2017年12月10日

言ってることが、まんまブーメランで…w

netgeek;稲垣えみ子「モリカケは国家的損失!安倍さんは冤罪でも罪を認めるべき」 2017年12月10日

>報道ステーション(テレビ朝日)に元朝日新聞論説委員の稲垣えみ子が出演し「安倍総理は冤罪でも罪を認めるべき」ととんでもない主張を行った。

>完全に思考回路がバグっている。

>稲垣えみ子「大事な問題いっぱいあるのに、この問題で延々と費やされるってことが本当に国家的損失だって気がするんですよね。」

>富川悠太アナ「やっぱり一番時間を割いたのが森友・加計学園問題だっていうのは事実ですよね」

>稲垣えみ子「そうですね。まっ、これ、なんというか…認めたらいいと思うんですよ。安倍さんが指示してたとか関係してたとか別として、周りの人が勝手に忖度したとしてもそれで実際おかしな方向に色々なことが歪められていることは事実だと思うんですよね。そしたらもう忖度で物事が変なふうに進んでいくっていうこと自体がやっぱり大きな問題。忖度が暴走するっていうのが日本人の弱点。それをちゃんと認めて、二度と起きないようにきちんと検証して改めていったら本当にいいと思うんですよね。」

>富川悠太アナ「今後はしっかりしていくっておっしゃってますし、それはもちろん大事なんですけど…」

>稲垣えみ子「検証してこういうことが起きないシステムをちゃんとつくるとしたら、それは何ら恥ずかしいことではないし、むしろ政権の評価を高めると思うんです。ここまで入り口で物凄い無理して問題ない問題ないと言い続けることで、もう本当に時間が浪費されていく。虚しいというか、国のために全然なっていないじゃないかって気がするんですね」

>森友・加計学園問題については安倍総理が黒だという証拠が一切見つからず、野党がごねているだけの状態。加戸前知事の証言はなかったことにされ、前川喜平氏の推測のみが参考にされている。

>安倍総理の白が限りなく濃厚になっているこの状況で、稲垣えみ子は信じられないような言葉を発した。

>時間の無駄だというなら野党の非建設的な姿勢を批判すべきなのに、なぜ矛先を安倍総理に向けるのか。そもそも「安倍さん」と呼んでいるのも失礼。朝日新聞で報道に携わる仕事をしていた人物がここまで頭がおかしいとは…。

(以下略)





パヨ野党とパヨマスゴミが、延々とモリカケガーで引っ張っても、結局何も出ないままに。

ただ、国会を空転させただけという、国家的損失… (´▽`*) アハハン♪





時事ドットコム;政府、「森友・加計」追及しのぐ=核心なお不透明−特別国会閉幕 2017/12/09-15:22

>10月の衆院選後初の論戦の場となった第195特別国会は9日、会期末を迎えた。学校法人「森友学園」「加計学園」の問題が焦点となり、野党側は両学園と安倍晋三首相の近さから特別な配慮が働いていたと追及、一定の成果を挙げた。ただ、核心に迫ることはできず、政府側がひとまずしのいだ形だ。衆院の質問時間配分見直し問題は、与党が野党側を一歩押し込んだ。

>森友問題は本格論戦に先立ち、会計検査院が学園に対する国有地売却での約8億円値引きを「根拠不十分」とする報告書を発表。審議で政府側は、学園理事長だった籠池泰典被告に財務省の担当者が「ゼロに近い金額まで努力している」と伝えた音声データの内容を認めた。さらに、分割払いを認める異例の特約などを交わしたことも判明した。

>首相は「丁寧な説明」を約束しつつ、この件では「(財務省などから)適切に処理したと報告を受けていた」と責任を回避するような姿勢を示した。音声データは、財務省幹部が「金額には触れたが価格交渉ではない」と押し通した。学園への優遇は浮き彫りになったものの、決定過程は不透明なまま。与党側は、当時の財務省理財局長、佐川宣寿国税庁長官や首相夫人の昭恵氏の国会招致を突っぱねた。

>加計学園の獣医学部新設問題は、認可4条件の適否を政府が審査していなかった疑いが強まったが、政府側は「検討過程で異論が出なかった」と繰り返した。肝心の首相周辺らの関与に関する追及も深まらなかった。

>立憲民主党などは来年の通常国会で、森友、加計問題に加えスーパーコンピューター開発会社の助成金詐欺事件を取り上げる方針だ。同事件も政権を揺るがす可能性が取り沙汰されており、立憲の辻元清美国対委員長は3件を「もりそば、かけそば、スパゲティだ」と指摘。「麺類3点セット」を追及の軸に据えると明言した。

>従来、与野党で「2対8」だった質問時間の配分は、数に勝る与党側の意向が一定程度通り、平均で「3対7」となった。野党側はこれを「前例にしない」として巻き返す構えだ。

>一方、特別国会は会期が39日間と限られたため、与野党の対決法案の審議はほぼ持ち越された。通常国会では、働き方改革関連法案や、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が焦点となる。憲法改正論議は衆参の憲法審査会で1回ずつ行われただけで、自民党は早期の本格化を狙う。






BuzzNews.JP;長尾たかし議員が「野田中央公園」巡る朝日新聞記事に言及「全てのシナリオこの記事から始まった」 2017/12/7 11:30

>自民党の長尾たかし衆議院議員が12月7日、自身のブログをこのようなタイトルで更新しています。「隠れている事実を報道して欲しい・・・野田中央公園のこと」。

>長尾議員は「すべての”シナリオ”はこの記事から始まりました」として朝日新聞が2月9日に伝えていた「学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か」を取り上げ、この記事に対し「火をつけた」と表現。

>野田中央公園の土地取得において豊中市に対しては国から合計14億円もの補助金や交付金が支払われていたと指摘する長尾議員は、森友学園への国有地売却が朝日新聞の言う「近隣の1割」という表現についてこう語っています。

>長尾「つまり豊中市は、実質約2,300万円で購入したということになります。森友の価格が約1億3,400万円ですから、それよりも安かったということになります。」

>こうした事実を朝日新聞が知っていたかどうか「私にはわかりません」と述べる長尾議員は朝日新聞に対し印象操作だとの指摘を否定するならばしっかり取材し隠れている事実も報道して欲しい、と要求していますが、同時に野田中央公園の土地に関してはこのようなに意味深な書き方でブログを締めていることから、注目を集めそうです。

>長尾「尚、掘れば掘るほど、”いろいろな物質”が出てくるという訳ありの土地。国としては一刻も早く手放したかったのかもしれません。この補助金が交付された当時の政権は民主党政権で、売主である国交省の大臣は前原誠司氏、副大臣は辻元氏と馬淵氏。いい仕事をしていらっしゃるのですから、当事者はこれら経緯のすべては既にご存知だった筈と理解しております。」

>今回、長尾議員が取り上げた2月9日の朝日新聞記事については11月30日にも自民党の青山繁晴参議院議員が予算委員会で同じ論点から「僕は記者出身者としても一種の誤報だと思う」と指摘していました(関連記事参照)。

>また野田中央公園用地を巡る豊中市への土地売却における不透明性については12月5日に日本維新の会・足立康史衆議院議員が総務委員会で取り上げたばかり(関連記事参照)であるなど最近、再び関心を呼んでいる話題となっていますが、野田中央公園用地取得における豊中市の実質負担額が少なかったと国会で明らかになったのは朝日新聞の報道から2週間後の2月23日、衆議院予算委員会分科会における維新の木下智彦前議員の質疑においてでした(関連記事参照)。

>長尾議員はブログ更新を伝えたFacebookで森友学園問題やその報道に関連する諸問題について「シリーズで整理しようかと思っておりました。今回はその第一弾です」としていることから、今後の追及が期待されます。
















朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース -
朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ新田 哲史 宇佐美 典也

ワニブックス 2017-08-28
売り上げランキング : 16259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する 習近平の悲劇 悲しいサヨクにご用心! 変見自在 トランプ、ウソつかない 沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮







posted by kwazz at 18:41| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

テレビメディアそのものが、オワコンだから…w

日刊ゲンダイ;最高裁が受信料「合憲」 金満NHKの超厚遇に拍車がかかる 2017年12月8日

>「テレビを設置したら、NHKと受信契約を結ばなければならない」と定めた放送法が、憲法に違反するかが争われたNHK受信料裁判。6日、最高裁大法廷は、受信料支払い義務を合憲とする初の判断を示した。

>2016年度のNHKの事業収入は7073億円だが、約96%に当たる6769億円が受信料収入だ。これからは、国民が家にテレビを置けば、有無を言わさず、NHKに受信料を払わされることになる。支払いを拒めば裁判所は「払え」と判決する。最高裁の合憲判決で、NHKはさぞウハウハに違いない。

>昨年度末の受信料の推計世帯支払率(全国平均)は78.2%。すでにかなりの率で受信料を集めている。現在、NHKは200億円ものカネを貯めこんでいる。

>フザケているのは、金満なのをいいことに、職員が高額の報酬を受け取っていることだ。

>NHKによると、会長の年間報酬は3000万円を超え、11人いる副会長や理事らも2000万円台。一般の職員も30歳を越えると1000万円の給与をもらっている。表向き、大卒モデル年収は30歳で532万円、35歳で669万円と公表しているが、実際には“手当”を乱発し、国民から徴収した受信料を職員に分け与えているという。

>1986年から約10年間、NHKで記者、経理職をしていた葛飾区議の立花孝志氏がカラクリをこう指摘する。

>「私は35歳の時、1150万円もらっていました。NHKが公表しているのは、最低ラインの数字です。これに残業代や各種手当が加わります。住宅補助、単身赴任はもちろん、北海道なら寒冷地手当、物価の高い都市部勤務者には地域間調整手当があります。海外赴任している職員の国内に残留している家族には10万〜15万円の手当があります。残業の割り増しは30%、休日出勤は40%です。一般的には25〜35%ですから、極めて厚遇です」

>「国営放送」でなく、「公共放送」でありながら、安倍政権ベッタリの放送を繰り返すNHKに対しては、「番組が偏向しているから受信料を払いたくない」という声も根強い。しかし、最高裁判決が出たことで、国民は抵抗の手段を失ってしまった。

>その結果、ますますNHKの金満に拍車がかかり、職員が肥えていくことになる。





地デジ完全移行で、地デジ対応せずにNHK解約した我が家、勝ち組だな… ( ̄ー ̄) フフフッ
























徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり小川 榮太郎

青林堂 2017-11-21
売り上げランキング : 230

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 月刊Hanada2018年1月号 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本は誰と戦ったのか 永田町アホばか列伝 変見自在 トランプ、ウソつかない 報道特注(本) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 パヨクニュース2018 チバレイによるパヨクなニュース50選!







posted by kwazz at 17:56| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

納得できない、ってゆぅかぁ…。

TBS NEWS;JNN世論調査、森友問題の政府説明「納得できない」8割超す 4日 1時33分

>森友学園への国有地売却問題をめぐり、先週、国会審議が行われましたが、政府の説明に「納得できない」とする人が8割を超えていることがJNN世論調査でわかりました。

>安倍内閣の支持率は、先月の調査結果より0.4ポイント減って52.7%と、ほぼ横ばいでした。不支持率は0.1ポイント減って45.7%でした。

>森友学園への国有地売却問題では、会計検査院がおよそ8億円の値引きについて「十分な根拠が確認できない」と報告したことなどをめぐり、先週、国会審議が行われましたが、政府の説明に「納得できない」と答えた人は81%に上りました。「納得できる」は10%でした。

>また、森友学園や加計学園の問題を来年の通常国会でも審議すべきかどうか聞いたところ、「引き続き審議すべき」と答えた人は55%で、「審議する必要はない」は39%でした。

>先週の衆議院予算委員会では、与野党の質問時間の配分がこれまでの「与党2」「野党8」から「与党5」「野党9」に変わり、与党の質問時間が増えました。この配分についてどう思うか聞いたところ、「与党が多すぎる」と答えた人は48%、「今回の割合で問題ない」が34%、「野党が多すぎる」は6%にとどまりました。

>天皇陛下の退位が先週開かれた「皇室会議」で再来年の4月30日に決まったことについて、「良かった」と思う人は74%でした。

>先週、2か月半ぶりに北朝鮮が弾道ミサイルを発射しましたが、最近の北朝鮮の動向についてどう思うか聞いたところ、「非常に不安を感じる」「多少は不安を感じる」が合わせて91%に上りました。

>希望の党は、小池代表が辞任し玉木共同代表が代表に就任しましたが、玉木氏率いる希望の党に期待するか聞いたところ、「期待しない」と答えた人が77%でした。





そもそも、モリカケの何が問題なのか。

実のところ、その根本のことですらよく分からない。

というのが、現状ジャマイカ… (´▽`*) アハハン♪





BuzzNews.JP;森友納得出来ないのなら「仕方ない」足立康史議員が国会で「野田中央公園」を取り上げると予告 2017/12/4 12:30

>日本維新の会・足立康史議員が12月4日、Twitterで「明日の衆院総務委で野田中央公園について取り上げる」と語り、反響を呼んでいるようです。

>足立議員は12月4日TBSニュースが世論調査の結果として森友学園問題における政府の説明に「納得出来ないと答えた人が81%に上りました」と報じたことを受ける形でTwitterでこのように発言。

>足立「仕方ないなあ。明日の衆院総務委で野田中央公園について取り上げる。」

>野田中央公園を巡っては11月30日にも、参議院予算委員会で自民党の青山繁晴議員が2月9日に朝日新聞が「学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表 近隣の1割か」として報じていた点を取り上げ「僕は記者出身者としても一種の誤報だと思います」と指摘していたばかりだった(関連記事参照)ことから朝日新聞報道との兼ね合い、という意味で関心が集まっていますが、それだけではありません。

>立憲民主党の辻元清美衆議院議員が11月17日に自身のブログで「足立議員のいう『辻元清美の疑惑』は全てデマ(第三者検証証拠あり)」と主張していたのに対し、足立議員が11月29日、ツイートを連投して野田中央公園問題についてこのように述べ、辻元議員の名前を出していたためです(関連記事参照)。

>足立「辻元議員は、野田中央公園に係る豊中市への補助金は2009年政権交代前夜の、あくまでも自民党政権時のものだと言い張ってますが、違います。制度の創設は自民党政権時の補正予算でも、豊中市に14億円を審査・交付したのは2010年2月3月。担当副大臣は辻元清美氏、担当政務官は長安豊氏。」

>足立議員は辻元議員に対して説明責任を果たすよう求め「野田中央公園に係る自分の疑惑についても封印しようとしている」と厳しく批判していたことから、今回の野田中央公園を国会で取り上げると予告した件が、辻元議員への言及を含むのかどうか、注目を集めている形です。

>足立議員は11月23日にも辻元議員に関する内容を衆議院予算委員会で「やります!」と予告していましたが、この時は「維新は予算委一人なので、今回は立てません。次の機会に!」と延期していました(関連記事参照)。

>今回の予告に対しては「応援しています」「頑張ってください」など前向きな反応が相次いでいる他、81%が森友学園問題に納得していないという現状を打破するために、政府を追及するというこれまでの野党の手法とは異なる切り口で別の角度から森友学園問題を検証して欲しい、という期待感にもつながっているようです。






siji_1712.jpg







報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか西村幸祐

イースト・プレス 2017-11-26
売り上げランキング : 2020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 変見自在 トランプ、ウソつかない 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本は誰と戦ったのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 報道特注(本) 真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任 月刊Hanada2018年1月号







posted by kwazz at 18:26| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己紹介乙!

BuzzNews.JP;山口二郎教授が広がる暴言を分析「SNSで過激な言葉使って感情むき出しに注目集めたい炎上商法」 2017/12/3 16:30

>Twitterで「安倍を持ち上げるのはゴミみたいな連中」と述べていたことが批判を浴びている法政大学教授の山口二郎氏が、12月3日にテレビ番組でネットに広がる暴言についてコメントしていました。

>これはTBS系「サンデーモーニング」の「風をよむ〜”失われゆく言葉の重み”〜」のコーナーでのこと。「体がでかいから普通のことがあまりできない」「何であんな黒いのが好きなんだ」など自民党議員による物議を醸した発言を紹介した後に、「こうした思慮を欠いた発言は、実は今、政治家だけに限らない」として山口氏がVTRで登場。

>山口氏は思慮を欠いた発言が広がる現象について「従来家の中でしか言えなかったことを外でも平気で言っちゃってる」と指摘、その理由を「他人に対して思いやりを持つとか、弱い立場の人に共感するといった余裕がなくなってきた」からだ、と分析していました。

>山口「最近の日本の政治やあるいは社会を見ていると、従来家の中でしか言えなかったことを外でも平気で言っちゃってるという類の失言・暴言こういうものが目立つようになるわけですよね。社会の雰囲気が、やっぱり変わってきた。他人に対して思いやりを持つとか、弱い立場の人に共感をするといった余裕がなくなってきた」

>その上で乱暴な言葉が社会にあふれる背景について山口氏はSNSに言及、過激な言葉を用いて感情をむき出しにしてでも注目を集めたいという「炎上商法」「確信犯的な言動」も影響しているとの見解を示していました。

>山口「やっぱりSNSっていうかな、ネットという伝達手段。本音を直に社会全体にぶちまける。人々から攻撃を受けることを承知の上で過激な言葉を使う。感情をむき出しにして、それでもみんなの注目を集めたいっていういわゆる炎上商法、確信犯的な言動をする人が出てくる」

>山口氏は「安倍を持ち上げるのはゴミみたいな連中」という発言が炎上の最中にあることから(関連記事参照)、今回のコメントは話題になりそうです。尚、番組では山口氏によるコメントの後、ナレーションがこう語っていました。

>ナレーション「ネット上で公然と語られる、人間性を疑うような言葉。それは、否応なく、社会そのものに、影響を与えます。」





言ってることが、まんま、ブーメラン… (*´∇`) アハハ





山口二郎
@260yamaguchi


>安倍を持ち上げる連中は、何でかくもゴミみたいな連中なのだろうか。安倍という人は自分の周りにゴミがうずたかく積みあがっても平気だからとしか思えない。





tbs_001.jpg







徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり小川 榮太郎

青林堂 2017-11-21
売り上げランキング : 245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本は誰と戦ったのか 月刊Hanada2018年1月号 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 報道特注(本) 永田町アホばか列伝 変見自在 トランプ、ウソつかない 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』







posted by kwazz at 05:31| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

流行語大賞そのものが、フェイクだから…w

netgeek;流行語大賞を受賞した准教授「フェイクニュース対策を朝日新聞と研究しています」←ギャグかな 2017年12月2日

>流行語大賞トップ10入りを果たした「フェイクニュース」で賞を受賞した明治大学の清原聖子准教授(情報コミュニケーション学部)のコメントに奇妙な紹介が混じっていた。

>「フェイクニュースに惑わされない方法を朝日新聞の協力で…」

>清原聖子准教授「フェイクニュースという流行語の受賞者に私が選ばれるとは思っていませんでした。ただ、ゼミの学生と一緒に行っているフェイクニュースの調査研究が評価されたということだったのでとても嬉しく思っています。ゼミ生も喜ぶと思います。フェイクニュースという言葉はアメリカでは昨年の大統領選の頃から話題になっていました。アメリカ政治研究者として私はその頃から注目していました。それで今年はゼミの学生とともに学生が参加できる形の調査としてフェイクニュースに惑わされない方法をまとめたいと思ってプロジェクトを進めています。最後に、このプロジェクトには朝日新聞とヤフーニュースの関係者の方にも協力を頂いておりますのでここでお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました」

>途中まではごく普通の挨拶だったのに、最後の一言で台無しに。清原聖子准教授が「朝日新聞と」という言葉を発した瞬間にコメント欄ではツッコミの嵐が起こる。

>アナウンサー「具体的にはどういうデータの集め方をなさっているんですか?」

>清原聖子准教授「学生自身がフェイクニュースに惑わされない目を養いたいので、学生にまず怪しいと思う情報、間違っていると思う情報をネットで検索してもらってサンプルを集めています」

>いや、しかし朝日新聞がどのような形で協力しているかは分からない。きっと反面教師としての研究対象ということなのだろう。そういう意味で皮肉としてお礼を伝えた。…そうであってほしい。

>清原聖子准教授の思想を調べたところ、トランプ大統領が嫌いでメディア寄りという印象を受けた。

>コラムの内容を簡単にまとめると以下の通り。

・トランプ大統領はTwitterで扇動的なツイートをして注目を集める炎上マーケティングで成功した

・炎上マーケティングは対処が難しい

・ここで大事になるのはメディアのチェック機能

・メディアがおかしいことを「おかしい」と批判し続けられるかが大事だ

>言うまでもない当たり前のことを長々と書いているという印象。メディアの本来の役割の重要性を指摘しているが、今はマスコミの偏向報道が問題視されている局面なわけで、トランプ大統領が直接情報を発信するのはその対策も兼ねてのこと。

>トランプ大統領が間違っているという前提でコラムを書くのではなく、メディアが間違っているという前提で書くとより深い洞察が展開できるのではないか。少なくとも今の時代、読み手や研究のニーズがあるのはそちらのほうだと思う。





パヨクに忖度し、流行ってることにしたい言葉大賞… (´▽`*) アハハン♪

ぱよぱよち〜ん♪





netgeek;ユーキャン流行語大賞「フェイクニュースがFacebookで拡散され、マスコミがファクトチェックする」←逆だよ 2017年12月2日

>ユーキャン流行語大賞のコメントは一体誰が考えているのか。アナウンサーが次々ととんでもない原稿を読み上げる。

>この記事では「フェイクニュース」授賞時の様子をまとめた。

>女性アナウンサー「インターネット上ではフェイクニュースが蔓延しているという。フェイクニュースには大まかに分類すると、シャレやパロディを狙ったもの、知識不足による信頼に値しないもの、広告収入を目的としたもの、組織的なプロパガンダがある。今年これに自分の都合の悪い情報をフェイクだと決めつける新しい使い方をアメリカ大統領が実践することですっかり一般にも周知されることとなった」

>まずここで重大な事実誤認がある。トランプ大統領が「フェイクニュース」という言葉を使ったのはメディアを非難するときであり、都合の悪い情報から目を背けるためではない。

(中略)

>女性アナウンサー「フェイクニュースによる風評被害は深刻で世論を危うい方向に動かす危険性もある。報道機関がファクトチェックを行うなど、対策に乗り出してはいるが、溢れるばかりの情報量で、撲滅するのは難しいだろう。フェイクニュースの拡散の場となっているFacebookはAI技術で対抗しようと対策を進めている。膨大な投稿をAIがフィルターするのだそうだ。AIが進化すると物事の真実をAIが選別する時代になるのだろうか。そうなったら政治家の答弁や公約はどう判断されるのかな」

>Facebookで拡散されるのはマスコミの捏造・偏向報道を正す記事であることが多い。もちろん中には誤報もあるだろうが、報道機関は絶対的に正しいという前提で現状を分析するのは無理がある。

>最後にnetgeek編集部からユーキャン流行語大賞に豊田真由子議員のあの名言を贈って締めておきたい。

>「ち〜が〜う〜だ〜ろ〜!このハゲーーーーーッ!!!!!」













徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり小川 榮太郎

青林堂 2017-11-21
売り上げランキング : 322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 月刊Hanada2018年1月号 日本は誰と戦ったのか いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 報道特注(本) 永田町アホばか列伝 変見自在 トランプ、ウソつかない 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』







posted by kwazz at 05:03| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

ブーメランで、身動きできなくなっちゃった?

産経ニュース;「朝日新聞は捏造、誤報、偏向のオンパレード」 維新・足立康史氏、衆院憲法審で 2017.11.30 13:06

>日本維新の会の足立康史衆院議員は30日の衆院憲法審査会で、安全保障関連法や森友、加計学園問題に触れ「マスメディアは偏向、中でも朝日新聞は捏造、誤報、偏向報道のオンパレードだ」と述べた。

>憲法改正の国民投票の際の情報公開に関する発言で「メディアを正すか信頼度を欧米並みに下げることこそ、国民投票に必要な環境整備だ」などと持論を展開した。

>このほか「平和安全法制を野党は『戦争法』と呼び、共謀罪を政権が『テロ等準備罪』とするなど政争に明け暮れてきた」と発言した。

>足立氏は今月、朝日新聞の社説を巡ってツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿している。





一方的にフェイクニュースを垂れ流せる時代は、終わったね… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





netgeek;足立康史が攻撃再開「朝日新聞は捏造・誤報・偏向報道のオンパレード」 2017年12月1日

>朝日新聞に対する暴言が問題視され、一度は謝罪した足立康史議員(日本維新の会)が再び朝日新聞への攻撃の手を強めている。

>前回までの流れ。

>足立康史議員は自身の発言について表現が不適切だったと認め、お詫び行脚を行った。しかし、その際も全てを謝罪するのではなく、とりわけ辻元清美議員の謝罪要求は拒否。朝日新聞については「今後は『朝日新聞、廃業しろ』と言い続ける」と宣言していた。

>さて、ここからは足立康史議員の衆院・憲法審査会での最新の発言を紹介したい。

>「朝日新聞は捏造・誤報・偏向報道のオンパレード」

>足立康史「キャメロン前首相との懇談の際に私が『マスメディアに対する不満はないのか?』と問うたのに対し、キャメロン前首相は『政治家がマスメディアに対して文句を言うのは農家が天気に文句を言うようなものだ』とおっしゃいました。これは英国人はマスメディアの情報をころころ変わるお天気のようなもの程度としか信用していないということの裏返しでもあるということです。ある民間機関の調査によると主要メディアへの信頼度は日中韓といったアジア諸国では高く、欧米諸国では低い。日本では7割がマスメディアを信頼しているのに対し、英国ではわずか14%にとどまるのだそうです」

>ここまで話の構成をうまくまとめている足立康史議員。ここからさり気なく朝日新聞批判に繋げる。

>足立康史「かつての平和安全法制、最近の森友・加計学園問題にかかるマスメディアの偏向ぶり。中でも朝日新聞の捏造、誤報、偏向報道のオンパレードを見るにつけ、マスメディアを正すか、あるいはマスメディアの信頼度を欧米並に引き下げるか、いずれかに取り組むことこそ、憲法改正に向けた重要な環境整備だと考えます」

>足立康史議員のこの発言は「また朝日新聞批判」としてマスコミに取り上げられた。だが、足立康史議員は今度は強気だ。

>あくまで事実を指摘しただけだから問題ないという姿勢。この負けん気の強い対応にネット上は大盛り上がり。かねてより朝日新聞の報道姿勢に怒りを感じてきた人たちはここぞとばかりに足立康史議員を応援する。

>一方で朝日新聞は抗議の申入書を送付したばかり。また何らかの新たな動きがないか注視していきたい。






産経ニュース;【阿比留瑠比の極言御免】財務省「忖度説」の破綻くっきり 固執する朝日新聞が書くほど浮き上がる別の構図 2017.12.1 01:00

>安倍晋三首相は30日、自身のフェイスブック(FB)上に、自民党の和田政宗参院議員が11月25日にFBに投稿した記事をシェア(共有)して掲載した。その書きだしはこうである。

>「朝日新聞はこのまま開き直るのだろうか」

>学校法人「森友学園」の小学校設置趣意書が、朝日が報じていた「安倍晋三記念小学校」ではなく、「開成小学校」だった問題に関する感想である。安倍首相も同感だったのだろう。

>和田氏はまた、朝日がすでに信頼性が疑われていた籠池泰典前理事長の証言をうのみにし、報道したことについてこう記した。

>「提出した設置趣意書のコピーを籠池氏は持っているはず(当たり前のこと)で、朝日新聞はそれを確認せずに報道した。まさか『それでも報道してしまえ』と、意図的なものでもあったのだろうか?」

>■ストーリーに固執

>朝日報道の「意図」を指摘するのは、別に和田氏に限らない。紙面をちょっと読めば、火を見るより明らかなことだからである。

>例えば11月28日付朝刊1面トップの主見出しは「録音内容 政府認める」、11月29日付朝刊1面トップのそれは「森友ごみ協議 音声認める」だった。

>ともに森友学園への国有地売却問題で、財務省と籠池氏側が地中のごみに関して協議した件である。2日続けて開き直ったように同じ案件を1面トップに据え、同じ「認める」との表現で政府が追い詰められたかのように強調した。

>さらに11月29日付の社説はこの問題にかかわる衆院予算委員会の質疑を取り上げ、こう書いていた。

>「学園の籠池泰典前理事長らと交流があった安倍首相の妻昭恵氏への忖度は、あったのか否か。肝心な点の解明が依然として進まなかった」

>相変わらず、財務省が安倍首相側に「忖度」して土地を格安で売却したというストーリーに固執している。だが、朝日が書けば書くほど、国会で野党が追及すればするほど浮かび上がってきたのは、違う構図ではないか。

>「0円に近い形で払い下げをしてもらいたい」

>「1億3千万がうんぬんよりも、ぐーんと下げていかないかんよ」

>朝日記事によると、籠池氏は財務省側にこう強気で要求している。地中に大量のごみが埋まっていることを、当初はきちんと説明していなかった財務省側がこれをもてあまし、ワケありの場所だったこともあり、ずるずると値引きに応じてしまったのだろう。

>昭恵氏への忖度で安く払い下げたというより、籠池氏の「恫喝」に、一刻も早く問題物件を売り払いたい財務省が屈したというのが本当のところではないか。そこがより明確になってきた。まして安倍首相の関与など、影も形も見えない。

>■カケ→モリに重心

>朝日はここのところ、森友学園ではなく加計学園の新獣医学部設置問題に執心していた。それが急に森友問題追及へと重心を移したのはなぜか。

>朝日は文部科学省の文書にある「総理のご意向」という文言は、飽くことなく繰り返してきた。一方で、同文書にある「〜という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか」という論調に合わない部分は決して報じようとしないことが、広く知られてきたこととの関係が注目される。

>読売新聞は11月28日付社説で、自民党の菅原一秀氏が11月27日の衆院予算委でこの部分を取り上げたことについてこう主張した。

>「『これは、首相からの指示がないということではないか』との菅原氏の指摘はうなずける」

>財務省の「忖度説」をはじめ、朝日による一連のモリカケ疑惑報道の破綻がはっきりしてきたように思える。(論説委員兼政治部編集委員)













永田町アホばか列伝
永田町アホばか列伝足立 康史

悟空出版 2017-10-17
売り上げランキング : 95

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道特注(本) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 月刊Hanada2017年12月号 コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) 月刊Hanada2018年1月号 変見自在 トランプ、ウソつかない







posted by kwazz at 05:09| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

それでも、偏向報道やりたい放題…w

産経ニュース;朝日新聞の「総理のご意向」報道に与党が逆襲! 菅原一秀氏「わざと隠したんでしょうかねぇ」 2017.11.27 19:52

>「わざと隠したんでしょうかねぇ」−。自民党の菅原一秀氏は27日の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題について「新学部『総理の意向』」と報じた朝日新聞の報道(5月17日付朝刊)に疑問を投げかけた。

>朝日が報道の根拠とした文部科学省の文書は、同省が6月15日、省内調査の結果として公表した。ただ、文書中の「『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか」という部分は、朝日の記事に添えられた写真では影が落とされ読めなくなっている。

>菅原氏は「これはすなわち『指示がない』ということではないか。朝日新聞はわざと下のほうを隠したんでしょうかねぇ」と首をかしげた。その上で「総理の意向があって困っているのではなくて『意向がなければ困る』『あったらありがたい』という状況だったのではないか」と指摘した。

>文科省の担当者は「安倍晋三首相や官邸から指示はなかったと認識している」と重ねて説明した。





例によって、テレビメディアでは、報道しない自由… (´▽`*) アハハン♪





BuzzNews.JP;自民・菅原一秀議員が国会で朝日新聞批判「フェイク発言そのまま載せるとフェイクニュースになる典型」 2017/11/27 15:00

>11月27日の衆議院予算委員会で、自民党の菅原一秀議員が森友学園・加計学園問題を巡る朝日新聞の報道姿勢を批判する場面がありました。

>「フェイク発言そのまま載せるとフェイクニュースになるという典型」

>菅原議員はまず森友学園問題についての質問の中で、設置趣意書に「安倍晋三記念小学校」ではなく「開成小学校」と書かれていた点を取り上げ、朝日新聞が5月9日に籠池氏の発言をそのまま載せていた記事を「フェイクの発言をそのまま載せるとフェイクニュースになるという典型」と指摘。

>続けて朝日新聞の記事だけでなく野党議員に対しても「フェイクの発言に基づいて質問していたことが国民を間違った方向にミスリードしてきた」と非難し「猛省して欲しい」と求めていました。

>また菅原議員は加計学園問題への追及の中でも、朝日新聞が「新学部『総理の意向』」として報じていた記事を取り上げ、問題の文書には「総理からの指示に見えるのではないか」と書かれていた点について「これ即ち総理からの指示がないってことじゃないですか」と述べ、朝日新聞が紙面では文書の一部を見えづらくしていたことを「わざと下の方隠したんでしょうかねぇ」と疑いの目を向けていました。

>菅原議員が今回取り上げた5月17日の朝日新聞記事に対しては、11月15日の文部科学委員会でも日本維新の会・足立康史議員が「ねつ造」と表現して注目を集めたばかりでした。

>足立「諮問会議の決定という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか、と書いてあるんです。総理からの指示ではないが、こういう形にすれば総理からの指示があったように見えるよね、と書いてあるんですよ。これを見た朝日新聞社が、こういう記事を一面で出すというのはこれねつ造と言うんですよ。」

>菅原一秀議員の発言

>菅原「ここでちょっと話変えますけど、先週の22日、森友学園から提出された設置趣意書。これに関して神戸の大学の教授から情報開示請求が出てまして、それに対して近畿財務局から開示をされたわけでありますが、この中にはですね、5月9日朝日新聞のインタビューで籠池氏がですね、設置趣意書に書かれた小学校の名前は安倍晋三記念小学校と、こういうふうに言ってるんですね。ところが、この設置趣意書には実際には開成小学校。開成に小学校などあったのかな、と思ったんですが、この朝日新聞ではですね、籠池氏のこの発言。安倍晋三記念小学校ってそのまま載せてるんですよ。言ってみればフェイクの発言をそのまま載せるとフェイクニュースになる、という典型であるわけでありまして、言ってみればこれは、籠池氏が自分が総理とは近いんだということを言いたかった。しかしながらここに表れているように籠池氏は平気でウソをついて、総理の名前を一方的に勝手に使って交渉を有利に進めようとしたということが窺われるわけであります。しかしながらですね、一連の半年間の議論を聞いてると野党の方々はですね、このフェイクの発言に基づいて質問したり、そういったことが結局間違った方向に国民をミスリードしてきた。これはやっぱり猛省して欲しいと思いますね。この問題は籠池氏が今、捜査中で司直の手に委ねられてますから、今後またいろんなことが、全容が明らかになってくるんじゃないかな、と思います。音声データの方に話を戻しますが(以下略)」

(中略)

>菅原「先程梶山大臣も、法律で厳格に公募手続きをやった、という話がありました。しかしそのオープンなプロセスに水を差すような文書が出てきたんですね。5月17日。朝日新聞が掲載した、総理の意向と書いてある文書であります。この総理の意向って書いてあるんですけど、この朝日新聞の文書。お手元に資料あると思うんですが、6月に松野前文科大臣が省内でこの文書を2回、調査をしたと思うんですが、200万件くらいから出てきたこの文書とこの朝日新聞の記事は同じものと考えていいんでしょうか、文科省。」

>文部科学省総括審議官「お答え申し上げます。ご指摘の大臣ご確認事項に関する内閣の回答という文書に関してでございますが、本年6月15日に結果を発表しました文部科学省による追加調査で存在が確認された文書は、報道された文書と比べまして下線があるなど様式は異なりますが、文書の内容は同じであると確認しております」

>菅原「今、答弁にあったように、この朝日の記事とですね、この文科省の200万から出てきた資料。これ内容は一緒だと。特によく見るとですね、文科省で出てきた方は小見出しがあって、朝日の方は小見出しがない。微妙に違う。でも内容は一緒だ、とするならばですね、この朝日の下の方にこの文科省の内閣府の取扱、国家戦略特区諮問会議決定という形にすれば、総理は議長なので総理からの指示に見えるのではないか、これ即ち総理からの指示がないってことじゃないですか。ないってことですね?なのに、総理からの、上の方にはですね、総理のご意向だと聞いている。一方で見えるのではないか。よくわからない。朝日新聞これわざと下の方隠したんでしょうかねぇ。この、文科省の文書に則って読むとですね、いろいろ私も考えをめぐらしたんですけれども、文科省は総理の意向があって困ってんじゃなくて、逆に当時の文科省の現場が総理の意向がなければ困る、あるいはあったら有り難い。そういう状況にあったんじゃないか。こんな勘ぐりも出てくるわけなんですね。この文科省に聞きたいんですけど、総理からの働きかけ、あったんですか?」

>文部科学省高等教育局長「お答えいたします。今回の獣医学部の新設につきましては国家戦略特区を所管する内閣府を中心に段階的にそのプロセスを進めてきたところでございまして、国家戦略特区の枠組みの中で関係法令に基づき関係省庁の合意のもとで進められてきたものと理解しております。また、松野前文部科学大臣から7月24日の衆議院予算委員会で答弁を総理官邸から私に指示があったことはないと答弁されているように、獣医学部設置に関しまして総理や官邸から文部科学省に対し指示はなかったと認識しております」






netgeek;「朝日新聞のフェイクニュースだった」ついに国会で名指し 2017年11月27日

>朝日新聞が「安倍晋三記念小学校」と報じてしまった誤報について菅原一秀議員(自民党)が国会で「朝日新聞のフェイクニュースだった」と発言した。

>直球の名指し。

>菅原一秀「森友学園から提出された設置趣意書。5月9日、朝日新聞のインタビューで籠池氏が『設置趣意書に書かれた名前は安倍晋三記念小学校』と言っているんですね。ところがこの設置趣意書には実際には『開成小学校』。朝日新聞は籠池氏の発言『安倍晋三記念小学校』をそのまま載せているんですよ。言ってみればフェイクの発言をそのまま載せるとフェイクニュースになるという典型です。籠池氏は自分が総理に近いんだと言いたかった。籠池氏は平気で嘘をついて総理の名前を勝手に使って交渉を有利に進めようとしたということが窺えるわけです。しかし、野党はこのフェイクの発言を元にして質問して国民をミスリードしてきた。これはやっぱり猛省してほしいと思いますね」

>菅原一秀議員の発言の意図は野党を批判することにあるのだろうが、それでも話の中で「フェイクだった」と指摘された朝日新聞にとっては大変不名誉なことに違いない。

>一方、朝日新聞は謝罪もなく、ちょろっと説明しただけ。

>また、朝日新聞ウェブ版でも「開成小学校」という名前を紹介するだけで、謝罪の言葉はなし。

>籠池理事長に加担して安倍総理に冤罪を押し付けた加害者なのに淡々と事実のみを書いているのはおかしい。道理が通らない朝日新聞の行動に多くの人が怒っている。

>自民党の和田政宗議員は怒りを露わにする。

>朝日朝刊。『「開成小学校設置趣意書」となっていた。校名などが当初黒塗りになっていたため、朝日新聞は籠池氏への取材に基づいて籠池氏が「安倍晋三記念小学校」の校名を記した趣意書を財務省近畿財務局に出したと明らかにした、と5月9日付朝刊で報じた』。それで終わり?http://digital.asahi.com/articles/ASKCS5QVLKCSUTFK00Q.html
8:26 - 2017年11月25日

>朝日新聞はこのまま開き直るのだろうか。森友の設置趣意書が「開成小学校」だった件。提出した設置趣意書のコピーを籠池氏は持っているはずなのに、朝日はそれを確認せず報道。やるべきことをやらずに報道。福島伸享氏も質問者として籠池氏の証言に頼り客観的裏付けを取らず質問。その姿勢はどうなのか
16:00 - 2017年11月25日

>朝日新聞の今回の大失態については麻生太郎氏も「あんたのところが煽ったんだろ?素直に認めろや」と記者に詰め寄った。

>もちろんメディアが間違うことはあるが、朝日新聞がここまでバッシングされるのは偏向報道があまりにも酷いから。「朝日新聞は報道テロリスト」「朝日新聞がやっているのは報道テロ」、「記者というかテロリスト」、そんな指摘もネット上で飛び交っている。



















報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか
報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか西村幸祐

イースト・プレス 2017-11-26
売り上げランキング : 863

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 日本は誰と戦ったのか 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 変見自在 トランプ、ウソつかない 月刊Hanada2018年1月号 1冊丸ごと 百田尚樹 (『月刊Hanada』セレクション) リベラルの自滅: 「日本再発見」講座III 報道特注(本)







posted by kwazz at 05:18| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

疑惑はさらに深まった(きりっ)!

KSL-Live!;速報!野党終了か?森友の設置趣意書に安倍晋三記念小学院の名称は無かった?和田政宗議員がコピーを公開 2017.11.22

>自民党の和田政宗参院議員は22日、森友学園の小学校設置趣意書のコピーをツイッターで公開した。野党が国会で追及した際にはタイトルの校名部分が黒塗りで、そこには「安倍晋三記念小学院」の名称が記載されていたと言われていたが、和田政宗議員が公開した文書では別の名前「開成小学校」と記載されていた。

>和田政宗議員はツイッターで以下のように野党を批判している。

>和田政宗「森友の小学校設立に際し設立趣意書に籠池氏が「安倍晋三記念小学校」と記載したと話してきたが、全くの嘘だと判明。この籠池氏の証言を元に民進党福島伸享議員(当時)が質問したが、全く嘘の情報を信じ込み、さも本当に書かれているかのように質問した。当時の民進党執行部の責任は問われないだろうか」

>寄付金集めでのみ首相の名前を使用?

>5月8日の衆院予算委で民進党の福島伸享議員(当時)は、森友学園から近畿財務局に提出した「未利用国有地等の取得等要望」の中の設置趣意書で、タイトルが黒塗りになっている事の法的根拠を佐川理財局長に質問した。

>佐川理財局長は「学校法人のノウハウ等に関する情報が公になる。(文中に)学校としての今後の経営方針等が書いてあるため、タイトルを含め一体として学校の経営方針ということで非開示情報にした」と答弁したが、福島伸享議員はこれに対して「タイトルが籠池氏によると「安倍晋三記念小学院設立設置趣意書」であった」とし、佐川理財局長の答弁を批判するように「まさに安倍晋三という名前が特例を得るためのノウハウになっているから示せない」と指摘していた。

>また、朝日新聞は、この件に関して以下のように報じている。

>学園の籠池泰典・前理事長は8日夜、取得要望書類として提出した小学校の設立趣意書に、開設予定の校名として「安倍晋三記念小学校」と記載したことを朝日新聞の取材に認めた。

>今回、和田政宗議員が入手した設置主意書が正しいものだとすれば、野党も朝日新聞も籠池氏の嘘を鵜呑みにして、延々と国会で安倍首相の「特例」「忖度」だとバッシングしていたことになる。

>この籠池氏の証言が嘘とすれば、その意図は明白だろう。

>無断で「安倍晋三」の名前を使って寄付金を集めていたことに関して、その名称が設置主意書に記載された「仮称」であったと言っておけば「寄付金詐欺」の疑いから逃れることが出来るからだ。これに関しても、野党やメディアが安倍首相や夫人関与の根拠としていたが、その論理は完全に崩壊した。

>今後の和田政宗議員の追及が注目される。





ボロがボロボロ出てきちゃっても、すでにコブシの落しどころも見つからず。

引くに引けない、捏造マスゴミと民共合作クズ野党… (´▽`*) アハハン♪












徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 月刊Hanada2017年12月号 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 「小池劇場」が日本を滅ぼす 月刊WiLL (ウィル) 2017年 12月号 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) それでも反日してみたい







posted by kwazz at 04:48| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

もう、賞味期限切れの話題だろ…w

現代ビジネス;加計学園報道、もうマスコミは「敗北」を認めた方がいい 間違った指摘を繰り返すなら意味がない 橋 洋一 2017.11.13

>さすがに黙っていられない

>文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が、11月9日、加計学園の獣医学部新設計画に対し「可」とする答申を行った。

>それに対して、マスコミがいろいろと報道をしているが、未だにお粗末であるから嘆かわしい。筆者は過去に何度も加計学園についての「疑惑報道」の問題点を指摘したが、本稿を改めて書いてみようと思ったのは、10日のNHKの報道があまりに酷かったからだ。

>これを見ると、NHKは特区の役割と文科省設置審の役割がまったくわかっていないようだ。それであるのに、「文科省認可がおかしい」というトーンで報じている。

>これらの報道を見ているときに思うことは、まず、マスコミは基本的なリテラシーがないということだ。役所から出す情報は、@法律・政省令・告示の公文書、A統計データ、B答申が基本である。ところがマスコミは、これらの基本情報すら読めない。これは筆者が官僚だった時代の実感でもある。

>特に@とAについては全滅、つまり理解できないのである。そこで、なんとか理解しようと官僚のレク(説明)を求めるのだが、こうなると官僚が記者を操作することが可能になる(いわゆる「役所ポチ」の誕生だ)。

>さて、加計報道に関しては、まずメディアが@を読んでいないという致命的な欠陥が浮かんでくる。

>本コラムの読者であれば、筆者が早い段階からこの問題について何度も書いてきたことをご承知だろう。その中で、一貫してマスコミは「加計学園獣医学部の設立に関しては、総理の意向があった」というが、各種の公表資料を見たうえで、「そんな意向はなかった」といってきた。

>もちろん、マスコミが決定的な証拠を出せば、筆者の負けであるが、これまで週刊誌がこの問題を最初に報道してから9ヶ月程度がたっており、国会での関係者の証言などもあったが、総理の意向を証明するものはなかった。

>マスコミにとっては、元文部科学省事務次官の前川喜平氏の証言だけが頼りであったが、結局前川氏も国会で明確にその「意向」を立証できず、その他の関係者は総理の意向を完全に否定していた。

>筆者がなぜそうした結論に達したかは簡単だ。加計学園を特区で扱ったのは、大学学部認可の申請を行えるように告示改正をしたからだ。文科省設置審は、認可申請の後に認可審査を行うところであるのだが、NHK報道はこの点を無視しているのか、まったく言及していない。

>大学学部認可というと大げさにみえるが、行政法では、「運転免許」と同じようなものである。行政の世界では、大学学部認可の申請といえば、大学が「自動車学校」に入学するような話であり、大学学部認可とは、大学に「運転免許」を与えることを意味する。その後、文科省の設置審が「可」の答申を出すことは、自動車学校において、学科・実地試験に合格することと同じである。

>このたとえで、加計学園の問題の本質がわかるだろう。次ページでその本質を説明しよう。

>文科省の開き直り

>要するに、加計学園はもともと自動車学校へ入学する(新たな学部の申請を行う)という段階で、免許合格までは保障されたものではない。メディアはこの段階で「総理の意向があったはずだ」というのだが、そんな初期の段階で、偉い人の助けを借りるだろうか。筆者の役人の時の経験からいっても、入学の段階でわざわざ総理の意向なんて介在する余地などない。

>しかも、大学学部認可は、50年以上も申請させていなかったという。これは本コラムで、認可制度の運用として、違法まがいであることを指摘してきた。たとえばある学生には自動車学校への入学をさせない、という規制であり、現実にそんなものがあれば問題になるだろう。

>しかも、申請させないという規制は、法律ではなく告示という形でなされた、文科省だけの判断によるものである。

>このたびの加計学園の問題では、50年以上も新学部の申請をさせないという「ゆがんだ行政」が、申請できるように「正された」だけである。

>筆者がはじめて加計学園の問題を聞いたとき、認可の申請をさせるような規制緩和(告示改正)なら簡単にできると直感した。公表されている内閣府と文科省との間の議論をみれば内閣府の完勝である。だから、総理の意向なんてありえないと思ったところだ。

>ところが、文科省は卑劣にも「総理の意向があった」と文科省内文書に書き、それをマスコミにリークした。それがほぼ半年前である。そのときは、安倍総理が改憲の意向を強めているという新聞記事が出た直後なので、改憲潰しに加計問題を利用するつもりかと思ったくらいだ。

>そのとき、出てきたのが前川喜平氏である。筆者は、自らが手がけた天下り規制がようやく本格的に適用できた文科省の組織ぐるみの天下り斡旋問題で、その首謀者に前川氏がなっていたことを知っていた。

>それが明るみに出たのが今年初めであり、前川氏は文科省天下りを組織ぐるみで行っていた責任をとって今年3月に辞任した。本来であれば懲戒免職ではないかと思い、官邸関係者に聞いたこともある。

>しかも前川氏は、新国立競技場の建設をめぐっても、高額発注で問題を起こしたことがある人物だ。その段階で通常であれば役人を辞めるのだが、文科省ではなぜか生き残ってきたのは、役人の経験がある筆者から見れば不思議だった。文科省は一般に三流官庁と言われているため、人材が不足しているのだろう。

>これ以上は、税金の無駄遣いでは…?

>いずれにしても、マスコミが問題をみつけた当初の段階で「疑惑」と報道するのはいい。それは彼らの重要な役割でもある。しかし、最初の週刊誌報道から9か月も経っている。文科省文書のリークを朝日新聞が報じてからも半年経っている。その間、マスコミは疑惑を言い続けているが、何も新たな決定的な証拠を示していない。

>もともと、これは「悪魔の証明」であり、「そんなものはない」という人に挙証責任を負わせるべきものではなく、疑惑を指摘する側のマスコミが決定的な証拠を示さないと話にならない。

>疑惑と言い続けているのは、マスコミが仕事をできないことを白状しているようなものだ。普通の民間企業であれば、半年も進展のないプロジェクトであれば、もう終わりにすべきだろう。

>また、これを延々追及する国会議員も情けない。もちろん、これもマスコミと同じで、決定的な証拠をつかめたのなら話は別だ。ただ、彼らもさんざん血税を使って調べたはずだろう。それでも答えを出せないものを追及するのは、税金の無駄使いでしかない。

>去る10日には、毎日新聞が改めて前川氏の話を聞いて「(加計学園獣医学部)「認可すべきではない」前川氏が疑問呈す」と報じたが、これも酷かった。

>認可すべきでない、というのなら、どうして現役の官僚の時に、そうした行動をとらなかったのか。不思議で仕方ない。前川氏については、本コラムで何度もその主張の問題点を書いてきたが、この記事の中でも致命的なものがある。

>ネットでは、前川氏の「(加計学園には)博士課程もないのに先端研究ができるわけがない」という主張に対して、飯田泰之氏が「一期生が最終学年になるまで博士課程は設置できない」といったことが取り上げられていた。

>しかし、これはやや勘違いだろう。大学院は、大学院大学と言うくらいで、学部とは独立した存在である。学部のない大学院大学もある。つまり、学部がなくても大学院は設置できるわけだ。

>そうであるので、飯田氏のいう「一期生が最終学年になるまで博士課程は設置できない!」というのは、ちょっと勘違いだとは思う。大学院設置の関係文書をみても、そうした規制は筆者の見る限りない。

>医学部が37年ぶりに新設され、加計学園と並んで話題になった国際医療福祉大は、昨年の17年度に学部を開設している。

>そして大学院は、今年の18年度大学院開設になっている。

>これを見れば、学部と大学院は同時に開設しなくてもよいことが分かる。常識的に考えても、大学は学部申請をするだけで忙しく、大学院も同時に申請することはできないだろう。しかも、昨年の国際医療福祉大医学部の時には、前川氏が事務次官であったときだ。そのとき、大学院はまだ認可していない。

>それにもかかわらず、今回の加計学園で「加計学園には大学院がないから問題」ということは、自分が現役官僚時代にやったこと否定するもので、いかにも前川氏らしい、二枚舌・ダブルスタンダードであり、自分への大ブーメランとなっている。

>こんな人のコメントを載せるぐらいしか「追及」の方法がないのなら、もう報道する価値はないはずである。いったいいつまでマスコミはこのことについて報道するのか、さすがにあきれてしまう。

>最後に、マスコミ報道も「やり過ぎ」というレベルになれば、「根拠なく加計学園の名誉を毀損し、営業を妨害した」となりかねないのではないだろうか…という懸念を表明しておきたい。





逆に、朝日新聞が加計学園から訴えられるんじゃねぇ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





umr_001.jpg







報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか 橋下徹の問題解決の授業 大炎上知事編 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮







posted by kwazz at 05:38| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当事者じきじきの、販促活動かいっ!?

産経ニュース;朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐり 2017.11.21 17:29

>文芸評論家の小川栄太郎氏は21日、10月に出版した自著「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(飛鳥新社)をめぐり、朝日新聞社から同日付で抗議を受けたことを明らかにした。同書の一部内容について、朝日新聞は小川氏と同書発行元の飛鳥新社宛ての申入書の中で「事実に反する」と指摘したうえで、謝罪や賠償を求めている。

>同書の中で小川氏は、「総理のご意向」などと書かれた文部科学省の文書があることを報じた朝日新聞社の報道について、「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽(いんぺい)して報道し続けた」などと記載。さらに、加計学園に関する報道において、同社がNHK幹部と「密議」や「共謀」をしたうえで、「組織的な情報操作」を行った可能性が高い、などと記述している。

>朝日新聞社は、小川氏が森友学園・加計学園に関する同紙の一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「捏造」と同書で記述していることなどに対し、「弊社の名誉・信頼を著しく傷つける不法行為」と主張。「厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」として、2週間以内の返答を求めた。

>これに対し、小川氏はツイッターで、朝日新聞社の指摘について「私側の瑕疵(かし)かもしれぬ点を除けば、大半は反論を書くのが楽しみな、あまりにも無理筋の内容」と反論。そのうえで、「明らかで露骨な事実隠蔽を数々続けておきながら、個人の著書を組織の圧力で押しつぶそうとすることは、朝日新聞の人権感覚は天晴なものだ」とつづった。

>朝日新聞社は同日、この申入書を同社の公式サイトで掲載した。





パヨクの言論弾圧で、逆に販売数が増えちゃう。

っていういつものパターンやね… (´▽`*) アハハン♪





BuzzNews.JP;「徹底検証『森友・加計事件』」巡る朝日新聞からの抗議に小川榮太郎氏「反論を書くのが楽しみ」 2017/11/21 20:00

>朝日新聞が11月21日、「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」著者の小川榮太郎氏及び出版元の飛鳥新社に対し「厳重に抗議するとともに、謝罪や訂正を求める申入書を送った」と発表しています。

>朝日新聞ではこのように述べ、小川氏と飛鳥新社に対し2週間以内の回答を求めるとしてWebサイト上で「申入書」を公開しています。

>朝日新聞「本社は申入書で、入手した文書について「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽」した事実はないと反論。「NHK幹部との『密議』や『共謀』」との記載についても、「荒唐無稽な持論を展開している」と指摘した。そのうえで、「事実に反する主な箇所」として16項目を列挙し、2週間以内に書面による回答を求めている。」

>朝日新聞はまた、「申入書」の中で「弊社に一切の取材もないまま、根拠もなく、「虚報」「捏造」などと決めつけるのは、弊社の名誉・信用を著しく傷付ける不法行為であり、到底見過ごすことはできません」「貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」と怒りを露わにしていますが、小川氏は早速Facebook上で「お知らせ」としてこの件に言及しており、10月18日に出版してから1ヶ月以上経過してからの抗議に「ネット上で朝日から抗議がないことへの疑念が広がってきたことへの対処であろう」との見方を示しています。

>小川氏は足立康史議員の「朝日新聞、死ね。」「ねつ造」発言に関連して11月18日、既に「朝日新聞よ、飛鳥新社および私にも抗議してきなさいよ」と語っていただけに(関連記事参照)、今回の「申入書」に対しても「大半は、反論を書くのが楽しみな――あまりにも無理筋の――内容だったが(笑)」と意気込みを見せていることから、小川氏がどのように反論するか、関心が高まりそうです。

>「個人の著書を組織の圧力で押しつぶそうとするとは、朝日新聞の人権感覚は天晴なものだ」と皮肉を交える小川氏はFacebook投稿をこのように締めています。

>小川「抗議と応酬が続き、拙著の問題性が白日に晒され、事柄が多くの国民に知られてゆくことはいい事だ。15項目の応酬を多くの人に知ってもらうことで、朝日新聞の体質、やったことは一層明らかになるだろう。」
















徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 月刊Hanada2017年12月号 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 「小池劇場」が日本を滅ぼす 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 月刊WiLL (ウィル) 2017年 12月号 天皇の平和 九条の平和   安倍時代の論点







posted by kwazz at 05:28| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

オールドメディア終了のお知らせ、だろ…w

TOKYO Web;「戦時中の反省に立つ 新聞は事実こそ命」 本紙・臼田編集局長が語る 2017年11月19日

>本紙などを取り扱っている今田新聞店(東京都新宿区)が主催する市民向け講座「だれでもカルチャースクール」が十一、十二の両日、日本電子専門学校(同区)で行われた。十二日には東京新聞の臼田信行編集局長が講師を務め、ニュースの読み方について講演した=写真。

>臼田局長は、本年度の日本新聞協会の標語「新聞で見分けるフェイク知るファクト」をテーマに講演。トランプ米大統領がフェイク(偽)ニュース、オルタナティブファクト(都合のいい“事実”)などと繰り返し発言していることに触れ、国内外で「事実じゃないことを事実として伝えられる、あったことを無かったかのように言う動きが広まっている」と現状を分析。

>そうした中で新聞は「事実こそ命。事実を探し、現場を踏み、話を聞き、裏付けを取り、確かな事実を伝えようとしている」とし、太平洋戦争中のミッドウェー海戦の記事を示して「戦時中は事実と違う大本営発表がまかり通っていた。その反省に立って新聞を作っている。権力を厳しく見るのは当然のこと」と強調した。

>また、新聞を読むことの利点として「雑談力が付く。ネットにない身近な地域ニュースがある。紙という質感があるのでネットより記憶に残りやすい」などを挙げた。





メディアスクラムでフェイクニュース垂れ流しの、第四の権力という大本営に。

若いネット世代の目が、厳しく注がれ始めた、ってことで… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





毎日新聞;特集ワイド 自民勝たせた若者の意識 「青春=反権力」幻想に 2017年11月13日

>若者は「保守化」しているのだろうか。そんな疑問が湧く。先月の衆院選では、10代、20代の自民党支持が他の世代に比べて突出して高かったからだ。「自民支持」の背景を探った。

>若者の投票行動は数字に表れている。まず、共同通信が投票日に行った出口調査を見てみよう。比例代表東京ブロックの投票先では、10代の47・2%、20代の42・1%が「自民」と回答。一方、30代〜70歳以上の世代では20%台後半から30%台だった。60代では「自民」が28・3%だったのに対し、「立憲民主」は28・4%とわずかだが逆転した。若者が自民を支持する傾向は他の比例ブロックでも見られた。

(以下会員記事)






umr_004.jpg







永田町アホばか列伝
永田町アホばか列伝足立 康史

悟空出版 2017-10-17
売り上げランキング : 311

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
報道特注(本) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 月刊Hanada2017年12月号 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) ついにあなたの賃金上昇が始まる! 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり







posted by kwazz at 04:42| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

自称クオリティ・ペーパーも…。

BuzzNews.JP;「徹底検証『森友・加計事件』」著者が足立議員へ抗議の朝日新聞に「私にも抗議してきなさいよ」 2017/11/18 18:30

>朝日新聞が足立康史議員の「ねつ造」発言に対し「強く抗議します」とコメントしている件で、「徹底検証『森友・加計事件』」著者の小川榮太郎氏が「私にも抗議してきなさいよ」と語っています。

>小川氏は11月18日、自身のFacebookを更新し、朝日新聞が足立議員の発言に強く抗議していることを伝えた記事を添付する形で「朝日新聞よ、飛鳥新社および私にも抗議してきなさいよ」、また著書の副題が「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」であることや朝日新聞が足立議員への抗議の中で「報道機関である弊社の名誉を傷つけるもの」としている点から「『報道犯罪』とまで題されて黙っていては、『報道機関』の『名誉』が泣きますよ」と皮肉を込めています。

>小川氏は更に朝日新聞に対し「あなたがたの名誉を傷つけずたずたにしたのはあなたがた自身です。いい加減懺悔しないと、今度ばかりは取り返しがつかないところまで追い込まれますよ」と忠告。

>足立議員は11月15日の衆議院問会員会で5月17日の朝日新聞記事を取り上げ、このように指摘し「ねつ造」と批判していました。

>足立「総理のご意向という文字はありますよ?でもその前にカギカッコがついてますね?規制改革については最短距離でやりなさいと、今文科大臣からご紹介があったような、総理の規制改革に関する大きな方針。それが書いてあるだけですよ。それを朝日新聞は切り取って、なぜ朝日新聞が意図的にねつ造したと私が言えるかと言えばね、この紙の3番目を見て下さい。諮問会議の決定という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか、と書いてあるんです。総理からの指示ではないが、こういう形にすれば総理からの指示があったように見えるよね、と書いてあるんですよ。これを見た朝日新聞社が、こういう記事を一面で出すというのはこれねつ造と言うんですよ。」





さて、その実態は、日刊ヒュンダイ並みのイエロー・ペーパー… (*´∇`) アハハ





BuzzNews.JP;朝日新聞「日本死ねは政策に不満抱える市民の表現であり国会議員の言動と同列に出来ない」社説で 2017/11/18 11:30

>足立康史議員の「朝日新聞、死ね。」発言について朝日新聞が11月18日、社説で厳しく批判していますが、「日本死ね」とは同列に出来ない、などと述べていることから注目を集めそうです。

>朝日新聞は18日の社説で「政治家の言論 その荒廃ぶりを憂える」として足立議員の言動を非難しています。足立議員は国会で「犯罪者」と発言したことについて既に撤回していますが、朝日新聞についての言及は撤回していません。

>足立議員はTwitterで加計学園問題の報道に関連して「朝日新聞、死ね」、また国会でも「ねつ造報道」と指摘しており、朝日新聞では17日夜、既に抗議文を発表しています。

>朝日新聞「「捏造」とは、存在しないことを存在するように偽ってつくることを意味します。弊社は、関係者に取材し、文書を入手し、それらを踏まえて報道しています。国会内で行われた足立氏の発言は事実に反し、報道機関である弊社の名誉を傷つけるものです。国会議員がこうした誤った認識に基づく発言や発信を繰り返すことは、極めて問題だと考えており、足立氏に強く抗議します。」

>そして今回の社説では足立議員を「これまでも、他党に対し『アホ』『ふざけるなよ、お前ら』などと繰り返し、懲罰動議を受けてきた人物」と紹介、「ねつ造」発言についてこのように反論。

>朝日新聞「加計問題の報道は確かな取材に基づくものだ。」

>更に「朝日新聞、死ね。」についてはこのように主張しています。

>朝日新聞「「死ね」という言葉には、感情的な敵意のほかにくみ取るものはない。 昨年、「保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉が注目されたが、それは政策に不満を抱える市民の表現だ。国会議員の活動での言動は同列にできない。」

>「朝日新聞、死ね。」発言は「日本死ね」との対比で語られているだけに、朝日新聞が「日本死ねは政策に不満抱える市民の表現」と許容する姿勢を見せる一方で「朝日新聞、死ね。」について「国会議員の活動での言動は同列にできない」との見解を示した点が議論になりそうです。

>なお、足立議員は11月17日に朝日新聞記者とのやり取りをFacebookで公開、「朝日新聞、死ね。」発言についてはこのように述べています。

>足立「(記者からの「ツイッターでは「朝日新聞、死ね」とツイートされていたが」という質問に対して)ツイッターについては表現は行き過ぎだったと思っている。支持者の皆さんからも、死ね、はやっぱり言い過ぎだ、と。「廃業しろ」程度にしとけというご指導もいただいているので、これからは「朝日新聞、廃業しろ」と言い続けていきたい。」






netgeek;足立康史議員が謝罪「朝日新聞死ねは言いすぎだった。今後は『朝日新聞、廃業しろ』にする」 2017年11月18日

>獣医師連盟の献金にまつわる議員の不正疑惑を厳しく追及したうえに朝日新聞を痛烈にディスった足立康史議員が発言を撤回し謝罪した。しかし、ギリギリの線だけは守っている。

>表現が不適切だったと認めて謝罪する足立康史議員。

>片山共同代表から厳重注意を受け、立憲民主党、希望の党、自民党に謝罪して回る羽目になった。しかし、辻元清美議員の森友学園に絡む疑惑だけは追及する姿勢を撤回せず、その後、立憲民主党から懲罰動議が衆院事務局に提出されることとなった。

>辻元清美国対委員長からは、辻元氏に係る生コン疑惑の追及についても併せて撤回し謝罪するよう求められましたが、その場でお断りし…

>生コン疑惑は籠池夫人の携帯メールからくる疑惑であり、その説明責任を巡るボールは辻元氏側にあると改めて指摘をしておきたいと存じます。

>足立康史議員は公の場で発した言葉が不適切だったことは認めつつも、名指しした議員らに不正があった恐れは残っていると主張し続けている。

>また、朝日新聞に対する暴言については、今後は違う表現にするとのこと。

>足立康史議員は自身のFacebookにて朝日新聞記者と以下のようなやりとりを交わしたと報告した。

>記者)同じ文科委の質疑で、朝日新聞の加計学園の報道について捏造だという発言があったが、これについて撤回の考えは?

>足立)撤回の考えはありません。

>記者)理由を教えてください。

>足立)はい?

>朝日)理由を…

>足立)今も捏造だと思っているからですね。

>記者)ツイッターでは「朝日新聞、死ね」とツイートされていたが…

>足立)ツイッターについては表現は行き過ぎだったと思っている。支持者の皆さんからも、死ね、はやっぱり言い過ぎだ、と。「廃業しろ」程度にしとけというご指導もいただいているので、これからは「朝日新聞、廃業しろ」と言い続けていきたい。
https://www.facebook.com/issue.net/posts/10212827836585270

>詰め寄る記者に対しておちょくるような返答をしている点が非常に痛快。騒動直後より一般人の間では足立康史議員を応援する声が多く聞かれていた。今後は「朝日新聞、廃業しろ」が流行する予感。
















徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 月刊Hanada2017年12月号 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 月刊WiLL (ウィル) 2017年 12月号 天皇の平和 九条の平和   安倍時代の論点 報道特注(本) 「小池劇場」が日本を滅ぼす







posted by kwazz at 05:41| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

完全に、見透かされちゃってたよね…w

産経ニュース;維新・足立康史議員の「犯罪者」発言 「コメントしない」と菅義偉官房長官 2017.11.16 17:18

>菅義偉官房長官は16日の記者会見で、日本維新の会の足立康史衆院議員が15日の衆院文部科学委員会で希望の党の玉木雄一郎代表らを「犯罪者」と批判したことについて、「国会議員の国会における発言であり、政府としてコメントすべきではない」と述べた。

>ちなみに、質問をしたのは足立氏にネットで「死ね」とされた朝日新聞。記者は玉木氏や自民党の石破茂元幹事長と並んで足立氏が「犯罪者」とした立憲民主党の福山哲郎幹事長については言及しなかった。

>この件に関する主なやり取りは以下の通り。

     ◇

>朝日新聞「維新の足立議員が昨日の文科委員会で、希望の党の玉木代表や石破衆院議員のことを『犯罪者』と発言した。国会のことではあるが、国民から選ばれた国会議員が国会の場でこうした発言をすることの所感は」

>菅氏「そうした発言の報道は承知しているが、国会議員の国会における発言であり、政府としてコメントすべきではないと思います」

>朝日新聞「長官も一国会議員という立場からみて、行き過ぎた発言という所見は」

>菅氏「私の発言についてはこれ、政府の立場でのコメントとしてみなさんに使われる。政府としてコメントはすべきでないと思います」





ちゃちゃっと潰れチャイナよ、反日新聞は… (´▽`*) アハハン♪





netgeek;朝日新聞とバトル中の足立康史‏議員、今度は「朝日新聞は万死に値する」 2017年11月16日

>朝日新聞を直球でディスったことで炎上中の足立康史‏議員(日本維新の会)が前回に続けて朝日新聞を挑発する投稿を行った。

>今度は「万死に値する」。

>まだ言うか、と言われそうだが、何度でも言う。朝日新聞は“万死に値する”と。だいたい加計学園の問題について、朝日新聞のねつ造報道はあまりに酷い。取材に来た朝日新聞の記者にも改めて指摘したが、今年5月17日の「総理のご意向」報道に始まるマスコミの偏向報道、ねつ造報道は度を越している。

>これより前、「朝日新聞○ね」(※伏せ字はnetgeek編集部によるもの)という足立康史‏議員の過激な発言は賛否両論を呼び、ネット上では大炎上する騒ぎになっていた。それにもかかわらず、足立康史‏議員はツイートの削除も行わず、堂々としていた。そして今回、さらに挑発を加えるかのように言葉を追加したのだ。

>netgeekでアンケートをとったところ、今回の騒動についておおよそ8割の人が足立康史議員を応援していることが分かった。

>その理由は加計学園問題にかかわる朝日新聞の偏向報道(足立康史‏議員は『捏造報道』と表現)に怒りを感じている人が多いから。獣医学部新設を主導した加戸前知事もマスコミの酷さを糾弾しており、とりわけ朝日新聞とNHKをよく名指ししている。

>足立康史‏議員はこの間、獣医師会(日本獣医師政治連盟)から献金を受け取った議員を追及し始め、ネット上で絶賛されることになる。

>ある意味これは効果的な炎上マーケティングといえるのではないだろうか。足立康史‏議員には「正義のために勇敢に戦うヒーロー」というイメージができあがり、熱烈なファンを多数抱えることになった。同時にアンチも増えるが、ごく一部の少数派は気にしなくていいというのが実際のところだろう。

>その後の足立康史議員。朝日新聞に暴言を吐いた理由をしっかりと理屈で説明している。

>なお、言葉遣いについては、私も適切であったとは思っていません。しかし、「日本死ね」が許容される国会の現状、それが流行語大賞に選ばれるメディアに対する“異議申し立て”として、敢えて使わせていただいた。民進あほ、を繰り返すのと同じように、問題提起の一つの方法としてご容赦をいただきたい。

>マスコミの取材では、ツイートを削除しないのか、撤回しないのか、謝罪しないのか、と繰り返し問われていますが、しません、と回答している。もちろん、朝日新聞がねつ造報道について、山尾議員が「日本死ね」を国会で取り上げたことにについて、謝罪し撤回すれば、私も撤回する。
当たり前ですよね。

>大阪の父からメールが来ました。
「文科委見たよ,良かった,
お母さんは,朝日にお詫びの手紙を
書くらしい,」
あほバカの時にも、表を歩けないと悲しんだ母。家族には負担をかけ、申し訳ないと思っています。

>朝日新聞の社会部記者から、間接的に、これまでに受けた懲罰動議が何回か、問い合わせあり、4回だと教えてあげました。
それにしても、直接連絡してこいよ、ボケ

>父親は同意しているが、母親とは意見が食い違っているようだ。家族内で少し揉めつつも信念を貫く足立康史議員は立派。曲げない姿勢はファンの信頼をより強固なものにする。

>この後、しばらくしてから朝日新聞は足立康史議員に抗議する記事を公開した。

>足立氏の一連の投稿について、朝日新聞社広報部は「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」とのコメントを出した。
http://www.asahi.com/articles/ASKCG5FF6KCGUTFK00G.html

>注目すべきは捏造があったことを否定している部分。加計学園獣医学部にかかわる「総理のご意向」はあったのかどうか。足立康史議員が正しいのか、それとも朝日新聞が正しいのかはこの部分で決まる。

>ここで、5月の朝日新聞の報道を振り返っておきたい。朝日新聞はタイトルに「加計学園の新学部 総理のご意向」と使い、安倍総理が不正に関与した疑惑があると紹介。内部文書を証拠として掲載していた。

>しかし、おかしいのは文書に影をつけていること。何が書かれているかが重要なので、影をつけないほうがいいのに、なぜ朝日新聞はこんなことをしたのか。狙いは都合の悪い一文を隠すことだった。

>隠された部分には「総理からの指示に見えるのではないか」という文章が。ちなみに「総理のご意向」という一文もあるが、ここは加計学園獣医学部のことではなく国家戦略特区において最短距離で規制改革を進めるということを指しているので無関係。

>「〜という形にすれば総理からの指示に見えるのではないか」という一文は「総理からの指示ではない」ということを裏付けている。おそらく朝日新聞は執筆途中でこの矛盾に気づいてしまったのだろう。やむを得ず影で隠すことにした。

>したがって朝日新聞がつけた「加計学園の新学部 総理のご意向」という見出しは間違いであり、悪意ある捏造とも言える。「総理のご意向」は新学部ではなく、国家戦略特区を指していることは明白だ。

>総括すれば朝日新聞の誤った報道が事件を生み出した。そういう意味では足立康史議員の言い分に分があるように思える。Amazonで「森友・加計学園問題は朝日新聞の報道犯罪だった」と断言した本がベストセラーになっており、非常に高い評価を得ているのも納得がいく。

>朝日新聞は捏造ではないと主張するなら、以下の3つの質問に答えてほしい。

>(1)なぜ影をつけたのか?

>(2)「総理のご意向」は「国家戦略特区の最短距離の規制改革」を指しているのではないか?

>(3)「総理からの指示に見えるのではないか」はどう解釈するのか?






BuzzNews.JP;朝日新聞論説委員が足立康史議員の「死ね」を批判「いま自分のいる会社のことなので黙っていたが」 2017/11/16 14:00

>日本維新の会・足立康史議員が「朝日新聞、死ね。」と発言していた問題で、朝日新聞社論説委員がTwitterで苦言を呈しています。

>これは朝日新聞の論説委員を務めている人物が11月15日このようにツイートしているというもの。

>「いま自分がいる会社のことなので黙っていたが、こういう物言いを看過することは、単に朝日だけでなく、気にくわないメディアに公人が「死ね」ということを見過ごすことにつながる。」

>発言に対しては数多くのリプライが寄せられていますが、朝日新聞やこの論説委員を支持するという声は多くないようで、「日本死ねは良くて朝日死ねはダメなんですか?」「死ねを流行語にしたマスコミなんだから仕方ない面もある」「慰安婦問題の経緯を知れば誰でも言いたくなる」など、足立議員への共感を示す意見が目立っています。

>足立議員の「朝日新聞、死ね。」に対しては既に朝日新聞広報部が「強く抗議します」「看過できません」とコメントしていますが、足立議員は11月15日の衆議院文科委員会でも朝日新聞の加計学園問題報道を「ねつ造報道」と批判していたため、これに対しても同社では16日に「事実に反し、弊社の名誉を著しく傷つけるものです」と広報部がコメントしています。

「朝日新聞は日本死ねを賞賛してなかったか?」
「日本死ねって言ってたのも公人でしたよね」
「死ななくてもいいから潰れてくれよ朝日新聞」
「日本死ねも十分問題だと思うんですが」
「死ねを流行語までしたマスコミが何を今更」
「日本死ねはいいけど自社はダメだと。すごいですね」
「普通はダメだけど朝日だとまぁいいかって思っちゃうんだよ」
「慰安婦報道ウソだった、朝日新聞死ねこれならいいですか?」
「足立の発言はどうあれ朝日を擁護する国民がどれだけいるかね」
「私人なら言ってもいいんですか?」













朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース -
朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ新田 哲史 宇佐美 典也

ワニブックス 2017-08-28
売り上げランキング : 16173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 週刊ダイヤモンド 2017年11/18号 [雑誌] (右派×左派 ねじれで読み解く企業・経済・政治・大学) 悲しいサヨクにご用心! 偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する マスコミはなぜここまで反日なのか 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください 天皇の平和 九条の平和   安倍時代の論点







posted by kwazz at 05:43| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

知ってか知らずか…w

毎日新聞;岡山・加計学園 獣医学部新設問題 「認可すべきではない」 前川氏が疑問呈す 2017年11月11日

>加計学園による岡山理科大獣医学部新設計画で、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が設置を認めるよう答申した。文科省が10日明らかにし、来春の開学が事実上決まった。

>設置審の答申を受け、前川喜平・前文部科学事務次官は毎日新聞の取材に応じ、「林芳正文科相は認可すべきではない」との見解を示した。政府の国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部新設の規制緩和を決めた経緯に触れ、「(昨年11月の)諮問会議に議論を差し戻すべきだ」と指摘。特区のプロセスが安倍晋三首相の意向をそんたくして「ゆがめられた」との認識を示し、「まじめに再審査したら、落とされるだろう」と語った。

>前川氏は設置審が答申で課題として示した「留意事項」にも触れ「定年間近の教員が多い。(最初に入学する学生の)卒業前に先生が辞めるのなら無責任だ」と強調。「博士課程もないのに先端研究ができるわけがない」と加計学園の教育体制に疑問を投げかけた。

(以下略)





この馬鹿を、いつまでも使い続ける偏向マスゴミ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





netgeek;前川喜平「博士課程もない加計学園は審査落ちレベル」→教授たち「学部をつくってから博士課程をつくるものなんだが…」 2017年11月13日

>文部科学省前事務次官の前川喜平氏が毎日新聞の取材に対して、とんでもなく勘違いした批判を行っている。第三者の教授たちが実務を理解していないただの勘違いだと反論した。

>問題の記事はこちら。

前川喜平・前文部科学事務次官は毎日新聞の取材に応じ、「林芳正文科相は認可すべきではない」との見解を示した。(中略)
特区のプロセスが安倍晋三首相の意向をそんたくして「ゆがめられた」との認識を示し、「まじめに再審査したら、落とされるだろう」と語った。(中略)
前川氏は「博士課程もないのに先端研究ができるわけがない」と加計学園の教育体制に疑問を投げかけた。
https://mainichi.jp/articles/20171111/ddm/041/100/128000c

>前川喜平氏は、これから設立される岡山理科大学(加計学園)は国際的な先端研究を目指しているにもかかわらず博士課程がないのはおかしいと批判している。しかし、実務に携わる教授陣からすれば博士課程は学部をつくってから設置するものなのだという。

>反論をまとめてみた。

>(1)明治大学政治経済学部の飯田泰之‏准教授(経済学者)。現時点では博士課程は設置できないと主張。

>(2)慶應義塾大学の大屋雄裕教授(法学者)。博士課程はまだ申請できないと指摘している。

>簡単に説明すると、理系の先端研究の研究環境(人材、機材など)を整えるには最低でも数年〜10年ほどかかるため、大学を新設する場合はまず学部を開設してから博士課程の準備を整えていくのが実務の慣例なのだという。元々はルールとしてもそのような手順を踏むことになっており、文部科学省にいた前川喜平氏がそんなことも理解していないというのは開いた口が塞がらないと批判の声が殺到した。

>ただしルールについては最近は規制緩和が進んでいるという。

>いずれにせよ「学部設置後1年後」というルールならば現在の岡山理科大学に博士課程がないのは当たり前で、前川喜平氏の意見はとんもない言いがかりということになる。

>博士課程設置の実務手順については大屋雄裕教授が詳しく説明してくれた。

>最終的に文部科学省の落ち度になっている点に注目。前川喜平氏がいきなり博士課程設置を求めるなら開学条件にその旨を追加しておくべきだった。後出しジャンケンでケチをつけて認可を認めようとしないのはずるいという話だ。

>この後、周囲からは反例として北海道医療大学が学部と院を同時設置した例が挙げられたが、正確には院は設置ではなく「収容定員の増加の手続き」をとっただけで、さらに博士課程は2年遅れでの設置だったことが明らかになった。

飯田泰之 @iida_yasuyuki
そもそも自校出身者ゼロの状態で大学院を置けなんてどんな無理ゲーだよ。。。という感は否めない
14:44 - 2017年11月13日

>言われてみれば確かにその通り。先生でなくとも大学生であれば簡単に想像できることだろう。

>前川喜平氏はただごねているだけ。その証拠として主張が変わってきている。

>▼はじめは「安倍総理が友人をひいきしたから認可すべきではない」と主張していた。

>だが後に加戸前知事や国家戦略特区ワーキンググループメンバーの証言で安倍総理は決定のプロセスに関与していなかったことが明らかになる。すると前川喜平氏は攻めるポイントを変え始めた。

>▼「先端研究ができる体制がないから認可すべきではない」という主張にすり替えた。

>もはやごねているだけ。複数の関係者が安倍総理の潔白を証言しているのに対し、前川喜平氏は「安倍総理が関与したと思った」という推測のみで証言や証拠は一切提示することができていない。はじめに前川喜平氏のタレコミを信じてスクープとして報道してしまったマスコミは今さら後に引けず、偏向報道に手を染めるという手で誤魔化し始めた。

>加戸前知事の証言は取り上げず、批判されたらアリバイ作り程度に少し紹介するだけ。普段テレビしか見ない層はともかく、インターネットで直接国会中継を見たりソーシャルメディアで情報収集したりする層は真実を見抜く。

>前川喜平氏が最終的にたどり着いたのは研究実務という専門外のことにいちゃもんをつけて妨害することだった。もっとも素人が口を挟めばすぐにボロが出るわけで、もう余計な口出しをせずにひっそりと自分の過ちを反省しておいてほしい。

>もう出てくるな前川オンザビーチ。






ika_008.jpg







報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 小池劇場の真実 (幻冬舎文庫) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 悲しいサヨクにご用心! 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル







posted by kwazz at 11:56| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

悲しいけど、これパヨクなのよね…w

netgeek;水道橋博士「安倍総理がイヴァンカに57億円あげやがった!びっくりするわ!」←バカ発見 2017年11月5日

>3日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で水道橋博士が事実関係を誤認したまま安倍総理をバッシングする一幕があった。

>所詮は小銭稼ぎのコメンテーター。視聴者に有益な見解を全く示せていない。

>水道橋博士「57億円!選挙で権力を決めるっていうのは税金の分配をする人を決めているわけじゃないですか?そこに議会が提案して決まるわけじゃないですか。お金が被災者に回らないとか色々な問題があるのに、よくこんなことが決まるなと怒らないのが不思議でしょうがないですよ!」

>どうやら水道橋博士は安倍総理がイヴァンカに57億円をあげたと思いこんでいるようだ。基金は世界銀行のもので、イヴァンカは管理・集金には関わっておらず、立ち上げに関わった程度。また、G20サミットの段階で日本以外にも13カ国の支援が決まっていたので安倍総理の独断というわけではない。

>それでもマスコミは「イヴァンカ基金」などという紛らわしい通称を使い、不正確な情報を垂れ流す。例えば朝日新聞は「イバンカ氏の女性基金」とおかしな表現をしていた。これには批判の声が殺到し、「主導」という言葉を付け加えた。

>さて水道橋博士は続けてとんでもない比喩を持ち出す。

>水道橋博士「会社の社長の娘が来て、みんなでへこへこしながらお金差し出すなんてあり得ないですよ。いつの時代の話やってるんですか。もうびっくりするわ俺」

>イヴァンカは大統領補佐官なのでただの娘というわけではない。会社で例えるなら副社長が正しく、みんなが丁寧な対応を取るのは当たり前だ。また、お金は1円も差し出していない。

>この他にもバラいろダンディではイヴァンカに否定的な意見が飛び交った。

>「私はイヴァンカが嫌いですよ。お父さんの力を使って好き勝手やってるのがイラッとする。みんな嫌いだと思う」「ファッションも嫌い。なんだあの昆虫みたいなグラサンはって」「あのサングラスは溶接の作業やってたみたいです(笑)」「お母さんは元トップモデルって言ってるけど、実態が何もないでしょ(笑)」

>全員のコメントが茶の前でせんべいをかじりながらテレビを見ている主婦と同レベル。思い込みやただの空想で話に花を咲かせていく。

>インテリ路線で売っていた水道橋博士は政治に口を挟むようになってからすっかり化けの皮が剥がれた。

>安倍総理より籠池理事長を信じると表明した過去は完全な黒歴史となった。単純に考えて57億円を小遣い気分であげるわけがないのに、水道橋博士はフェイクニュースに釣られて勝手に一人で怒っていた。安倍憎しをこじらせて条件反射で叩いてしまうようなので早く治療してほしい。

>【追記】

>5日になってからようやく水道橋博士が自分の勘違いに気づいた。「外貨準備高」という点については色々と情報が錯綜しているが、少なくともイヴァンカへのプレゼントではないと理解してくれたようだ。





アカのバカが大量に釣られて、パヨク赤っ恥… (*´∇`) アハハ

ぱよぱよち〜ん♪





KSL-Live!;福島瑞穂らの言い訳が見苦しい「イヴァンカ基金に57億円」の誤報に釣られた面々がコチラ 2017.11.5

>マスコミのデタラメなタイトルが発端となり、安倍首相が大統領補佐官のイヴァンカ氏に、57億円をプレゼントしたかのような誤報が日本中を駆け巡った。この情報に対しては早い段階で指摘が相次ぎ、安倍政権批判の材料としてこの情報をシェアしていた界隈は大恥をかく結果となった。

>あろうことか、現職国会議員までがフェイクニュースにまんまと釣られいた。

福島みずほ
@mizuhofukushima
安倍総理が、女性起業家支援をするイバンカさんの基金に57億円を支出することを表明。どんな根拠で何が基準か外務省に聞いてみます。私たちは、例えば、国内のNGOの性暴力の支援センターに補助をもらうことも本当に大変なのにこの大盤振る舞い。適正かどうかチェックする必要がある。
18:13 - 2017年11月3日

福島みずほ
@mizuhofukushima
安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表明には違和感がある。イバンカさんはトランプ大統領の娘。大統領の来日に合わせて、安倍総理がトランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。なぜこのタイミングなのか?しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ。
18:18 - 2017年11月3日

>これに対して、誤報との指摘が殺到したが、福島瑞穂参院議員はリテラの苦しすぎる言い訳記事をシェアして、誤報ではないといいたげな無様な抵抗を見せている。

>この誤報で、苦しい言い訳をしているのは福島瑞穂議員だけではない。

>謝らない、悪いのは自分以外の誰か

>弁護士の太田啓子氏は、この基金について「イヴァンカ氏の私的なファンド」などというデタラメな投稿を拡散していたが、誤報と判明しても謝罪も訂正もなく、以下のように「メディアの責任」「首相が誤解を与えた」と言い放っている。

弁護士 太田啓子
@katepanda2
「イバンカ氏基金」という表現が極めて不正確であることや、5000万ドル(約57億円)拠出は前から決まってたことであったことはわかり、不正確で誤解招く報道があったのはメディアの責任。しかし首相スピーチを見ると、そもそも、不正確で誤解を与える言い方をしてるのは首相ですね。
0:37 - 2017年11月5日

弁護士 太田啓子 @katepanda2
というか、いちいちファクトチェックが必要なこと言わないで、というレベルが低い注文をしなくてはいけないのか。もちろん誰が総理でも権力は不断に監視されるべきですがしかし、初めてじゃないですからねファクトチェックしたら嘘じゃんとか不正確で誤解招く言い方じゃんというのを総理がするのは。
0:44 - 2017年11月5日

>ジャーナリストの志葉玲氏も同様の言い訳をしている。

>「まぎらわしい。安倍政権ならさもありなんと思ってしまう。」

>嫁の増山麗奈に至っては誤報のまま押し通す構え

>この方々に共通して言えることは、

>「間違っても絶対に謝らない」

>「悪いのは自分以外の誰か」

>ということだろう。













良心をもたない人たち (草思社文庫)
良心をもたない人たち (草思社文庫)マーサ スタウト Martha Staut

草思社 2012-10-04
売り上げランキング : 1710

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫) 文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) サイコパス (文春新書) 診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF) 他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書) 他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書) ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人 (講談社+α新書) 自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書) 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫) パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)







posted by kwazz at 05:14| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

確信犯的報道テロで…。

BuzzNews.JP;「正確な報道してもらわないと」自民党・すがわら一秀議員がマスコミに苦言「イバンカ基金」報道で 2017/11/4 13:00

>自民党のすがわら一秀衆議院議員が「イバンカ基金」についての報道に対し「正確な報道をしてもらわないと」と苦言を呈しています。

>すがわら議員は11月3日の夜、自身のブログを更新し「イバンカ基金」というタイトルでマスコミ報道をこのように批判。

>すがわら「一部マスコミは、安倍総理がイバンカ基金に57億円、と。これは、先のG20において公約し、すでに発表済の話であり、それを安倍総理からイバンカ氏にあらためて申し上げただけの話。しかも、その財源は、外貨準備金と米国債であり、このような時に特定の使途がみとめられている資金だ。」

>すがわら「正確な報道をしてもらわないと米国との関係や世界への発信にもなっているゆえ、責任は大きいが、その責任をとらないのも一部マスコミだ。マスコミは真実を発信してこそ、マスコミュニケーションだ。」

>「イバンカ基金」への57億円に関しては共同通信が「首相、57億円拠出を表明 女性起業家支援のイバンカ氏基金」というタイトルで報じていた他、複数のメディアが同様のタイトルで記事にしていました。

>駒沢大学など複数の大学で非常勤講師を務める石川くみ子氏は「イバンカ基金」報道について既にこのように指摘しており、ツイートは11,000回以上リツイートされています。

>石川「「安倍総理がイバンカ基金に57億円拠出」と報道されている件、不正確な点が2点ある。国内使用できずドルで塩漬けになっている外貨準備高からの拠出であり、「血税」は一切投入されていない。また世界銀行グループ内設立のファシリティであり、イヴァンカ氏は運営管理や資金調達には関与していない。」





さて、アカのバカが大量に釣られちゃったよね… ( ̄∀ ̄) アヒャ





BuzzNews.JP;「57億円はトランプへのプレゼントに見えかねない」福島みずほ議員に批判殺到「少しは勉強しろ」 2017/11/4 12:00

>「イバンカ氏基金に57億円」について「プレゼントに見えかねない」「みんなの血税だ」などと語った福島みずほ参議院議員に批判が殺到しています。

>福島議員は11月3日の夜、Twitterでこのように発言。

>福島「安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表明には違和感がある。イバンカさんはトランプ大統領の娘。大統領の来日に合わせて、安倍総理がトランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。なぜこのタイミングなのか?しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ。」

>しかし、イバンカ氏の基金を運営しているのが世界銀行であることやイバンカ氏が運営管理に関与していないこと、それに57億円の拠出については7月の時点で外務省が拠出予定であると発表していたことなどが知られると、「トランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない」「なぜこのタイミングなのか」「みんなの血税だ」といった部分が意図的な印象操作ではないのかとの疑問から、ツイートに対しては1,000件以上のリプライが寄せられています。

>殆どが厳しい意見ですが、福島議員は上記のツイートに先立ってこのようにも発言していたことから、詳細を知らなかった可能性もありそうです。

>福島「安倍総理が、女性起業家支援をするイバンカさんの基金に57億円を支出することを表明。どんな根拠で何が基準か外務省に聞いてみます。私たちは、例えば、国内のNGOの性暴力の支援センターに補助をもらうことも本当に大変なのにこの大盤振る舞い。適正かどうかチェックする必要がある。」

>しかし、知らなかったのであれば拙速なツイートだったとして別の批判を浴びることになってしまうことからいずれにせよ評価の声はありませんが、大量の非難を浴びても11月4日の朝までに福島議員は訂正も削除も説明もしていません。

「少しは勉強してから言えよ」
「わざとウソ流してるのか無知なのかどっちだ」
「風説の流布にならないのかこれ?」
「本気で言ってるのなら政治家辞めろ」
「一般人から指摘されるって恥ずかしくないの」
「酷い印象操作だな」
「不勉強すぎる。発言の前に調べろよ」
「社民党や福島みずほに使うよりずっと良いと思うが」
「女性のための基金であるにも関わらずこの言い草」
「意図的じゃないとしたら議員として致命的だろこれ」
「早く訂正して削除しろよ!」
「福島みずほって国民を馬鹿にしてるよな」
「こんな国会議員に血税が使われているかと思うと」






newgeek;【炎上】福島瑞穂「安倍総理がイヴァンカに57億円プレゼント!許せない」→デマでした 2017年11月4日

>イヴァンカ・トランプ大統領補佐官の初来日にあわせて安倍総理が57億円の拠出を公言したことで誤解が広まっている。

>女性の社会進出についてスピーチしたイヴァンカ。

>日本にいるフェミニストとは違い、専業主婦もまた立派に働く女性なのだと認めている点に感心させられる。さらに男性社会に対するアンチテーゼではなく、あくまで経済に好影響を与える目的で女性の社会進出を促そうとしているところも好感が持てる。

>安倍総理はこの方針に同意してか、イヴァンカ基金に57億円をプレゼントすることを決めた…と噂が広まった。しかし、これはかなり誤解がある。イヴァンカは基金設立に少し関わっただけで、実質的な運営には関与していないし、そもそも57億の出処も外貨準備高からなのだ。

>それにもかかわらず複数のメディアが57億円という規模の大きさに釣られて取り上げ、徐々に見出しが過激になる中で「安倍総理がイヴァンカに57億円をプレゼントした!日本国民の税金が勝手に使われた」と事実ではない情報が広まった。

>勘違いしたまま最も誤情報を拡散したのは福島瑞穂。

福島みずほ
@mizuhofukushima
安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表明には違和感がある。イバンカさんはトランプ大統領の娘。大統領の来日に合わせて、安倍総理がトランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。なぜこのタイミングなのか?しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ。
18:18 - 2017年11月3日

>日本国民から徴収した税金がそっくりそのままイヴァンカ・トランプに横流しされ、安倍総理が誤った判断をしたという前提で見解が書かれている。ここで今一度より正確な情報を端的にまとめておきたい。

・57億円は世界銀行で設置されている基金「女性起業家資金イニシアティブ(We-Fi)」にいく

・イヴァンカは基金の立ち上げに携わっただけ

・世界銀行いわく「イヴァンカはお金の管理と調達には関与しない」

・そもそも日本政府は7月のG20サミットの段階で5,000万ドル拠出を表明していた

・基金には13カ国の支援が決まっている

・安倍総理はイヴァンカの前で改めて触れただけ

>東京大学大学院で特任研究員を務める石川公彌子氏の指摘も参照しておきたい。

石川くみ子(石川公彌子)
@ishikawakumiko
「安倍総理がイバンカ基金に57億円拠出」と報道されている件、不正確な点が2点ある。国内使用できずドルで塩漬けになっている外貨準備高からの拠出であり、「血税」は一切投入されていない。また世界銀行グループ内設立のファシリティであり、イヴァンカ氏は運営管理や資金調達には関与していない。
13:15 - 2017年11月3日

>石川公彌子氏はいち早く真実に言及し支持を得ていた。福島瑞穂の意見を真っ向から覆す重要な指摘だ。

>しかしながら勘違いしたまま安倍総理バッシングに繋げる人は今も多い。

>▼しばき隊の野間易通。完全に間違った表現。

>▼朝日新聞は事実誤認に気づいたようで「イバンカ氏の女性基金」から「イバンカ氏主導の女性基金」とこっそりと表現を訂正していた。もっとも「主導」という表現もおかしいが…。

>▼2ちゃんねる管理人の西村博之氏まで。周囲からは即座に「誤解している」とリプライが相次ぐ。

(略)

>西村博之氏はあくまで起業家であって政治・経済の専門家ではないのだから余計な口出しをしなければいいのにと思ってしまう。これでは経済政策について上念司氏に言い負かされたときと同じではないか。「嘘を嘘と見抜けない人はインターネットを使うのは難しい」。過去の自分の発言がブーメランになって返ってきた。

>しかし門外漢である西村博之氏はともかく、政治家である福島瑞穂が事実関係をよく理解していないのはおかしい。安倍憎しで思考が暴走しているのだろうか。何でもかんでも条件反射で安倍叩きに繋げてしまい、その思考回路はもはや常人には理解できない域に達している。

>安倍おろしそばとは一体…。言っていることが意味不明。冒頭の福島瑞穂の投稿には現在も抗議の声が殺到している。
















徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ついにあなたの賃金上昇が始まる! 永田町アホばか列伝 月刊Hanada2017年12月号 朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ 月刊WiLL (ウィル) 2017年 12月号 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 月刊Hanada2017年11月号 天皇の平和 九条の平和   安倍時代の論点 報道特注(本)







posted by kwazz at 04:55| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

世論誘導のための偏向報道、フェイクニュースだったんだね…w

HUFFPOST;「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」ってホント? 「壮大なパパ活してるみたい」報道を疑問視する声も 2017年11月03日 17時44分

>アメリカのトランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官の基金に、安倍首相が57億円を供出することを表明したと11月3日に多くのメディアが報じた。

>安倍首相は3日午前に、海外の女性指導者らを東京に招いて女性政策を議論する「国際女性会議WAW!」に出席。トランプ大統領にさきがけて2日に来日したイバンカさんと同席した。

>共同通信は、この会議での安倍首相のあいさつについて「首相、57億円拠出を表明 女性起業家支援のイバンカ氏基金」の見出しで、以下のように報じていた。

>あいさつでは、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が設立に関わった、女性起業家を支援する基金への5千万ドル(約57億円)拠出を表明した。

>女性起業家への期待を示した上で「イバンカ氏が主導した基金を強く支持する」と述べた。

>あたかもイバンカさんが運営する基金に、日本政府から57億円が供出することが初めて発表されたように見える。共同通信の配信を受けた毎日新聞、産経ニュースなどのほか、朝日新聞デジタルも同様の報道をした。

>しかし、駒澤大学・非常勤講師の石川公彌子さんが「不正確な点がある」とTwitterで指摘。これを受けて、ネット上では報道を疑問視する声が広がった。詳しく調べてみたところ、意外なことが分かった。

>■実は、世界銀行の基金

>イバンカさんが基金の発案者であることは間違いないが、運営しているのは世界銀行だ。

>正式名称は「女性起業家資金イニシアティブ」。発展途上国で、女性起業家や女性が運営する中小企業のサポートを目的として世界銀行内に7月8日、設立された。

>アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、中国、日本、韓国、サウジアラビアなど13カ国が参加。民間資金と合わせて10億ドル(1140億円)以上の融資をすることを目標としている。

>ウォール・ストリート・ジャーナルによると、この基金を考案したのはイバンカさん。4月上旬に世界銀行のジム・ヨン・キム総裁にアイデアを伝えたところ、即座に同意を得たという。世界銀行の供出額はアメリカが世界一だが、アメリカ政府はしばしば運営に疑問を呈していた。この基金は、政府と世界銀行との橋渡しになったと同紙は報じている。

>世界銀行は公式発表で「イバンカさんは運営管理や資金調達に関与しない」と、注意書きしている。

>本ファシリティの構想に貢献し、女性の起業という課題を強く支持してきたイバンカ・トランプ米国大統領補佐官は、本ファシリティの運営管理または資金調達には関与しない。

>■57億円供出、7月に発表済みだった

>また、「日本政府の57億円供出」についても、今回初めて発表されたわけではなかった。

>基金設立時の7月8日の外務省発表には、以下のように書かれている。

>我が国 からは,本件イニシアティブに対し,5,000万ドルを拠出する予定です。

>■「安倍さんが壮大なパパ活してるみたい」という声も

>というわけで、間違いとまでは言い切れないもののの、誤解を与えるような報道であったことは間違いない。

>今回の報道で共同通信は、安倍首相とイバンカさんの2ショットの写真とともに報じていた。

>そのためネット上では「安倍さんが壮大なパパ活してるみたい」「パパ活大成功の写真にしか見えなかった」という声もあがった。

>当初、イバンカさんはトランプ大統領が来日する5日以降も、日本に滞在する予定だったが、予定を切り上げ、4日に日本を離れる方向で調整が進んでいる。ホウドウキョクによると、トランプ大統領がイバンカさんに対して、税制改革推進の行事に参加してもらうため帰国を指示したという。





安倍sage、トランプsageに必死な、日本の偏向マスゴミ… (ノ∀`) アチャー





netgeek;イヴァンカ・トランプが初来日して日本をべた褒め。これは嬉しい 2017年11月3日

>トランプ大統領の娘で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプが日本を初めて訪れ、スピーチを行った。

>日本を上品に褒めてくれるイヴァンカ。リップ・サービスだとしても嬉しい。

>イヴァンカ・トランプ「安倍総理大臣、ご親切にご紹介頂きましてありがとうございます。私の家族に対するおもてなしにも感謝致します。日本訪問は初めてです。風景の美しさと文化の活気に感動しております。この国にやってくる人にとって贈り物となるでしょう。昨夜、私は東京に到着しました。そこで素晴らしい景色に感動しました。そして今朝、皇居の古の美しさに感動しました。驚くほど美しい風景は日本の人々の逞しさと創造性でできているのだと思います」

※同時通訳に一部不自然な訳があったので修正した

>印象的なピンクのスーツに身を包んだイヴァンカ・トランプは非常に綺麗な英語で話し、品の良さを見せつけた。もしもトランプ大統領に何かあったときはイヴァンカ・トランプが次期大統領として担がれるとも言われており、米国初の女性大統領が誕生する可能性すらあるわけだ。

>そんなイヴァンカがわざわざ日本を選んで訪れてくれた(韓国訪問はなぜか数日前にキャンセルした。理由は不明)。これは大変喜ばしいことではないか。

>しかしマスコミの伝え方は違う。

>羽鳥慎一「はいイヴァンカさんが講演をしております。やっぱり女性の社会進出を訴えていくということですね」

>吉永みち子「そうですね。彼女自身が活躍してるからなんでしょうけど、やはりレベルとしては『保育園落ちた』とはだいぶ違う話だなと思いますね(笑)」

>小西克哉「そういう意見は非常に多いんですね。もともと金持ちなんだから!夫婦あわせて800億円ぐらい資産がある人なんだからそりゃ仕事できるでしょと。ベビーシッターに100万円ぐらいあげても仕事できるでしょという揶揄の声は多いですね」

>コメンテーターがなぜこんなに僻み精神でいっぱいなのか理解に苦しむ。その根底には成功者に対する強い嫉妬や妬みの気持ちがあるのだろう。そもそもテレビの出演者だって高収入なのに、庶民の視点で語るのは違和感がある。

>イヴァンカ・トランプには絶対に見せたくない放送だ。卑屈な見解で日本の恥を全国に垂れ流すのはやめてほしい。

>ちなみにトランプ大統領は昔、皇居をべた褒めしていたとのこと。

>竹田恒泰「これは聞いた話でトランプさんが大統領になる前に日本に来てびっくりしたというんですよ。ドナルド・トランプは不動産王じゃないですか?なのに『私はこれまで世界中の不動産を見てきたけど、こんなに素晴らしい不動産はない。誰が住んでいるんだ!?』って。トランプさんを案内した人から聞いたんですよ」

>もしかするとイヴァンカは父親から皇居の良さを聞いていたのかもしれない。二人とも皇居をピンポイントで褒め、大層気に入ってくれたようで何より。






外務省;女性起業家資金イニシアティブの立ち上げ 平成29年7月8日

>1 8日16時45分〜17時00分(現地時間同日9時45分〜10時00分分),ドイツのハンブルグにて開催中のG20において,女性起業家資金イニシアティブ(Women Entrepreneurs Finance Initiative)の立ち上げ式が開催されました。立ち上げ式には,日本を含む同イニシアティブに参加を表明した国々(オーストラリア,カナダ,中国,デンマーク,ドイツ,オランダ,ノルウェー,サウジ・アラビア,韓国,アラブ首長国連邦,英,米の計13か国)の首脳又はその代理及びキム世界銀行総裁が参加し,これら参加国から総額3.25億ドル以上の拠出がプレッジされた旨発表されました。我が国 からは,本件イニシアティブに対し,5,000万ドルを拠出する予定です。

>2 本件イニシアティブは,途上国の女性起業家や女性が運営する中小企業が直面する様々な障害(資金アクセスや法制度等)を克服するための支援実施を目的としています。同イニシアティブに基づき世界銀行内に基金が設置され,本年より活動が開始される予定です。

>(参考)女性起業家資金イニシアティブ(Women Entrepreneurs Finance Initiative)
途上国において,女性起業家や女性が運営する中小企業が直面する障害(資金アクセス,法制度等)を克服するための支援実施を目的として世銀内に設立される基金。支援内容は,女性起業家等に対する資金支援,金融機関等に対する女性起業家とのビジネス促進に向けた助言,途上国の法制度改善に向けた技術協力等。ドナー国から2億ドル及びリスク軽減措置により動員される民間資金等を合わせて10億ドル超の資金を利用可能とすることを目指す。













報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 1416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 悲しいサヨクにご用心! 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル それでも反日してみたい 月刊Hanada2017年12月号







posted by kwazz at 05:08| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

今どき、時代錯誤も甚だしいですよね…w

Infoseekニュース;紅白歌合戦、NHK関係者が危惧する「番組中止」の緊迫事態! アサ芸プラス 2017年10月31日 9時58分

>11月に出演者と司会者の発表を控え、日増しに注目が集まるNHK「紅白歌合戦」。

>68回目の放送となる年末恒例の同番組については、来年9月での引退を発表した安室奈美恵や、連続テレビ小説「ひよっこ」のテーマ曲を担当した桑田佳祐の出演が期待されているが、現在、内部では「例年にはない話題」で持ちきりだという。

>「出演交渉も大変ですが、それ以上に深刻な『番組自体が吹き飛んでしまうリスク』が浮上しているんです」

>と、頭を抱えるのはNHK関係者だ。

>そのリスクについて「紅白の放送中に『Jアラート』が鳴る可能性」だと明かすのだ。

>「今年は野球の日本シリーズでも、北朝鮮からのミサイルが飛来して『Jアラート』が鳴った場合、試合を一旦中断することが日本野球機構によって発表されました。紅白にとって北朝鮮のミサイルはプロ野球以上に深刻な問題なんです」

>その理由についてはこう続ける。

>「タイムテーブルが固まっているので、番組が中断した場合でも延長できず、視聴者の安全確保の側面から、即中止とせざるを得ない。紅白の途中、仮に『Jアラート』が鳴ることがあれば、その後の『ゆく年くる年』も吹き飛ぶでしょう」

>北朝鮮が暴走しないことを祈るばかりである。





男女に分かれて合戦とか。

ジェンダーフリーで平和主義のリベラルさんからしたら、発狂しそうな話ですよね。

しかも、それを天下の公共放送局さまが率先するなんて… (´▽`*) アハハン♪





chari_002.jpg







欲望問題―人は差別をなくすためだけに生きるのではない
欲望問題―人は差別をなくすためだけに生きるのではない伏見 憲明

ポット出版 2007-02-01
売り上げランキング : 324529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こころの科学 189号 特別企画:LGBTと性別違和 ゲイという経験 魔女の息子 百年の憂鬱 ぼくたちの倫理学教室 (平凡社新書 801) 現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアル 性と法律――変わったこと、変えたいこと (岩波新書)







posted by kwazz at 05:44| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

炎上するうちが、花かもよ…w

netgeek;【炎上】宮根誠司がブチ切れ「もう偏向報道とか言うの止めませんか?」←被害者面してるけど加害者だろ 2017年10月30日

>宮根誠司が相次ぐ偏向報道批判について番組中に言及し、視聴者に反論していたことが分かった。

>語気を強める宮根誠司。けっこう怒っている。

>伊藤利尋「選挙特番第三部というのがありまして、是非ご覧いただきたいと思います」

>宮根誠司「選挙終わったら好きなこと書かれますよね?」

>伊藤利尋「そう(笑)」

>宮根誠司「もうなんか、偏向報道とか言うの…や・め・ま・せ・ん・か?」

>顔を見てもけっこうなブチ切れ具合。これまで多くの視聴者から偏向報道だと指摘されて鬱憤が溜まっていたのだろう。ここぞとばかりに言い返すが、奇妙なのは被害者面している点。これまであからさまに偏向報道を繰り返してきた自分たちが悪いのに、そのことを棚に上げて視聴者に文句を言う。

>偏向報道をしなければ偏向報道だと言われなくなるというシンプルな話なのに、宮根誠司にその選択肢はないのだろうか。いつの間にか加害者が被害者に成りすましているパターン。反省すらしていないのだからテレビが変わるはずがない。

>ネット上では早速プラカード用の画像がつくられた。

>今回、宮根誠司が不用意に反応してしまったことは皮肉にも偏向報道批判が「効いている」という証左になってしまった。抗議の声は制作陣の耳にもしっかりと届いているのだ。

>「やめろ」と言われたらもっとしたくなるのがネットユーザーの心理。迂闊に発言した宮根誠司は火に油を注ぐ羽目になってしまった。





嫌なら見るなで、OK牧場… ( ´∀`)b ネッ!





デイリーニュースオンライン;フジ月9「民衆の敵」での“安倍総理をバカにする”演出に批判殺到! 2017.10.30 09:58

>10月23日からスタートした篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(フジテレビ系)の視聴率が、9%だったことがわかった。同ドラマは「プロ野球クライマックスシリーズ」の中継時間が延長となり、30分遅れの開始となった。

>「前クールの『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』(フジテレビ系)放送時は、高視聴率を記録していた月9枠ですが、『民衆の敵』はその好調な流れを維持することができませんでした。今回は野球延長による低迷との見方があるものの、放送直前の9時26分の時点では、視聴率16.6%という高い数字をマークしている。そのため、ドラマの内容を見て多くの視聴者が離れてしまったようです」(テレビ誌記者)

>同ドラマは、篠原演じる平凡な主婦が、高額報酬を目的に市議会議員選挙に立候補するという物語。また実際の衆院選直後の放送だったため、注目度は高いように思われたが、視聴率には結びつかなかった。

>さらに、ドラマを見た視聴者から、ある演出に批判が殺到しているという。

>「今回、主人公が選挙で戦った相手に、磯部真蔵(いそべしんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場しました。そして物語の終盤、その人物のもがき苦しむ様子が放送され、健康上の理由で退陣となった。結果、篠原演じる主人公が繰り上げ当選するのです。安倍総理と言えば、前就任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣している。それだけにこの展開が、安倍総理を意識しているとして、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!?』『やり方が汚い。不愉快だ!』『フジは民衆の敵が安倍さんだと言いたいの?』と批判が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

>フィクションのドラマとはいえ、実在の人物への悪意を想起させかねないキャラクターの描き方には、不快感を抱く視聴者が多かったようだ。






5ちゃんねる;フジテレビの新ドラマ「民衆の敵」での"安倍総理をバカにする"演出に批判殺到

>10: 名無しさん@涙目です。(群馬県) [GB] 2017/10/30(月) 16:32:10.40 ID:JL1PRg8M0
誰も見てないから 炎上せんなw

>201: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [US] 2017/10/30(月) 17:36:01.37 ID:7/lXWrhk0
>>10
これだな

>25: 名無しさん@涙目です。(群馬県) [GB] 2017/10/30(月) 16:34:35.61 ID:JL1PRg8M0
炎上商法 試みたら 誰も見てなくて華麗にスルーw

>30: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [DE] 2017/10/30(月) 16:35:26.04 ID:kAHciiTZ0
今までならネットメディアが取り上げる前に炎上してそうなもんだが
誰も見てねーんだなw

>31: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2017/10/30(月) 16:35:27.71 ID:YtevrqQy0
爆死記事がでてからようやく気付かれたよね






fuji_001.jpg






報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 1426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 悲しいサヨクにご用心! 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル それでも反日してみたい ジャパニズム39 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!  これ以上のさばらせるな! めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮

posted by kwazz at 05:53| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

一番の国難は、マスゴミ報道なわけで…w

netgeek;フジテレビ「秋葉原の最終演説では安倍辞めろコールが起きました」←出たあああ偏向報道 2017年10月23日

>大盛況に終わった安倍総理の秋葉原の演説について「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)が凄まじい偏向報道で現場の様子を伝えた。

>事実の一部にのみスポットライトを照らすやり方。

>内容をざっとまとめてみた。
・安倍総理が最後の街頭演説に選んだのは秋葉原だった
・都議選のときと同様、安倍辞めろコールが起き、小競り合いに発展
・都議選を機にすっかり風向きが変わってしまった
・小泉進次郎「議席の数ほど信頼回復ができたとは思いません」
・最も追い風を受けたのは立憲民主党を立ち上げた枝野幸男代表
・立憲民主党は野党第一党に

>番組の作り手が自民党を嫌っており、立憲民主党を応援しているということがよく分かる伝え方だ。

>重要な事実として秋葉原では安倍総理を応援する声が非常に多く、安倍辞めろコールは歓声にかき消されて存在感を示すことができなかった。

>一部の少数者が野次を飛ばし始めたら周囲の人間がすぐに注意する風土ができあがったのだ。

>さらに秋葉原では演説後にマスコミが聴衆に取り囲まれ、偏向報道を説教されまくっていた。

>このような経緯があったにもかかわらず、また偏向報道に手を染めたグッディはもう救いようがない。

>右上のテロップにも注目してほしい。

>希望の党については「小池百合子完敗、排除反省、おごりあった」、自民党については「森友・加計、日報問題、逆風」とネガティブなことを書き連ねている。今回の選挙で圧勝したのは自民党なのに、立憲民主党のみポジティブな伝え方をしているのはおかしい。

>現地の99%は安倍総理を応援していたのにアンチの1%のみをフジテレビが取り上げてあたかも全体であるかのように印象操作する。ネット上では「またフジテレビデモをやる必要がある」という声が上がり始めている。





今回の衆院選は、ある意味、既成のマスゴミ、オールドメディアと。

インターネッツ民、おまいらとの戦いだったよな… (ノ⌒∇)ノ ワァイ♪





BuzzNews.JP;和田政宗議員「安倍首相の演説を妨害していた勢力について解明中」「分かり次第アップしていきたい」 2017/10/24 18:00

>自民党の和田政宗参議院議員が10月23日、自身のネット放送で衆院選において演説を妨害していた勢力について調査を進めていると語っていました。

>「どの勢力の指示で動いているのかなど解明中」

>これは衆院選における安倍首相の演説の際、プラカードを掲げたり大きな声をあげるといった行為が組織だって行われていたのではないかとする疑念について「どの勢力の指示で動いていたのか」「メディアとつながっているのかいないのか」などの点について「解明中」と語っていたもの。

>和田議員はこうした妨害行為に対しては支持者から「黙ってて下さい」という注意が出てくるようになったり、選挙戦の終盤では安倍首相のコールが起こるようになった、として応援しようという空気が生まれていったことに対する謝辞も述べていましたが、妨害行為については「民主主義の冒涜」と批判し「民主主義を潰しに来ようとする勢力とはしっかりと戦っていかなくてはならない」と決意を示していました。

>解明中だという内容については「分かり次第皆さまにアップしていきたい」と今後もこの件について放送で明らかにしていく意向を示しています。

>和田政宗議員の発言

>和田「いろいろな情報が私のところに入ってますので、組織立ってどの勢力の指示で動いてるのかとか、メディアとどうつながってるのかとか、まぁつながってない可能性もありますけど、そういったことをですね、いま解明中ですので、また分かり次第ですね、皆さまにアップしていきたいな、というふうに思います。

>まぁでも本当に例えば、私が言っているわけではないですけど新聞記事で秋田とか、北海道でもヤジをかぶせてくる人達にですね、『ちょっと黙ってなさい』とか、『黙ってて下さい』とか、そういう声が自然に飛んでますので、これはですね、そのひとりふたりとか、演説聞きに行ってまぁアンチのひともいますよ。

>そういった人がですね、普通に、なんというかな、聞いててちょっとそれは違うんじゃないかっていうことでヤジを飛ばすっていうのはですね、それは許容できる範囲と言うか自然の発露ですからそれも民主主義なわけですけれども、組織立って妨害していくというのはですね、これはある意味民主主義への冒涜でありますので、今回我々が勝利したというのはまさに民主主義の勝利でありまして、まさに立憲主義の勝利でありまして、えーまぁ、我々はしっかりとそういうですね、暴力並びにそういう実力行使をもってですね、民主主義をつぶしに来ようとする勢力にはですね、しっかりと戦っていかなくてはならないというふうに思ってますので、これは皆さまと共に戦っていければというふうに思ってます」
















報道特注(本)
報道特注(本)生田 與克 和田 政宗 足立 康史

扶桑社 2017-11-09
売り上げランキング : 742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永田町アホばか列伝 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書) 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 自衛隊の戦力―各国との比較 (メディアックスMOOK) 悲しいサヨクにご用心! それでも反日してみたい 日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル ジャパニズム39 月刊Hanada2017年10月号







posted by kwazz at 06:00| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする