2017年04月23日

偏差値28の、ぼくがかんがえたさいきょうのみんしゅしゅぎ。

毎日新聞;共謀罪「勝手に決めるな」国会前反対集会に500人 2017年4月21日 23時22分

>国会前で21日夜、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、反対集会が開かれた。成立すれば組織犯罪は計画段階で処罰可能になるとされるが、「監視社会につながる」との批判が根強い。参加者は「勝手に決めるな」などと書いたプラカードを手に、「共謀罪 絶対反対」と声を上げた。

>学生や主婦、会社員らでつくる団体「未来のための公共」と、高校生グループ「T-nsSOWL(ティーンズ・ソウル)」が呼びかけた。参加者は主催者発表で約500人。

>会社員や国会議員、大学教授らが次々とマイクを握り、法案の問題点を指摘し、廃案を訴えた。弁護士の津田二郎さん(43)は「戦前の治安維持法と同じ役割を担っている『テロ等準備罪』を、絶対に認めるわけにはいかない。入り口はテロ対策だが、出口は監視社会だ」と訴えた。





法律は、国会前ではなく、国会内で決まるんだが… (*´∇`) アハハ





東大新聞オンライン;東大新入生アンケート2017A 支持政党は自民36%、民進3.4% 無支持は4%減 2017年4月22日

>東京大学新聞社は、新入生全員を対象に3月29・30日にアンケートを実施した。このアンケートは東大生対象の唯一の全数調査で、毎年入学の諸手続時に実施。受験経験や合格発表の様子、東大の諸制度に対する意識など、内容は多岐にわたる。今回は新入生3120人の94%に当たる2946人から回答を得た。今年の入学生が何を考え東大入学を志し、大学生活にどのような展望を抱いているのか。集計したアンケートの結果を基に分析した。(本文中の割合は小数点第1位を四捨五入した)

(略)

>支持する政党を尋ねると、自由民主党が36%で最多。民進党(3%)、日本共産党(2%)、日本維新の会(2%)が続いたが、昨年同様自由民主党が圧倒的支持を集めた。「支持政党はない」は39%、「分からない」は15%だった。













余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交
余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交余命プロジェクトチーム

青林堂 2017-03-15
売り上げランキング : 4055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャパニズム36 ジャパニズム35 余命三年時事日記 外患誘致罪 ジャパニズム34 ねずさんと語る古事記 壱 余命三年時事日記2 余命三年時事日記ハンドブック 余命三年時事日記 なぜ私は左翼と戦うのか 福島原発事故と左翼

posted by kwazz at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

共謀罪審議入り、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

時事ドットコム;「共謀罪」法案、6日審議入り=民法・刑法も成立期す−自公合意 2017/04/03-12:05

>自民党の竹下亘、公明党の大口善徳両国対委員長は3日午前、国会内で会談し、「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新たに設ける組織犯罪処罰法改正案について、6日の衆院本会議で審議入りさせることで合意した。前国会から継続審議となっている民法改正案を成立させた上で、「共謀罪」法案の審議に入りたい考えだ。

>公明党は債権関係の規定を改める民法改正案、性犯罪の厳罰化を柱とする刑法改正案の優先審議を主張していた。「共謀罪」法案とともに、両改正案の今国会成立を確認することで、両氏は折り合った。法案審議は、(1)民法改正案(2)「共謀罪」法案(3)刑法改正案−の順とする方針。

>大口氏は会談後、「一刻も早く刑法改正案の審議をやるべきだと言っていた民進党の理解も得て、この国会で3法案全て成立を期す」と説明した。





極左テロ集団とズブズブなのが。

民共合作、国民連合政府… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;【杉田水脈のなでしこリポート(26)】森友学園に絡む左翼勢力は、反基地闘争や反日プロパガンダと1本の線でつながるのです 2017.4.2 01:00

>50日もの長きにわたり国会の委員会とテレビのニュース情報番組を「ジャック」してきた森友問題もそろそろ終焉に近づいてきたようです。昭恵夫人と森友学園理事長の妻・籠池諄子氏のメールが全文開示され、火種は民進党に飛び火しています。

>インターネット上では、メールの中に書かれた辻元清美代議士の行動や背景を報道しないマスコミの隠蔽体質について非難する声が上がり、さすがのテレビや新聞も無視することができなくなってきたようです。が、未だ辻元氏が幼稚園に行ったかどうかといった表面的な報道に過ぎず、その背景について深入りはしていません。

>今回の件、表に立って目立つ「民進党」はあくまでも隠れ蓑です。

>まず、学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」について。もともと国有地であった土地を平成22年3月に豊中市が購入。国との契約金額は14億2386万3000円でしたが、計14億262万円の国庫補助金などを得て、最終的に市の負担は2124万3000円であることが確認できます。これは民主党政権発足から間もない時期で、辻元清美氏はこの年の5月まで国交副大臣でした。当時、彼女は民主党ではなく、連立を組んでいた社民党に所属していましたが、社民党の連立離脱に伴い7月に社民党に離党届を出し、8月に受理されています。そして9月には民主党に入党するのですが、彼女の支援団体は社民党の頃からほとんど変わっていません。今回メールの中に出てくる「関西生コン」との関係も社民党時代から継続しているものです。

>「関西生コン」は正式名称を「連帯ユニオン関西地区生コン支部」と言い、関西を拠点にする労働組合です。もともと日本共産党の影響が強い全日本運輸一般労働組合(運輸一般、現・建交労)に加盟していましたが、闘争方式を巡り党と対立、運輸一般を脱退して独立し、現在は社民党や新社会党の支持団体となっています。本人は献金以外の関係を否定していますが、辻元清美氏の地元の強力なバックとみられます。今年の新春旗びらきでは、社民党の福島瑞穂副党首とともに彼女が挨拶をしています。

>その連帯ユニオンのホームページを見てみると、関西に拠点を置く労組にもかかわらず、沖縄で行われたデモなどの活動報告が目立ちます。

>ここに一枚のチラシがあります。

>東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、BPOに内容の審議を申し立てた辛淑玉氏が出演した大阪で開催されたシンポジウムの案内です。連帯労組関西生コン支部委員長がパネリストとして辛淑玉氏と名前を並べています。沖縄の基地反対運動と森友問題に絡んだ左翼勢力が一本の線でつながります。

>辛淑玉氏はヘイトスピーチに反対する目的で作られた団体「のりこえねっと」の共同代表です。のりこえねっとの共同代表は全部で23人。上野千鶴子(東京大学名誉教授)、宇都宮健児(前日弁連会長)、佐高信(評論家)ら著名人に交じって、部落解放同盟中央書記長、前部落解放同盟中央本部書記長らも名前を連ねています。今年3月にジュネーブで行われた国連人権理事会において、「(高江の基地移設反対運動のリーダーと言われている)山城博治を早く釈放しろ」「日本において少数民族である韓国人が、『ゴキブリ』と言われ差別されているのに、日本政府は何もしない」と訴えた前田朗東京造形大学教授も、のりこえねっと共同代表の一人です。

>改めて、社民党の支援団体を見ていくと、自治労や日教組、全労協などの労働組合と部落解放同盟などの同和関係の組織が中心となっています。また、沖縄県は社民党の唯一の票田でもあります。

>先日保釈された沖縄の平和活動家・山城博治氏は、沖縄平和運動センター議長という肩書を持っていますが、この沖縄平和運動センターの構成員の多くが社民党。その山城氏の後援会の運営資金の多くは社民党からの寄付で賄われています。また、山城氏は2度参議院選に立候補しており、1回目は社民党推薦、2回目は社民党公認で比例名簿の2位という位置づけでした。この時、部落解放同盟全国連合会は、「参議院選挙の比例区は 山シロ博治」と書くよう方針決定し、呼びかけを行っています。

>この山城氏の釈放を訴えたアムネスティの声明文を読み上げたのは、バンクーバー9条の会の乗松聡子氏です。1月31日付の沖縄タイムス、琉球新報には雨の中で声明文を読み上げる彼女の姿が掲載されています。拙著「慰安婦像を世界中に建てる日本人たち」の中で、カナダのバンクーバーで「うりずんの雨」という沖縄の基地反対運動を美化する映画が上映されていたことを書き、彼女の活動を紹介しています。この映画の中には日本のNPO法人「女たちの戦争と平和人権基金」が運営する「女たちの戦争と平和資料館」が出てきます。慰安婦問題のユネスコ登録の主導権を握っている団体ですが、この資料館がある住所が「西早稲田2-3-18」、左翼の巣窟と呼ばれるところです。

>月刊「Hanada」5月号の中で、西岡力麗澤大学客員教授が、辛淑玉氏の履歴と活動歴をまとめています。彼女は2000年、当時の石原慎太郎都知事の「三国人発言」に対して「在日コリアンに対する侮辱」とレッテル張りをし、「石原やめろネットワーク」という市民団体を立ち上げています。この「石原やめろネットワーク」の本部も「西早稲田2-3-18」で登録されていました。沖縄問題や在日問題、そして慰安婦問題もまた一本の線でつながるのです。

>2015年7月、国連の女子差別撤廃委員会の準備会合に初めて参加し、日本から参加している日弁連をはじめとするNGOの反日発言に驚きました。中でも一番びっくりしたのが、「日本には激しいマイノリティ差別がある。アイヌ民族、同和部落、在日韓国人・朝鮮人、そして琉球民族だ」という発言です。そのような差別を日本での生活の中で実感したことがありません。まさに自ら差別を作り出す「被害者ビジネス」だと感じました。

>これらのマイノリティ差別を利用した被害者ビジネスを国内で実施している人たちも、慰安婦問題などの反日プロパガンダを世界で広げる人たちもすべてつながっているという事がお分かりいただけたと思います。

>その最大のノイジーマジョリティである社民党、共産党が、マスコミを利用して世論を扇動したのが今回の森友問題であると言えます。その背後に存在するのは、在日団体や部落解放同盟です。森友問題、アパホテルやニュース女子に対する攻撃。組織は複雑に絡み合っていますが、やっている人間は同じなのです。

>■杉田水脈(すぎた・みお) 昭和42年4月生まれ。鳥取大農学部林学科卒。西宮市職員などを経て、平成24年に日本維新の会公認で衆院選に出馬し、初当選。平成26年に落選後は、民間国際NGOの一員として国際社会での日本の汚名をそそぐために活動を続けている。好きな言葉は「過去と人は変えられない。自分と未来は変えられる」。






tsujimoto_001.jpg







なぜ私は左翼と戦うのか
なぜ私は左翼と戦うのか杉田水脈

青林堂 2017-04-08
売り上げランキング : 2820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界 ジャパニズム36 いよいよトランプが習近平を退治する! (WAC BUNKO 253) 一冊まるごと櫻井よしこさん。 (別冊正論29) 余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交 月刊Hanada2017年5月号 日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ! 百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉 ジャパニズム35 なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然

posted by kwazz at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

日本人の敵は、日本人(含む成り済まし)!!!

時事ドットコム;元慰安婦支援「継続を」=日本のNPO代表 2017/03/19-22:04

>【ソウル時事】韓国の元従軍慰安婦に対する日本政府の支援事業が今年度で終了することを受け、事業を委託されている日本のNPO法人の臼杵敬子代表理事(69)が19日、ソウル市内で記者会見し、「最後の1人が亡くなるまで続けてほしい」と事業継続を訴えた。

>終了するのは外務省の「フォローアップ事業」。元慰安婦への償いの事業を目的に設立された「アジア女性基金」が2007年に解散後、日本政府が基金関係者の協力を得て実施してきた。

>毎年1000万円前後を計上し、韓国や台湾、フィリピンに住む元慰安婦らに医療品などを提供してきた。だが、日韓両政府が15年末、韓国に「和解・癒やし財団」を設立し、心の傷を癒やす事業を実施することなどで合意。これに伴い、韓国でのフォローアップ事業の終了が決まった。

>臼杵代表は08年以降、韓国を年4回ほど訪問し、十数人の元慰安婦を直接支援してきた。会見では「訪問を待ちわびているおばあさんもいる」と述べ、継続を望む声があると指摘。今後は「微力だが、私たちでできることをしていく」と語った。





胡散臭いNPOの、反日利権… (ノ⌒∇)ノ ワァイ♪















慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界
慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界杉田水脈

産経新聞出版 2017-03-01
売り上げランキング : 2040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本をダメにするリベラルの正体 世界が地獄を見る時 ~日・米・台の連携で中華帝国を撃て 日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ! 大直言 トランプが中国の夢を終わらせる - プーチンとの最強タッグが創生する新世界秩序 - 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書) 崩韓論 歴史通2017年4月号 沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場 アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史







posted by kwazz at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

就職できないで、震えてたんだっけか…w

しんぶん赤旗;政治話し合える場を 「未来のための公共」国会正門前の初行動 2017年3月19日(日)

>「政治について気軽に話し考えあう場所をつくりたい」―。民主主義を守り、発展させることをめざして17日、新しい市民団体「未来のための公共」が結成され、初めての国会正門前抗議行動が行われました。2500人(主催者発表)が参加。主催者や参加者のスピーチを紹介します。

>この日の行動では、コールはほとんどなく、自分の思いや考えを伝えるスピーチが中心でした。若い世代や学者、国会議員らがマイクを握り、今の政治について感じていることを語ります。

>学習院大学教授の佐藤学さんは、「森友問題は教育界最大のスキャンダル。安倍政権の最も醜い部分が現れた。この問題は終わらせない」と訴えました。

>大学生の八重樫史晃さん(23)は、「戦前のような惨禍を再び繰り返してはいけません。私たちはこのタイミングで、もう一度主権者として政治を語りあいましょう」と呼びかけました。

>「未来のための公共」は、若い世代や子育て世代のママなど、幅広い世代が個人で集まっています。特定の政治課題ではなく、さまざまな問題を取り上げ、みんなで一緒に考えようとしています。

>国会正門前の行動は、24日も行われます。

(以下略)





国会議員は、国会前で遊んでいないで。

ちゃんと、国会内で政策論議をしなさいな… ( ̄∀ ̄) アヒャ





hurueru_001.jpg












SEALDsの真実
SEALDsの真実田中 宏和

鹿砦社 2016-05-26
売り上げランキング : 242268

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヘイトと暴力の連鎖 反原連-SEALDs-しばき隊-カウンター (紙の爆弾2016年7月号増刊) 反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊) しばき隊の真実--左翼の劣化と暴力化 さよならパヨク 日本会議の研究 (扶桑社新書) 永遠の不服従のために 辺見庸アンソロジー 有田芳生の研究 3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALDs (集英社新書) ジャパニズム31 在日特権と犯罪

posted by kwazz at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

BPOは、再取材して番組を放送しろってさ…。

SANSPO.COM;MX「ニュース女子」巡り番審が再取材番組の放送求める 2017.2.23 16:47

>沖縄県の基地反対運動を一方的な立場から放送したとして問題になっている東京MXテレビの番組「ニュース女子」を巡り、同局の放送番組審議会(番審)が、事実関係を再取材した番組を今年上半期中に放送するよう求めた意見書を同局に提出したことが23日、関係者への取材で分かった。

>放送局は番審の意見を尊重して必要な措置を講じ、公表しなければならない。

>関係者によると、20日に番審が開かれ、1月2、9日放送のニュース女子を審議。委員からは、取材不足で、地上波で放送するレベルに達していないなどの厳しい意見が出たという。番組は化粧品会社ディーエイチシーの子会社DHCシアターが制作した。

>番審はMXテレビに対し、7月1日までに、放送前に番組をチェックする考査体制を充実させ、持ち込み番組に対するガイドラインを作ることも求めた。

>放送法は、全てのテレビ局に第三者機関である番審の設置を義務付けている。





まずは、手始めにこの会見の模様を地上波で放送してやれよ… (ノ⌒∇)ノ ワァイ♪





産経ニュース;「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場 2017.2.24 17:35

>東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

>我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

>会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

>会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

>質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

>我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

>質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている−とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

>我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

>沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(Web編集チーム)






産経ニュース;【東京新聞「深く反省」】「ニュース女子」司会の論説室副主幹が3月1日付で異動へ 2017.2.24 23:07

>中日新聞社は24日、東京新聞を発行する東京本社の長谷川幸洋・論説室副主幹を、3月1日付で論説室論説委員とする人事異動を発表した。長谷川氏は、放送内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の司会を務めていた。

>中日新聞社は人事異動について、「お話しすることはありません」としている。一方、長谷川氏の所属事務所は「発令を聞いていないので、何とも言えない」とコメントしている。
















日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき
日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき我那覇 真子

アイバス出版 2016-01-27
売り上げランキング : 11990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界 オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白 (新潮新書) 危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走 沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場 「カエルの楽園」が地獄と化す日 大直言 カエルの楽園 報道されない沖縄基地問題の真実 (別冊宝島 2435) だれが沖縄を殺すのか (PHP新書)

posted by kwazz at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ドンドン、ドンドン、拡散中…w

BuzzNews.JP;「のりこえねっとから著作権侵害のメール来た」動画をTwitterで拡散していた人物が明かす

>「ニュース女子」の放送内容に強く反発している「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉氏の講演内容が話題になっている件(関連記事参照)で、この動画の一部を転載しTwitter上で拡散していた人物の元に通知が届き、動画が削除されていたことがわかりました。

>これは2月初めに辛淑玉氏が2016年9月のイベントで「若い子は死んでもらう」「爺婆は捕まって下さい」などと語っていた点を問題視した人物が動画の一部を2分強切り取ってTwitterで流していたことに対するもので、ツイートを主はこのように語ると共に届いたという通知文を2月12日の午後、公開しています。

>「のりこえねっとから著作権侵害とのメールが来ましたので、辛淑玉氏の「若い子は死んでもらう。爺さん、婆さんは嫌がらせをして捕まって!」と発言した動画を転載したツイートを本日削除しました。ツイート内の動画も削除されました。あちらはバックに弁護団が付いてますが、私はただの一市民なので。 」

>通知文とされる画像によると送信者は「アップロードした動画を無断で使用し、話し手の内容をねじまげ、悪意に満ちたコメントを付けて拡散しています」と主張しているとされています。

>動画が添付されていたツイートには辛淑玉氏の発言を取り上げ中国や北朝鮮と結びつけた上で「物騒な発言」「公安さん出番ですよ」などと書かれていました。

>今回のツイート主は沖縄県に在住している保守層で、現地に関する情報をつぶやくことで知られており、フォロワーも15,000人近いことから2月2日につぶやかれたこの発言は4,000回以上もリツイートされていました。

>それだけに今回の動画削除問題も大きな反響を集めており、通知文を含んだツイートは13日の朝までに1,500回以上拡散していると同時に数多くの応援コメントが寄せられていますが、動画の削除はYouTubeでも行われているようです。自分も削除されたという人物がそれを題材とした新たな動画を投稿していますが、その中では自身の動画が削除された際のコメントが「のりこえねっとTubeから著作権侵害の申し立てがあったため削除されました」となっていたことを明かしています。

>今回のツイート主は「沖縄を取り戻したいんです。力を貸してください」「自分の島が、国が破壊されていくのを黙って見ていることは出来ません」などと語っており多くの人が激励コメントを寄せています。

>「消せば増える。ネットの法則が発動するな」

>「これで更に拡散が進むだろう」

>「拡散を歓迎出来ない動画だっていうことなんだろうか」

>「これだけ拡散しちゃったらあまり意味ないけどね」

>「弁護士紹介しましょうか?」

>「応援してます。いつも情報ありがとうございます」

>「負けずにがんばって下さい」

>「Twitterで興味持った人が全編見てくれるのにね!」

>「元動画に○分○秒からと指定してURL拡散すればOK」





そんなに都合が悪いのか… ( ̄∀ ̄) アヒャ












沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場ロバート・D・エルドリッヂ 宮崎政久 仲村覚 仲新城誠 兼次映利加

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 5061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ママは愛国 崩韓論 ジャパニズム35 マンガで読む嘘つき中国共産党 福島原発事故と左翼 くたばれパヨク なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 米中開戦 躍進する日本 嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書) ジャパンREALVOICE 国連発世界反日時代 (MSムック ジャパンREALVOICE)

posted by kwazz at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

消すと増える法則、キタ━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━ッ!!!

朝日新聞デジタル;「ニュース女子」BPO審議へ 基地反対運動めぐる放送 2017年2月10日20時03分

>放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治(よしはる)委員長)は10日、沖縄の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組「ニュース女子」(1月2日放送)について、審議入りを決めた。

>同番組をめぐっては、反対運動を「テロリストみたい」と表現したり、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんを「反対派の黒幕」として名前を挙げたりした放送内容などに批判の声が上がっていた。 川端委員長は「番組内容について『事実と違う』と色々意見があり、きちんと裏取りが出来ていたかどうかが問題になる」と話した。





アカ、大騒ぎの異常反応で。

よほど、都合が悪かったんだろうなぁ… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





ハフィントンポスト;「ニュース女子」BPOが審議入りへ MXテレビ「裏付け適切でなかった」と報告 2017年02月10日 20時41分

>東京の地上波テレビ局「TOKYO MX」が1月2日に放送した「ニュース女子」の沖縄報道について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は2月10日、全会一致で審議入りすることを決めた。

>この日、非公開で行われた委員会終了後、報道陣の取材に応じた川端和治委員長が明らかにした。今後、MX関係者への聞き取りなどを経て、委員会としての見解を「意見」にまとめる。

>「ニュース女子」については、事実と異なる報道がされていると批判されたことを受け、BPOがMXに報告を求めていた。

>「ニュース女子」は、「DHCシアター」と「ボーイズ」が制作し、MXにはDHCシアターがスポンサーとして持ち込んで放送されている。MXからは、制作会社の番組制作過程や、持ち込まれた番組の内容を放送局内でどう判断(考査)したのかについて、経緯を説明した報告書が提出された。

>川端委員長によると、報告書には「表現の点、裏取り、取材の突っ込み方について、適切ではなかったという趣旨」の記述があり、「今後、多様な観点からさらに取材を続ける」といった結論になっていたという。

>川端委員長は今後の審議について、「すでに明らかに事実の間違いが報じられていることから考えて、考査の段階でまったく見逃されているというのは一つ問題になりうるのではないか」として、当面は考査担当者へのヒアリングをしていくとの見通しを示した。

>また「MXが認める、認めないに関係なく、事実でないところはどこにあるのか、それを事実であるかのように放送したことに合理的な理由があると言えるのか、普通の裏取りをちゃんとしたのか」を見ていくとも話し、「必要ならば、さらに制作会社の協力も求める可能性はあるということは前提」と述べた。

>委員会は今後の「審議」を通じて、見解を「意見」にまとめる。一方でより強い「勧告」や「見解」を出すことができる「審理」入りは見送られた。川端委員長は「あれが捏造放送ということになれば審理ですが、そう言えるという議論はなかった」と説明している。

>■「ニュース女子」問題とは

>番組では、反基地運動について「暴力行為により近寄れない」「足止めを食っている」として「ロケ断念」を発表した場所が、実際には現場から約25キロ離れていて、誰でも普通に近づける場所だったり、普天間飛行場の周辺で「2万」と書かれた茶封筒が見つかったとして「反対派は日当をもらってる?」「反対派の人たちは何らかの組織に雇われている?」などのテロップやナレーションを流したりしたことが「事実ではない情報」(沖縄タイムス社説)と批判されていた。

>これとは別に、沖縄の基地反対運動に関わる人を「テロリスト」「犯罪者」「無法地帯」などと表現し「のりこえねっと"辛淑玉"とは何者?」「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」「韓国人はなぜ反対運動に参加する?」などのテロップを流したことについて、反ヘイトスピーチ団体「のりこえねっと」共同代表を務める辛淑玉さんが「テロ行為、犯罪行為の『黒幕』であるとの誤った情報を視聴者に故意に提示した」として、BPOの放送人権委員会に人権侵害を申し立てている。






保守速報;Twitterで辛淑玉氏の「爺婆は嫌がらせして皆捕まれ」動画を上げた人の元にのりこえねっとから警告が届く 2017年02月12日16:2

>1: エクスプロイダー(岐阜県) [ニダ] 2017/02/12(日) 15:18:26.59 ID:voBDZnmW0

>するめのよっちゃん#沖縄は日本だ @surumegesogeso
のりこえねっとから著作権侵害とのメールが来ましたので、辛淑玉氏の「若い子は死んでもらう。爺さん、婆さんは嫌がらせをして捕まって!」と発言した動画を転載したツイートを本日削除しました。ツイート内の動画も削除されました。あちらはバックに弁護団が付いてますが、私はただの一市民なので。













そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア
そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア潮匡人

飛鳥新社 2016-09-22
売り上げランキング : 14385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判 変見自在 朝日は今日も腹黒い 民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書) 在日特権と犯罪 アメリカと中国が世界をぶっ壊す こんな朝日新聞に誰がした? (WAC BUNKO 241) 米中開戦 躍進する日本 「カエルの楽園」が地獄と化す日 崩韓論 大直言

posted by kwazz at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

パヨチン隊、言論弾圧に必死だな…w

産経ニュース;【東京新聞「深く反省」】反対派有志ら、長谷川幸洋氏に謝罪要求 「謝罪なければ解任を」 東京新聞に申し入れも 2017.2.9 18:27

>沖縄の米軍基地反対運動を扱った内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、基地反対派の市民団体「のりこえねっと」のメンバーら有志が9日、長谷川氏に謝罪と訂正を求めた。応じない場合は論説副主幹の職から解任するよう東京新聞に申し入れた。

>メンバーらは同紙を発行する中日新聞東京本社を訪れ、小出宣昭社長、深田実論説主幹らあての申し入れ書を担当者に手渡した。書面は長谷川氏にも郵送した。

>書面では、同紙による2日付の謝罪記事掲載を受け、長谷川氏が6日にラジオ番組で「言論の自由の侵害」と反論したことに触れ、「事実に基づかない論評を流すことは、言論の自由でしょうか」と批判。長谷川氏に謝罪し、番組内容を訂正するよう求めた。

>さらに、同紙に対しても「新聞社の任命責任は問われずにすむのでしょうか」として、長谷川氏が「訂正と謝罪をしない場合、論説副主幹から解任すること」を要望した。

>申し入れに先立ち、有志らは衆院議員会館で記者会見を開いた。有志の1人で、同紙にコラムを執筆する法政大の山口二郎教授(政治過程論)は「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と述べた。

>放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の委員を務めた経験のある精神科医、香山リカさんも有志として会見に出席。「東京新聞という看板を背負って司会進行を務めているにもかかわらず、無責任で、開き直って正当化している。(長谷川氏は)言論弾圧というが、デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない」と話した。

>問題となっているのは、1月2日に放送された「ニュース女子」。番組では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。出演者が反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載している。





一方的に情報を垂れ流せる時代は終わった、って気づけよ… (*´∇`) アハハ

ぱよぱよち〜ん♪





産経ニュース;【阿比留瑠比の極言御免】「ニュース女子」問題 東京新聞の閉じた言論空間に戦慄を覚えた! 2017.2.9 01:00

>実に不可解で不得要領な1面記事だった。東京新聞が2日付で掲載した「『ニュース女子』問題 深く反省」「沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず」という記事のことである。それには深田実論説主幹の署名で、同紙の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ番組について、次のように記されていた。

>「内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません。加えて、事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」「とりわけ論説副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」

>これでは、東京新聞が具体的に何を問題視しているのかよく分からない。長谷川氏が、報道姿勢や社論と異なる他の媒体に出演していたことを今さら重く受け止めるのであれば、今まではなぜ、副主幹の肩書で番組に出ることを容認してきたのだろうか。

>何より、「深く反省」と言いながら、当事者である長谷川氏自身の言葉が一切出てこないのはどういうことか−。

>案の定、翌3日付の朝刊各紙では、東京新聞の対応に対する疑問点が取り上げられていた。読売新聞は服部孝章・立教大名誉教授のこんなコメントを載せた。

>「東京新聞は『事実に基づかない論評が含まれる』と番組を批判するならば、どこが事実に反するのかを明らかにすべきだった。中途半端な謝罪で、かえって読者の信頼を損ねたのではないか」

>朝鮮半島で女性を強制連行して慰安婦にしたとする詐話師、吉田清治氏の偽証を十数回も掲載しておきながら、平成26年8月に記事を取り消した際には、どんな記事で吉田証言を使用したかをきちんと示さず、かえって強い批判を浴びた朝日新聞の事例を連想する。

>また、3日付の毎日新聞では、岡田憲治・専修大教授(政治学)がこう指摘していた。

>「長谷川さんが申し訳なかったと自己批判しているか、そうでないかで記事の『対処』の意味合いが変わる。本人が仮に悪くないと考えているなら、堂々と紙面で議論したらよい」

>もっともな意見である。毎日新聞には読売新聞にも登場した服部氏もコメントを寄せ、「社論と違う点を問題にすべきではない」と述べていた。これも、率直にその通りだと感じる。

>確かに、社論形成にもかかわる論説副主幹という立場にある以上、外部での発言にも一定の制約が課されるとの考え方もあるだろう。だが、東京新聞は毛色の変わった長谷川氏の自由な発信を認めることで、自社の言論の多様性を内外に示してこられた部分も小さくないのではないか。

>長谷川氏は、6日のニッポン放送のラジオ番組で、自身の考えについてこのように主張している。

>「私が社外で発言することが東京新聞の報道姿勢と違っていても、何の問題もないし、それを保障すること自体が言論の自由を守ることだ」「私に対して処分をするということは、言論の自由の侵害だ」

>さて、東京新聞はこれをどう報じているかと7日付の同紙をめくったが、関連記事は見当たらない。代わりに見つけたのは、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が、長谷川氏司会の番組に関する東京新聞の反省を高く評価したと伝える自賛記事だった。閉じた言論空間に戦慄を覚えた。(論説委員兼政治部編集委員)






保守速報;【衝撃画像】辛淑玉氏の犯罪教唆『若者には死んでもらう!老人は嫌がらせをして捕まれ!』は実行されていた! 2017年02月09日18:36

>476 名前:名無しさん@1周年 :2017/02/08(水) 18:02:24.76 ID:YIlh5ixa0
>>1
辛淑玉さんの扇動してる若者は死ね!は実行されています!
見苦しい画像でごめんなさい


dojin_001.jpg













沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場ロバート・D・エルドリッヂ 宮崎政久 仲村覚 仲新城誠 兼次映利加

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 6158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ママは愛国 マンガで読む嘘つき中国共産党 崩韓論 ジャパニズム35 米中開戦 躍進する日本 なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 くたばれパヨク 嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書) ジャパンREALVOICE 国連発世界反日時代 (MSムック ジャパンREALVOICE) 大直言

posted by kwazz at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

普通は、そう思うよなぁ…。

琉球新報;辛さんの活動「なぜ」 南城市長がFB投稿 「日本人の名字で見ない」 2017年2月6日 12:32

>【南城】古謝景春南城市長が3日、フェイスブックで市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんの政治活動について「日本人の名字に辛は見たことないけどなぜ!? 沖縄県の政治的な活動の先頭に立っているの!?」と投稿した。

>東村高江の米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民の抗議について昨年参院選に出馬した男性が3日、「(辛さんが)高江での行動を指南する動画が見つかりました」と自身のフェイスブックで投稿した。

>それに対し、古謝市長が辛さんの活動を疑問視するコメントを書き込んだ。

>古謝市長は「動画の中での辛さんの発言が気になり(男性に対し、辛さんについて)この人はどういう人なのかを聞くために投稿した」と意図を説明した。





さて、ザイは政治活動やり放題で。

それに対し、まっとうな日本人が何か言えば。

ヘイトスッペチ認定なのな… ┐(´ー`)┌ フッ





https://www.facebook.com/keishunkoja/posts/1216795455105397

okinawa_001.jpg


















沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場ロバート・D・エルドリッヂ 宮崎政久 仲村覚 仲新城誠 兼次映利加

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 5002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ママは愛国 嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書) 米中開戦 躍進する日本 マンガで読む嘘つき中国共産党 ジャパニズム35 なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 くたばれパヨク 中国不要論 (小学館新書) ジャパンREALVOICE 国連発世界反日時代 (MSムック ジャパンREALVOICE) 崩韓論







posted by kwazz at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

素晴らしい国で、くだらないデモなんかするんじゃねぇぞ!

産経ニュース;【「反アパホテル」デモ】殺気立った沿道で、ウイグル人の男性は語った「こんなに素晴らしい国でこんなくだらないデモが…」 2017.2.6 12:43

>日本在住の中国人らが5日、ホテルチェーンのアパホテルが「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えていることに抗議したデモで、現場の東京都新宿区のアパホテル付近では、デモ行進した一団を待ち構える「行動する保守運動」を中心とした右派系グループら百数十人が陣取っていた。

>「20万人しかいなかった南京市で30万人の虐殺? ふざけたことを言うな」

>行動する保守運動代表の桜井誠氏(44)が声を張り上げると、「そうだ」「ふざけるな」と声が上がる。桜井氏が「超緊急(告知)」として自身のブログやツイッターで集合を呼びかけたのに呼応して集まった人たちだ。

>「要請文という名の強要書を彼らはアパホテルに出そうとしている。絶対にそんなことさせちゃいけない」

>桜井氏の顔を至近距離から撮影しようとした中国人とみられる2人組と、桜井氏の周りにいた人たちが口論、もみ合いになるトラブルもあり、殺気立った雰囲気に支配されていた。そのとき、桜井氏が1人の外国人男性にマイクを渡した。男性は中国・新疆ウイグル自治区出身で、静かに語り出した。

>「中国の官製デモが、この素晴らしい民主国家、アジアのモデルである日本で行われている。こんな素晴らしい国家で、こんなくだらないデモが…」

>男性はトゥール・ムハメットさん。世界ウイグル会議日本全権代表を務め、世界ウイグル会議のラビア・カーディル氏(70)が来日し、講演した際は通訳を務めた人物だ。ムハメットさんは続けた。

>「1949年の中華人民共和国建国以来、数え切れない殺戮、弾圧、海外侵略を行っています。中国中央民族大学のイルハム・トフティ先生もウイグル人の基本的人権を守るために発言しただけで、無期懲役の判決を受け、新疆ウイグル自治区の獄中にいます。どうしてこの素晴らしい(日本という)国家で、こんなデモをするのか。建国以来、ウイグル人、チベット人に対する虐殺は許されません。私は、この平和な日本で、平和がいかに大切か痛感しています」

>そこまで話すと、ムハメットさんは「日本の秩序を守ってくださる警察官に心から敬意を表します」と言って締めくくった。

>ムハメットさんのツイッターによると、「全く個人で、アパホテルデモに反対する気持ちで」新宿に来たのだという。

>目視で100人ほどとみられるデモ隊は、沿道に陣取った右派系グループとのトラブルを避け、要請書の提出は断念した。

(WEB編集チーム)





さて、既成の大手マスゴミは、報道しない自由… (´▽`*) アハハン♪





Doronpaの独り言;【報告】 南京デモを行う支那人へのカウンター行動 2017年02月06日(月) 06時00分00秒

>昨日、午後から行われた『【超緊急】 アパホテル前で南京デモを行う支那人に断固抗議を!』に参加された大勢の皆様に心から感謝申し上げます。正直に言って、日本人を見くびっていました。九年前の長野五輪の際の支那人暴動に対し、行動する保守運動からも人を出していたのですが、如何せん多勢に無勢で…あの時の二の舞だけは御免と思っていた対支那カウンターでしたが、ふたを開ければ前日告知だったにもかかわらず300名の皆様のご参加頂きました。まだまだ日本も捨てたものじゃないと胸が熱くなる思いです。本当に支那人への抗議に声を上げてくれてありがとうございました。

>今回の支那人による抗議デモは、アパホテルの社長が執筆したエッセイ集に「南京事件はなかった」とする至極当然の記述があり、それを支那人らは「気に食わない」「撤去しろ」と喚き散らしていたのです。考えてみれば、言論の自由が無い支那人らが騒ぐのもおかしければ、そもそもそんなに嫌ならアパホテルに宿泊しなければいいだけの話です。しかし、支那中共政府の後押しを受けた支那人らは調子に乗って、日本でデモを行い(結果論ですが、100名前後しか集められなかったようです)、さらにアパホテルに対し該当書籍の撤去を求める抗議文を手交しようとしていたのです(手交できずに我々の勝利で終わりました)。

>これに対して、日本側は断固抗議…するどころか、警察は支那人らにデモの許可を与え、こっそりとデモを行おうとしていたのですから唖然とするばかりです。「南京事件はあった」「日本人は(当時20万人しかいなかった)南京で30万人以上の市民を殺した」「謝罪しろ」「書籍を撤去しろ」などと強要することは、そもそも支那人による対日ヘイトスピーチ、対日プロパガンダにあたるものです。これを日本側が誰も抗議しないということであれば、ということで行動する保守運動として昨日の対支那カウンターを企画したのです。

>結果としてみれば大成功であり、支那人に対し日本人の怒りが新宿御苑前で爆発燃焼しました。これこそが大和魂であり、絶対に支那人の横暴を許さない、我々は日本人だ、と胸を張って昨日の対支那カウンターに参加された皆さんは誇られるでしょう。まだまだこれからの支那人問題です。池袋の治安回復、東京各地に広がる残留孤児二世を名乗る暴力集団問題、今後も続く支那による対日プロパガンダ問題など、問題山積ですが、まず一つ、日本人として誇りを取り戻し、日本を守ろうとする強い意志を示せました。昨日、集まった多くの見知らぬ人たちの心に行動する保守の火が灯ることを祈ります。

>最後になりますが、ご参加頂きました皆様、ネットの生中継や動画でご視聴頂き応援してくれた皆様、撮影スタッフの皆様、各位に心よりの御礼申し上げますと共に、忙しい中で時間を作ってお越し頂いた瀬戸弘幸日本第一党最高顧問、村田春樹氏の両氏に特別に感謝申し上げます。






産経ニュース;【高橋昌之のとっておき】中国の「アパホテル攻撃」は日本の言論の自由に対する挑戦 歴史問題で不当な圧力に屈してはならない 2017.2.7 01:00

>アパグループのホテル客室に「南京大虐殺」などを否定する書籍が備えられているとして、中国政府が非難し、国内の訪日客にアパホテルを利用しないよう介入している問題は、中国が他国の民間に対しても言論の自由を認めない異常な国家であることを示しています。その言動には「そこまでやるか」とあきれると同時に、歴史問題でこうした不当な圧力に屈してはならないと改めて実感しましたので、今回はこの問題を取り上げたいと思います。

>中国が問題視している書籍は、アパグループの元谷外志雄(もとや・としお)代表が「藤誠志」のペンネームで月刊誌「Apple Town」に連載している社会時評エッセーをまとめた「本当の日本の歴史 理論近現代史学II」です。同書は南京大虐殺について「(日本軍の)攻略時の南京の人口が20万人、一カ月後の人口が25万人という記録から考えても、あり得ない」と否定。さらに上海大学教授の指摘を引用して「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と記しています。英訳も付いているので、外国人も読むことができます。

>この書籍がアパホテルに備えられていることを、同ホテルに宿泊した中国人と米国人の男女が1月12日、中国版ツイッター・微博で指摘。これを受けて、中国外務省の華春瑩報道官が17日の記者会見で、「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」と批判したことから、問題化しました。

>一国の政府が他国の民間の言論にまで批判の矛先を向けるというのは極めて異例なことですが、中国のとった行動はこれにとどまりませんでした。中国国家観光局の張利忠報道官は24日、「中国の観光客に対する公然とした挑発であり、旅行業の基本的なモラルに反する」と述べるとともに、中国内の旅行会社やインターネットの予約サイトに対して、アパホテルのサービスと広告を取り扱わないよう求めたことを明らかにしました。つまり、国家ぐるみでアパグループの営業を妨害する行為に打って出たわけです。

>日本では憲法第21条で言論の自由が保障されています。したがって、公序良俗に反しない限り、誰がどのような本を出版しようが自由であり、その本をホテルの客室に備えることも自由です。客は本を読みたければ読めばいいし、読みたくなければ読まなければいいわけで、これも自由です。中国に非難されるいわれはありません。

>とくに「南京大虐殺」は、歴史学者の間でも諸説が分かれる事実認定が困難な問題です。中国は「30万人以上が虐殺された」としていますが、裏付ける客観的な資料はなく、むしろこれを否定する見解の方が多数を占めています。ちなみに日本政府は「日本軍の南京入場後、非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できないと考えている。しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えている」との立場をとっています。

>それにもかかわらず、書籍の内容が自らの歴史観と異なるからといって、アパホテルを利用しないように公的な権力を行使するという中国の行為は、国家ぐるみで他国の民間の言論を封殺しようとする暴挙であり、見過ごすことはできません。

>一方、アパグループは書籍について「あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもので、異なる立場の方から批判されたことをもって、客室から撤去することは考えておりません」とのコメントを発表し、中国の圧力には屈しない方針を示しています。妥当な対応であり、日本の言論の自由を守るという観点から支持したいと思います。

>ただ、同グループ広報室によると、アパホテルの直近の中国客の宿泊利用は、全体の宿泊者の約5%を占めており、「中国国家観光客の要請以降、1、2両月の宿泊予約数の0・5%にあたるツアー団体のキャンセルが出ている」とのことです。また、1月16日夜から23日昼までの間、同ホテルの公式サイトがダウンするという事態も生じました。その原因について、同広報室は「サイバー攻撃と思われる異常なアクセスがあったため」としていますが、仮に中国によるものだとすれば大問題です。

>国際社会ではいま、米国のトランプ大統領がイラン、イラク、シリアなどイスラム圏7カ国からの入国を禁止したことに対して、非難が集まっています。トランプ氏は「テロから国を守る」ことを理由に挙げていますが、7カ国からの入国を一律に禁止することは不条理であり、米国の国際的信用をおとしめる行為でしかないでしょう。

>中国政府のアパホテルに対する“攻撃”もこれに通じるところがあります。「南京大虐殺」に関する自らの歴史観を国内で維持するために、他国の民間の言論にまで口を出し、手も出すというのは、国家として常軌を逸しています。

>しかし、全国紙でこの問題を継続的に報道しているのは産経新聞だけです。朝日、毎日、読売の各紙は1月25日付の紙面で、24日の中国国家観光局報道官の記者会見を伝えたにすぎません。産経は1面トップで報じましたが、読売は国際面、朝日、毎日は社会面、とくに朝日はミニニュースという扱いでした。トランプ大統領による入国禁止問題に対しては、各紙とも1面トップで報道し、社説で厳しく批判しているにもかかわらずです。事の大小の差はあるにしても、中国の言動に対する危機感が不足していると言えるのではないでしょうか。

>中国は「南京大虐殺」について、関連資料を記憶遺産とするよう国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請し、2015年10月9日に登録されました。日本政府は即日、「資料は中国側の一方的な主張に基づいており、真正性や完全性に問題があることは明らかだ」などと抗議しましたが、遅きに失した感は否めません。

>このように中国は歴史問題で日本に対する攻勢を強めています。日本は歴史を直視しなければなりませんが、そのためには客観的な事実に基づき自由に議論していくことが必要で、他国の圧力に屈して自虐的になればいいというものではありません。今回の中国による「アパホテル攻撃」の問題は改めて、その姿勢を堅持することの重要さを突きつけていると思います。













トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突
トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突石平

産経新聞出版 2017-02-03
売り上げランキング : 1861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日米対等 トランプで変わる日本の国防・外交・経済(祥伝社新書) なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 米中開戦 躍進する日本 崩韓論 ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249) アメリカと中国が世界をぶっ壊す トランプノミクス 日本再生、米国・ロシア復活、中国・EU沈没 「トランプ大統領」から始まる中国大乱 常識ではあり得ない中国の裏側 大直言

posted by kwazz at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッテル貼りが、パヨクの手口…。

毎日新聞;BPO 辛淑玉さんに「東京MXと話し合いを」 「ニュース女子」巡り /沖縄 2017年2月5日

>東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)のバラエティー・情報番組「ニュース女子」が、東村高江の米軍ヘリパッド建設反対運動や市民団体「のりこえネット」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんらを、取材が不十分なままデマを基に中傷し報道したとされる問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)は3日、人権侵害の申し立てをした辛さんに対し「まずは当事者同士で話し合ってほしい」と連絡した。辛さんは週明けにも東京MX側に話し合いを求める予定。

>BPOは申し立ての手続きについて「まずは放送局と話し合いをしてもらう。納得できない場合、放送人権委員会に審理の申し立てができる」とホームページで説明している。

>しかし、辛さんは事前に東京MX側とやりとりをしており、BPO放送人権委員会に提出した申立書にも経緯を記載した。BPOはすでに済んだ手続きを再度、辛さんに求めた形だ。

>辛さんは「このような連絡が来るとは夢にも思わなかった。被害者に対し、加害者側ともう一度話し合えと言っているようなものだ」と、BPO側の対応を疑問視。「BPOの判断は日本のヘイト、デマを止める第一歩にもなり得るし、判断を誤ればお墨付きを与え助長することにもなる。私は命を懸けてやっている」と強調した。(琉球新報)





デマがデマじゃなかったって、すでにバレちゃってるんだけんど… (*´∇`) アハハ





KSL-Live!;辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇 2017/02/03

>のりこえねっと代表の辛淑玉(シンスゴ)氏が講演で「私は稼ぎます、若い者には死んでもらう、爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」「山城(博治)には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな、私が殺してやるから」などと高江での行動を指南する動画が拡散され話題になっている。

>その他にも動画は存在し、以下のような真実が語られている。
・高江の反対派は東京から派遣された
・在日朝鮮人の比率が高い
・年配者を配備し嫌がらせを指示
・高江の動画は都合の悪い部分をカットしている

>今まで左翼界隈が「ネトウヨのデマだ」と否定していたことだが、辛淑玉氏ら本人の口で語られているのだから、もう言い訳はできまい。

>また、この講演には現職国会議員である福島瑞穂氏も同席していた可能性が極めて高いことが判明した。






産経ニュース;【東京新聞「深く反省」】長谷川幸洋氏が同紙記事に反論 「言論の自由の侵害」「北朝鮮と同じになる」 2017.2.6 20:11

>沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」で司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹は6日、ニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演し、東京新聞が2日付朝刊で謝罪記事を掲載したことについて、「はっきり言って、とんでもない問題だ。私に対して処分をするということは、言論の自由の侵害になる」などと反論した。

>長谷川氏は、「東京新聞は(今回の問題と)何の関係もないし、私が社外で発言することが東京新聞の報道姿勢と違っていても、何の問題もない。それを保障すること自体が言論の自由を守ることだ」と語った。

>その上で、長谷川氏は「安全保障など、私の意見は論説主幹や他の論説委員と合わないことが多く、よく議論になる。ただ、多様な視点でものを見ることは健全なこと。論説主幹の意見を忖度(そんたく)し、他の意見を排除していたら、北朝鮮と同じになってしまう」と述べた。

>東京新聞の記事では、「とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」と書かれていた。今後について、長谷川氏は「断言するが、私から(論説副主幹を)辞めるわけにはいかない」と話した。

>1月2日に東京MXテレビで放送された「ニュース女子」では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載していた。






産経ニュース;【iRONNA発】しんぶん赤旗 「ニュース女子」沖縄報道をどう伝えたか 杉田水脈氏 2017.2.5 17:00

>113万部。先ごろ開かれた日本共産党大会で公表された機関紙「しんぶん赤旗」の発行部数である。最盛期には発行部数350万を超えていたというから、その影響力の大きさは決して侮れない。赤旗とはどんな新聞なのか。最近の沖縄報道を見れば、その正体がよく分かる。(iRONNA)

>東京の地上波テレビ局「TOKYO MX」の情報番組「ニュース女子」が1月2日に報じた沖縄基地問題に関する報道が話題になっています。ことの発端は、出演者の軍事ジャーナリスト、井上和彦氏が、沖縄の反基地運動が行われている高江付近に取材に行き、その異常な暴力性を指摘したものです。

>最終的に井上氏は、高江の現場に行くことを断念しています。私自身、何度も沖縄の辺野古周辺の反対運動の現場に足を運んでいますが、年々、緊張感が増しています。以前は、われわれの判断で行けたのですが、最近では、機動隊や警察と密に連絡を取りながら、その指示に従って行動しなければなりません。辺野古でこの状態ですから、高江はもっとすごいのでしょう。

>また、この報道で特に話題になったのは、井上氏がインタビューした手登根安則氏(沖縄県民)が示したビラです。このビラは、東大の上野千鶴子教授や前日弁連会長の宇都宮健児氏、評論家の佐高信氏らが共同代表に名を連ねる反ヘイトスピーチの活動団体「のりこえねっと」によって配られたとされるものです。

>私もこのビラのコピーを公安の方からいただきました。それには確かに「往復の飛行機代相当、5万円を支援します。あとは自力で頑張ってください」と書かれています。また、番組内では普天間基地の周辺で見つかったとされる2万円の金額が書かれた茶封筒を提示し、日当を受け取っているのではないかと疑問を呈しています。

>極左論客ばかり

>反基地運動を支援する団体などはこれを「虚偽だ」と猛反発し、放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立てる事態に発展しました。また、しんぶん赤旗も1月20日の日刊版で「デマ・差別放送流した東京MX」というタイトルで、大きく紙面を割いて記事にしています。

>記事によれば、化粧品会社DHCが番組の最大スポンサーであること▽制作したDHCシアターは極右論客が登場する番組を作り続けていること▽東京MX本社前で訂正・謝罪を求める抗議デモを行ったこと−が主な内容です。不思議なことに、番組については批判していますが、出演した沖縄県民の方々に対しては一言も触れていません。

>極右論客ばかりを登場させると言いながら、赤旗自体は極左論客ばかりを起用しています。当該記事でもアワープラネットTV代表の白石草氏の意見が掲載されています。彼女は「インターネットの情報は玉石混交で、信頼に値しないと見下げる傾向があった」とし、「今回の件で、地上波もまた同レベルであることを露呈した」と続けています。そして、その原因を作ったのが、今回のニュース女子に代表されるスポンサーの「持ち込み番組」であると結論付けています。ちなみに白石氏は、反原発運動で有名な活動家でもあります。

>「デマ」のレッテル貼り

>また、記事の最後には、東京MX前のデモの呼びかけ人であるフリーの編集者、川名真理氏が「ウソの放送内容の訂正と謝罪を放送で行うこと」「沖縄の基地建設に反対する人への偏見をあおったことへの謝罪を行うこと」の申し入れをしたとあります。

>事実を報道したテレビ局に対し、「デマ」というレッテル貼りをし、デモなどで圧力をかける。いつもの左翼活動家の手法です。この川名氏も沖縄基地反対問題の活動家であると、公安の方に教えていただきました。

>この報道がデマであるというのであれば、その証拠を見せていただきたいと思うのですが、それは全く提示せず、ただただ左翼活動家の意見を垂れ流しにする、これが赤旗の正体です。この記事一つとって検証してみてもその傾向がよく分かります。調査もせず、事実を曲げ、証拠も示さず報道するメディアを「新聞」と呼ぶことができるのでしょうか?

     ◇

>【プロフィル】杉田水脈氏 すぎた・みお 前衆院議員。昭和42年、神戸市生まれ。鳥取大農学部卒。兵庫県西宮市職員などを経て、平成24年に日本維新の会公認で衆院選に出馬し、初当選。26年に落選後は、民間国際NGOの一員として国際社会での日本の汚名をそそぐために活動を続けている。































「歴史戦」はオンナの闘い
「歴史戦」はオンナの闘い河添 恵子 杉田 水脈

PHP研究所 2016-06-22
売り上げランキング : 165713

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか ―民主主義の意味を問う 米中開戦 躍進する日本 偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち 通州事件 目撃者の証言 (自由社ブックレット5) 日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判 なぜ大東亜戦争は起きたのか?空の神兵と呼ばれた男たち 「カエルの楽園」が地獄と化す日 ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249) 日本に外交はなかった――外交から見た日本の混迷 暗闘







posted by kwazz at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

アカのカラ騒ぎ…w

辛淑玉@shinsugok

>BPOから連絡が来た。まずは当人同士で話し合ってくれと。酷いことをされた側が、どこまでも努力を強いられる。これ、ハラスメントの被害者が三ヶ月以内に、自分でまとめて申請をし、書類が通ったら、まずは、当事者同士でと言われる。何のための人権救済なの?




BPO、逃げたな… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;東京新聞「『ニュース女子』問題 深く反省」と朝刊1面で掲載 論説副主幹司会の東京MXテレビ番組 2017.2.2 10:51

>沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの1月2日放送の番組「ニュース女子」で、東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が司会を務めたことについて、東京新聞は2日付朝刊1面に「『ニュース女子』問題 深く反省」「論説主幹・深田実が答えます」「沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず」との見出しを付けた記事を掲載した。

>記事によると、1月2日放送の番組について「その内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません」と指摘。その上で「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません。残念なのは、そこのことが偏見を助長して沖縄の人々の心情、立場をより深く傷つけ」などとし、「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」とした。この問題については「多くの叱咤の手紙を受け取りました」という。

>同記事によると、長谷川氏が司会を務めた「ニュース女子」では、現地の反対派について「テロリストみたい」「雇われている」などと表現した。

>また、2日付朝刊5面にも「読者だより」として「ニュース女子」問題を掲載。読者らから批判や見解表明を求める声が相次ぎ寄せられ、「電話やファクス、メールや手紙だけでも二百五十件を超えました」としている。(Web編集チーム)


















payoku_001.jpg







沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場ロバート・D・エルドリッヂ 宮崎政久 仲村覚 仲新城誠 兼次映利加

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 3539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ママは愛国 ジャパニズム35 マンガで読む嘘つき中国共産党 嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書) くたばれパヨク 米中開戦 躍進する日本 ジャパンREALVOICE 国連発世界反日時代 (MSムック ジャパンREALVOICE) なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 中国不要論 (小学館新書 み 8-3) 崩韓論

posted by kwazz at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、ヘイトスッペチですわ…w

産経ニュース;在日中国人「反アパホテル」デモ 対抗団体も登場、休日の新宿が混乱 2017.2.5 16:52

>ホテルチェーンのアパホテルが「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えているとして、中国当局が猛反発している問題で、日本在住の中国人らが5日、東京都新宿区で同ホテルへの抗議デモを実施した。現場周辺にはデモに抗議する団体メンバーも多数詰めかけ、休日の新宿は混乱した。

>デモを行ったのは、このデモのために結成された日本で生活している中国人企業経営者、会社員らで作る「中日民間友好委員会」。約300人(主催者発表)の参加者が午後3時から、新宿中央公園から新宿御苑に近い同ホテル周辺まで行進した。「中日友好」「民族の尊厳を守る」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げながら道路を歩いたが、シュプレヒコールを上げることはなかった。

>デモには抗議する右翼団体の構成員らが併走。「JAPANが好きだ」と書かれた横断幕を奪い取ろうとしたほか、デモに飛びかかろうとして、警戒に当たっていた警察官に静止される場面が何度も見られた。

>デモを主催した来日10年になるという中国人女性は「(周囲の)みなさんにはご迷惑をおかけした。今回声を上げたのは勇気ある中国人だ」などとコメント。年齢や名前などは明らかにしなかった。





さて、表現の自由のない国の人民が、自由にデモなんかできちゃって。

その一方で、日本国民へは言論弾圧とか… ( ̄∀ ̄) アヒャ





TOKYO WEB;23都道府県にヘイト具体例 抑止へ法務省 2017年2月5日 朝刊

>法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を、要望があった二十三都道府県の約七十自治体に提示したことが、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

>対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県など十三自治体が判断基準や具体例を示すよう要望。憲法が保障する表現の自由を尊重する観点から、集会やデモでの公共施設使用を不許可とする判断は難しく、対応に苦慮する自治体のニーズに法務省が応えた形だ。

>法務省人権擁護局は「ヘイトスピーチは新しい人権問題。具体例を参考に実情を踏まえた対策を取ってほしい」とし、十三自治体以外にも要望を受けて提供している。

>具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。さらに「○○人は日本を敵視している」などのように、差別的な主張の根拠を示す文言があったとしても、排斥の意図が明確であれば該当すると明示した。

>ヘイトスピーチを事前に規制する施策の策定を目指す川崎市の担当者は「参考にしたい」と話す。

>この問題に詳しい神原元(はじめ)弁護士は「法務省が示した具体例は、ヘイトスピーチの本質である『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だと明記している」と指摘。「対策法をより実践的に解釈している点で意義がある」と話している。

>法務省が具体例を公表せず自治体の要望で提供する対応にとどめていることについて、対策法に詳しい弁護士は「法律の抜け道を研究されることを防ぐためではないか」と推測している。

>◆「ヘイトスピーチのない社会を」川崎の市民団体 条例制定を訴え

>在日コリアンらの排斥を掲げるヘイトスピーチに反対する川崎市を中心とする市民グループ「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は四日、結成一周年記念集会を川崎区で開き、全国に先駆けた人種差別撤廃条例の制定を訴えた。二百七十人が参加した。

>神奈川県日韓親善協会連合会会長の斎藤文夫元参院議員は「市民一人一人が声を上げ、川崎からヘイトスピーチのない多文化共生の社会を」と宣言。ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイトデモは差別の対象となる当事者だけでなく地域を、社会を壊す。私たちには人と社会と地域を守り抜く義務がある」と講演し、条例制定の必要性を訴えた。

>ネットワークは昨年一月結成。昨年末に市人権施策推進協議会が福田紀彦市長へ提出した公共施設でのヘイトスピーチの事前規制を求める報告書を受け、市は今秋までに公共施設の利用制限に関するガイドラインを作成する。






保守速報;【画像】今回の在日中国人によるアパホテルへの抗議デモ、人民日報の贾文婷記者が黒幕の一人らしい 2017年02月05日21:30





保守速報;【やっぱり中国共産党】在日中国人アパホテル抗議デモ 主催者は「在日華人圏」トップの俊龍 広報は「吉林共産主義青年団」だと中国人漫画家が暴露(画像) 2017年02月05日22:00












テコンダー朴2
テコンダー朴2山戸大輔 白正男

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テコンダー朴 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ) 新版 朝鮮カルタ くたばれパヨク ジャパニズム34 さよならパヨク マンガで読む嘘つき中国共産党 マンガ大嫌韓流 (晋遊舎ムック) そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界

posted by kwazz at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

国民ではなく、市民ね…w

NHKニュース;「テロ等準備罪」野党4党の議員らが法案提出阻止訴え 1月20日 19時19分

>「共謀罪」の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案に反対する集会が国会内で開かれ、民進党など野党4党の国会議員らは、国民の表現や言論の自由が奪われかねないとして、法案の国会への提出阻止を訴えました。

>集会には、民進党、共産党、自由党、社民党などの国会議員10人余りのほか、市民団体のメンバーなどおよそ300人が参加しました。

>この中で、民主党政権で法務大臣を務めた平岡秀夫元衆議院議員は、政府が、組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」の締結に、「テロ等準備罪」を新設する法整備が必要だとしていることについて、「国際的な協力は、日本の今の法律で十分に対応が可能だ」と指摘しました。

>そして、出席した国会議員は「国民の表現や言論の自由が奪われかねない」、「市民の日常生活が監視の対象になるおそれがある」などと、法案の国会への提出阻止を訴えました。





公安監視対象の皆さまの集会ですか… (´▽`*) アハハン♪





kyoubou_001.jpg







そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア
そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア潮匡人

飛鳥新社 2016-09-22
売り上げランキング : 7473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判 変見自在 朝日は今日も腹黒い 在日特権と犯罪 民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書) こんな朝日新聞に誰がした? (WAC BUNKO 241) 「カエルの楽園」が地獄と化す日 アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史 トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策 絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション) 日・米・独―10年後に生き残っている国はどこだ

posted by kwazz at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

日本は、かの国と違って法治国家だから…w

レイバーネット;胸をついた古賀茂明スピーチ〜「安倍政権NO!+野党共闘」集会に2000人

>1月14日土曜日「安倍政権NO!+野党共闘」と銘打った集会とデモが、NHK前の代々木公園・ケヤキ並木通りであった。午後の雪がチラホラ、厳しい寒さの中ではじまった。ゲストスピーカーの古賀茂明さん(写真)が、自分が報道ステーションを解雇されたいきさつを話し、「安倍さんは間違っている」と訴え、歯に衣を着せぬもの言いで、野党各党を叱咤激励した。

>そのあと4人の野党議員ーー自由党の渡辺浩一郎、共産党の吉良よし子、社民党の福島みずほ、民進党の菅直人の各議院が短いスピーチをした。主催は反原連とあって、よく金曜抗議行動でみかける人々の姿も目についた。

>この日のスピーチでは古賀さんの訴えが胸をついた。2年前、安倍首相が中東歴訪してエジプトでISとたたかっている国に2億円出すといい、囚われている後藤健二さんの身代金交渉をいっさいするなと外務省に命じて、ISに宣戦布告した話。後藤さんを見殺しにしたのだ。わたしたちは知らぬ間にISと戦争する国にさせられてしまっている。一人の男によって日本人はこんなにたやすく牛耳られているのだ。

>スピーチのあと渋谷の繁華街に向けて、ドラムやトランペットなどを鳴らしてのデモがはじまった。若い人たちはそれを物めずらしげに横目でみて通りすぎていった。カメラから渋谷の街をのぞくと、若かったころ手をつないでさまよった懐かしい光景をかいまみた気がしたが、もうそんな時代は返ってこないのかーー。主催者の女性に参加人数を聞くと「2000人強」と答えた。





まずは、選挙に行こうよね。

選挙権があれば… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





保守速報;安倍政権NOデモ参加者たち「Abe mother fucker!」 元SEALDs「彼らなりのスタイルの抗議方法」 2017年01月15日13:57

>2: 動物園φ ★ 2017/01/15(日) 12:33:38.03 ID:CAP_USER

>デモの風景:飛び入りするスケーター達。プラカードを手に取り「Abe mother fxxker !!」とコールをしていた。彼らなりのスタイルの抗議方法。



payoku_001.jpg







くたばれパヨク
くたばれパヨク千葉麗子

青林堂 2016-12-10
売り上げランキング : 92

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さよならパヨク 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2 ジャパニズム34 ママは愛国 そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ) テコンダー朴2 ジャパニズム33 在日特権と犯罪 政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)

posted by kwazz at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

これが、パヨクの手口よね…w

zakzak;千葉麗子氏「明らかな言論弾圧」 “パヨク”に抗議殺到でサイン会が急きょ中止 2017.01.08

>元祖電脳アイドルの千葉麗子氏が、新著『くたばれパヨク』(青林堂)の出版を受けて予定していたサイン会が急きょ中止になった。抗議電話やFAXが書店に殺到したためだという。関係者は「明らかな言論弾圧で、許せない行為だ」と憤慨している。

>サイン会は12日、東京堂書店(千代田区)で行われる予定だった。抗議電話などは4日から始まり、「差別だ」「本の内容を分かっているのか」などと主張したという。

>千葉氏は6日付の自身のフェイスブックに「楽しみにしてくださってた皆様には、心からお詫びを申し上げます」「明らかな言論弾圧、民主主義の否定であると考えます」と書き込んだ。

>「パヨク」とは劣化した左翼のことで、千葉氏は同書で「日本を貶めることに快感を感じているようだ」と批判している。

>関係者は「警察に被害届を出す。自分たちと異なる意見は認めないという姿勢は許せない」と語っている。





根拠もなく、ヘイトスピーチ、レイシストとレッテルを貼っての。

脅迫、恫喝で、言論弾圧… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;千葉麗子さんの「くたばれパヨク」サイン会 抗議電話で「開催せず」 有田芳生参院議員「常識的な判断」 千葉さん「言論弾圧だ」 2017.1.9 07:20

>有田芳生参院議員(64)は5日、「東京堂書店は店長はじめ、良識ある店員が多く、品揃えもユニークだ。(中略)近くは共謀罪に反対の立場での催しもある。その東京堂書店が、といぶかしんだけれど、賢明というより、常識的な判断が行われた」とツイッターでつぶやいた。

>一方で、サイン会中止を批判する意見も複数、投稿された。

>無所属の和田政宗参院議員(42)は6日、「言論弾圧ともいうべきひどい話」とツイート。

>千葉さんサイドは警視庁に被害届を出す意向を示していたが、前参院議員の杉田水脈氏(49)は9日、「百田尚樹先生の西宮ガーデンズのサイン会のときは、爆破予告だったので警察が出動しましたが、今回は警察が動いてくれなかったそうです。充分脅迫事件だと思うのですが…」(原文のまま)とツイッターに投稿した。

>こうした騒ぎで逆に注目度が高まったためか、「くたばれパヨク」は9日、Amazon政治部門で1位となっている。

>こうした抗議の声でイベントが中止になった例は、早稲田大学の早稲田祭の講演会のケースがある。

>昨年11月、東京都知事選に出馬した立候補者が一堂に会して行う予定だった討論会が、行動する保守運動代表、桜井誠氏(44)が登壇予定であることが知られると、早稲田祭実行委員会などに大量のメールや電話などで抗議が寄せられた。このため、主催するサークルが桜井氏の登壇中止を決めた。さらにその後、討論会自体が中止になった。

(抜粋)






産経ニュース;東京法務局 桜井誠氏の民団前演説は「人権侵害とまでは言えない」 民団新聞の記事も「人権侵犯とまでは言えず」 2017.1.9 10:42

>昨年7月の東京都知事選の候補者だった、行動する保守運動代表、桜井誠氏(41)が、東京都港区の在日本大韓民国民団(民団)中央本部前で行った演説が「ヘイトスピーチや名誉毀損(きそん)、威力業務妨害にあたる」として、民団が人権救済を東京法務局に求めていたが、同局は9日までに「人権侵害とまでは判断できない」との決定をした。

>民団側は昨年7月15日、民団中央本部前で「日本から出て行け」などと訴えた桜井氏の演説を「ヘイトスピーチにあたる」として、昨年9月21日に法務局に人権救済の申し立てを行っていた。

>一方、桜井氏側も民団が7月13日に機関紙「民団新聞」に掲載した「(桜井氏に)打撃を与えずにはおけない決意を固めている」などとした記事を対象に、昨年9月26日、人権救済の申し立てを行ったが、東京法務局は同様に「人権侵犯の事実があったとまでは判断することができなかった」と決定を出した。

>桜井氏は演説で「民団新聞が私に危害を加えるというが、日本人が逆のことをしたらどう思うのか」「私を殺すことさえできない、根性のない、これが韓国人なんです」「あなたたちは必要とされていない」「竹島は盗む。仏像は盗む。そりゃ本国の人間がやっているという。韓国がやったことに対しては、在日韓国人にも責任があるに決まってるだろうよ」などと演説し、「君たち韓国人、在日韓国人ってのは天使か何かだと思ってるの?批判される原因が全くないとでも思ってるのかって聞いてんだよ」「民団新聞は自分で自分の首を絞めている」「民団の人間はさっさと日本から出て行けって言ってるんだよ」などと述べた。

>桜井氏が激しく反発した7月13日付の民団新聞は、桜井氏の出馬を「同胞は『公職選挙の場をヘイトスピーチの芝居小屋に貶めるもの』と猛烈に反発している」とし、「都知事選をヘイトスピーチの場とすることを自ら宣言したものだ」と非難。「ならず者の能書きと『言論の自由』は峻別されるべきだ」として、桜井氏の街宣を取り締まるべきと訴えた。

>民団員の声として「レイシストが出馬できないような社会的雰囲気がほしい」という意見を紹介した上で、「ヘイトスピーチが公然と展開されていいのか、これを都民に問うべく情報発信を続け、レイシストに打撃を与えずにはおかない決意を固めている」と締めくくった。桜井氏は、この「打撃」の部分に特に反発したとみられる。

>桜井氏は12月26日、「人権侵害の事実なし、との連絡を受けました」とツイッターに投稿し、産経新聞にも認めた。民団は産経新聞の取材に「連絡があったとの報告はない」と答えた。






サイン即売会_001.jpg






ママは愛国
ママは愛国千葉 麗子

ベストセラーズ 2017-01-26
売り上げランキング : 23953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
くたばれパヨク 反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊) ジャパニズム34 国際法で読み解く世界史の真実 (PHP新書) ジャパニズム33 古事記の宇宙 ジャパニズム30 劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史 基礎教養 日本史の英雄 胸を張って子ども世代に引き継ぎたい 日本人が誇るべき《日本の近現代史》 (Knock‐the‐Knowing)







posted by kwazz at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

こちらも、高齢化が捗ってるわけだ…w

Yahoo!ニュース;「地球一周の船旅」に“異変” 乗客、今やほとんどシニア層 カナロコ by 神奈川新聞 12/18(日) 15:00配信

>NGOピースボートが企画する「地球一周の船旅」に“異変”が起きている。若者が中心だった乗客は、今やシニア層が圧倒。国内客船が世界を巡るクルーズを手控える中、比較的手頃なピースボートの旅に流れ込んでいる。「一生に一度の夢」だった船旅に魅せられ、リピーターとなる人も増えているという。

>9日午前、横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナル。ピースボートがチャーターした客船「オーシャン・ドリーム」(3万5265トン)が93回目の「地球一周の船旅」に出航した。色とりどりの紙テープが舞う中、デッキに集まった乗客は白髪の男女がひときわ多かった。ピースボート事務局(東京都新宿区)によると、乗客約950人のほとんどをシニア層が占める。

>かつての中心だった若者層は横ばい傾向で、150〜200人程度で推移。代わって増えたのが定年退職を迎えた60歳以上の中高年だ。今回は南極遊覧を含めた南半球を巡る104日間の船旅。珍しい航路ということもあり、普段は7割ほどのシニア層が、リピーターを中心に8割に上った。

>シニア層を引きつける理由について広報担当者は、4人相部屋で1人129万円からと他船に比べて安い価格設定であることに加え、日本発着の世界一周クルーズがピースボートの独占状態になったことを挙げる。

>日本船籍の客船3隻のうち、「にっぽん丸」は2011年を、「飛鳥2」「ぱしふぃっくびいなす」は15年を最後に世界一周クルーズを行っていない。人気の地中海に向かう航路に当たるソマリア沖・アデン湾周辺で海賊行為が過激化したことや、中東や北アフリカ各地でテロなどの政情不安があるためだ。いずれも17年の世界一周クルーズの予定はないという。

>「飛鳥2」の運航会社、郵船クルーズ(同市西区)は「18年のスケジュールは検討している段階」。「にっぽん丸」を運航する商船三井客船(同港区)は「国際情勢がさらに悪化しているので、再開の踏ん切りがつかないのが実情」と明かす。

>大さん橋で「オーシャン・ドリーム」の船内見学会に参加した同市内に住む70代の女性は「本当は日本の客船で世界一周に行くのが夢だった」と明かす。夫は「展望風呂から地中海を眺めるなど、日本船ならではの楽しみ方があった。国際情勢が良くなってほしい」と話した。





かつて若者だった、全共闘世代のじじばばの。

青春よもう一度、自分探しの世界一周の旅… (ゝω・*)v キャピ












希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)
希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)古市 憲寿 本田 由紀

光文社 2010-08-17
売り上げランキング : 76100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絶望の国の幸福な若者たち 働き方は「自分」で決める (講談社文庫) だから日本はズレている (新潮新書 566) 上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書) 僕たちの前途 絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫) 誰も戦争を教えられない (講談社+α文庫) 誰も戦争を教えてくれなかった ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書) 社会の抜け道







posted by kwazz at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

シングルイシューが、行き詰まって来たよね…w

産経WEST;三反園知事が公約*|す? 川内原発の運転再開容認 「権限ない」と起動前検討委にこだわらず 2016.12.1 17:36

>鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は1日の定例県議会で、九州電力川内原発の安全性を議論するため新設する検討委員会に関し、8日にも予定される川内1号機の原子炉起動前の設置にこだわらない考えを示した。「私に原発を動かすかどうかの(決定をする)権限はない」とも強調した。事実上、定期検査からの運転再開を容認したことになる。

>テレビ朝日の記者、人気番組コメンテーターから転身…当選に向け“反原発”掲げ

>九電は川内1号機の運転再開への起点となる原子炉起動を8〜9日に予定しており、三反園氏がそれまでに運転再開の延期を求めるかどうかが焦点だった。三反園氏は県議会で代表質問に対し「8日がどうこうで(検討委を)設置するわけではない」と答弁した。

>検討委の関連予算案は現在審議中で、設置は定例県議会が終了する16日以降となる見通しだ。三反園知事は検討委での議論に関し「(九電が実施している)特別点検の結果を検証してもらい、問題があれば稼働の有無にかかわらず強い対応を取りたい」とも述べた。

>三反園知事は鹿児島県指宿市出身。早稲田大学卒業後、テレビ朝日の記者となり、官邸や省庁のキャップなどを歴任。人気番組のコメンテーターとしても活躍した。

>県知事選に出馬を表明したのは昨年12月。当初は「自然再生エネルギーを推進し、原発に頼らない社会を目指す」としながらも、反原発を前面に打ち出していたわけではなかった。「川内原発の停止と再点検・再検証」が最終的に公約に盛り込まれたのは、ほかに候補擁立を検討していた反原発派との政策合意が背景にあるとみられている。

>当選後、原発の安全性に対する考え方について改めて問われると、「知事になる前の立場と、今の立場はちがう。もう一度、これまでの経緯を聞いて私の考え方をまとめたい」と一気にトーンダウンしていた。





そもそも、法的根拠もなく、権限もないことをゴリ押ししようとすることこそ。

政治の暴走であり、ファシズム、独裁政権… ( ̄∀ ̄) アヒャ





haruhi_001.jpg







テコンダー朴2
テコンダー朴2山戸大輔 白正男

青林堂 2017-01-20
売り上げランキング : 566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
くたばれパヨク ジャパニズム34 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2 反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊) テコンダー朴 中間管理録トネガワ(4) (ヤンマガKCスペシャル) 現代のカリスマ、桜井誠 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(4): ヤングジャンプコミックス ジャパニズム33 OLD GAMERS HISTORY Vol.11 アドベンチャーゲーム・パズルゲーム草創期編

posted by kwazz at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

みんすすぎって、なんだぁ〜!?

TOKYO Web;元SEALDsメンバーが見た韓国デモ 「抗議の声で政治変わる」 2016年11月30日 夕刊

>条件付きながら辞任を表明した韓国の朴槿恵(パククネ)大統領。原動力となったのが百五十万人(主催者発表)の抗議デモだ。二十六日、ソウル都心を埋め尽くした群衆の中に、昨年八月の安全保障関連法制反対デモを率い、夏に解散した学生団体SEALDs(シールズ)元メンバー、矢部真太さん(24)=玉川大四年=がいた。「デモで政治が変わると証明された」。日本とは桁違いの行動力を探ろうと訪韓した矢部さんに同行取材すると、生活にデモが根付き、当然のように路上で声を上げる市民の姿が目の前に広がっていた。

>横殴りだった雪がやんだ二十六日午後四時、都心はどこも人であふれていた。若者や家族連れが目立つデモ隊は、太鼓を打ち鳴らしながら大統領府の二百メートル手前まで進む。地鳴りのような「朴槿恵は退陣しろ」の喚声が腹に響く。矢部さんはデモ隊の前に回り込み、カメラを構えた。

>シールズ結成当初から撮影・デザインを担当した中心メンバー。昨年八月三十日の安保反対集会は主催者発表で十二万人が参加したが、韓国は規模が違う。授業やアルバイトの合間を縫って駆け付け、路上で参加者に「学校でも政治の話をするの」「デモを否定する友人はいないの」と日本で感じていた疑問をぶつけた。

>大学生二人組の宋才恩(ソンジェウン)さん(24)は「学校でみんな話題にしている。不当なことに対して声を上げるのは当然」。高校生三人で来ていた金秀鐘(キムスジョン)さん(18)も「私たちが積極的に動けば政治が変わる。国民が国の主人だから」と答えた。

>シールズは活動中、考え方の異なる人々から多くの批判や中傷を受けた。「ネットで個人攻撃も受けた」と矢部さんが語ると、大学生の具栄書(グヨンソ)さん(23)は「韓国では考えられない。なんでだろう」と驚いた。

>九時間ほど歩き回り、やっと人がまばらになり始めた深夜、カップルがプラカードを持ったまま寄り添っていた。「デモと普段の生活の差があまりないんだな」と矢部さんがつぶやく。腹ごしらえに入った食堂はデモ参加の若者であふれ、焼酎片手に政権批判で盛り上がっていた。

>翌午前一時すぎ、デモ中心地の光化門広場。旅客船セウォル号沈没事故直後から真相究明と犠牲者追悼のため広場を占拠するテントに、多数の人が残っていた。「これがデモの源か。多くの修学旅行生が犠牲になり、若者が社会や政治を身近に考え始めたんだ」とふに落ちた様子の矢部さん。

>「韓国のように運動を続ければ、関心を寄せる人は増えるはず。就職すれば活動は続けにくくなるけれど、これから僕に何ができるだろう」





暴力革命で国家転覆をはかろうとするテロリス党の。

下部組織の、使い捨ての末端工作員… (ゝω・*)v キャピ





産経ニュース;【熱血弁護士・堀内恭彦の一筆両断】朴政権騒動から見える「情治国家」 2016.12.1 07:10

>今、韓国は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友とされる女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告らの国政介入疑惑で大揺れである。崔被告らは職権を乱用し、複数の大企業に対して崔被告が支配する財団への出資を強要し、774億ウォン(約72億円)を不正に集めたとされている。朴大統領は、国民からの激しい退陣要求もあり、「国民の皆様に百回でも謝罪を申し上げる」として事実上の辞意を表明した。

>事件の真偽、朴大統領の関与はひとまず置くとして、この国家的大騒動の中で、いかにも韓国らしい出来事が起こっている。すなわち、韓国野党が、崔一家らが国政に介入して不正な蓄財をしていたとして、崔一家らの財産を没収する「特別法」を制定しようとしているのである。「崔一家及び反逆者の国政壟断犯罪とそれによる違法収益を没収し、民主主義秩序を守護する」という趣旨だそうだ。「政権とのコネを使って莫大(ばくだい)な財を築いた崔一家は絶対に許せない!」との国民の怨念が渦巻いている。

>しかし、このような特別法は、近代法治国家における大原則である「事後法の禁止」(遡及(そきゅう)処罰の禁止)に明らかに反している。「事後法の禁止」は、行為後に作られた法律によって過去の行為を処罰することになれば、国民は自己の行為が処罰されるか否かについての予測がつかず自由な行動が阻害されてしまう、という自由主義の要請に基づくものである。日本国憲法第39条にも「何人も、実行の時に適法であった行為については、刑事上の責任を問われない」と規定されている。

>ところが、韓国では、平然と事後法が制定される。その典型例が2005年に成立した「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」(親日派財産没収法)であろう。この法律は、時の盧武鉉(ノ・テウ)政権が推し進めていた過去清算政策の一環であり、「日本帝国主義の殖民(しょくみん)統治に協力し、わが民族を弾圧した反民族行為者が、その当時、蓄財した財産を国家の所有とすることで、正義を具現し、民族精気を打ち立てることを目的」としている(第1条)。日露戦争開始前から韓国独立前までの間、いわゆる親日派といわれる人物たちに「反民族反国家行為」があったとして、その財産を没収するというものである。親日派認定を受けた本人はその多くが死亡しているため、対象となるのはほとんどがその子孫であり、60年以上も前の出来事を理由に、突然、財産を没収されてしまうのである。恐るべき事後法である。韓国の憲法にも事後法を禁止する規定があるにもかかわらず、一体、いかなる根拠でこの親日派財産没収法が合憲だと解釈されているのだろうか?近代的な法の支配の観点からは全く理解不能であり、韓国が「法治国家」ではなく、国民感情が優先する「情治国家」と言われる所以(ゆえん)である。

>慰安婦問題、元徴用工による日本企業への賠償請求訴訟、対馬の仏像返還問題など、韓国の情治国家ぶりは今に始まったことではないが、今回の崔一家に対する特別法制定の動きを目の当たりにすると、改めてその異常さに嘆息させられる。仮にこの特別法が制定されれば、国際社会に未熟さをさらけ出すだけだ。日本と韓国が法治国家としての価値観を共有するには、まだまだ道のりは遠そうである。

     ◇

【プロフィル】堀内恭彦 ほりうち・やすひこ 昭和40年、福岡市生まれ。福岡県立修猷館高校、九州大学法学部卒。弁護士法人堀内恭彦法律事務所代表。企業法務を中心に民事介入暴力対策、不当要求対策、企業防衛に詳しい。九州弁護士会連合会民事介入暴力対策委員会委員長などを歴任。日本の伝統と文化を守る「創の会」世話人。趣味はラグビー。






平和デモ_006.jpg







くたばれパヨク
くたばれパヨク千葉麗子

青林堂 2016-12-10
売り上げランキング : 3612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャパニズム34 テコンダー朴2 反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊) 現代のカリスマ、桜井誠 ジャパニズム33 豊洲利権と蓮舫 在日特権と犯罪 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2 「カエルの楽園」が地獄と化す日 テキサス親父の大予言   日本は、世界の悪を撃退できる







posted by kwazz at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

土人が差別かどうかは別にして…。

産経ニュース;【阿比留瑠比の極言御免】「土人」は「差別」なのか 2016.11.17 07:00

>鶴保庸介沖縄・北方担当相が8日、沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事反対派に対し、大阪府警の機動隊員が「土人」と発言したことについて、「差別であるとは断定できない」と述べたことが尾を引いている。鶴保氏は「人権問題であるかどうかの問題で、一方的に決め付けるのは非常に危険だ」と指摘したが、野党やマスメディアは一斉に反発した。

>例えば民進党の蓮舫代表は、9日の党参院議員総会でこう批判した。

>「問題ではない、差別ではないって、どういうことなんでしょうか。担当大臣がこんな考え方で、沖縄に向き合うことができるんでしょうか」

>この問題について16日付の朝刊各紙では、日経新聞1面コラムと産経新聞の作家の曽野綾子氏のコラムが、対照的な見方で取り上げていた。

>日経コラムは「そんな言葉を繰り出した『心』が見えて悲しい」と書いた上で、こう断じていた。

>「もちろん活動家が浴びせる罵声だって相当なものではあろう。しかし、だからといって『土人』は許されない」

>一方、曽野氏のコラムは次のように正反対の見解を示している。

>「私は父のことを『東京土人』とか、『東京原住民』とかよく書いている。私を含めてすべての人は、どこかの土人、原住民なのだが、それでどこが悪いのだろう。『沖縄の土人』というのは、蔑称だと思う蓮舫氏の方こそ、差別感の持ち主だと思われる」

>試みに手元の辞書で「土人」の意味を引くと、岩波国語辞典では「(1)土着の住民、土民(2)原始的生活をする、土着の人種」とある。また、広辞苑には「(1)その土地に生れ住む人。土着の人(2)未開の土着人。軽侮の意を含んで使われた(3)土でつくった人形。土人形。泥人形」と記されていた。

>どちらも(1)の意味なら何の問題もない。(2)の意味で使ったとすると確かに不適切だが、かといって直ちに「差別」に結びつけるのも無理があると感じる。だとすると、鶴保氏の言葉は本来、問題視されるようなものではないはずである。

>「相手が差別だと感じたならばそれは差別なのだ」という論調も見かけるが、そんなに恣意(しい)的に「差別」をつくっていいものか。差別とは、決して安易にもてあそんでいい言葉ではない。それこそ、安直な言葉狩りや言論弾圧を招きかねない危険な発想である。

>この「土人発言」問題をめぐっては、評論家の呉智英氏も「週刊ポスト」(11月18日号)のコラムで、こう主張していた。

>「私は三十年以上前から何の問題もないと主張してきた。事実、当時普通に使われていた言葉である」

>「土着という言葉を知らない無知な輩(やから)が『土に汚れた人』の意味だと『差別認定』して騒いでいるのだ」

>ちなみに10月に沖縄県に出張した際、現地の人たちとの間でこの話題になった。沖縄県警関係者から話を聴いたというある市議によると、「土人発言」をした機動隊員は、工事反対の活動家らにあらかじめマークされていたのだという。

>激高しやすいと目を付けられ、ビデオカメラの前で不適切発言をするように仕向けられたのだろうという話だった。

>「自分が狙われていることが何で分からないのか」

>県警関係者はこうこぼしていたとのことだ。真偽は確かめられないので「断定できない」が、ありそうな話ではある。(論説委員兼政治部編集委員)





沖縄プロ土人のやってることがね… ( ̄∀ ̄) アヒャ












反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊)
反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊)鹿砦社特別取材班

鹿砦社 2016-11-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヘイトと暴力の連鎖 反原連-SEALDs-しばき隊-カウンター (紙の爆弾2016年7月号増刊) 現代のカリスマ、桜井誠 世界大地殻変動でどうなる日本経済 SEALDsの真実 ジャパニズム33 在日特権と犯罪 有田芳生の研究 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2 マスコミが報じないトランプ台頭の秘密 ジャパニズム31

posted by kwazz at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする