆に野党第一党の立憲民主党は5・9%と前回より3・0ポイント減らした。無党派層に相当する「支持する政党はない」は39・7%で3・7ポイント増やした。

>昨年10月の消費税率引き上げ後、買い物を「控えていない」と答えた人は71・1%を占め、「控えている」の26・8%を上回った。

>日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が逃亡先のレバノンで日本の司法制度などを批判した主張については、91%が「納得できない」と回答した。






TBS NEWS;JNN世論調査、IR「進めるべきだと思わない」約6割

>政府がカジノを含むIR=統合型リゾート施設の2020年代半ばの開業を目指していることについて「予定通り進めるべきだと思わない」と答えた人が、およそ6割に上ることがJNNの世論調査で分かりました。

>安倍内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より3.0ポイント増えて52.1%でした。一方、支持できないという人は3.0ポイント減って44.7%でした。

>秋元司衆議院議員はカジノを含むIR=統合型リゾートをめぐる汚職事件で逮捕されました。この事件によってIRに対するイメージが悪くなったか聞いたところ、「悪くなった」と答えた人が45%、「変わらない」は46%でした。また、政府がIR施設の2020年代半ばの開業を目指していることについて、整備を「予定通り進めるべきだと思わない」が59%に上り、「予定通り進めるべき」の28%を大きく上回りました。

>総理主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理による一連の説明について納得しているか聞いたところ、「納得していない」は68%に達しました。

>政府による海上自衛隊の中東海域への派遣については「賛成」が35%、「反対」は52%でした。






siji_2001.jpg














posted by kwazz at 13:43| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パヨク弾幕薄いよ! なにやってんの!?

変態新聞;「戦争に加担するな」「改憲を止める」 新宿で安倍首相退陣求めるデモ 2020年1月12日 18時30分

>自衛隊の中東派遣や「桜を見る会」の疑惑、公文書改ざんなど数々の問題に抗議し、安倍晋三首相の退陣を求めるデモ行進「OccupyShinjuku(新宿占拠)0112」が12日、東京・新宿であり、主催者発表で約3000人が集まった。参加者は「戦争に加担するな」「改憲を止める」など思い思いのプラカードを手に「安倍は辞めろ」などと声を上げた。

>家族と参加した神奈川県の会社員男性(45)は「積極的に戦争にならないように行動すべき時なのに、日本が自衛隊を派兵することには反対。市民として声を上げることが必要だと思う」と参加の理由を語った。服飾デザイナーの男性(63)は桜を見る会について「われわれの税金を、一部の人間の利権や利益供与に使うのは納税者として黙っていられない」と語気を強めた。

>主催者の会社員、日下部将之さん(45)は「昨年末からだけでも桜を見る会、IRの問題、自衛隊の中東派遣と、次々に問題が起きており、想定した以上の参加者が集まった」と話した。





数十万人規模じゃなかったんかいっ!? … ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





KSL-Live!;反安倍が新宿占拠デモ「アベは辞めろー!」→共同通信「内閣支持率は49.3%で、前回調査から6.6ポイント増」 2020.01.13

>安倍総理の退陣を求めるデモ「OccupyShinjuku0112」が12日に新宿で開催された。桜を見る会を巡る疑惑や自衛隊の中東派遣に反対する団体らが中心となり「新宿占拠」と銘打って複数の野党議員らも参加したが主催者発表でも3000人程度で”占拠”とはならなかった。

>内閣支持率は6.6Pもアップ  新宿では「安倍は辞めろ!」のコールで盛り上がっていたようだが、その同日に共同通信が発表した内閣支持率は49.3%で、先月の調査から6.6ポイント増となっている。現職の副大臣が逮捕されるなど急激な支持率低下も予想されたが、まさかの支持率大幅アップという結果だ。

(以下略)






じゃぱそく;パヨク「本日、安倍政権を終わらせるデモを行う。新宿を数十万規模で埋め尽くす」 2020年01月12日

>1: (やわらか銀行) [US] 2020/01/11(土) 22:02:28.21 ● BE:593349633-PLT(16000)
ソース
https://twitter.com/search?q=%23OccupyShinjuku0112&src=typed_query


>ジョンレモン
@horiris
もうすぐ‼️
上空に取材ヘリが飛び交うぐらいの数十万人規模で集まりましょう。

1月12日(日曜日)
新宿中央公園(新宿駅西口すぐ)

「森友」「加計」「桜」「IR」「中東派兵閣議決定」
本人は、馬鹿ズラこいて映画鑑賞、ゴルフ三昧…
もう、ほんと、限界です💢#OccupyShinjuku0112 #新宿占拠0112

(略)






Share News Japan;新宿占拠0112 『ウソつきは安倍晋三の始まり』 吉良よし子議員、福島瑞穂議員、室井佑月氏らも参加 2020-01-12

>黒瀬深さんのツイート

これがコールらしい。

想像してほしい、学生運動の残党のジジババや、更年期のヒステリックなフェミニスト、売れない三流ラッパーが「ニャー!」「アーベッ!」と騒ぎまくる様を。

この世の地獄そのものではないか。 #新宿占拠0112

(略)

>▼ネット上のコメント

・うわぁ…

・ニャーってwww若者の考えではないし、党名からダサいwww

・表現もデモも自由。その人達をどう思うかも自由

・目的は総理を辞任させることだけ、次の総理は適当らしいw正直訳分からんし見てるだけで未来が怖いなw

・とりあえず、猫に謝れ

・ますます「珍妙な連中」として認識が広まることを期待します。

・ネコを私物化するな、とだけ言っておきます






Share News Japan;立憲・石垣のりこ議員「我が国は西側の先進国。なのに、デモを開催するごときに拒絶反応を示す人がいることに驚きを禁じ得ません。」 2020-01-12

>石垣のりこ議員のツイート

我が国は先進国。

しかも西側の先進国のはずです。

なのに、デモを開催するごとき「先進国の市民として当たり前のこと」に拒絶反応を示す人がいることに驚きを禁じ得ません。

我が国、50年、遅れてますね。

(略)

>▼ネット上のコメント

・まずは、高橋洋一先生にレイシストのレッテルを貼ったことに対して、説明と謝罪をすることのほうが先進国の市民として当たり前のことだニャン😾

・50年遅れているのは貴女の方です。ところで高橋洋一さんに謝罪しましたか?

・デモをするのも自由なら反対するのも自由じゃないの?

・新宿占拠‼️とか言うヤカラを好き勝手にやらせるのが先進国か?立憲民主党が日本を後退させてるだろ😫

・いや、無関係な市民の邪魔でしょう。やり方がアホらしいのがわからない議員に驚きが隠せません

・そんなことより、民間人をファシストとレッテル貼ったことの謝罪と釈明は?

・デモは拡大すると死傷者を出し近隣に及ぼす影響も自ずと大きくなります それはリスクが高すぎるので、国民の意見を受け止める方法が制度化されました それが選挙です。 常識だから覚えてね






mion_001.jpg














posted by kwazz at 09:36| Comment(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほら、効いてる効いてる…w

AFP BB News;台湾総統選、圧勝の蔡氏を中国国営メディアが批判「汚い小細工」「まぐれ」 2020年1月12日 16:12

>11日の台湾総統選で与党・民主進歩党(DPP)の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が圧勝したことを受けて、中国国営新華社通信(Xinhua)は12日、蔡氏が不正行為などの「汚い小細工」を用いたと批判した。

>共産党の一党独裁を強める中国に対して、自らを台湾の自由主義的な価値観の擁護者としてアピールしてきた蔡氏は、過去最多得票で再選を果たした。中国は台湾の孤立化を図ったが、強い反発を招く形になった。

>新華社は英語版の論説で、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と述べ、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」と付け加えた。11日には中国語版の論説でも、蔡氏が票の買収を行ったと非難し、圧勝には「外部の闇の勢力」が一役買っていると主張した。

>台湾統一に向けて武力行使も辞さないと公言している中国政府は、台湾を中国の一部とする「一つの中国」の原則を受け入れない蔡氏を嫌悪している。

>中国は過去4年間、経済・軍事・外交面で台湾への圧力を強め、有権者の不安をあおることで、蔡氏と反対の立場を取る野党の支持を高めようと図ってきた。しかしこうした強硬策が裏目に出て、蔡氏の民進党は支持を拡大した。

>反政府抗議デモが何か月も続き、一部が過激化している香港情勢も追い風になった。中国は台湾との統一にあたって香港と同じ「一国二制度」を適用する可能性を示唆しており、台湾の有権者の間で警戒感が高まっている。

>共産党機関紙系の環球時報(Global Times)は昨年末、蔡氏と民進党が「いわゆる中国本土からの脅威をいたずらにあおり」、対立候補で対中融和派の最大野党・国民党(KMT)の韓国瑜(Han Kuo-yu)氏の本土とのつながりを「中傷した」と報じていた。

>また、中国国営メディアは台湾総統選の結果について、台湾と中国本土の長期的なつながりにおける「例外」と一蹴。新華社は蔡氏の勝利を「まぐれ」と評した。

>環球時報は論説で、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」「この現実を認めてそれに従うことが、台湾の平和的発展にふさわしい唯一の選択肢だ」と述べた。





悔しかったら、大陸でも普通選挙をやってみろと… (´▽`*) アハハン♪





読売新聞オンライン;中国外務省、蔡総統再選への日米の祝意に「強烈な不満と断固たる反対」 2020/01/12 23:28

>中国外務省の耿爽副報道局長は12日、台湾総統選で蔡英文総統が再選されたことに茂木外相やポンペオ米国務長官らが祝意や歓迎の意を示す談話や声明を発表したことに対して「『一つの中国』原則に反しており、強烈な不満と断固たる反対を表明する」と批判するコメントを発表した。

>日本や米国、英国などの関係国に抗議したとしている。耿氏は、「中国と国交を結ぶ国と台湾とのいかなる形の公的往来にも反対する。『台湾独立』勢力に誤ったシグナルを送らないように望む」と主張した。






産経ニュース;台湾・蔡総統、日米などとの連携強調 武器売却を要請 2020.1.12 17:35

>11日の台湾の総統選で再選された蔡英文(さい・えいぶん)総統は12日、台北の総統府で、日米の代表と相次いで会談し、今後も日米など「価値観の近い国々」との連携を強化していく意向を示した。

>蔡氏は12日午前、米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)のクリステンセン台北事務所長(駐台大使に相当)と会談。「選挙を通じ、台湾人は民主的な価値を世界に示した」とし、民主主義と自由は米台関係を「長期的に安定させる基礎だ」と述べた。

>蔡氏は「協力を通じて防衛能力を強化し続けたい」とも語り、米側にさらなる武器の売却や軍事技術の供与を要請。米台関係は「地球規模の協力関係にまで格上げされている」と述べ、国際的な課題でも米国と協力していく考えを示した。

>蔡氏はその後、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の大橋光夫会長と会談し、対中政策について「屈服せず、挑発せず、暴走しないとの原則で台湾海峡の安定維持に尽力してきた」と理解を求めた。蔡氏は「日本は外交と観光の上で非常に重要な盟友だ」として、昨年の日本人観光客が200万人を超し過去最高となったことを評価しつつ、日台関係は「段階を上げることができる」と強化を求めた。

>蔡氏は11日投開票の総統選で、過去最多の817万票で再選を果たした。与党・民主進歩党は立法委員(国会議員)選でも単独過半数を維持し、蔡氏は5月20日からの2期目も安定した政権基盤を得た。






chika_002.jpg














posted by kwazz at 04:31| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

蔡にゃん再選、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

時事ドットコム;台湾総統選、蔡英文氏が再選 過去最多得票で韓氏に圧勝―「一国二制度」拒絶 2020年01月12日00時27分

>【台北時事】台湾総統選は11日投開票された。再選を目指した与党・民進党の蔡英文総統(63)は、800万票を超える総統選での過去最多得票を記録し、再選を果たした。焦点となった対中国関係をめぐり強硬な姿勢で臨んだ蔡氏に絶大な支持が集まり、対中融和路線の最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)に圧勝した。同時に行われた立法院(国会、定例113)選でも民進党は過半数を確保した。

>蔡氏は同日夜の記者会見で、「過去4年の政策とその方向性が評価された結果だ」と勝利宣言。その上で、中国が打ち出す「一国二制度」による中台統一を改めて拒絶するとともに、台湾への武力行使を断念するよう中国共産党・政府に呼び掛けた。

>1996年に初の台湾総統選が行われて以降の最多得票は、2008年に馬英九氏が獲得した765万票。中央選挙委員会の確定値によると、蔡氏は817万票を獲得し、韓氏は552万票だった。韓氏は敗北を宣言した。国民党の呉敦義主席は、敗北の責任を取って辞任すると表明した。投票率は74.9%で前回の66%を上回った。

>台湾総統選は、反政府抗議デモで混乱する香港情勢を背景に、対中関係をめぐり有権者がどう判断を下すかが最大の争点となった。蔡、韓両氏による事実上の一騎打ちとなる中、蔡氏が選挙戦を終始リードした。

>蔡氏は選挙戦で、「台湾の主権と民主主義を守ろう」と繰り返し訴えた。香港問題や米中貿易摩擦といった国際情勢が追い風になり、中国への警戒感を強めた若者を中心とした有権者の支持を広げた。

>一方の韓氏は、民進党批判を強め局面打開を試みた。対中政策では「中国と関係を改善すれば、台湾は安全になり、みんな金持ちになれる」と訴えたが、香港情勢を受け「親中派」イメージが不利に働き、若者の支持低迷に苦しんだ。

>総統選には野党・親民党の宋楚瑜主席(77)も出馬。無党派層の受け皿を狙ったが、蔡、韓両氏に注目が集まる選挙戦に埋もれた。

>立法院選は、中央選挙委の集計によると、民進党は61議席(現有68)と減らしたものの、過半数を確保した。国民党は38議席(同35)。柯文哲・台北市長が昨年立ち上げた新党「台湾民衆党」は比例代表で5議席を獲得した。





一番の蔡サポで、アシストしたのはキンペーだったわけだ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;「中国の圧力」跳ね除け…台湾総統選、蔡氏が史上最多得票で圧勝! 習近平主席“大誤算”で遠のく中台統一 2020.1.12

>台湾で11日に投開票された総統選で、民主進歩党の蔡英文総統が史上最多817万票超で圧勝した。「中国の圧力」に対抗した政治姿勢が、台湾国民の共感を呼んだとみられる。中国による統一の試みを拒絶したことで、中国の習近平国家主席が目指す「中華民族の偉大な復興という中国の夢」はつまずき、大きな痛手になったことは確実だ。

     ◇

>蔡氏は11日夜の記者会見で「今回の選挙結果は、民主的な台湾が武力による脅威に屈しないことを証明した」と高らかに宣言した。

>昨年1月2日、習氏が「一国二制度」による台湾統一策に言及すると、蔡氏は直後に「絶対に受け入れない」と表明。一国二制度拒否は野党の中国国民党も同じ方針だが、蔡氏の決然とした態度は称賛を受けた。

>蔡氏は2016年5月の就任当初、中国が主張する「一つの中国」に配慮し、中国当局を「北京」や「対岸」と表現していたが、昨年10月の演説では「中国はわれわれを威嚇し、地域の平和と安定に挑戦している」と断じた。

>さらに19年6月以降、香港で「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした抗議活動が本格化。一国二制度が形骸化して自由や自治を失いつつある香港の現状は、将来の台湾の姿と受け止められた。

>習指導部は今後、蔡政権に対する全方位的な圧力を強める構えだが、台湾の統一に向けた道筋を描くのは極めて難しくなった。対中強硬派の声が強まる米国が台湾に接近することも警戒しており、北京の共産党筋は「国内外の情勢は複雑さを増し、中国の台湾政策はより慎重にならざるを得ない」と指摘した。






Share News Japan;石平氏「どこかの独裁制よりも、蔡総統をこそ国賓として招くべき」 2020-01-12

>石平太郎さんのツイート

蔡英文総統の圧勝は、日本にも大きな問題を突きつけた。この世界一の親日国家、立派な民主主義国家台湾を,日本は本当に大事にしているのか。

日本はかつて、中共と国交を結ぶために台湾を切り捨てた。

この過ちをいつまで続けるのか。

どこかの独裁制よりも、蔡総統をこそ国賓として招くべきではないか。

(略)

>▼ネット上のコメント

・台湾は 更に進歩した 良い意味での 成人式です。おめでとう! ですね。

・朝からテレビで全く取り上げてないことが、薄気味悪い。かえって日本では中共の影を感じてしまうのは自分だけかな?

・チャイナマネーやハニトラまみれの日本の政治家や外務省が健在な限り、そうならない未来しか見えないのが、日本の不幸です(´・_・`)

・習近平に替えて蔡英文総統を主賓に!さらには国家と認めて国交樹立を!米国やインドなどと連携して進めてもらいたい。

・国会議員は韓国に行くのではなく台湾に行くべきだと思います。タンカールートにある台湾は韓国より日本にとって大切であり友好国です。

・全くその通りです。東アジアで唯一信頼出来る国なんですから。

・離中、離韓をすすめつつ、台湾との正式な国交樹立ですね。






Share News Japan;【話題】『蔡英文総統再選に残念そうな人たち…』 2020-01-12

>hiropon_z33さんのツイート

蔡英文総統再選に残念そうな人たち

関口
「僕には大差と思えなかった。中国を頼りにしたい人も多い」

姜尚中
「現状維持がズルズル続いていく。中国も大きなアクションを起こせない。大きな変化をもたらすものではない。」

(略)

>▼ネット上のコメント

・凄い発言。

・日本のメディアの立ち位置が完全に中朝だな

・ひどいっすよね…😵

・番組は「幸いにも」観ていませんでしたが、観てたら胸糞悪くなっていただろうなぁ〜。

・長年番組やっていれば、大陸ビジネスで痛い目にあった企業の話に触れる機会はあっただろうに、こういうこと言っちゃうのがねえ

・この番組の真のスポンサーが誰なのか、もうみなさんお分かりになりましたね?( ̄▽ ̄)

・蔡英文総統再選にお通夜状態のスタジオwww 恨み節にしか聞こえないコメントwww






さいにゃん_001.jpg














posted by kwazz at 18:10| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする