2016年04月28日

疑惑の宝石箱やぁ〜♪

産経ニュース;民進・山尾政調会長「今の段階で説明できることなし」 2016.4.27 16:39

>民進党の山尾志桜里政調会長は27日の記者会見で、多額のガソリン代計上などの“不正”に関わったとされる元公設秘書側との交渉や、説明責任を果たしていない他の政治資金問題に関し「今の段階で何か説明できるようなことはない」と述べるにとどめた。




我が党にとって説明責任は、死語の世界… ( ̄∀ ̄) アヒャ





デイリー新潮;民進党・山尾志桜里政調会長 会見で語った「電子メール」「さくら館」釈明の嘘

>民進党の山尾志桜里(しおり)政調会長が今月6日に開いた会見では、疑惑の“ガソリン代地球5周分”だけでなく、本誌(「週刊新潮」)が報じた電子メールについても述べていた。発信元を米国ニュージャージー州とする迷惑なショートメールを愛知県下の自民党市議が受け取ったのは、14年11月のことだった。それは上の写真のように、

>〈枝野幹事長来る!〉

>と、総選挙における応援弁士の来訪を宣伝するもので、文末には山尾事務所の電話番号もある。それからというもの、

>「20通近く変なメールが届きました。山尾さんに“メールを送ってほしい”なんて頼むはずもないし。だいたい、〈当選に向け!人手が足りません〉て言われても、こっちが手伝うとでも思っているんでしょうか。私のみならず我が党の仲間にも、一方的に送られていたんです」(当時を知る事務所関係者)

>挙句には、選挙期間中に「期日前投票」の依頼メールまで届く始末。この点を地元選管に確認すると、

>「公選法違反にあたり、2年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科せられる」

>以上のことから推察されるのは、名刺交換などから知り得た個人情報の一切合財を登録し、一斉送信していた疑いだ。政調会長ご当人は会見で、送信元は自身の陣営だと認めたうえで、

>「後援会名簿に手違いがあり、同意を得ていない方々が混ざっていた(中略)ショートメールには連絡先として事務所を表示していた」

>と弁明したのだが、当時の秘書の携帯電話番号を記載したショートメールも見つかっている。
 
>再び選管に聞くと、

>「事務所の連絡先を表示していたのみでは不十分であり、これも公選法の規定に違反します」

>■“拠点が借りられた”

>――続けて山尾氏は、選挙区内の瀬戸市にある「さくら館」に関して説明したが、これも物足りなかった。

>13年3月にできたこの施設では、「さくら塾」と称したイベントを主催、歯科医や書家など幅広い層を講師として、地元民を聴衆にそれぞれ招き、飲食を提供している。ときには1人5000円の会費を募って旅行へ出かけることもある。これらは支援者を獲得するための「純粋な政治活動」ゆえに、報告書に計上すべきだと本誌は異議申し立てを行なっていた。

>これに対して彼女は、

>「指摘を受けるまで、さくら館が総支部や後援会の事務所であるという認識に欠けていた」

>と主張したが、さる民進党議員はこう証言する。

>「さくら館ができる前年12月の総選挙で山尾は落選。その選挙総括では、『瀬戸の票田の重要性』を訴えている。瀬戸で票を伸ばせるか否かが当落の鍵を握っているという見方で、それは仰る通り。さらにそのあとの地元の幹事会で、“瀬戸に拠点が借りられた”とも言っていた。しかも貸してくれたのは当時の後援会長なんですよ」

>それに加えて山尾氏のブログをさかのぼると、さくら館が「瀬戸事務所」としてオープンする旨ならびに、門前に佇む彼女の写真が確認できる。その表情から察すると、あたかも花筏を愛でるような充実感に満ちている。要するに、さくら館を拠点に政治活動を行なっていたと見るほかなく、ならばさくら塾の内実と併せて、報告書に収支を記載する義務があるはずだ。






デイリー新潮;山尾志桜里の新たな疑惑 不可解な500万円の移動も「事実関係を確認中」

>民進党の山尾志桜里(しおり)政調会長が今月6日に行った会見では、地球5周分のガソリン疑惑を“秘書がやった”と述べたほか、公職選挙法違反の疑いのある電子メール送信の件を“後援会名簿に手違いがあった”、選挙区内の施設「さくら館」にまつわる収支を報告書に計上しなかったのは“総支部や後援会の事務所であるとの認識に欠けていた”。しかし、ここで浮上した新たな疑惑にも言及しよう。それは、14年末の総選挙を前にしたカネの動きである。

>「選挙運動費用収支報告書」や山尾氏が長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の報告書によれば、

>11月21日
民主党→山尾氏
政党交付金からの「公認料」 500万円

>12月1日
山尾氏→総支部
「寄附金」 500万円

>12月1日
総支部→山尾氏
「選挙費用」 500万円

>ご覧のように、党から山尾氏へ500万円が振り込まれたのち、資金移動を重ねることで彼女へ還流している。いや、還流という表現はじれったい。つまり、カネの移動がないのだ。

>しかるにどうしてこんなことをしたのか。

>「山尾さんから総支部へ寄附することで、申請すれば『寄附金控除のための書類』を受け取れる。そしてこれを用いて、所得税を減らすことも可能になるのです」

>と、これは政治資金に詳しい浦野広明税理士の解説である。

>議員歳費を2200万円とすると、そこにかかる所得税は約434万円。その一方、寄附金控除を受けた場合は約266万円で、ざっと170万円の税金を浮かすことができる。このシナリオを前提にすれば、

>「実際は寄附を行なっていないのに控除を受けていたとしたら、脱税が疑われる」(同)

>ガソリンの件で“犯人扱い”されている渦中の秘書も、この“錬金術”にはびっくりだろう。

>「党から彼女への公認料は非課税で、しかも税金が原資となる政党交付金から支出されている。そのうえ法を熟知する検察出身なのですから、一段と高いレベルの倫理が求められるはず」(同)

>さらに性質(たち)が悪いのは、500万円を政治団体ではなく個人に戻している点だ。というのも、パンティ1枚買ったところで本人を除いては誰にもわからないのだから。旧民主党関係者もこう訝(いぶか)る。

>「総支部への寄附はよくある手ですが、再び個人に戻すのは不可解。ちょうどあの頃は、“寄附金の控除については意図が見え見えだから慎むように”といったお達しがあったんですよ」

>身内からも出た一連の疑惑を事務所に質すと、過去の疑惑の際と同様、

>「現在事実関係を確認中」

>のひとことのみだった。













余命三年時事日記2
余命三年時事日記2余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-05-16
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by kwazz at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ジャンヌ・ダルク、って最後は炎上…w

NEWSポストセブン;山尾志桜里氏「新築祝いの花」に公選法違反の疑いも 2016.04.13 16:00

>「民進党期待の星」から一転、地球5周分のガソリン代を政治資金収支報告書に記載して釈明に追われた山尾志桜里・民進党政調会長。4月6日に行なわれた会見では、「辞めた秘書が不正請求していた疑いがあり、法的措置も検討する」と元秘書の責任で決着を付けようとしている。

>元検事によるハキハキした物言いに会見場の記者たちも攻めあぐねている印象だったが、そのなかで山尾氏の歯切れが明らかに悪くなる場面があった。

>山尾氏のガソリン代問題が取り沙汰されてからインターネット上で発見された「新築祝い」疑惑である。平成26年の収支報告書に「新築祝い」名目で選挙区内の店舗に2万1000円を支出したと記載されていることが、公職選挙法で禁止された「寄付行為」に当たるのではないかという問題だ。“パンツ大臣”こと高木毅・復興相が選挙区内の有権者に香典を出した問題と同じ構図といえる。

>その店舗は花屋だったことから、山尾氏は新築祝いの花を買ったという認識だと会見で語った。

>「そうした支出をする場合は後援会からではなく総支部から支出をしていると認識しているのですけれども、実際に後援会に支出が計上されているというご指摘も受けていますし、その点については早急に訂正の手続きを取りたいと思っております」

>やたらとまどろっこしい説明である。

>岩井奉信・日本大学法学部教授(政治学)は、「たとえ新築祝いの花を購入したのであっても、選挙区内に花輪を贈ったのであれば公選法違反の疑いがある」と手厳しい。本誌の校了直前、山尾事務所から「(花を出した相手は)選挙区内であることが判明いたしました。よって、速やかに収支報告書を訂正いたします」との回答があった。

>保育園問題追及で名を上げ、政権奪還の切り札として抜擢された“民進党のジャンヌ・ダルク”、当面は防戦一方のようだ。

※週刊ポスト2016年4月22日号





萎縮しちゃってる、日本のメディアのおかげで。

我が党では、説明責任は死語だから… (ノ⌒∇)ノ ワァイ♪





山おしり_002.jpg







余命三年時事日記2
余命三年時事日記2余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-05-16
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by kwazz at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうせ、その場しのぎで、コーヒーを濁して終わりなんだろ…w

産経ニュース;【民進・山尾氏疑惑】山尾氏、またも「ガソリン代計上は元秘書が不正」の根拠示さず 新疑惑も「必要あれば回答」に終始、説明回避 2016.4.13 19:58

>民進党の山尾志桜里政調会長は13日の記者会見で、多額のガソリン代計上などの政治資金問題に関し「元公設秘書の不正」の可能性に言及した根拠を再び示さなかった。新たに浮上した疑惑も「必要があれば回答したい」と繰り返し、明解な説明を行わなかった。

>山尾氏は元秘書との接触について「弁護士から『コンタクトするべきではない』といわれている」と強調。弁護士と元秘書との接触の有無も答えなかった。

>山尾氏をめぐっては、14日発売の週刊新潮が新たな脱税疑惑を報じることも判明した。報道によると、平成26年11月21日に民主党(当時)から山尾氏に公認料として500万円が振り込まれ、山尾氏は12月1日に自身が支部長を務める政党支部に同額を寄付。同日中に政党支部から山尾氏へ同額が移動した。同誌では、寄付金控除制度を悪用し、所得税を脱税した疑いがあるとしている。

>山尾氏は会見で「必要な範囲で調べ、必要があれば回答したい」と述べるにとどめた。

>山尾氏の資金管理団体が「新築祝い」として選挙区内の花店に2万1千円を支出した件については、週刊ポストが山尾氏の事務所から、新築祝いを渡した相手について「選挙区内であることが判明した」との回答を得たと報じた。公職選挙法が禁じる寄付行為の可能性があるが、山尾氏は「記事を見ていないのでコメントできない」と答えた。

>政党支部が24年の衆院選期間(約1カ月)のみに約17万8千円の「コーヒー代」を支出していたことについても、山尾氏は「調べて、必要があれば報告する」と述べた。





( ´・ω・`)っ旦~ 萎縮しちゃってるテレビメディアは。

報道しない自由で、我が党を擁護してくれるもんなぁ…。





産経ニュース;【阿比留瑠比の極言御免】民進党の山尾政調会長は鳩山元首相そっくり 旧民主党の身内に甘い体質も健在 2016.4.14 01:00

>このところ、民進党の山尾志桜里政調会長と鳩山由紀夫元首相とがどうにも重なって見える。山尾氏は6日の記者会見で、支部長を務める愛知県内の政党支部がプリペイドカードで不自然に多額のガソリン代を支出していた問題について、明確な根拠は何一つ示さないままこう釈明した。

>「(会計担当だった)元秘書が関与している蓋然性が高い」「監督が至らず申し訳ない」

>山尾氏は、甘利明前経済再生担当相の秘書による不祥事を追及し、議員辞職を求めた際には、「秘書のやったことについて、本人の責任が免れるわけではない」と繰り返し強調していた。にもかかわらず、自らはあっけらかんと続投を宣言したのである。

>多数の「故人」から献金を受けるという政治資金収支報告書の虚偽記載事件をめぐり、「すべて会計実務担当秘書の独断だ」として秘書のせいにした鳩山氏と、まるでそっくりな言い分ではないか。

>鳩山氏も、自身の問題が発覚するまでは平然と次のように語っていたことを連想する。

>「言うまでもなく、秘書の罪は国会議員の罪である。ことに金庫番秘書ならなおさらである。(中略)自身のためにも早く出処進退を明らかにされた方がよい」(平成14年3月、自民党の加藤紘一元幹事長の秘書の脱税容疑について)

>「議員の分身といわれている会計責任者の逮捕は、議員本人の責任であり、改めて強く(辞職を)求める」(同年5月、鈴木宗男衆院議員の秘書の業務妨害容疑での逮捕について)

>「私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば『あれは秘書がやったこと』とうそぶいて自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。(中略)秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです」(15年7月、土井たか子元衆院議長の秘書による秘書給与流用事件で)

>気づかなかった?

>鳩山氏といえば、月額1500万円にも上る実母からの「子ども手当」も「気づかなかった」と言い訳していた。今回、山尾氏が秘書による不自然なガソリン代支出に「気づかなかった」と述べたのと共通する。

>山尾氏の政治資金収支報告書をめぐっても、ガソリン代疑惑以外にもいくつもの問題が指摘されている。いずれも公職選挙法に抵触する可能性があるが、山尾氏は「手違い」「事実を知りながら嘘をついたことはない」で済ませた。これも鳩山氏の手法に似ている。

>他者への攻撃が必ずわが身に返ってくるというブーメラン投げの妙技は、民主党から民進党へと衣替えしてもDNAに脈々と受け継がれているようだ。

>身内に甘い体質

>そして、この山尾氏の記者会見について岡田克也代表はこう称賛している。

>「かなり明確に説明された」「しっかりと対応された」「相当きちんとお答えになっていた」

>つまり、党として山尾氏の対応に「これでよい」とお墨付きを与えた形だ。鳩山政権の民主党時代から、他罰的で身内に甘い体質は何も変わっていない。こんな姿勢で甘利氏の証人喚問を要求しても、迫力も本気も伝わってこない。

>せっかく新党名で再スタートをした民進党に望みたい。どうか、国民の大きな失望を招いた民主党とは、ひと味違うというところを見せてほしい。もし本当にそんな部分があるとしたならば、だが。(論説委員兼政治部編集委員)













さよならパヨク
さよならパヨク千葉麗子

青林堂 2016-04-16
売り上げランキング : 326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
余命三年時事日記2 ジャパニズム30 行橋市議会議員 小坪しんや 余命三年時事日記ハンドブック ジャパニズム29

posted by kwazz at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

コーヒー呑んだの、わたしだっ!

ゴゴ通信;民進党の山尾議員のコーヒー代が凄いと話題に 1か月の間に約18万円分ものコーヒー代? 2016/04/08 09:27:43

>民進党の山尾志桜里議員が現在ガソリン代の過剰請求などで問題となっている。1年間で、地球5周以上分ものガソリン代を請求していたことが発覚。これに対して、山尾議員は「元秘書が落ちていたレシートを拾って請求したのではないか」としている。

>そんな山尾議員の収支報告書に更なる疑惑となる請求が浮上した。それは平成24年11月13日から同年12月12日までの約1か月の間に数回に分けて、コーヒー代を請求していた。ただのコーヒー代なら事務所で飲むコーヒーとして経費になるが、その金額が1か月で計17万8609円。コーヒー代は6回にわけられて記載されており、一番高い物で7万4079円分のコーヒーとなっている。
最初の1回目以外を除きユニマットライフから購入したと記載されている。

>内訳は次の通り。

>1万275円 平成24年11月13日 株式会社ブルックス中井物流センター

>7万4079円 平成24年11月21日 株式会社ユニマットライフ名東営業所

>1万3708円 平成24年11月27日 株式会社ユニマットライフ名東営業所

>3万2760円 平成24年12月4日 株式会社ユニマットライフ名東営業所

>2万4057円 平成24年12月7日 株式会社ユニマットライフ名東営業所

>2万3730円 平成24年12月12日 株式会社ユニマットライフ名東営業所

>事務員だけで飲むには膨大なコーヒーの量。事務員の数とその飲んだ量によるが、約18万円というコーヒー代はありえるのだろうか。ユニマットライフは「ハイグレード」を謳うコーヒーを提供しており、業務用のコーヒーメーカーレンタルサービスも行っている。またユニマットライフはレンタルする際に毎月最低一箱はコーヒー豆を買わないと行けないという決まりがあるほか、付属品の砂糖やミルク、コップも購入しなくていけない。

>それらを一括で購入した可能性もある。

>どちらにせよ税金で高いコーヒーを飲まれていたのは確かである。





次から次へと、出るわ出るわ。

ネットじゃ、山おしり祭り… (ノ⌒∇)ノ ワァイ♪





産経ニュース;【民進・山尾氏疑惑】不可解なガソリン代に「さすが検事!」 おおさか維新の重鎮「トカゲのシッポ切り」「他人事の感じ」と相次ぎ批判 2016.4.7 14:47

>おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は7日、民進党の山尾志桜里政調会長が支部長を務める愛知県内の政党支部の政治収支報告書で不可解なガソリン代が計上された問題について「さすがに(元)検事だ。自分には火の粉がかからないようにトカゲの尻尾を切るような感じだ」と述べ、皮肉混じりで山尾氏の対応を批判した。府庁で記者団に答えた。

>山尾氏は6日の記者会見で、会計担当だった元公設秘書が不適切な処理をした可能性が高いと説明し、自身は元秘書の行動に気付かなかったと釈明した。松井氏は「秘書がやっていることを全く知らなかったということはない」と指摘。山尾氏が検事出身であることを踏まえ、「法律家だから、きちんとご自身は守られた」と当てこすった。

>おおさか維新の片山虎之助共同代表も7日の記者会見で、山尾氏の記者会見について「普通は(ガソリン代が)あれだけ多いと、おかしいと思うわな。『他人事』みたいな感じは、ややあるね。もうちょっとちゃんと説明した方がいいわ」と述べた。






産経ニュース;ガソリン代疑惑の民進・山尾政調会長 民主の“ブーメラン”しっかり継承 甘利氏追及で 2016.4.8 06:50

>元秘書が多額のガソリン代を不正に請求した疑いがある民進党の山尾志桜里政調会長に対し各党からは7日、説明不足との批判が相次いだ。民進党幹部は6日の山尾氏の釈明で一定の説明責任が果たされたとして幕引きを図る考え。しかし、山尾氏は元秘書の金銭授受問題で1月に辞任した甘利明前経済再生担当相を猛批判しており、言動の整合性が問われている。

>民進党は7日の執行役員会で、夏の参院選の公約作成の責任者となる長妻昭代表代行の補佐役を山尾氏が担うことを確認した。江田憲司代表代行は記者会見で、自身が山尾氏のような事態になった場合は「議員本人の監督責任は否定できない」と指摘したが、党としては政調会長続投に“お墨付き”を与えた形だ。

>一方、公明党の漆原良夫中央幹事会会長は記者会見で「客観的資料は何も示されていない」と述べ、山尾氏の説明不足を指摘。おおさか維新の会代表の松井一郎大阪府知事は「自分に火の粉がかからないようにトカゲの尻尾を切るような感じだ」と批判した。

>菅義偉(すが・よしひで)官房長官も7日の記者会見で「疑惑を招かないよう公明正大に行わなければならない」と強調。6日の記者会見では、自身が代表の政党支部の平成24年分のガソリン代支出が約222万円だったことについて問われたが「法的手続きに基づき、しっかり行っている」と述べた。

>6日の記者会見で山尾氏は、24年に政党支部のガソリン代の支出が約429万円だったと説明。うち少なくとも250万円程度は「元秘書の不正請求の疑い」とする一方、「国民の期待に応えたい」と政調会長続投に意欲を示した。

>山尾氏は、甘利氏の疑惑追及チームのメンバーだった当時、「秘書のやったことについて本人の責任が免れるわけではない」と批判した。甘利氏が辞任した1月28日のBSフジ番組では、弁護士による調査結果に「第三者による独立の調査といえるのか」と疑義を唱え、監督責任について「議員は知っていたと普通は考える」と述べていた。

>しかし、その指摘がすべて山尾氏に降りかかっている。民主党時代は相手への批判が己に返ってくる「ブーメラン」が頻発していたが、「民進党のエース」もしっかり継承している。






山おしり_002.jpg







余命三年時事日記2
余命三年時事日記2余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-05-16
売り上げランキング : 17


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記ハンドブック余命プロジェクトチーム

青林堂 2016-03-17
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
余命三年時事日記2 余命三年時事日記 井上太郎最前線日記 ジャパニズム29 そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界

posted by kwazz at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また、看板を架け替えればすむことじゃん…w

読売新聞;山尾氏、早々の釈明「出ばなくじかれた」の声も 2016年04月07日 14時46分

>民進党の山尾政調会長は6日の記者会見で、自身が代表を務める政治団体を巡る「政治とカネ」の問題について釈明した。

>説明責任を果たすことで、就任早々浮上した一連の問題に区切りをつけたい考え。山尾氏の抜てき人事は党の清新さをアピールするためだったが、「出ばなをくじかれた」との声も広がっている。

>山尾氏の問題は、週刊誌報道が発端だ。後援会活動を巡る収支の記載漏れの可能性が指摘されたほか、政党支部の2012年分の収支報告書でガソリン代を約230万円と記載したことについて、「地球5周分」などと追及された。

>山尾氏は記者会見で一部誤りを認め、「収支報告書の誤りや誤解を招く記載が明らかになった。監督が至らず、申し訳なく思う。大変恥じている」と語った。速やかに収支報告書を訂正するとともに、再発防止を徹底する考えも示した。一方で、「政調会長としての役割は全うしていきたい」と述べ、辞任は否定した。





我が党の危機感のなさは、相も変わらず… (´▽`*) アハハン♪





Sponichi Annex;民進・江田代表代行 山尾氏には「監督責任は否定できない」 2016年4月8日 05:30

>民進党の江田憲司代表代行は7日の記者会見で、山尾志桜里政調会長の元公設秘書に事務所経費を巡る不正が疑われていることに関し「仮に秘書が法令違反をしたなら、山尾氏の監督責任は否定できない」と指摘した。同時に「政治家は、疑惑を招いたら説明責任を果たすのが基本だ。疑問があれば、山尾氏は答えると思う」と述べた。

>山尾氏は6日の会見で、事務所経費として不自然な高額のガソリン代が支出されていたと明かし、元秘書が関与した可能性に言及した。






産経ニュース;【民進・山尾氏疑惑】岡田代表、渦中の山尾氏をベタ褒め!? 「説明として一貫している」「安倍首相とのやり取りでも非常に切れ味」 2016.4.8 13:57

>民進党の岡田克也代表は8日のTBS番組の収録で、山尾志桜里政調会長の多額のガソリン代計上などの政治資金問題について、「説明として一貫している」「(説明した内容に対する)異論はあまり聞いていない」との認識を示した。詳報は以下の通り。

     ◇

>−−山尾氏をめぐりいろいろな問題が起きているが

>「山尾さんという政治家をずっと見てきた。(平成21年に)最初に当選したときから注目してきた」

>「政権を失ったときの(24年の)選挙のあと、当時の執行部への相当な突き上げがあって、『なんで解散したんだ』とかいろんなことを言う人が多い中、彼女は『すべて自分自身の責任です』『だから今度はきちんと選挙区で勝てるように頑張ります』と言った。先輩の議員で党のせいにしていた人たちがモノを言えなくなった」

>「あのへんの考え方、僕は本当にすばらしいなと思ったし、(国政に)復活してからの国会での安倍(晋三首相)さんとのやりとりなども非常に切れ味がある。何よりも、小さな子供を抱えて当選し育てながら政治活動をしている。そこに注目して政調会長になっていただいた」

>「いろいろ言われているが(4月6日の)記者会見できちんと説明されたと思っている」

>−−あれで説明責任を果たしたとお考えか

>「大筋は説明したし、それに対して異論みたいなものは私はあまり聞いていない。監督責任はもちろんある。そこに問題があったんじゃないかということも彼女は説明していて、私は説明として一貫している思う」







さよならパヨク
さよならパヨク千葉麗子

青林堂 2016-04-16
売り上げランキング : 1942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
余命三年時事日記2 ジャパニズム30 行橋市議会議員 小坪しんや 余命三年時事日記ハンドブック 井上太郎最前線日記

posted by kwazz at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

タブロイド紙コピーしたの、わたしだっ!

東スポWeb;民進・山尾氏のガソリン代問題で珍作戦 党内からも「本当にバカバカしい」 2016年04月07日 09時00分

>“1年で地球5周分”のガソリン代を政治資金収支報告書に計上していた民進党の山尾志桜里政調会長(41)が5日、衆院本会議でTPP(環太平洋連携協定)について質疑に立った。山尾氏は「自民党はTPP反対と言っていた。これはウソなのか」と迫るも、与党席から「またブーメランか」とやじが飛んだ。

>山尾氏がやじを浴びる一方で、民進党議員らは妙な動きをしていた。同党議員らの机には「安倍ガソリン代地球13周分」とデカデカと見出しが躍っていたタブロイド紙の1面をコピーしたものが目立つように置かれていた。1人2人ではなく複数だ。

>山尾氏よりも安倍晋三首相(61)の方がひどいというアピールなのか。

>民進党議員は「ええ、事前にコピーが配られたんです。で、『これをテレビに映るように机に置いておけ』という指示もあった。本当にバカバカしいと思ったよ」と苦笑する。

>答弁に立った安倍首相からも見出しが見えていたはずだ。しかし、安倍首相は「山尾政調会長のご活躍を願っています」と余裕の答弁。民進党の作戦は不発に終わった。

>週内に会見するという山尾氏はこの日もダンマリ。同日午前のテレビ番組では、山尾氏の地元事務所スタッフが「当時の秘書はみんな外車に乗っていたから、燃費が悪かったかもしれない」とコメントしたと報道されていた。

>この言い訳の真偽を確かめるため、本紙は地元事務所に電話をしたが誰も出ず。東京事務所は「担当者がおらず、私では分かりかねます」と女性スタッフが繰り返すのみだった。地球を何周もするガソリン代を計上することはよくあるのか。

>野党のベテラン秘書は「これだけ騒ぎになっているのは、支援者のガソリン代を肩代わりしているんじゃないかという疑惑があるからでしょう。選挙の時に動いてくれた支援者にガソリン代を払うことが絶対にないとは言いません」と明かす。

>かつてはビール券ならぬガソリン券を支援者に提供することもあったという。もちろん今では違法だからやらないというが…。





いわゆるタブロイド紙の記事そのものが。

すでに擁護ではなく、ブーメランになりつつある件… (´▽`*) アハハン♪





日刊ゲンダイ;これこそ不可解…安倍首相のガソリン代は「地球13周分」 2016年4月6日

>安倍首相が代表を務める「自民党山口県第4選挙区支部」の収支報告書(11〜14年分)に記載された「ガソリン代」をチェックすると、11年分は591万7362円だった。山尾議員の政党支部の支出の2.5倍超に当たり、単純計算でナント、地球13周分に相当。距離にして約54万キロに及ぶ。衆院選があった12年分は573万2858円で、やはり約13周も地球をグルリと回れる計算になるのだ。13年は554万6613円、14年も499万6215円とガソリンを湯水のごとく使っていたことが分かる。

>ガソリン代が“高額過ぎる”閣僚は、他にもいる。

>馳文科相が代表を務める政党支部も、11〜14年に毎年200万〜300万円もガソリン代を支出している。さらに怪しいのは菅官房長官。14年分こそ約79万円だが、11〜13年は毎年約200万円だ。安倍首相の選挙区の面積が約1000平方キロで、馳大臣が470平方キロなのに対し、菅官房長官の選挙区はわずか40平方キロ。そんなに狭い選挙区内でセコセコと動き回ることが可能なのか。疑惑は膨らむばかりだ。

(抜粋)






Sponichi Annex;山尾氏「秘書が」地球5周分ガソリン代問題で苦しい釈明

>山尾氏によると、元秘書は先輩議員の紹介で事務所に入り、11年3月から12年7月まで在籍。この間、1カ月の事務所のガソリン代が30万円を超えたことが何度もあり、同じ日付のレシートが複数枚提出されていたこともあったという。週刊新潮によると、山尾氏が代表を務める政党支部の政治資金収支報告書は、“地球5周分”にあたる約230万円のガソリン代を記載。この日、明らかになった事務所経費のガソリン代が約429万円となれば、報告書よりも200万円分が多かったことになる。

>山尾氏の事務所では、レシートと引き換えに代金を精算しており、関係者以外の支払いによるレシートが含まれていた可能性もあるとしている。

>また、自身の資金管理団体「桜友会」と、政党支部の12年分の政治資金収支報告書を相次いで訂正したことについては「事務処理の誤りだった。監督が至らず申し訳ない」とした。2つの収支報告書はすでに訂正を済ませており「手違いであり、何か意図があったわけではない」と弁明した。

(抜粋)






J-CASTニュース;2万円ガソリンプリカ購入「年に105回」 民進・山尾政調会長に不可解な金の流れ 2016/4/ 1 20:17

>ハイオクガソリンで走っても、地球5周分

>2016年3月27日の民進党結党大会で政調会長になったばかりだが、その出鼻を挫くような記事が週刊新潮の最新号(4月7日号)に載った。

>それによると、山尾氏の資金管理団体「桜友会」と山尾氏が支部長をしていた旧民主党第7区総支部について、2012年の政治資金収支報告書におかしな記述が見つかった。その中でも、特にネット上で話題になったのが、民主支部のガソリン代の項目だ。

>1年間でなんと、230万円も支出しており、これはハイオクガソリンで走っても、地球5周分の約21万キロにも上るという。新潮の記事では、これだけしか指摘がなかったが、実際の収支報告書を見ると、その異常ぶりが際立っていた。

>ガソリン代として9回分、約20万円を計上しながら、2万円のガソリンプリペイドカードに計105回、総額210万円も支出していたのだ。特に山尾氏の事務所にもなっている民主支部に隣接していたスタンドで、95回もプリカを購入していたのが目立っている。1日で5回、10万円も購入していた日もあった。

>そこでこのスタンドに取材すると、店員がこう答えた。

>「議員ご本人は、私は見かけたことはありませんが、事務所のスタッフがよくプリペイドカードを買いに来ていたのは覚えています。スタッフは、今でも来られていますよ。給油もプリカを使っていましたが、なぜそんなに買われたのかは、こちらでは分かりません」

>事務所は「確認中です」

>このスタンド店員によると、プリペイドカードには、5000円、1万円、2万円の3種類があるそうだ。山尾志桜里事務所のスタッフが来たときは、その都度、領収書を出していたとしている。3万円以上でないと、収入印紙は不要だった。

>プリカの異常な購入ぶりについて、ネット上では、数々の憶測が流れている。

>あくまで憶測だが、プリカを金券ショップで換金して、政治資金などに使っていたのではないかというのもある。

>元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように解説した。

>「あくまでも一般論ですが、もし換金していたのに、勘違いではなく意図的にガソリン代と収支報告書に記載していれば、政治資金規正法違反の虚偽記載になります。また、選挙運動期間中に有権者にお金やお中元、お歳暮などを配れば、公職選挙法違反にも問われることになります」

>もっとも、購入したプリカについては、翌年以降に使うことも考えられる。その場合については、「使い切れなければ、当然繰り越しに計上しないといけないでしょう。しかし、ガソリン代を繰り越すようなことは、普通は考えられないのではないでしょうか」と言っている。

>山尾氏の国会事務所では、取材に対し、「現在事実関係を確認中です」とだけコメントした。

(抜粋)






山おしり_001.jpg

https://twitter.com/simalis1/status/717871915717627905












ジャパニズム30
ジャパニズム30
青林堂 2016-04-09
売り上げランキング : 504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャパニズム29 さよならパヨク 行橋市議会議員 小坪しんや ジャパニズム28 余命三年時事日記ハンドブック







posted by kwazz at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

黙秘権行使してるのわたしだ! 産経タヒね!

zakzak;民進・山尾政調会長“ガソリン代疑惑”で新事実 13、14年にもプリカ入金70回 2016.04.02

>民進党の「若手エース」と期待された山尾志桜里政調会長(41)を直撃した“ガソリン代疑惑”で、新たな事実が分かった。ガソリン代が「地球5周分を走った計算になる」と指摘された2012年だけでなく、山尾氏が支部長を務める政党支部では、13年と14年にも、ガソリンのプリペイドカード(ガソリンプリカ)の入金がそれぞれ35回行われていた。永田町では、疑惑の解明に重大な関心が寄せられている。

>「エースと言われた山尾氏に疑惑が発生している。『調査をして報告をする』ということなので、これからの推移を見守っていきたい」

>おおさか維新の会の馬場伸幸幹事長は1日の代議士会で、山尾氏をめぐる疑惑について、こう語った。

>週刊新潮が報じた山尾氏の政治資金問題で、永田町が最も注目しているのがガソリン代疑惑だ。

>山尾氏が支部長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の12年の政治資金収支報告書を見ると、約230万円分にもおよぶ多額のガソリン代が計上されていた。そして、このうち105回、210万円分が「ガソリンプリカ入金」として処理されていたのだ。

>夕刊フジで、第7区総支部の13年と14年の収支報告書を確認すると、「ガソリンプリカ入金」という記述が35回ずつあった。計140万円になる。ガソリンプリカに入金しながら、別に「ガソリン代」という記載も複数あった。

>ガソリンプリカは身分証明書なく購入できるため、1人で何枚も持つことが可能だ。利用約款では第三者への譲渡は禁じられているが、所有者を確認することはない。今回の疑惑との関係は不明だが、愛知県内の金券ショップでは、ガソリンプリカの買い取りも販売もしている。

>一体、この不可解な入金は何なのか。

>民進党の岡田克也代表は「きちんと調査をして、あまり時間をかけずに説明することが求められている」と3月31日に注文をつけた。

>民主党時代の盟友である井戸正枝元衆院議員は1日付のブログで、「230万円の支出は少ない額ではないから、事務所の経営者たる政治家本人の決済なく支出していたとは考え難いから、内容を精査した上で、早めに対処し、今までの政治家の『違い』を見せてほしい」と“エール”を送った。

>山尾氏自身は3月31日、国会内で「まずは確認したいと思います」と記者団に話したのを最後に、ブログやツイッターでも発信していない。

>日刊スポーツの報道(2日)では、山尾氏が取り仕切る待機児童対策本部が4日に予定していた会合が1日、急きょ中止されたという。





萎縮しちゃってるT豚Sやテロ朝は、報道時ない自由の行使… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





志桜里隊_001.jpg







正論2016年5月号
正論2016年5月号
日本工業新聞社 2016-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
正論2016年4月号 マンスリーWILL(ウィル) 2016年 05 月号 正論2016年3月号 マンスリーWILL(ウィル) 2016年 04月号 [雑誌] 別冊正論26号「南京」斬り (日工ムック)

posted by kwazz at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

今、確認中です!

日刊スポーツ;民進党山尾氏「今、確認」歯切れ悪すぎ釈明に終始 2016年4月1日7時33分

>民進党の政調会長に抜てきされた山尾志桜里氏(41)は3月31日、自身の資金管理団体「桜友会」と、代表を務める政党支部の2012年分の政治資金収支報告書に記載された内容を、相次いで訂正していた問題について、歯切れの悪い釈明に終始した。報道陣の取材に、「今、事実関係を確認しています」と繰り返し、調査結果の公表の時期を問われても「まず確認をしたい」と述べるにとどめた。

>待機児童問題をめぐり、安倍晋三首相を追及した歯切れの良さが山尾氏の売りだが、「政治とカネ」の問題が浮上したことで一転、慎重な物言いに。同日発売された「週刊新潮」も、山尾氏の不透明な政治資金問題を報じている。待機児童問題で一躍「時の人」となった山尾氏だが、早くもスキャンダルの洗礼を受けた。





看板を架け替えても。

説明責任と任命責任は、例によって死語か、我が党は… (´▽`*) アハハン♪





J-CASTニュース;2万円ガソリンプリカ購入「年に105回」 民進・山尾政調会長に不可解な金の流れ 2016/4/ 1 20:17

>ハイオクガソリンで走っても、地球5周分

>2016年3月27日の民進党結党大会で政調会長になったばかりだが、その出鼻を挫くような記事が週刊新潮の最新号(4月7日号)に載った。

>それによると、山尾氏の資金管理団体「桜友会」と山尾氏が支部長をしていた旧民主党第7区総支部について、2012年の政治資金収支報告書におかしな記述が見つかった。その中でも、特にネット上で話題になったのが、民主支部のガソリン代の項目だ。

>1年間でなんと、230万円も支出しており、これはハイオクガソリンで走っても、地球5周分の約21万キロにも上るという。新潮の記事では、これだけしか指摘がなかったが、実際の収支報告書を見ると、その異常ぶりが際立っていた。

>ガソリン代として9回分、約20万円を計上しながら、2万円のガソリンプリペイドカードに計105回、総額210万円も支出していたのだ。特に山尾氏の事務所にもなっている民主支部に隣接していたスタンドで、95回もプリカを購入していたのが目立っている。1日で5回、10万円も購入していた日もあった。

>そこでこのスタンドに取材すると、店員がこう答えた。

>「議員ご本人は、私は見かけたことはありませんが、事務所のスタッフがよくプリペイドカードを買いに来ていたのは覚えています。スタッフは、今でも来られていますよ。給油もプリカを使っていましたが、なぜそんなに買われたのかは、こちらでは分かりません」

>事務所は「確認中です」

>このスタンド店員によると、プリペイドカードには、5000円、1万円、2万円の3種類があるそうだ。山尾志桜里事務所のスタッフが来たときは、その都度、領収書を出していたとしている。3万円以上でないと、収入印紙は不要だった。

>プリカの異常な購入ぶりについて、ネット上では、数々の憶測が流れている。

>あくまで憶測だが、プリカを金券ショップで換金して、政治資金などに使っていたのではないかというのもある。

>元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように解説した。

>「あくまでも一般論ですが、もし換金していたのに、勘違いではなく意図的にガソリン代と収支報告書に記載していれば、政治資金規正法違反の虚偽記載になります。また、選挙運動期間中に有権者にお金やお中元、お歳暮などを配れば、公職選挙法違反にも問われることになります」

>もっとも、購入したプリカについては、翌年以降に使うことも考えられる。その場合については、「使い切れなければ、当然繰り越しに計上しないといけないでしょう。しかし、ガソリン代を繰り越すようなことは、普通は考えられないのではないでしょうか」と言っている。

>山尾氏の国会事務所では、取材に対し、「現在事実関係を確認中です」とだけコメントした。

(抜粋)






産経ニュース;なんと地球5周分!? 民進・山尾志桜里政調会長、驚愕の“ガソリン代疑惑” 2016.4.1 07:57

>待機児童問題で安倍晋三首相を厳しく攻め立て、民進党政調会長に大抜擢(ばってき)された山尾志桜里衆院議員(41)に“ガソリン代疑惑”が浮上した。山尾氏が支部長を務める政党支部で、1年間で約230万円分ものガソリン代が計上されていたのだ。「地球5周分に匹敵する距離を走った計算になる」との指摘もあり、説明が求められそうだ。(夕刊フジ)

>ガソリン代疑惑は、31日発売の「週刊新潮」が、《山尾志桜里代議士の奇妙な政治資金》という記事で報じた。

>夕刊フジでも、山尾氏が支部長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の政治資金収支報告書を確認したところ、2012年分の報告書に約230万円分のガソリン代が計上されていた。

>資源エネルギー庁の「石油製品価格調査」(12年)などをもとに、当時のハイオクガソリンの平均価格を1リットル=160円、燃費を1リットル=15キロで計算すると、約230万円の走行距離は約21万キロメートルに達する。これは地球5周分に相当する。車の燃費が悪ければ走行距離は短くなるが、レギュラーガソリンならば距離は伸びるとみられる。

>山尾氏は東大卒の元検事で、衆院愛知7区(瀬戸市、大府市など)の選出。12年12月には衆院選があったが、小選挙区の事務所スタッフらが1年間で21万キロも走るのは至難の業ではないのか。

>収支報告書で目につくのは「ガソリンプリカ入金 2万円」の記載だ。ガソリンのプリペイドカードである。同報告書によると、12年3月16日には、2万円ずつ5回(計10万円分)、同じ愛知県尾張旭市内のガソリンスタンドで入金していた。

>多額のガソリン代といえば今月上旬、自民党の大分県議が14年度の政務活動費の調査旅費(車の燃料代)として、地球1周半以上に相当する約6万6000キロを走行したと報告して問題となった。市民オンブズマンは「常識的におかしい」として、4月にも一部返還を求める住民監査請求をする方針だという。

>山尾氏は疑問にどう答えるのか。

>夕刊フジでは、山尾氏の事務所にFAXで事実関係の回答を求めたところ、文書で「現在事実関係を確認中です」との返答があった。






志桜里隊_001.jpg







韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)
韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)シンシアリー

扶桑社 2016-03-02
売り上げランキング : 3468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「反日韓国」の苦悩 韓国はどこへ? 余命三年時事日記ハンドブック なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 韓国人による震韓論 (扶桑社新書)







posted by kwazz at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

ガソリン代使ったの、わたしだ! ニュータイド、タヒね!!!

産経ニュース;民進党・山尾志桜里政調会長「事実確認中」と繰り返す 週刊新潮指摘の疑惑めぐり 2016.3.31 15:50

>31日発売の週刊新潮で政治資金収支報告書上の不可解な資金運用などの疑惑を指摘された民進党の山尾志桜里政調会長は同日、「事実関係について確認しています」と繰り返すにとどめた。国会内で記者団に答えた。詳細は次の通り。

>−−週刊誌で政治資金の問題を指摘されている

>「今、事実関係について確認しています」

>−−指摘されている問題の全てを調査中か

>「今、事実関係について確認していますので」

>−−その調査が終わり次第公表する?

>「まずは確認したいと思います」

>−−説明していただけるのはいつ頃か?

>「今、確認しているところです」





萎縮しちゃってる日本のテレビメディアは、報道しない自由の行使だから。

ほとぼりが冷めるまで、ダンマリを決め込んじゃえばいいやね… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;民進・岡田代表、山尾政調会長の進退論否定 政治資金疑惑「時間かけずに調査、説明を」 2016.4.1 00:15

>民進党の岡田克也代表は31日夜、「週刊新潮」が報じた山尾志桜里政調会長の政治資金収支報告書上の不可解な資金運用などの疑惑について「(進退に影響する)大きな問題だと現時点では思っていない」との認識を示した。東京都内で記者団に語った。

>一方、これに先立って出演したBS日テレの番組では「きちんと調査をして、あまり時間をかけずに説明することが求められている」とも指摘した。






産経ニュース;はや失態!?民進党エース・山尾政調会長、政治資金疑惑にダンマリ 2016.3.31 21:50

>民進党の政調会長に抜擢された山尾志桜里氏を「政治とカネ」問題が直撃した。山尾氏自らの資金管理団体などの不可解な政治資金の動きを31日発売の週刊新潮が報じた。渦中の山尾氏は同日、待機児童問題で安倍晋三政権を追及する歯切れの良さとは対照的に、「確認中」を理由に口を閉ざした。だが、説明責任を果たさないままでは、旗揚げ直後の民進党のイメージダウンに直結しかねない。

>「事実関係を確認しています」「まずは確認したい」。山尾氏は31日、国会内の民進党控室前で記者団に取り囲まれたが、「確認中」を連発しただけで事実上の「ゼロ回答」だった。

>不可解な使途が指摘されているのは、山尾氏自らの資金管理団体「桜友会」の平成24年分の政治資金収支報告書だ。個人からの寄付の上限額を超える1144万円を山尾氏自身から受けたと記載。その後、寄付は920万円と今年1月14日付で訂正した。さらに、山尾氏が支部長を務める愛知県内の政党支部の24年分収支報告書では230万円分のガソリン代を計上していたことも判明。週刊新潮では当時のガソリン価格などをもとに試算すると走行距離は約21万キロメートル。地球5周分相当と指摘している。

>検事出身の山尾氏は衆院当選2回。「若手のエース」(党幹部)と注目され、今年2月の国会論戦で「保育園落ちた」の匿名ブログを取り上げた。3月9日の衆院厚生労働委員会では待機児童の解消について「理解のない首相では進まない」と舌鋒鋭く追及。この論戦力が評価され、民進党の結党大会で政調会長への起用が決まった。夏の参院選で「自民1強」に対する切り込み隊長の役割を期待されてのことだ。

>だが、その矢先に浮上した政治資金問題。民進党は旧民主党時代を含め、甘利明前経済再生担当相の政治とカネ問題を厳しく批判してきた。山尾氏本人による説明が遅れれば、4月の衆院補選と夏の参院選に影響しかねない。民進党の閣僚経験者は「230万円分もガソリン代を使うわけがない」と顔を曇らせる。一方、自民党中堅は「保育園落ちたの私だ」をもじってこう皮肉ってみせた。「ガソリン代使ったの私だ」






ぱよちん_001.jpg







中国黙示録~未来のない国の憐れな終わり方~
中国黙示録~未来のない国の憐れな終わり方~黄 文雄 渡邉 哲也

ビジネス社 2016-04-08
売り上げランキング : 14348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
中国経済はどこまで死んだか 中国バブル崩壊後の真実 「中国大恐慌」以後の世界と日本 :各国に広まるチャイナショックの現実と今後 世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった 戦争へ突入する世界 大激変する日本経済: 中国暴走と欧州解体から始まる金融危機 これからヤバイ世界経済-2016年を読み解く5つのポイント-

posted by kwazz at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

看板架け替えても、様式美は健在…w

共同通信;民進党の山尾氏が収支報告を訂正 1千万円超個人寄付と記載 2016/3/30 23:36

>民進党の山尾志桜里政調会長の資金管理団体「桜友会」が2012年分の政治資金収支報告書に、個人からの寄付の上限額を超える1144万円を山尾氏自身から受けたと記載し、その後訂正していたことが30日、分かった。

>政治資金規正法は個人から政治団体への寄付を1千万円までに制限している。桜友会はうち224万円は山尾氏個人からの借入金で、寄付は920万円と訂正した。訂正は1月14日付。

>また山尾氏が代表を務める愛知県の政党支部が12年分の収支報告書に桜友会から899万円の寄付を受けたと記載し、桜友会の収支報告書に423万円分しか寄付した記録がなかったことも判明。





さて、萎縮しちゃってる日本のテレビメディアは、報道しない自由の行使で。

例によって、我が党のスキャンダルは、一斉にスルーか… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





山井和則@yamanoikazunori

>山尾議員の塩崎大臣への待機児童問題質疑。自民党議員から山のようなヤジが飛び山尾議員の質問が聞き取れないほど。質問妨害。セクハラ野次だ。自民党はどこまで男尊女卑、女性蔑視なのか!ママさんの声を必死に代弁する山尾さんを妨害するのは卑劣。





週刊新潮_001.jpg







週刊新潮 2016年 4/7 号 [雑誌]
週刊新潮 2016年 4/7 号 [雑誌]
新潮社 2016-03-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
週刊文春 2016年 4/7 号 [雑誌] 週刊新潮 2016年 3/31 号 [雑誌] 週刊文春 2016年 3/31 号 [雑誌] 週刊新潮 2016年 3/24 号 [雑誌] 週刊文春 2016年 3/24 号 [雑誌]







posted by kwazz at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

案外と、あっさりやめちゃったのね…。

読売新聞;甘利氏、閣僚を辞任…現金授受問題で引責 2016年01月28日 17時55分

>甘利経済再生相は28日、内閣府で記者会見し、週刊文春が報じた自らの違法献金疑惑に関連し、閣僚を辞任する考えを示した。

>甘利明経済再生相(66)(衆院神奈川13区、当選11回)は28日、内閣府で記者会見し、週刊誌が報じた違法献金疑惑の責任を取り、閣僚を辞任する考えを表明した。甘利氏は会見で自身と秘書の現金授受を認め、「秘書の監督責任を取り、閣僚を辞任する決断をした」と述べた。安倍首相は後任人事に着手する。

>昨年10月に発足した第3次安倍改造内閣で閣僚辞任は初めて。重要閣僚の甘利氏の辞任が政権の大きな打撃となるのは確実だ。

>疑惑は21日発売の「週刊文春」が報じた。記事は、千葉県の建設会社の総務担当者が、都市再生機構(UR)とのトラブルを巡る口利きの見返りとして、甘利氏や秘書に現金を渡したと報じていた。

>甘利氏は2012年の第2次内閣発足と同時に経済再生相に就任し、首相の経済政策「アベノミクス」を主導してきた。環太平洋経済連携協定(TPP)を巡っては、大筋合意に至る交渉役を担った。





│・ω・`)。。oO まだまだ、強気に出るかと思ってたんだけど…。





産経ニュース;【甘利氏辞任】安倍首相「任命責任は私にある」 後任は「突破力のある石原氏にお願いした」 2016.1.28 19:11

>安倍晋三首相は28日夜、首相官邸で記者団に対し、甘利明経済再生担当相の辞任について、「大変残念だが、甘利氏の意志を尊重することにした。任命責任は私にある。こうした事態になったことついて、国民に深くお詫び申し上げる」と述べた。

>後任に起用する自民党の石原伸晃元幹事長については「要職を歴任し、政策通であり、突破力のある石原氏にお願いした」と説明した。






産経ニュース;【甘利氏疑惑】告発者、過去にも隠し録音 「はめられた」「ガード甘い」指摘も 2016.1.27 21:19

>週刊文春が報じた甘利明経済再生担当相側の金銭授受疑惑について、甘利氏は28日に記者会見し、自身についての調査結果を公表する。金銭授受を実名で告発したのは右翼団体の元構成員。甘利氏周辺は「わなにはめられた」と擁護するが、「ガードが甘すぎる」との批判も。野党が攻勢を強め、複数の法令違反の可能性も指摘される中、甘利氏の説明に注目が集まる。

>別の議員にも接触

>21日発売の週刊文春は都市再生機構(UR)が担当する千葉県道の工事をめぐり、同県白井市の建設会社とURがトラブルとなり、同社の総務担当者が口利きの見返りとして甘利氏側に金銭提供したと報じた。

>関係者によると、総務担当者らは、甘利氏側と接触する前、別の国会議員(引退)にトラブルの解決を依頼していたほか、複数の右翼団体にも補償交渉を持ちかけていたという。

>その際、国会議員は「5億円は取れる」と話していたが、交渉が進展せず、甘利氏側に接近することになったという。

>報道によると、その後、交渉が進み、同社はURから約2億2千万円の補償金を受領し、総務担当者は神奈川県大和市の甘利氏の事務所に謝礼として500万円を持参したとされる。

>「金銭を要求された」

>総務担当者とは一体どんな人物なのか。関係者によると、総務担当者は一時期、東京都内にある右翼団体の構成員だったという。平成26年には、甘利氏の後援会「甘山(かんざん)会」の千葉県支部を立ち上げたいと甘利氏側に持ちかけ、発足式には甘利氏本人も出席していた。

>報道によると、総務担当者は甘利氏側とのやり取りを録音しているといい、甘利氏の秘書に現金を渡す場面も隠し撮りされていた。

>右翼団体関係者は「昔から『これは個人的な記録です』などと言って、よくメモをしていた。高速道路の領収書も保管して誰と乗ったかまで記載していた」と話す。別の関係者は「自分の失言を知らない間に録音されていて、暗に金銭を要求された」と証言する。

>千葉県関係者によると、同社はURとのトラブルとは別に、県有地を不法占拠したとして、19年3月に県企業庁から土地の明け渡しも求められていた。

>これに対し、同社の社長は通知の原本の受け取りを拒否。コピーだけを受け取り、翌20年6月、移転に伴う用地代や資材移転費用を県に要求。この土地は後に明け渡されたが、県関係者は「移転料として、5億円もの法外な金額を要求された」と振り返る。

>「わなにはめられた」

>報道によると、甘利氏の公設秘書らは総務担当者の依頼で国土交通省やURに問い合わせをしていたという。甘利氏の地元の市議は「現金を受け取ったとされる公設秘書はお調子者で、危なっかしかったという人もいるが、わなにはめられたんじゃないか」と話す。

>別の市議は「口利きとみられても仕方がなく、大臣の秘書としてガードが甘すぎる」と批判する。

>総務担当者が公設秘書に渡したとされる500万円のうち、政治資金収支報告書に記載されているのは200万円。残りの300万円の行方が不明だ。地元関係者によると、公設秘書は周囲の支持者らに「300万円は返した」と説明しているという。だが総務担当者は28日発売の週刊文春で「300万円は返してもらっていない」としている。

>総務担当者は週刊文春編集部を通じ「週刊文春にお話しした内容はすべて真実です」とコメントしている。







ジャパニズム29
ジャパニズム29
青林堂 2016-02-10
売り上げランキング : 5749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 ジャパニズム28 余命三年時事日記 ジャパニズム27 そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界

posted by kwazz at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

結構、強気に出てますやん…。

共同通信;甘利氏、当面続投の見方強まる 金銭疑惑、28日に結果公表 2016年1月27日 02時32分

>甘利明経済再生担当相は28日記者会見し、自らの金銭授受疑惑をめぐる調査結果を公表する。首相官邸は26日、甘利氏が事実関係について説明責任を果たせると判断。当面続投させるとの見方が強まった。秘書の口利き疑惑などは調査を続行する。秘書の監督責任を含めた進退の最終判断は先送りする方向だ。安倍晋三首相は同日の衆院本会議で、任命責任を追及する民主党に対し「適材適所の閣僚を任命し、国政を力強く前進させる責任はもとより首相たる私にある」と答弁した。

>官邸筋は取材に対し、甘利氏の進退について「続投だ」と言明。





( ´・ω・`)っ旦~ まぁ、それはそれとして。

我が党も、ちゃんと仕事をしろよな…。





日テレNEWS24;甘利氏“自らの金銭授受”あす会見で否定へ 2016年1月27日 16:48

>金銭の授受をめぐる疑惑について、甘利経済再生相は28日に会見を開くことにしているが、その際、甘利経済再生相自身は建設業者から直接金銭を受け取っていないと説明するとみられることが分かった。

>甘利経済再生相自身がお金を受け取っていたかどうかは疑惑をめぐる大きな焦点となっていた。甘利経済再生相としては、これを否定することで今回の事態を乗り切りたい考え。

>甘利経済再生相は自らが金銭を受け取っていたかについて、これまでのところ「記憶が曖昧なところがある」などと明確な答弁を避けていた。しかし、関係者によると、甘利経済再生相は28日の会見で「自らは受け取っていない」と否定するとみられることが分かった。一方で、28日の会見ではあくまでも自らに関わる説明だけにとどめ、秘書がお金を受け取っていたかや、口利きをしていたとの疑惑については、引き続き調査を続ける方針を示すにとどまる見通し。

>こうした中、安倍首相は27日、甘利経済再生相を続投させたいとの考えを示した。

>安倍首相「(甘利大臣は)今後、速やかに必要な調査を行い、自ら、説明責任を果たしていただけるものと考えています。その上で希望を生み出す強い経済の実現に向け、経済再生、TPPをはじめとする重要な職務に引き続き邁進(まいしん)してもらいたいと考えております」

>一方、与野党の攻防は続いている。野党側は、甘利経済再生相の会見が28日であることから「質疑に準備が必要だ」として、与党側が求める29日からの衆議院予算委員会には応じない方針。







なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争
なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争加藤達也

産経新聞出版 2016-01-29
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告 やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人 突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し ジャパニズム29 余命三年時事日記

posted by kwazz at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする