2020年08月24日

カメレオン・アーミー。

産経ニュース;河野防衛相が女系天皇容認論 次の天皇「内親王のお子さまも」 2020.8.23 23:24

>将来の首相候補の一人に数えられる河野太郎防衛相は23日夜、インターネット動画サイトのライブ配信で皇位継承のあり方について「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と断った上で、女系天皇の容認も検討すべきだとの考えを示した。

>河野氏は、現在の皇室の状況に言及し「男子のお世継ぎがいなくなったときにどうするのか、考えておく必要はある」と強調。かつては側室制度があったが「この21世紀になってそうはいかない」とも述べた。

>その上で、国民は「毎日国民のことを考え、災害が起きれば(被災者を)勇気づける」といった皇室の姿を支持しているとの見解を示し、「とすると、その皇室のメンバーである(天皇、皇后両陛下の長女の敬宮=としのみや)愛子さまをはじめ内親王のお子さまを素直に次の天皇として受け入れることもあるのではないか」と自説を述べた。

>男系を維持するための旧宮家復帰に関しては、旧宮家は1400年代に今の天皇家から男系が分かれたと説明し、「600年前に分かれた人が戻ってきても『本当の万世一系といえるの?』『遺伝子を調べて微妙に違いがあったらどうなの?』というところも考えていかなければならない」と慎重論を唱えた。

>また、今後首相を目指す可能性について「初当選の時から言っている」と改めて意欲を示した。





その時々で、様々に色を変化させる紅乃傭兵Jr.。

晴れて総理総裁となった暁には。

さて、どういった色を見せるのか? … (´▽`*) アハハン♪





zakzak;河野防衛相が「女系天皇容認」 「ポスト安倍」問題ありか 2020.8.24

>河野太郎防衛相は23日、動画投稿サイト「ユーチューブ」などに番組を配信し、皇位継承のあり方について「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と断ったうえで、女系天皇の容認も検討すべきだとの考えを示した。河野氏は「ポスト安倍」候補として、外交・安全保障では得点を重ねてきたが、「国体」に関する認識に問題がありそうだ。

>注目の番組で、河野氏は「皇室のメンバーである(天皇、皇后両陛下の長女の敬宮)愛子さまをはじめ内親王のお子さまを素直に次の天皇として受け入れることもあるのではないか」と述べた。

>皇位は、初代の神武天皇から第126代の天皇陛下まで、一度の例外もなく父方を遡(さかのぼ)れば天皇にたどり着く「男系継承」である。

>これを維持するため、「旧宮家の皇室復帰」などが検討されているが、河野氏は番組で慎重論を唱えた。

>明治天皇の玄孫(やしゃご)である作家の竹田恒泰氏は以前、夕刊フジのインタビューで、「『女系天皇』を認めれば、その瞬間、王朝が変わる。男系継承は1ミリも譲ってはダメだ。仮に、男系の血筋を引かない人が天皇になれば、『天皇の血統原理』が失われる」と語っている。






Share News Japan;竹田恒泰氏、河野太郎大臣の持論に「女系天皇容認なら、それ以外が完璧でもダメだ。 日本の総理として相応しくない」 2020-08-24

>竹田恒泰さんのツイート

女系天皇容認なら、それ以外が完璧でもダメだ。

日本の総理として相応しくない。

天皇の存置は国柄の根幹に関わる問題。

最高のシェフが最高の食材で料理を作っても、少量でもウンコが混ざったら食べられたものではない。

外交防衛で評価できることもあったが、全て台無しだ。

(略)

>ネット上のコメント

・まったくもって同感!この一言ですべてが台無し。

・中共へのアピールかもしれません。

・勉強不足なのだと思います。是非竹田先生に教えを受けて欲しいと思いました。

・この人をこれまで少しでもいいと思ってた人がいることに驚く。どこ見てるんだろう。

・残念です。本当に残念です。

・女系天皇容認はないわ。男系の血を絶やすことはない。それなら側室制度を設ける方がまし。

・竹田学校を観て勉強すべきですね。






FRIDAYデジタル;河野太郎を直撃! かつて主張していた「脱原発」はどうなったのか 「次の総理」とおだてられ、反骨の志を捨ててしまったの? 2018年07月13日

(略)

>「エネルギーの安定供給はアベノミクスの必須条件だ」と語る安倍晋三首相(63)のもと、原発推進を続けてきた自民党だが、与党の全員が同じ旗を振ってきたわけではない。脱原発派の急先鋒として知られていたのが、河野外相だ。

>「『原発ゼロの会』の代表として執行部に真っ向から楯突いた河野は、党内では完全に異端児扱いされていた。原発に頼らなくてもエネルギーは確保できる、というのが河野の主張でした」(自民党ベテラン議員)

>しかし、’15年10月に発足した第3次安倍改造内閣で行革担当相に抜擢されると、河野氏の過激な脱原発論はめっきり影を潜めた。

>「河野さんは当時すでに当選7回でしたが、大臣経験がなかった。それに業を煮やした後援会長から、『自民党の本流で出世するという約束はどうした』と詰められたんです。出世を取るか、それとも『脱原発』にこだわるか。河野さんは前者を選び、安倍首相に追従する道を選んだ」(地元支援者)

>河野氏は’11年10月7日号で、本誌に登場。当時俳優だった山本太郎参議院議員と原発を進める政権を猛批判、最後には「脱原発」という色紙まで書いている。はたして河野外相は、長いものに巻かれ、反骨の志を捨ててしまったのか。色紙を持って直撃したのが冒頭のシーンだが、渋面を作るばかりで、原発についての思いは一切明言しなかった。

>「脱原発の志自体はまだ持っていることは間違いありません。河野さんは支援者向けに発行している『ごまめの歯ぎしり』というタイトルの国政報告紙で、〈閣僚になることは不自由なこと〉〈原発の再稼働の可否について発言する自由を失いました〉と、苦しい胸の内を率直に語っています」(前出・支援者)

>ポスト安倍を決める総裁選は’21年に行われる、と予想されており、河野氏は総裁候補の一人として見られている。政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

>「河野氏が菅義偉官房長官や麻生太郎副総理から可愛がられているのは間違いない。しかしそれは、かつての異端児的な言動を封印し、政権の思惑通りに動いてくれるからでもある。次期総裁に推す声があるのは確かですが、実際に総裁選が始まった時に『脱原発』という志を表に出すのかどうか。河野氏自身も自縄自縛に陥っているのかもしれません」

>河野氏が総裁選に打って出れば、原発についての思いをしつこく問われるのは間違いない。その時、答えに窮しないためにも、いまこそ、「脱原発」を語るべきなのではないだろうか。






tarosa_001.jpg














posted by kwazz at 18:09| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

国を壊す、国壊議員だからね…w

zakzak;【有本香の以毒制毒】「令和」祝賀に水を差す朝日新聞、平成最後の1面トップは… メディアが騒ぐ「女性・女系天皇」デタラメ論 2019.5.10

>新しい御代「令和」が幕を開けた。大型連休中だったこともあり、天皇陛下のご即位後初の一般参賀には全国から15万近い人々が詰めかけた。

>東京駅から皇居までの道が人で埋まっている様子を筆者も通りがかりに目にしたが、意外に若者や子供連れの姿が目立った。その人の列が4〜5時間待ちの長さとなっても、諍(いさか)い1つ起きない。改めて、日本は良い国だと感じた光景だった。

>ところが、このお祝いムードに水を差す「恨み言」ばかり言う団体があった。その筆頭は、日本の「クオリティ・ペーパー」朝日新聞だ。

>まず驚いたのは、ご譲位前の4月25日の「天声人語」が、「世襲に由来する権威を何となくありがたがり、ときに、よりどころにする。そんな姿勢を少しずつ変えていく時期が、来ているのではないか」と皮肉っぽく書いて、国民を嗜(たしな)めたことである。

>この5日後、朝刊を開いてさらに驚いた。平成最後となるこの日(4月30日)の朝刊では、他の全国紙がそろって「天皇陛下(現上皇さま)のご譲位」を1面トップ、カラー写真付きで伝えていたなか、朝日新聞だけがこのトピックをトップから外していた。しかも両陛下の写真はない。

>では、一体この日の朝日新聞の1面トップは何だったかといえば、安定の「反安倍」ネタである。

>《元号案、首相指示で追加 「令和」3月下旬に提出 6原案、皇太子さまに事前説明》との見出しを付け、記事では憲法学者の口を借りて、「首相の行為は、『新天皇の政治利用』にあたり、違憲の疑いがある」とある。

>30年ぶりの御代替わりにも、平成時代の天皇陛下のご譲位という日本にとっての大事にも決して浮かれず、朝日新聞は自社の大事、自社にとっての不倶戴天の敵である安倍晋三首相への批判で平成を締めくくった。この姿勢に好感は持てないが、筋は通っている。

>そして、令和が開け、天皇陛下のご即位の日になると、朝日新聞はさっそく、《皇位継承資格、3人のみ 女性・女系天皇、政権は消極的》という見出しの記事を載せた。新しい御代が始まった日に、終わるときの話をする感覚が筆者には不快だ。

>一方、メディアはここへ来て、「女性・女系天皇」の話題で騒いでいるが、そもそも、こんなデタラメな論の立て方もない。

>「皇統安定のため」とのおためごかしをメディアは一様に言うが、皇統とはイコール男系(父系)の血筋だ。それが一度、「女系」に代われば、その瞬間、今日までの皇統の終わりを意味する。それで、「持続可能」とか「安定」など、はなからあり得ない。

>生真面目な保守派の人々は「国民の多くに『女系』の意味、危険性が理解されていない」と嘆くが、問題はそれよりも、「女系」という、政治的レトリックが当たり前に用いられ、一般化されつつあることである。

>「女系」には天皇の血統はない。まずは目を覚まし、議論の主導権を奪い返すことから始めなければならないのである。





女系天皇で、事実上、イワユル天皇制の終焉へ… ( ´∀`)b ネッ!





Share News Japan;共産党・志位委員長「女性天皇・女系天皇、当然検討すべき」 2019-05-10

>「女性天皇・女系天皇検討すべき」共産・志位委員長

▼記事によると…

・共産党・志位委員長:「女性、女系、ともに当然、検討すべきだ」

・志位委員長は、女性宮家の創設や女性天皇を認める制度改正の検討を示した理由として「天皇の地位を定める国民の総意は男女平等であるべきだ」と説明しました。

・共産党はかつて天皇制廃止を掲げていましたが、2004年に党の綱領から「君主制の廃止」という方針を削除し、天皇の条項も含めて憲法を守る立場となっています。

9日に衆議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う「賀詞」を議決しましたが、共産党も賛成して全会一致となっています。

2019/05/09 19:13
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000154128.html

(略)

>▼ネット上のコメント

・元々が天皇制反対なのに、矛盾した発言で自分の首締めて楽しい?

・「野党共闘」を大事にして行き着いた先がこれか。もう原則も何もない、ムチャクチャである。いよいよ「共産党」の看板を下ろすときか。

・自己保身に走る。

・天皇制廃止を主張しない日本共産党の存在価値ってなんだ、 敵ながら見損なったぞ、、、、、、

・あらゆる意味で「無原則」になってきた

・共産党が語ると分かりやすい。皇統の破壊が目的で主張してるのね。

・知らん内に天皇の存在を認めるようになってたのね






Share News Japan;竹田恒泰氏「女性宮家推進の本当の理由は皇族を潰すこと…白真勲は『女性宮家の議論をするなら9条の議論に付き合ってもいい』と言った。これは…」 2019-05-10

>女性宮家推進の本当の理由

竹田恒泰
「蓮舫や白真勲などが女性宮家を推進してる。結婚後も眞子内親王に“皇族に残って”という声もあるが小室圭が皇族になり、息子が皇族になっていいの?女性宮家推進の本当の理由は皇族を潰すことで、白真勲は『女性宮家の議論をするなら9条の議論に付き合ってもいい』と言った」

(略)

>▼ネット上のコメント

・これが目的で帰化したとも疑える訳で・・・😔

・両方とも日本人じゃって事を考えると露骨過ぎ。調べる力がない連中には引っ叩いてでも危機感を与えないと、とんでもない事になりそうだけど

・分かりやすいですね。

・そう考えると、小室も役立っていますね。逆の意味で…

・国籍不明者が扇動してる時点で逆張りが正解と言っているようなもの。

・「呼び水」というのを考えるようにしないといけないですね。「御結婚後も、皇族に残っていただきたい。」という、一見ポジティブな言葉の裏にある意図。日本人も、そろそろそういう事を考えねばならないと思う。

・一家破滅ではなくて、国家破滅に繋がりますから慎重に進めてほしいです。






kaguya_001.jpg














posted by kwazz at 13:39| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

自民党もアレですけどね…w

共同通信;安定的な皇位継承策検討、秋以降 安倍首相は男系重視、難航必至 2019/5/1 16:53

>政府は安定的な皇位継承策について、国会からの要請を踏まえ、10月に実施する「即位礼正殿の儀」を終えた秋以降に検討を進める方針だ。ただ安倍晋三首相は、父方に天皇を持つ「男系」継承が維持されてきた皇室の伝統を重視し、慎重に判断する姿勢を崩しておらず、作業は難航しそうだ。

>政府は、06年に小泉政権が女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案の国会提出を模索したものの、秋篠宮妃紀子さまが懐妊されたことを受けて断念。12年には野田政権が皇族減少への対策として女性宮家創設を軸とする論点整理を公表したが、政権交代で実現しなかった。

>その際、反対派の急先鋒が安倍首相だった。





改元、譲位が、パヨチン・リトマス試験紙だわ… (´▽`*) アハハン♪





NHK NEWS WEB;女性宮家の創設 保守層中心に慎重論 議論見通せず 2019年5月2日 4時03分

>皇位継承を受けて、政府は今後、安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少への対応を迫られることになりますが、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家の創設には保守層を中心に根強い慎重論があり、今後、議論がどこまで進むかは見通せない状況です。

>今回の皇位継承にあたり、政府は、天皇の意思に基づく譲位と受け取られれば、国政への関与を禁じた憲法に抵触するおそれがあるとして、退位と即位の儀式を厳格に分離するなど、憲法との整合性に腐心し慎重に準備を進めてきました。

>今後、政府は、天皇陛下と上皇さまが並び立つ、権威の二重性の問題などが発生しないよう細心の注意を図りながら、一連の儀式を円滑に行うための準備を進めることにしています。

>一方、皇位の継承資格がある皇族は、新たに皇嗣となられた秋篠宮さまなど3人となるほか、女性皇族が結婚で皇室を離れることも予想されることから、政府は今後、安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少といった課題への対応を迫られます。

>菅官房長官は1日の記者会見で、今回の皇位継承を実現する特例法を審議した衆参両院の委員会で、政府に対して、これらの課題への速やかな検討を求める付帯決議が可決されたことから、極めて重大な問題だとして検討を行っていく考えを示しました。

>その一方で、菅官房長官は、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家の創設などについては「男系継承が古来、例外なく維持されてきた重みなどを踏まえ、慎重に検討を行う必要がある」と述べました。

>女性宮家の創設は、これまでも当時の小泉政権と野田政権で議論されましたが、保守層を中心に「女系天皇の誕生に道を開くことにつながり、男系の皇位継承という伝統が壊れかねない」などといった慎重論があるほか、女性天皇の容認は皇位継承順位に影響を与える可能性も浮上することから、今後、議論がどこまで進むかは見通せない状況です。






アノニマスポスト;「女系天皇を容認せよ」 立憲民主党が各党に協議呼びかけへ〜ネットの反応「何が安定した皇位継承のためだよ、白々しい」「日本を滅ぼす気満々だな」「韓国のレーザー照射にはダンマリで、こんな日本にとって大事なこと発言するなんて!」 2019.04.30

>安定した皇位継承 立民が各党に協議呼びかけへ
2019年4月30日 7時08分

安定的な皇位継承を確保するため、立憲民主党は、女性宮家の創設や、男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、今後、具体的な論点を整理し、各党に協議を呼びかけることにしています。

一代かぎりの退位を可能にするための特例法が、おととし成立した際、審議に当たった衆参両院の委員会では、安定的な皇位継承を確保するための課題や、女性宮家の創設などについて、政府に対し、速やかに検討することを求める付帯決議を可決しています。

これを受けて、立憲民主党は、党内に設置した検討会で議論を行っており、女性宮家の創設や、現在の皇室典範で男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、具体的な論点を整理することにしています。

立憲民主党は、天皇の退位を、今回のような特例法ではなく、恒久的な制度にすることも検討する方針で、今後、各党に協議を呼びかけることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011900851000.html


>ネットの反応

このタイミングで呼び掛けとか…嫌がらせとしか思えない

こいつらほんと誰の指令で動いてるんだろうな

あんたらすぐに乗っ取りするでしょ?

日本を滅ぼす気満々だな…さすが『日本しね』の立憲民主

何が安定した皇位継承のためだよ、白々しい
そうやって少しずつルールを壊して最終的に皇族をなくしてーんだろ

つまり皇室廃止しろという呼びかけとw

この国を亡くそうとしている左翼など誰も信用しないだろう

テメエら内政干渉すんなよ

朝鮮の愛国が第一・立憲ミンス党です

こいつらが突然政治について発言するなんて明らかにおかしい

男系の女性天皇は過去にも例があるからOKとしても
女系を認めるのは天皇制崩壊だな

これ

これですよね

ここ重要!

コイツらが天皇制を真剣に考えているハズが無い。
壊したいだけ。

やっぱりな、こいつら日本という国柄を内部から破壊することに勤しんでやがる

おまエラはそういうのは大使館のご意見コーナーに書けよ

文化や伝統を破壊するって言っているのと同じなんだけどな
立憲民主は世界でも稀有な存在を消し去ろうとしてる

本音は「皇室制度を解体したい」なのだが
それはさすがに反発が強いので
まずは女系天皇を容認させるところからという手法
こんなこと1つでも容認したら最終的に皇室制度解体にまで突き進むだけ

日本を滅ぼしたい、とはっきり口に出して言ってごらんなさい
主張がはっきりしないと支持者増えないよ

どこまで日本を壊せば気が済むのか!

韓国のレーザー照射にはダンマリで、こんな日本にとって大事なこと発言するなんて!
裏でなにが動いてるんだろな?
蓮舫さんよ!




















posted by kwazz at 09:44| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

奉祝、天長節。

時事ドットコム;退位の日まで「務め果たす」=天皇陛下、84歳に−皇位継承に向け準備 2017/12/23-05:41

>天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿「石橋の間」で記者会見。2019年4月30日の退位が決まり、「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたい」との考えを示した。

>「ご退位後は少しゆっくりと」=前侍従次長の佐藤さん

>陛下が自身の退位の日が決まったことについて、公に感想を述べたのは初めて。「多くの人々が各々(おのおの)の立場で考え、努力してきてくれたことを、心から感謝しています」と話した。

>会見では、原稿を手にこの1年の出来事を回顧し、感想を述べた。2月末から1週間の日程で初訪問したベトナムでは、人々から温かい歓迎を受け、「両国間の緊密な関係に深く思いを致しました」と振り返った。帰途、タイに立ち寄り、昨年死去したプミポン前国王を弔問。「長い交流の日々を懐かしく思い出しながら、最後のお別れをいたしました」と述べた。

>10月には九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市と大分県日田市を訪問。車中から全壊した家屋の様子を目の当たりにし、「自然の力の恐ろしさを改めて感じさせるものでした」と回想した。11月に鹿児島県の離島3島を訪問した際には、「島の人々が、それぞれの伝統を育み、その自然をいかして生活を送っている姿を、頼もしく思いました」と振り返った。

>来年11月、初孫に当たる秋篠宮家の長女眞子さま(26)が大学時代の同級生の小室圭さん(26)と結婚することについては「大変喜ばしく、二人の幸せを願っています」と祝福。「来(きた)る年が国民皆にとって良い年となるよう願っています」と述べ、約15分間の会見を締めくくった。













天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)
天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)竹田 恒泰

PHP研究所 2017-12-17
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
百田尚樹 永遠の一冊 (『月刊Hanada』セレクション) 月刊Hanada2018年2月号 韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト S 8) チベット 自由への闘い ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ首相との対話 (PHP新書) 『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕 (PHP新書) 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 朝鮮半島終焉の舞台裏 (扶桑社新書) 月刊Hanada2018年1月号 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)

posted by kwazz at 18:00| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする