2019年09月25日

時代遅れの、政局屋…w

産経ニュース;小沢氏、野党合併を強調 「2年以内に民主党政権」 2019.9.23 14:41

>国民民主党の小沢一郎衆院議員は23日、東京都内で講演し、立憲民主党や国民民主党などが衆参両院で統一会派の結成に合意したことについて「第1段階の非常に大きな山場を乗り越えた。年末年始に、またみんなで考えなければいけない時が来るだろう」と述べ、政党自体の合併に発展させ、次期衆院選に臨む必要があるとの考えを示した。自身が主宰する政治塾で語った。

>小沢氏は「選挙にあたり、一番、国民に分かりやすいのは単一政党になることだ」と強調し、「これができあがれば、2年以内の総選挙の時には(立民、国民などによる旧)民主党の政権になる」と述べた。合併が実現しない場合でも、比例代表で統一名簿を作成する「オリーブの木」方式で臨むべきだとした。

>また、選挙公約の裏付けとなる財源論について「財政健全化の意識がどうしてもあり、私もかつてはそう思っていた。だが、それでは今の経済社会情勢は変えられない。転換する以外ない」と指摘。「大胆な政策を打ち出さなければいけない。その意味では大風呂敷を広げ、国民に訴えることが必要だ」と語った。

>野党結集に関しては「受け皿を形の上だけでもいいから作る。それほど中身の質が高いものを国民は期待しているわけではない。国民もメディアも政策が大事だと言うが、政策を自分で考えて精査して投票する人はほとんどいないし、メディアもいざとなると政策ではなく、政局ばかり報道している」とも語った。





政策論争で真っ向勝負もできず、いつもいつも政局含みで。

相も変わらず、TV、新聞、週刊誌の下請けの、ニギヤカシでしかないから。

いつまでも、特定野党は支持率が低空飛行なんだと。

いい加減、気づけよ… (´▽`*) アハハン♪





Share News Japan;小泉大臣の「セクシー発言」臨時国会で追求される見通し → 野党「ちょっとあきれてしまう」「意味不明」 2019-09-25

>小泉環境相の「セクシー発言」が波紋 野党「意味が分からない」と批判

▼記事によると…

・共産党の小池晃書記局長は24日の記者会見で、小泉進次郎環境相が気候変動対策に「セクシーで楽しく取り組む」と発言したことについて「ちょっとあきれてしまう。大臣として資質に関わる重大な発言だ」と批判し、秋の臨時国会で問題化するとの見通しを示した。

・立憲民主党の福山哲郎幹事長も記者会見で、小泉氏の発言への見解を問われ、「本人から説明がないのに、私が分かるわけがない。意味が分からない」と不快感を示し、「(気候変動対策で)思い切った政策を頑張っていただきたい」と注文した。

2019年9月24日 20時36分
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190924/k00/00m/010/225000c

(略)

>▼ネット上のコメント

・もういいから政策について話し合ってくれませんか、野党も

・くだらないことしてないで、仕事しろ野党。

・質問に答えられなくて「大臣になったばかりで」と言い訳したのも追及してくださいね。

・なんだ波紋って💦野党さんの言ってることもわからね

・やっぱりこのヒトの話には中身がない‼️おそらく行動力・危機突破力もないだろう。いよいよメッキが剥がれてきた感じ…

・この程度で問題化するのか。外交・高齢化・景気鈍化で問題山積で大変だと思っていたが、野党ってよほど暇なのか。

・野党にしてみれば突っ込みどころができて、ここだ!って感じっすか。






konata_kagami_001.jpg














posted by kwazz at 13:33| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

はじまる前から、内ゲバかい…w

zakzak;国民民主党議員が激怒! 野党共同会派に不満噴出「政策など、きちんと交渉してほしい」 2019.9.21

>立憲民主党と、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の3党派は、衆参両院での新会派結成で最終合意したが、政策的な違いや、選挙でのしこりは解消されていない。会派結成に強い不満を抱える国民民主党の参院議員が激白した。

>「われわれは名称や人事でこだわっているわけではない。政策などについて、きちんと交渉してほしいだけだ」

>国民のA議員はこう激怒した。

>野党3党派は19日、来月4日召集の臨時国会から共同会派を結成することに合意した。新会派名は、衆院が「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」、参院が社民党を入れて「立憲・国民.新緑風会・社民」だ。

>参院側については、当初から「国民は、立憲より会派名が後になることを嫌がっている」「立憲は、会派の役員を総取りしたいが、国民は幹事長ポストを取りたい」などと報じられた。

>前出のA議員は「それは事実ではない」と否定し、「われわれは、『新会派を結成する際、政策で合意できる点と、できない点を明らかにすべきだ』と訴えていた」と言い切った。

>A議員らは、参院選のトラウマも懸念する。

>国民は、北海道、東京、埼玉、神奈川といった選挙区で、立憲と競合して敗退した。比例区では、19万票以上を集めた電機連合組織内候補が落選した。選挙総括の両院議員懇談会では、「あいつら(立憲)は敵だ!」という声が出たほど恨みは激しい。国民の玉木雄一郎代表らは、参院側の気持ちを理解していないというのだ。

>説明遅れも不信に加速をかける。

>立憲は19日夕方に両院議員総会を開き、福山哲郎幹事長が全議員に共同会派結成を報告した。

>ところが、国民では同日午後4時ごろ、「第一回会派運営協議会 合意事項」というメールが、所属議員の各事務所に送られただけだ。参院議員総会や両院議員総会が開かれるのは、連休明けの25日という。

>荒れるのは必至。前途多難は間違いない。





国民不在の有象無象、烏合の衆の泥舟互助会… (´▽`*) アハハン♪





アノニマスポスト;参院会派名に異例の「ドット」 「立憲・国民.新緑風会・社民」関係者からは戸惑いの声〜ネットの反応「字面も意図もこの上なく見苦しい」「ぱっと見た感じでわかる頭のおかしさがあってヨシ」 2019.09.21

>立憲民主、国民民主、社民3党などは19日に最終合意した参院会派の名称にドットを使用した。
名称は「立憲・国民.新緑風会・社民」。

国民会派の「国民民主党・新緑風会」がまとまって合流することを明確にするため、立憲や社民との間にある「・」と区別し「.」とする異例の判断をした。
三者が対等に合流すると強調する狙いだが、各党による妥協の産物でもあった。

関係者からは「紛らわしい上、有権者が誤植と勘違いしかねない」と戸惑う声も出ている。
立民、国民両党幹部によると、立民の枝野幸男代表と国民の玉木雄一郎代表らが19日に会談、最終的に枝野氏のアイデアで折り合った。

https://this.kiji.is/548056141127779425


>ネットの反応

.comでいいじゃん

うさんくせえドメインだな

+使えばいいだろ

ぱっと見た感じでわかる頭のおかしさがあってヨシ

これでも給料が発生する仕事なのかあ

どんな名前にしようとすぐまたロンダするんだから何でもいいだろw

はははwすげーどうでもいい

字面も意図もこの上なく見苦しい

旧民主党でええがな
わかりやすいし

反自民党で良いじゃん
政策なんてどうせ「とにかく自民党には反対」しかないんだし

頭悪そうだしピッタリだと思う






yasuna_sonya_001.jpg














posted by kwazz at 12:47| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

同じ穴の狢の、共に民主党…w

産経ニュース;玉木氏、党首再会談に意欲 立民との会派合流構想 2019.8.17 18:52

>国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、立憲民主党が示した衆院会派合流構想を巡り、立民の枝野幸男代表との再会談に意欲を示した。15日の会談で議論が平行線に終わったのを踏まえ「また近いうちに会い、意見交換させてもらいたい」と仙台市内で記者団に述べた。

>玉木氏は「強力な会派をつくって政権交代につなげていくという意識は共有できた。枝野氏の意見を踏まえ、まず党内の役員と話したい」と語った。国民関係者によると、21日に執行役員会を開いて協議する見通しだ。





振り向けばN国の、タマキンの党… ( ̄∀ ̄) アヒャ





時事ドットコム;内閣支持増47%=自民総裁4選、反対5割−時事世論調査 2019年08月16日17時01分

>時事通信が9〜12日に実施した8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比3.9ポイント増の47.0%、不支持率は同0.2ポイント減の30.8%だった。韓国向けの輸出管理を強化した措置や、ハンセン病元患者家族をめぐる裁判で控訴を見送り謝罪した政府対応が評価されたとみられる。

(略)

>政党支持率は、自民党が前月比2.4ポイント増の28.0%、立憲民主党も1.9ポイント増の5.8%。以下、公明党4.1%、日本維新の会2.2%、共産党2.1%、国民民主党0.6%など。先月の参院選で政党要件を満たしたれいわ新選組は1.0%、NHKから国民を守る党は0.4%。「支持政党なし」は4.9ポイント減の53.4%だった。

(略)




















posted by kwazz at 18:07| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

早速、ヘタレちまったのかい…w

朝日新聞デジタル;玉木氏「生まれ変わった、改憲議論進める」 一転火消し 2019年7月26日21時57分

>国民民主党の玉木雄一郎代表が改憲論議に前のめりな姿勢を見せ、党内外に波紋を広げている。「提案型」をうたう同党だが、参院選の1人区で野党共闘した直後だけに野党の連携に混乱をもたらしかねないとみて、玉木氏は26日、自ら火消しに走った。だが発言の余波は後を引きそうだ。

>「私、生まれ変わりました。我々も改憲議論は進めるし、安倍晋三首相にもぶつける」。玉木氏は25日夜に配信された文化人放送局のインターネット番組で改憲論議について、こう言及。「最終的には党首と党首として話をさせてもらいたい」と踏み込んだ。

>安倍首相は改憲論議を動かそうと、国民民主に盛んに秋波を送る。発言は首相との党首会談に応じる意向を示したものだと受け止められ、党内に動揺が走った。「そんな説明は受けていない」。複数の幹部が電話で真意を問いただすと、玉木氏は「そういう意図はない」と語ったという。

>26日になって、玉木氏は「徹底的な政策論争をするという意味で『生まれ変わる』という心構えを申し上げた。今までと考え方を変えて憲法論議に参加すると申し上げたつもりはない」と記者団に釈明。首相との改憲論議について「党首討論などがその一番の舞台」と述べ、一対一の党首会談ではなく、開かれた国会論戦で議論を進める考えを示しつつ、「言い方は気を付けたい」と語った。

(以下有料記事)





確たる信条も信念もないものだから、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。

左右両陣営からソッポを向かれる、タマキン風見鶏… (´▽`*) アハハン♪





たまき雄一郎ブログ;改めて、憲法改正について 2019-07-27

>先日の私の憲法改正をめぐる発言について、多数のご意見をいただきました。私の発言は、従来からの考えを述べたものですが、改めて説明させていただきます。

>まず、憲法についての考え方は、これまで国会論戦や選挙中にも申し述べてきたとおり、まずは、前の前の国会から積み残しになっている国民投票法改正案の議論を行うべきとの考えです。

>国民民主党は、すでに改正案も提出していますので、特に、その中に盛り込まれているCM広告規制や外国人からの寄付規制等は必ず実現すべきとの立場です。成立に向け与野党の協力を求めていきたいと思います。

>そして、憲法改正の中身については、安倍政権が出している改憲4項目の条文イメージ案、特に9条改憲案に国民民主党は明確に反対です。これも、国会論戦でも何度も申し上げているとおりです。

>その理由は、安倍総理が、自衛隊の任務や権限は何も変わらないと言いながら、無制限に自衛権の範囲が拡大するおそれがあるからです。

>他方、国民民主党は基本政策で、「未来志向の憲法議論を進める」としており、党として憲法議論を進めていく立場です。

>個人的には、解散権の制約など立憲民主党などが主張しているようなテーマに加えて、53条の臨時国会の召集に具体的な期限を設けることや、同性婚を明示的に認めるため、24条の結婚の要件である「両性」の合意を「両者」の合意に変えたり、また、スイスのように、食料安全保障や食の安全を憲法に書き込むことなども検討してはどうかと考えています。

>これらはいずれも、権力に歯止めをかけ、多様性を尊重する方向での提案です。まずは、党内議論を活発化させていきます。

>今後、党首討論の場などで、安倍総理に対して9条改憲案の矛盾点を指摘しつつ、私たちの提案を直接ぶつけて徹底論戦したいと思います。そうすることで、安倍さんの改憲案の問題点が、国民の皆様にも分かりやすく伝わると思います。

>最後に、私の「生まれ変わった」という表現についてです。

>憲法改正については、党は従来から、憲法改正についてしっかり議論する「論憲」の立場でしたので、何か新しいことを述べたものではありません。

>ただ、私がこう述べたのは、今回の参院選で全国を行脚し、大勢の方から、野党は追及のみならずもっと政策論争で勝負すべきとの声をいただいたからです。

>私自身、何度も質問に立ち、モリカケ問題における公文書偽造など権力行使の問題点を浮き彫りにしてきた自負があります。

>一方、この参院選でも問題となった年金問題や消費税増税への対応など、有権者の不安や悩みに応える国会論戦や対案の提示が十分できなかったことは率直に反省しています。

>野党はスキャンダル追及ばかり、反対ばかりとの印象が国民に定着しており、こうした現状を大胆に変革していくぞ!そんな決意表明の意味で、私は「生まれ変わった」と、表現しました。

>野党は、単なる反対だけでなく、これまで以上に対案を示し、議論する国会を回復させ、国民に対して建設的な政策論争をお見せしていかなければ、支持率アップも議席数増も望めないでしょう。

>そして、野党が現政権に代わり得る政権勢力へと進化していくためには、これまでの固定的な支持層にとどまらず、ウイングを広げて一層幅広い層の共感を得ていくことが不可欠だと考えています。

>そのためには、やはり、国会での議論が必要なのです。

>皆様には、こうした考えをぜひご理解いただき、国民民主党に対する引き続きのご支援、ご指導賜れば幸いです。






toki_kaban_001.jpg














posted by kwazz at 13:24| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

口先だけの、オツムの軽いコウモリ…w

時事ドットコム;竹島侵犯、閉会中審査を=国民・玉木代表 2019年07月24日17時41分

>国民民主党の玉木雄一郎代表は24日の記者会見で、ロシア軍機が島根県・竹島付近で「領空」侵犯したとして韓国が戦闘機を緊急発進させ、警告射撃した問題に関し、閉会中審査を要求する考えを示した。玉木氏は、防衛省が竹島周辺空域を戦闘機による緊急発進の対象となる防空識別圏に含めていないことを問題視している。




与野党の草刈り場になりそうだからと、先手を打ったつもりのタマキン代表。

さて、参院選で候補を一本化までした、あの野合はどうするのか… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





時事ドットコム;玉木国民民主代表「安倍首相と会談を」=改憲論議に前向き 2019年07月25日20時55分

>国民民主党の玉木雄一郎代表は25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組で、憲法改正に向けた国会での議論に応じるとともに、安倍晋三首相に党首会談を申し入れる考えを表明した。首相は参院選で、自民、公明両党と改憲に前向きな日本維新の会などの改憲勢力で発議に必要な3分の2を割り込んだことを踏まえ、国民民主に協力を呼び掛けている。玉木氏の発言はこれに呼応した形だ。

>玉木氏は「私は生まれ変わった。われわれとしても憲法改正議論を進めていくし、首相にもぶつける」と強調。「組織として一つの考えをまとめ、最終的には党首と党首として話をしたい」と語り、党見解をまとめた上で、首相に会談を求める方針を示した。




















posted by kwazz at 03:57| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

また、悪夢党かよ!

Yahoo!ニュース;国民民主幹事長、聴衆にライター示し「皆さんの心を燃やしたい」 放火事件触れ「京都みたいになったら困る」参院選演説会で 7/20(土) 6:50配信

>国民民主党の平野博文幹事長が19日、滋賀県栗東市で開かれた参院選候補者の個人演説会で、34人の死者を出した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の火災に触れ、ライターを聴衆に示し「皆さんの心を燃やしたい、という思いで買ってきたが、これを燃やしたら京都みたいになったら困るので、今日は使わない」と発言した。

>候補者の応援弁士を務めた平野氏は、火災について「大変な人災。改めてお見舞いを申し上げたい」と述べた後、上着のポケットからライターを取り出して発言。会場の一部から笑いとどよめきが起こった。火災を揶揄[やゆ]したとも受け取れ、物議を醸しそうだ。

>演説会後、平野氏は京都新聞社の取材に対し、以前から応援演説でライターを手に「ぜひ燃えて」と話すと笑いが起きたといい、「(18日に京都で)火災があったので、今日はやるべきではないと言ったまでのことだ」と説明した。





安倍自民党よりも、余程、タガがはずれちゃってるのは。

デマスゴミの、報道しない自由に忖度されて。

益々、無能な愚か者に成り下がっている、特定野党の方… ┓( ̄∇ ̄;)┏





産経ニュース;京アニ火事 京都市長、社民支部ら不適切発言相次ぐ「選挙利用」と批判も 2019.7.19 14:15

>アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の京都市伏見区のスタジオから出火し、33人が死亡した事件を受け、政治家からも哀悼の意を示す発言が相次いでいる。ただ、参院選期間中とあって、中には便乗して候補者や政党をアピールしているととらえられかねないようなコメントもあり、ネット上などでは「政治利用だ」などと批判を浴びている。

>京都市の門川大作市長は事件直後の18日夜、同市内で開かれた候補者の演説会で事件を引き合いに、「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」と発言。翌19日、文書で「事件について多くの方が不安や悲痛な思いを抱かれている中、不適切であり、心からおわび申し上げます」と発表した。

>一方、社民党杉並支部は18日夕方、ツイッターで事件に触れた上で《杉並区内にも(アニメ)制作会社があります。社民党は『表現規制』に反対し制作会社で働く皆さんの労働環境改善に取り組んできました》と投稿。数時間後に削除されたが、「こんなときにまで党の宣伝か」「不謹慎だ」などと批判が殺到した。

>同党は「選挙でがんばらなければならないという熱心さのあまりに担当者が書き込んでしまった。不適切な内容で二度とないようにしたい」とコメントした。























posted by kwazz at 18:33| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

いつかどこかで見たよな、デジャヴ…w

NHK NEWS WEB;国民 参院選の公約発表「家計第一」で負担軽減を 2019年6月13日 19時31分

>国民民主党は13日、夏の参議院選挙の公約を発表しました。児童手当の支給額の拡大や、賃貸住宅で暮らす世帯への家賃補助など、家計の負担を軽減するための政策を前面に打ち出しています。

>国民民主党は13日、玉木代表が記者会見し、「家計第一」をスローガンに掲げた参議院選挙の公約を発表しました。

>公約では、▽児童手当の対象を18歳まで引き上げ、支給額を一律で月1万5000円に拡大することで、子どもが3人いる場合、総額でおよそ1000万円の支給を実現するとしています。

>また、▽低所得の年金生活者に最低でも月5000円を給付するほか、▽世帯収入が500万円以下で、賃貸住宅で暮らす世帯に対し、月1万円の家賃補助を行う制度を創設するとしています。

>一方、▽10月の消費税率の引き上げについて、「高所得者が得をする軽減税率や、一部の人だけが得をするポイント還元を伴う今回の引き上げには反対する」としています。

>また、▽外交・安全保障では、安保法制は廃止し、領域警備法などを制定するほか、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐって『辺野古基地建設』を見直すとしています。

>さらに、▽憲法改正については、現行憲法の基本的理念と立憲主義を維持し、未来志向の憲法を議論するとしていて、自衛権を行使できる限界をあいまいにしたまま、9条に自衛隊を明記すべきではないとしています。

>「いちばん訴えたいのは『家計第一』」

>国民民主党の玉木代表は、記者会見で「いちばん訴えたいのは、『家計第一』という大きな考え方だ。今、消費が非常に落ち込んでいて、世界経済にも国内経済にも不透明な状況が漂っている中で、GDP=国内総生産の6割を占める消費を活性化していかなければならない。家計を徹底的にあたため、応援する」と述べました。





そうでしたっけ? うふふ… ( ´∀`)b ネッ!





産経ニュース;立民・枝野代表、麻生氏の不信任案提出方針を表明 2019.6.16 14:06

>立憲民主党の枝野幸男代表は16日、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を受け取らなかった麻生太郎財務相兼金融担当相に対し、不信任決議案を提出する方針を明らかにした。大阪市で記者団に「麻生氏は報告書の問題に限らず、いろいろなことが積み重なってきている。参院への問責決議案提出も含め最終調整している」と述べた。

>森友学園をめぐる財務省の公文書改竄(かいざん)問題にも触れ「財務相の関与あるいは直接の監督を問われざるを得ない問題があった」と指摘。報告書の受け取り拒否と併せ「臭い物にふたをするかのような対応は、国民の暮らしをないがしろにする姿勢と結び付いている」と強調した。

>国民民主党の玉木雄一郎代表も麻生氏への不信任決議案や問責決議案の提出を検討すべきだとの考えを示している。






Share News Japan;【2000万円報告書】大宅映子氏「国による詐欺みたいな言い方は間違い。麻生さんを虐めてもしょうがない。自分たちの問題として考えないと」 2019-06-16

>雨雲さんのツイート

「国による詐欺みたいな言い方は間違い。民主党政権も知ってて改革できなかった。与野党は年金を選挙の道具にせず歩み寄って考えて。いつまで働くかも人それぞれ。麻生さんを虐めてもしょうがない。自分たちの問題として考えないと」

大宅さんもたまには覚醒する。政治家の皆さんも目を覚まそう。

(略)

>▼ネット上のコメント

・いいこと言いますね。放送後に他の出演者から指摘受けなきゃいいけど。

・御意。

・その通り!まわりが目を伏せてるけど(笑)

・嘘ついてたのが問題では?60歳の変更がすでに異常だったし

・たまには覚醒するw

・誰かが真っ当なな事を言い出すと周りが固まってしまう番組w

・CG…!?信じられない…






詐欺フェスト_001.jpeg














posted by kwazz at 17:55| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

共に悪夢党、プラスワン…w

朝日新聞デジタル;「参院選、このままでやったら野党は全滅」小沢一郎氏 2019年6月2日21時23分

>国民・小沢一郎総合選挙対策本部長相談役(発言録)

>(野党は参院選で)1人区で勝たなければ自民党をやっつけられない。今のままでは絶対勝てない。単に(野党の候補者を)1人に絞っただけではダメなんです。組織は立憲民主党あり、国民民主党あり、社民党あり、共産党あり、でしょ。選挙をする態勢がバラバラでは勝てない。選挙母体まで一つにしていかないと。

>野党が一つになる。そうすると、与野党が逆転するんじゃないかと国民はイメージとして思う。そうすると投票率が上がり、断然勝つんですよ。(立憲の支持率は)じり貧ですよ。少しずつ下がっている。今回、このままでやったらね、立憲だけは生き残るってことはないですよ。全滅しますよ。野党。(BS朝日の収録放送で)





選挙のためだけに、くっ付いたり離れたり、看板架け替えたり。

シロアリ共産党を引き込んだり… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;【参院選】小沢一郎氏「1人区で勝たなければ自民党をやっつけられない…このままでやったら全滅しますよ。野党。」 2019-06-03

>「参院選、このままでやったら野党は全滅」小沢一郎氏

(略)

>▼ネット上のコメント

・それが国民の願いなんだが。

・全滅なんでしょうね。でも共産党なんて政権を取ることも考えていなくて椅子取りゲームに終始してるから、野党の中でも大局観を持たない人たちと一つにまとまるなんて無理でしょう。結局この先ジリ貧しかない。

・全滅してください

・残念だけど…此方が求めてる事と真逆でいくのが今の野党です。国民の声に耳を傾けない限り、無理だと思います。

・打倒安倍政権とか言ってる時点で終わってる。その先のビジョンを示さなきゃ支持を得られるわけないだろ。

・いつやっても「全滅」でしょう。野党は「日本を幸せにする、前向き・建設的な政策提案」ができず、自民党の足を引っ張りイヤミを言うだけ。

・党の主張や政策で支持者を増やす思想がまるで無いのね。






TBS NEWS;JNN世論調査、衆参ダブル選「賛成」3割に 3日 2時51分

>夏の参議院選挙に合わせて衆議院選挙も行う衆参同日選挙について、「行うべき」と考える人が3割にとどまり、「行うべきではない」を下回ったことがJNN世論調査でわかりました。

>安倍内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より1.7ポイント増えて59.1%でした。支持できないという人は、3.4ポイント減って36.9%でした。

(以下略)






siji_1906_001.jpg














posted by kwazz at 13:24| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

平成最後の残念新党…w

プレジデントオンライン;小沢氏にぶっ壊された国民民主党の残念さ 新党結成にはデメリットしかない 2019.4.28

>規模もインパクトも「小玉」な平成最後の新党

>平成最後にデメリットしかみえないという新党が誕生した。合併を念頭に交渉を続けてきた国民民主党と自由党は、曲折を経て合流の合意に達したのだ。「平成最後の合併」は実現したが、この政党は、きたる令和の政治決戦で、安倍1強を脅かす存在になるようには見えない。

>プレジデントオンラインではこの政党について、国民民主党の玉木雄一郎代表、自由党の小沢一郎共同代表の名字から1文字ずつとって、「小玉」民主党と名付けたい。規模もインパクトもまさに小玉。迫力不足の政党としての船出となる。

>「小が大をのみ込む」構図にしか見えない

>合併問題を協議するために開かれた国民民主党の両院議員懇談会と議員総会は、4月25日午後6時半に始まり、結論が出た時は26日になっていた。

>玉木氏と小沢氏が共同記者会見に臨んだのは26日午前2時。民主党政権の「決められない政治」の時代は、決定が翌日にもつれ込むことも少なくなかったが、最近では珍しい光景だ。

>疲れを隠せない玉木氏は会見で、声を絞るように「自民党に代わるもう1つの政権を担いうる選択肢をつくる第一歩だ」と語った。

>存続政党は国民民主党。党名も国民民主党。基本理念、政策、規約なども、すべて国民民主党のものを踏襲する。自由党は解党し、小沢氏は主要なポストにはつかない。国民民主党の所属議員は58人。自由党から国民民主党に加わるのは6人。数の差も圧倒的だ。

>形式的には国民民主党が自由党を吸収合併した。国民民主党の圧勝にみえる。ところが永田町では、誰もそう思わない。自由党に小沢氏がいる以上「小が大をのみ込む」構図にしか見えないのだ。

>小沢氏の代表就任を招いた「民由合併」とそっくり

>小沢氏は会見で意見を求められると「私は大した能力がありませんので、玉木代表のもとで命じられたことを一生懸命やりたい」と殊勝に語った。この光景は、16年前の「民由合併」の時とそっくりに見えた。

>2003年、党勢が低迷していた民主党の菅直人代表は、小沢氏が率いる自由党との合併を決断する。その時も党名は民主党のままで自由党を吸収する形だった。そして小沢氏は自ら「一兵卒」宣言し、無役として民主党に加わった。

>ところが、いざ合併してみると、小沢氏の存在感は絶大で瞬く間に実権を握り、3年後の2006年には自ら代表に上り詰めた。

>自らポストを求めず背後でトップを操り、いつの間にか権力を握る手法を得意とする小沢氏。永田町関係者の間ではその記憶が鮮明だけに、玉木氏を小沢氏が操る政党という受け止めにしかならない。今回は「小が玉をのんだ」ということか。

>6人増えたが4人マイナスで「差し引き2増」の恐れ

>それにしても、この合併は何の意味があるのだろうか。先ほど自由党から国民民主党に加わる人数は6人と書いた。わずか6人である。

>一方、国民民主党内で自由党との合流に反対した議員は4人いた。特に小沢氏と同じ岩手県を地元に持ち、今は小沢氏と反目している階猛(しな・たけし)衆院議員は、合併反対の急先鋒。合併が決まった後、離党するかどうか聞かれると「コメントは差し控える。仲間の意見を聞いて最終的な結論を出す」と答えている。暗に離党する可能性を認める発言だ。

>もし、4人が抜けたら差し引きで国民民主党は2人増えるだけだ。そのために、これだけの精力を使い果たすのはあまりにも効率が悪い。

>離党者が出れば党のイメージはダウンするので、差し引きマイナスになるかもしれない。支持率が1パーセントに達するかどうかだった2つの政党の合併は、マスコミの注目度も高くないので、好感度が上がるとも思えない。小沢氏は「政界の壊し屋」との異名で知られる。今回の再編劇はまさにその異名を想起させる。

>むしろ野党共闘を遠のかせてしまっている

>全体の野党結集に向けての動きが遠回りになるという副作用も生んでしまった。バラバラの野党が少しでも結集しなければならないから、まず合併できるところから一緒になるという理屈は、一見もっともらしい。しかし今回の合併話の出発点は、国民民主党と立憲民主党による野党の主導権争いだった。「野党第1党」を目指し、少しでも多くの議員数を確保しようとして国民・自由は結集に動いた。

>当然ながら立憲民主党などは不信感を募らせている。合併決定を受けて立憲民主党の枝野幸男代表は、26日の記者会見で「他党のことはコメントする立場にない。立憲民主党は離合集散、他党との合併を行わない。昨日の党首会談でも小沢代表に伝えている」と語った。決別宣言のようにも聞こえる。

>この思いは社民党や旧民主党系の議員たちも同じ。社民党党首の又市征治氏は「私自身は、そのことによって何かプラス面が出てくるのかなあと懸念をします」。衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦元首相に至っては「もう動いたことを今更どうこう言ってもしかたない」と投げやりな表情で語った。

>「小玉」民主党と、その他の野党の間には、確実にすきま風が吹いている。

>本当にメリットがデメリットを上回るのか

>今、永田町では衆院解散風が吹き始めている。その危機感が「小玉」民主党をつくりあげるきっかけになったのは事実だ。今後、加速度的に野党結集が進んでいけば、今度は与党側が焦る番となる。安倍晋三首相が衆院解散を見送る決断をすることになるかもしれない。

>しかし現状では、安倍氏は「小玉」民主党の誕生後の野党の混乱を予見してほくそ笑んでいることだろう。

>25日深夜から未明にかけて行われた国民民主党内の会合で、合併に反対する階氏は何度も「本当に合流によるメリットがデメリットよりも上回るのか。それをきちんと説明してほしい」と執行部に尋ねたという。結果として明確な回答のないまま合併が決まったのだが、何カ月か先、「小玉」民主党の幹部たちは、階氏の問い掛けをかみしめることになるのではないか。





アベガー! の、シングルイシューだけでの野合新党… ( ̄∀ ̄) アヒャ





せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』;自由党の解散と政党助成金 またもや、国庫への返納なく、小沢の懐か? 2019年04月28日

>自由党解散にあたり

 このたび自由党は、国民民主党と正式に合流することになりました。先の統一会派の結成の後、逐次同党と政策協議を進めてまいり、最終的には「今後全野党が一丸となって安倍政権と対峙していくためには、ここでまず二党が一緒になることが不可欠である」との認識に至り、このような決断となりました。
 
 必要なことは全野党の結集です。今回の合流はその始まりに過ぎません。「強大な権力」の暴走には「強力な結集」で臨むほかありません。何としても「結集」を実現し、政権交代を実現したいと考えております。今後につきましては、我々が新しく参画する「国民民主党」に対し、これまでと変わらぬご指導・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年4月26日

自由党代表 小沢一郎

 以上


>全野党が合流とか?一丸となってなどと言いながら、、自ら率いる政党を解散しては懐を肥やして来たのが小沢一郎という政治家です。今回も自由党はもらった政党助成金はどこに行ってしまうのでしょう。

>本来はその政党が解散する時には、国庫に返納するのが当然なのに、この解散手続きする前に、自分の政治団体に寄付してしまうのでしょう。これこそが目的であり、そのようにして溜め込んだ資金を持つのが小沢一郎という政治家なのです

>以前にも解党した時にも問題となった。

>ニュース 国内 政治 小沢一郎 壊し屋・小沢一郎最後の大仕事 50人血判状と新党軍資金40億円

壊し屋・小沢一郎最後の大仕事 50人血判状と新党軍資金40億円
週刊実話
2012年7月7日 18:00

 前出の民主党議員が指摘するのは、まさにこの新党設立の裏側。そこには黒い噂が絶えないのである。

 「たとえば、『自由党』の帳簿では解党前年に2回に分けて15億2090万円ものカネが当時の幹事長・藤井裕久氏に支出されたことになっている。このカネは、後にマスコミが糾弾。藤井氏が『そんなカネは見たこともない』と弁明し、同氏個人の口座や資金団体にも形跡がなかったことから、その行方がいまだにわからない状態なのです。また、『自由党』の解散日には、同党の政治資金団体『改革国民会議』に13億6000万円のカネが寄付されている。これらが、党執行部の行った巧妙な資金逃しと見られているのです」(同)

 以上


>今年の1月にも自由党には1億7千万円からの政党助成金が支払われ、自由党は少なくとも数十億円のお金があると見られていますが、もう、解散手続きに入った現在はどこかに移されてしまったのではないか?

>これまでもこの政党解散時における政党助成金の問題はありました。どの政党も解散した時に国庫には返納していません。どの政党もそうなのだから、何故小沢一郎だけが批判されてきたのか?

>それは他の政党は使い切ったか、所属する議員全員に配布された。しかし、小沢一郎だけが得体の知れない政治団体に寄付されて、不透明な処理が行われたからです。おそらく今回も同じような手続きが取られるのではないでしょうか?

>政治のヤミは深い。とくに小沢一郎はそのヤミの中で生き続けているのです。

>総務省|IX 政党交付金の返還、罰則等
www.soumu.go.jp > トップ > 選挙・政治資金 > 政治資金 - キャッシュ
総務大臣は、政党が政党助成法に違反して政党交付金の交付の決定を受けた場合には、当該政党交付金の全部又は一部の交付 ... また、政党が解散等をした場合にも、 これと同様に算出した残額に政党基金(支部基金)の残高を加えた額の政党交付金の返還 ...

>政党が解散等をした場合にも、これと同様に算出した残額に政党基金(支部基金)の残高を加えた額の政党交付金の返還を命ずることができるものとされています。


>やったことないよね。




















posted by kwazz at 04:26| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

泡沫に泡沫を加えても、やっぱり泡沫…w

産経ニュース;国民民主、未明の両院総会で自由党との合併了承 2019.4.26 01:19

>国民民主党は26日未明、自由党との合併の可否を諮る両院議員総会を党本部で開き、所属議員の了承を得た。同党の玉木雄一郎、自由党の小沢一郎両代表による合意書への調印を経て、自由党は同日にも総務省に解散を届け出る。不参加を表明した山本太郎共同代表を除く衆参6人が国民民主党に加わる。合併に伴う党名変更は行わず、党代表は引き続き玉木氏が務める。

>総会に先立って開かれた両院議員懇談会は、合併への慎重論などが相次ぎ、25日夜から日付をまたいで6時間以上続いた。自由党側はすでに小沢氏に対応を一任することを決めていた。

>山本氏を除く両党の議員数を合算すると衆院40人、参院24人の計64人で、79人の立憲民主党に次ぐ野党第2党となる。合併に反発し国民民主党側から離党者が出る可能性もあるが、最多でも数人規模の見通しだ。





政権交代可能な二大政党制… (*´∇`) アハハ





NHK NEWS WEB;国民 自由との合併を賛成多数で了承 野党勢力結集を 2019年4月26日 1時33分

>国民民主党は、25日夜から26日未明にかけて、党所属のすべての国会議員を対象にした会合を開き、自由党との合併を賛成多数で了承しました。玉木代表と自由党の小沢代表は、合意文書に署名し、さらなる野党勢力の結集を追求していく方針を示しました。

>自由党との連携強化をめぐって、国民民主党は、25日午後6時半から27日午前1時すぎにかけて、7時間弱にわたって、党所属のすべての国会議員を対象とした会合を開いて、協議しました。

>会合は非公開で行われ、出席した議員によりますと、安倍政権との対立軸を明確にし政治の現状を打破するには野党勢力の結集が必要であり、自由党との合併を実現したいとの玉木代表の方針を支持する意見が多く出された一方、現時点での合併は納得できず先送りすべきだとの意見も出されました。

>話し合いは休憩を挟みながら断続的に行われ難航しましたが、最終的に、自由党と合併するという方針は賛成多数で了承されました。

>これを受けて、玉木氏と小沢氏が会談し、両党が合併して、党名を国民民主党とすること、国民民主党の基本理念や基本政策を継承すること、そして、より多くの議員や政党などに幅広い結集を呼びかけるとした合意文書に署名しました。

>このあと、両氏は、そろって、記者会見し、玉木氏は、「平成から令和に変わるが、野党の分断と分散の歴史を統合と結集の新しい時代にしていきたい。その第一歩として両党が合併したが、さらに大きな塊を作る努力をしていく」と述べました。

>小沢氏は、「立憲民主党の枝野代表が決断し、野党すべてに声をかけて、結集を図るのがベストだと思っており、最終的にそういうことでまとまればいい」と述べました。

>国民 階氏「合流には反対」

国民民主党の階憲法調査会長は、記者団に対し、「大きな塊を作ることに、むしろマイナスになるという懸念がある。過去に政策の違いから分裂したことを踏まえると、政策や理念が本当に一致するのかという問題もあり、合流には反対だ」と述べました。

そのうえで、今後の対応について、記者団が、「離党も選択肢か」と質問したのに対し、階氏は、「今の段階で予断を与えてはいけないので、コメントは差し控えるが、仲間の意見を聞いたうえで、最終的な結論を出したい」と述べました。






アノニマスポスト;【ゲンダイ】立憲民主『人気がない』『組織がない』『カネがない』の三重苦で野党結集へ態度一変〜ネットの反応「自民も超えるTwitterのフォロワーがついてるから大丈夫だよw」「毎回思うが、こいつ等の行動って『国益の為に』って部分か一切無いよな」 2019.04.26

>突然、野党が再結集に動き始めている。

立憲民主党の枝野代表と、国民民主党の玉木代表が一昨日(23日)、衆院小選挙区の野党候補一本化に向けた協議を開始することを決定。
これまで選挙協力に背を向けていた枝野氏は、態度を一変、ほかの野党党首とも会談し、連携を呼びかけていくという。
32ある参院選1人区の候補者調整も、ゴールデンウイーク明けに決着させる提案までしている。

国民民主党と小沢一郎代表が率いる自由党も、4月末までに合流するかどうか、最終判断することを決めている。

枝野氏が動き始めたのは、“人気がない”“組織がない”“カネがない”の“三重苦”に焦り始めたからだとみられている。

「枝野さんが慌てて野党共闘を呼び掛けたのは、衆参ダブル選挙の可能性が高まったと判断したからでしょう。
このまま野党がバラバラでは、共倒れとなり惨敗することは目に見えていますからね。
つい最近まで枝野さんは、強気な姿勢を見せていましたが、いざ解散ムードが強まると『このままでは戦えない』と思い始めているようです。
まず、野党第1党といっても想像以上に人気がない。一時17%あった支持率も、7%までダウンしています。
首都圏ではそれなりに支持があるが、地方ではまったく人気がない。全国的な組織もない。
だから、なかなか良い候補者も見つからない。現職議員も次の選挙は苦戦必至の若手が多い。なにより、カネがありません。
年4回に分けて支給される政党交付金も、先週支給された金額は、自民党44億円に対し、8億円しかなかった。国民民主の13億円より少ない。
もし、ダブル選挙になったら、金欠でとても単独では戦えない。やむにやまれず、共闘を呼び掛けたのでしょう」(自民党関係者)

6年間も総理をやりながら、レガシーがない安倍首相は、“衆参ダブル選挙”に踏み切ったことをレガシーにするつもりじゃないか、という声も上がっている。

動機は別にして、野党は急いで結集した方がいい。

立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252651


>ネットの反応

それただの民主党じゃね?

野合して、元・民主党と言う名前に代えた方が良い

毎回思うが、こいつ等の行動って『国益の為に』って部分か一切無いよな

小池にすら相手にされなかった残りカスみたいな連中の寄せ集めだからな

民主党『このままじゃ選挙に勝てない・・・そや!分散して新党作ったろ!』
マスゴミ『新しい風だ!素晴らしい!』
元民主党『このままじゃ勝てない・・・そや!分散した勢力を結集したろ!』
マスゴミ『バラバラだった野党達が力を合わせ始めた!素晴らしい!』
この繰り返し

なお、政党ロンダリングを短期間でやりすぎた模様
野党の〇〇党、ではなく
一括りに「野党」で判断されるようになった
もう幾ら通名よろしくで名前変えても野党である限り支持は戻らん

自民も超えるTwitterのフォロワーがついてるから大丈夫だよw

ゲンダイはほんと小沢大好きだな

他者の足引っ張るだけでビジョンがない政党に投票するやつって何なんだろうね

コイツらが野党まとめたら自民応援団として最強になるな

結党から1年半で行き詰まるとかwwwww

もう人間を入れ替えないと議席は取れない

主に民主党

擬態が日本人にバレちゃってるんだろうなw

こういう事ばっかしてるから勝てないんだろうな

なんだゲンダイか






konata_patty_001.jpg














posted by kwazz at 09:37| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

あうんの呼吸なら、ノープロブレムだったのね…w

産経ニュース;野党、塚田氏「忖度」発言で15日に建設予定地視察 2019.4.12 16:30

>立憲民主、国民民主両党などは12日、下関北九州道路の国直轄調査に絡む塚田一郎元国土交通副大臣の「忖度(そんたく)」発言を受け、15日に建設予定地視察や自治体担当者へのヒアリングを行うと決めた。国民民主党の原口一博国対委員長が視察団長を務め、立憲民主、共産、自由各党の議員らが参加する。




マスゴミ引き連れ大勢で押しかけて、また地元の顰蹙を買うわけだ… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;スクープ!「証拠動画」を公開! 野田元首相が“忖度” 応援演説で「予算付け」「あうんの呼吸…」 2019.4.11

>野田佳彦元首相が、菅直人内閣の財務相時代、参院選と市長選の応援演説で、「『予算を付けます』というと職務権限に関わって…」「あうんの呼吸でやっていきたい」などと、「利益誘導」「忖度(そんたく)」を疑われかねない発言をしていた動画を、夕刊フジは入手した。民主党政権の流れをくむ野党各党などは、塚田一郎前国土交通副大臣が、山口、福岡両県を結ぶ「下関北九州道路」事業をめぐり、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相を「忖度した」と発言した問題や、桜田義孝前五輪相の被災地をめぐる失言を徹底追及している。野田氏のこの発言も究明すべきではないか。

     ◇

>注目の動画は、2010年7月、千葉県鎌ケ谷市内で、野田氏が夏の参院選と市長選の応援演説を行う様子が収められていた。現場にいた市民が撮影し、発言に疑問を感じて保存していた。野田氏は、衆院千葉4区(船橋市)の選出である。

>市長選の候補者が、同市が抱える課題について説明した後、野田氏はマイクを手に、次のように語り始めた。

>「みなさんこんにちは。6月8日に菅直人新内閣の下で財務相を拝命しました。先ほど、○○候補からごあいさつがありました。○○さんとは、彼が初めて選挙に出て以来の付き合いです」

>「先ほど、鎌ケ谷のいろんな課題のお話がありました。『分かりました。予算付けます』というと、職務権限に関わって、選挙違反になってしまいます。『あうんの呼吸』でこれからやっていきたいということを、忘れずに申し上げておきたいと思います」

>野田氏は当時、莫大(ばくだい)な国家予算と徴税権などを握り、「官庁の中の官庁」「最強の官庁」と呼ばれる財務省のトップだった。撮影者もそうだが、動画を見る限り、「そこまで言うのか…」とあぜんとせざるを得ない。

>前出の塚田氏は1日、北九州市内で行われた福岡県知事選の応援演説で、「下関北九州道路」事業をめぐり、「安倍首相や麻生副総理が言えないので(国直轄事業の調査費を付けることについて)私が忖度した」と語り、猛烈な批判を浴びた。

>当たり前だ。事実なら「利益誘導の自白」であり、有権者にウソをついたのなら「政治家として失格」といえる。

>塚田氏は「大勢が集まる会で、われを忘れて事実とは違う発言をした。誠に申し訳ない」などと釈明し、5日、副大臣を辞任した。だが、「忖度発言」は収まっていない。野党もメディアも、真相解明に向けて、厳しい追及を続けている。

>ならば、類似性の高い野田氏の発言も究明すべきではないか。

>夕刊フジは9日、野田氏の事務所に、(1)「分かりました。予算付けます」という言葉は、利益誘導をにおわせた発言といえないか?(2)「あうんの呼吸で、これからやっていきたい」という発言は、「忖度」して予算を付けると言おうとしたのか?(3)野田氏のあいさつは、塚田氏の「忖度発言」と酷似していないか?(4)民主党政権時に、塚田氏のような「忖度発言」はなかったと言い切れるのか−の4点について質問状を送った。

>期限の10日正午まで回答がなかったため、同日午後、国会内で野田氏を直撃した。

>野田氏は「(質問状は)チラッと見た。あとは秘書が答える」と答え、車に乗り込んだ。

>ほどなく、野田事務所から電話で、「(鎌ケ谷市側から)具体的な要望があったわけではなく、『地元の声を十分、聞いていきたい』との趣旨だ。『忖度』とか『利益誘導』という話ではない」とのコメントが寄せられた。

>夕刊フジでは、鎌ケ谷市にも「民主党政権時代に、野田氏のおかげで予算措置が実現したり、国庫負担の割合が高まった独自の施策はあるのか?」と質問した。同市企画財政課財政室の担当者は「ない」と答えた。

>実は、民主党政権時代に、党幹部らによる「利益誘導」と受け取れる発言が、何度か報道されている。

>政治評論家の伊藤達美氏は「政治家が、国民の声を聞くことは当然だが、職務権限を持つ大臣や副大臣が選挙応援の時に『予算を付ける』などと、具体的なことを言ってはダメだ。まもなく、『令和(れいわ)』という新しい時代を迎える。与野党とも古い政治は止めるべきだ。日本を取りまく厳しい環境に応じた政治をすべきだ」と語っている。




















posted by kwazz at 04:23| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

道知事選も近いからね…w

東スポWeb;鳩山元首相「デマ」認定も懲りずに北海道地震を「人災」再強調 2019年03月25日 15時28分

>鳩山由紀夫元首相(72)が25日、ツイッターを更新し、2月に北海道・厚真町で起こった地震に言及した。

>鳩山氏は同地震の後、「人災と呼ばざるを得ない」などとツイート。これがサイバーパトロールを行っていた北海道警の目に留まり、多くの被災者を不安にさせる「流言飛語の事例」として紹介され、事実上「デマ」と認定された。

>ところが、鳩山氏はこれに反論。揺れの原因が二酸化炭素を地中に閉じ込める「CCS」と呼ばれる技術にあったとし、正当性を主張した。

>ほとぼりは冷めたと思われたが、鳩山氏は納得していなかったようだ。 

>「韓国政府は1年半前に浦項(ポハン)市で起きた地震が周辺で進めた地熱発電が原因と認めて謝罪した。地下に高圧の水を注入したことが地震を引き起こしたという。同様のことをCCSも行なっている。浦項も厚真もそれまで大地震はなかったのだ。日本も調査団を作り厚真大地震とCCSの関係を調べるべきである」とつづり、改めて人災説を強調した。





他党の揚げ足を取るよりも。

まずは、旧悪夢党の元代表をなんとかしろよ… (´▽`*) アハハン♪





時事ドットコム;麻生氏、札幌を「奥地」と表現=野党議員批判−参院予算委 2019年03月25日13時01分

>麻生太郎財務相が25日午前の参院予算委員会で、JR北海道に対する国の財政支援をめぐる質疑の中で、札幌市を「奥地」と表現する場面があった。質問した国民民主党の徳永エリ氏(北海道選出)は「適切ではない」と批判。北海道内で反発を呼ぶ可能性もある。

>麻生氏は答弁で「今でも函館の人は(札幌を)奥地と言う」と発言した上で、2030年度に北海道新幹線が函館から札幌へ延伸されることを念頭に、「もう奥地の札幌の方が奥地ではない」と述べた。






NEWSポストセブン;札幌を「奥地」と呼ぶ函館市民 強烈な対抗心とプライド持つ 2016.11.01 07:00

>『週刊ポスト』の名物企画「○○ぎらい」シリーズでは、各都市の嫌われる理由を紹介し、読者から多くの反響をいただいた。これまでに横浜や神戸など様々な土地にまつわる話題を紹介してきたが、その中で浮かび上がってきたのは、近隣の人ほど敏感に反応する“近親憎悪”の激しさだ。たとえば北海道の札幌市と函館市。人口195万人の日本第5の都市で、北海道庁が置かれ、冬季五輪も開催された札幌。「函館で相手になるの?」と思う人も多いだろうが、函館市民には札幌への強烈な対抗心とプライドがある。

>「祖父の病状が悪化して『札幌の病院に移ったらどうか』と医師に勧められたが、『札幌はイヤ! 東京の病院を紹介してくれ』と怒鳴っていた。祖父は『函館は札幌より東京に近い』が口癖だった」(函館市民・女性45歳)

>「地元の高校で優秀な生徒は札幌にある北海道大学には行かず、東京の大学に進学する」(函館市民・男性35歳)

>こうした函館人の自負は、その歴史に由来するようだ。

>「函館の歴史は550年以上。札幌はたかだか100年。函館の古い人は札幌を・奥地・と呼んでいます」

>そう語るのは、函館出身の文筆家で『函館人』(言視舎刊)の著者・中村嘉人氏である。

>「室町時代に津軽の豪族・河野政通がウスケシ(函館の古名)に館を建て、その形が箱に似ていることから『箱館』と呼ばれるようになった。江戸時代に幕府の直轄地となり、箱館に奉行所が置かれ、その後、札幌の開拓も進んだんです」

>歴史的な観光スポットでいえば、函館の五稜郭に対して、札幌は赤煉瓦の北海道庁と時計台。たしかにやや函館に分がありそうにも思えるが……。

>さらに函館は全国1000市区町村の「地域ブランド調査」で3年連続で「最も魅力的な都市」に輝いている。札幌に対してライバル心を持つどころか、どこか「上から目線」なのも頷けなくはない。

>しかしこの調査では、札幌も堂々3位にランクイン。さらに昨年には、函館市民を驚愕させる事件が起きた。

>これまで日本の「三大夜景都市」といえば神戸、長崎、函館だったが、夜景観光コンベンション・ビューローなどが主催する2015年の「夜景サミット」で、函館ではなく札幌が「新三大夜景都市」に選ばれたのだ。

>「函館山からの夜景は独特の地形と海とのコントラストがキレイ。でも、札幌の藻岩山から見る夜景は、光量が多いため函館より輝いて見えます」(旅行会社スタッフ)

>いったん逆襲に転じると、物量にモノをいわせる札幌側の攻勢は手厳しい。

>「札幌にはススキノがあるけど、函館の繁華街ってどこ?」(札幌市民・男性52歳)

>「函館は人口も面積も旭川より下だし相手にならない」(札幌市民・女性53歳)

>さらにはこんな声も。

>「函館の人は『くじら汁(※)がないと正月を迎えた気がしない』というが、札幌では聞いたことがない。東北文化が色濃いんでしょう。方言も津軽弁に近いと思う」(札幌市民・男性60歳)

【※味噌などで味付けされたくじらの塩漬けが入った汁。主に東北地方で食べられている】

>その地域性からか、函館にはユニークな食文化が根付いている。

>ローカルコンビニストア『ハセガワストア』の人気メニュー『やきとり弁当』は、鶏肉ではなく豚肉がご飯の上に乗る。道南地区で焼き鳥といえば豚肉なんだとか。ハンバーガーチェーン『ラッキーピエロ』のメニューも鶏のから揚げを挟んだ『チャイニーズチキンバーガー』や『くじら味噌かつばーがー』など独特だ。

>民俗学者で札幌国際大学教授の大月隆寛氏が言う。

>「北海道でほぼ唯一、人口が増え続けているのが札幌圏で、とくに若い女性の流入人口が多いのが特徴です。一方、若い人たちによると、函館は『ヤンキー密度が高い』街。漁業関連で栄えてきた港町という風土的な背景もあるので、よくも悪くも、札幌に比べて荒っぽい印象がありますね」

>北海道新幹線が札幌まで延伸すれば、「2つの都市の“距離”が一気に縮まる」と大月氏は言うが、この溝は埋まるのか。

※週刊ポスト2016年11月11日号






アノニマスポスト;麻生大臣「札幌は奥地」⇒立憲民主党・徳永エリ「北海道の人は札幌を奥地と言わない」と麻生発言を批判⇒道南方言集『奥地(道南より北を指す)』〜ネットの反応「無駄に食いついた挙げ句恥をさらすとか最近こんなのばっかだな特定野党」 2019.03.26

(略)

>ネットの反応

道南方言集
奥地(道南より北を指す)

http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/ss/nkc/hogen/a1-index.htm

良いの見つけてくるなー

おもしろい

別に太郎ちゃんおかしなこと言ってないと思うけど
なんだこの女

無駄に食いついた挙げ句恥をさらすとか最近こんなのばっかだな特定野党

民主系ってなんで嘘ばっかりつくの?

例え嘘でも聞いた人の頭の中に相手の悪いイメージは残るからね。
嘘だとばれても、それが聞いた人全員に伝わるわけでもない。
つまり「恥」とか「良心」とか無いならウソツキまくった方が得になるって考え方。

これなんだよなぁ
とにかく敵対相手に悪いイメージを塗り付けられりゃ成功って考えでやってるっぽいのがな

聞いたことあるな
麻生の発言に問題はないだろう

函館の奴はマジで言う
入植したのが早いか遅いかのくせに

徳永エリって国会で拉致被害者家族のガセネタで煽って追い込まれて逃げた奴だっけ?

そう。
誰が言ったのか教えろとかツッコまれると、話そらすんだよ。
このババアは本当嘘つきで困る

言おうが言うまいがどうでもよくね?
あほか?






konata_001.jpg














posted by kwazz at 10:59| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

なお、腹案は無い模様…w

テレ朝news;野党 今度は「アベノミクスの失敗」浮き彫り作戦へ 2019/03/12 11:49

>国会では2019年度予算案の審議が大詰めを迎えています。不正統計問題の追及を続けてきた野党は、今度は「アベノミクスの失敗」を浮き彫りにする作戦です。

>(政治部・中丸徹記者報告)

>先週に内閣府が景気の基調判断を下向きに修正したことで、野党はアベノミクス全体の問題点について追及を強めています。

>国民民主党・原口国対委員長:「アベノミクスの問題点っていくつもあるんですけど、一番は賃金ですね。その結果、消費が伸びていないということ。いや、戦後最悪であるということ」

>野党は金融緩和を6年にわたって続けても物価も賃金も思ったようには上がっていないとして、アベノミクスはうまくいっていないと主張しています。不正統計問題もこうした賃金が上がらない実情を隠蔽しようとして起きたのではないかとして追及を続ける考えです。野党はアベノミクスの問題点について有権者に浸透させ、今年夏に控える参議院選挙の争点にしたい考えです。





政権批判ばかりで、独自の経済政策、対案はノープランの旧悪夢党… (´▽`*) アハハン♪





NHK NEWS WEB;安倍内閣「支持する」42%「支持しない」36% NHK世論調査 2019年3月11日 19時00分

>NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって42%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、1ポイント下がって36%でした。

>NHKは今月8日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

>調査の対象となったのは2094人で、54%に当たる1132人から回答を得ました。

>それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって42%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、先月より1ポイント下がって36%でした。

(以下略)






NHK NEWS WEB;各政党の支持率 NHK世論調査 2019年3月11日 20時09分

>各党の支持率は
▽自民党が36.7%
▽立憲民主党が5.5%
▽国民民主党が1.0%
▽公明党が3.4%
▽共産党が2.8%
▽日本維新の会が1.0%
▽自由党が0.2%
▽希望の党が0.1%
▽社民党が1.1%
▽「特に支持している政党はない」が40.6%でした。






アノニマスポスト;【NHK世論調査】政党支持率 自民党36.7%(-0.4) 立民5.5(-0.2) 国民1.0%〜ネットの反応「立憲民主党は蓮舫民進党の時より低いじゃんw」「野党の支持率の合計が約12%ww 自民党の支持率の1/3しか無いってどうよww」 2019.03.11

(略)

>ネットの反応

社民党が躍進するのはおかしい。

立憲民主党は蓮舫民進党の時より低いじゃんw

いまだに立憲民主党を支持するバカが5.5%もいるってww
 
野党の支持率の総数が約12%ww 自民党の支持率の1/3しか無いってどうよww

羅列された党の名前を見て絶望しか感じない
日本を捨て身になっても良くしようと考えてる党がひとつもない

自民を積極的に支持なんてそうはいないだろ
単純に野党があり得ないから自民しかないだけ
野党第一党党首の発言とかおかしいだろ、第一目標がセイケンコウタイ!!ジミンダトー!!そのために連立を!!だぞ
一昔前にはやったお馬鹿フレーズ「手段と目的の逆転」そのままじゃないかw

民主党政権のことを思い出せばこうなる
今日は3.11だけど、あの時の菅総理・枝野官房長官のコンビは、今でも悪夢としか思えない






1903_001.jpg














posted by kwazz at 18:06| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

選挙が近づくたびに、そんなこと言ってないかい?

朝日新聞デジタル;「ケンカ別れの民主政権、仲直りして初めて資格」玉木氏 2019年2月27日12時22分

>国民民主党・玉木雄一郎代表(発言録)

>(旧民主党の政権は)先進的に政策課題を提案したし、その先鞭(せんべん)を付けた意味ではあの政権交代に意味がある。ただ問題は、バラバラになって何かあったらすぐケンカして別れたことに、国民は嫌気がさしていたと思う。今もその人たちが別れたまま。これが嫌気の原因だと思う。

>だから、仲直りのストーリーをきちんと見せていかない限りは、あの時政権交代を経験した(先輩議員の)人たちが元に戻る資格はない。反省して、仲直りできるんだっていう能力を見せて初めてもう一度、あの時の人たちが責任を担う資格を与えられる。それができないんだったら、総入れ替えしかないと思います。(BS11の番組収録で)





選挙のためだけの互助会だから、くっ付いたり離れたり、看板を架け替えたり、と。

お笑い野党再編で政権交代を騙り。

国民をだますことしか考えていない、旧悪夢党… ( ´∀`)b ネッ!





zakzak;菅直人氏、野党再編で小沢一郎氏を大批判 国民民主党への触手に強い警戒感 2019.2.27

>菅直人元首相(立憲民主党最高顧問)が、自由党の小沢一郎代表が主導する“野党再編の阻止”に乗り出した。旧民主党時代に、党内で衝突し続けた因縁の相手が、野党第一党の座を争う国民民主党に手を突っ込むことに、強い警戒感をあらわにしたのだ。菅氏は、いずれ国民民主党は割れると分析しているようだが、果たして−。

>菅氏は25日、《小沢一郎氏と国民民主党》と題し、ブログで発信した。菅氏といえば、民主党政権誕生前に発覚した、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事件をめぐって小沢批判を展開。政権獲得後も、2人は激しい党内抗争を繰り広げ、同党分裂につながった。

>注目のブログでは、そんな仇敵をまず、《まれにみる戦略政治家で、何度も政権交代を実現した》と持ち上げたが、以下は痛烈な批判を続けた。

>《小沢氏の強引な政局運営で、(政権は)すべて半年から2年程度の短命に終わった。その繰り返しはもう御免です》《国民民主党は小沢氏の剛腕に期待する向きもあるが、自分の主張が通らなければ自分が属する政党でも壊してしまう小沢流の手法に振り回されるだけ》

>さらに、国民民主党を《玉木(雄一郎)代表をはじめ比較的若い、優秀な中堅世代の政治家が数多く所属している》《一般国民の中には全く認知されていません》《小沢氏に頼っても(中略)国民的支持を得ることができるとは思えません》と突き放し、次のように総括した。

>《(私は国民民主党は)いったん解散し、個々人の政治家の責任で政治理念を共有できる政党に参加することを勧めています。国民民主党の大半の議員は(中略)立憲民主党に参加してくれると思っています》

>国民民主党の議員には、「剛腕」「壊し屋」と呼ばれた小沢氏への期待と、「史上最悪の宰相」といわれた菅氏の忠告の、どちらが響くのか。






産経ニュース;国由合併に尻込む玉木雄一郎氏 「決められない政治」DNAは脈々? 2019.2.27 20:21

>国民民主党の玉木雄一郎代表が自由党との合併構想に対する慎重姿勢を際立たせている。党内の合併消極派への配慮が理由だ。ただし、鳴り物入りで打ち出した構想が頓挫すれば「玉木氏の政治生命は終わり」(周辺)。土壇場で二の足を踏むリーダーに、党幹部らはいらだちを募らせている。

>玉木氏は27日、自由党との政策協議の手応えを記者会見で問われると、言葉を選びながらこう応じた。

>「おおむね方向性が一致してきた。逆に言うと完全には一致していないということだ。手続きは丁寧にやらなければならないので、もう少し時間もかかる」

>政策協議は、国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎代表の間で行われ、22日に大筋合意にこぎつけた。両氏による正式合意の会談さえ済ませれば、両党はそれぞれ合併に向けた党内手続きに入る。

>ところが、会談の日程はいまだに固まっていない。小沢氏は26日の記者会見で「今週やらなくてはならない。(日程の)連絡を待っている」と首をかしげた。

>背景には玉木氏の尻込みがあるようだ。複数の関係者によると、玉木氏は政策協議が大筋合意に至る前後から、合併交渉を急ぐことへの懸念を他の幹部らに漏らし始めた。27日のBS11番組の収録では「政策、理念がぶれることを心配している人が多い。丁寧にコミュニケーションをして、自由党に理解してもらっている最中だ」と強調した。

>党内では階猛憲法調査会長らが合併慎重論を強硬に唱えている。拙速さを印象づけないよう玉木氏が腐心するのは当然だが、毀誉褒貶が相半ばする小沢氏と組むことを決めた以上、ハレーションは想定できていたはずだ。玉木氏に近い幹部は「決断するときは血も流れる。八方美人で政治はできない」と不満を漏らす。

>やはり、旧民主党の「決められない政治」のDNAが脈々と受け継がれているのか。国民民主党の参院ベテランはため息をついた。

>「玉木氏は最後に聞いた話が頭に残ってしまう。だから、どんどん『上書き』されて意見が変わる。鳩山由紀夫元首相のようだ…」






アノニマスポスト;玉木雄一郎「旧民主党政権が嫌われたのはケンカ別れしたから。仲直りしたらもう一度政権を担える」〜ネットの反応「民主党が嫌われてんだぞw」「嫌われ者同士が仲直りしたところで嫌われ者のままだぞ?」 2019.02.27

(略)

>ネットの反応

民主党が嫌われてんだぞw

いいえ、選挙のたびに政党名を変えて誤魔化していたからです

これが、反省した結果なら無理だな

何も成長していない…

タマキンって本当にバカだな

嫌われ者同士が仲直りしたところで嫌われ者のままだぞ?

順序が逆
嫌われたから何とか矛先を変えようと分裂したんだろ

こいつ無能にもほどがあるだろwwwww

もはや病気と言っていいだろ

仮に仲直りしたってまたケンカするだろ

分かってねえな

嫌われたから身内でケンカ始めたんでしょ

この的外れな分析が
国民のさらなる怒りを買ってるんだよなぁ






yasuna_sonya_001.jpg














posted by kwazz at 04:09| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

悪夢で、また性懲りもなくブーメランかい…w

netgeek;安倍総理「失業者が多くて実質賃金が低い民主党政権は悪夢だった(2回目)」 2019年2月26日

>安倍総理の頭が冴え渡っている。野党から「実質賃金が下がっている」と指摘され、非常にうまく反論した。

>理路整然と語る。

>きっかけは国民民主党の玉木雄一郎代表が「実質賃金が下がっている。これは問題だ」と指摘したこと。

>グラフを見ると確かに右肩下がり。実質賃金指数は2011年前後の民主党政権時代105.7から、第二次安倍内閣で100にまで下がっている。

>玉木雄一郎「民主党政権のほうが実質賃金のレベルが高いというつもりはありませんけど、これはファクトですよ」

>さて、これに対し安倍総理はどう切り返すのか。完璧な答えを用意していた。

>安倍総理の説明まとめ

・民主党政権時代は失業者が多かった

・失業者は給料を貰っていないから平均賃金に入らない

・民主党政権時代において失業者を賃金0円でカウントすると平均賃金はもっと低くなるはず

・民主党政権は悪夢だった

・景気回復で雇用が増加したとき、働き始めた人の賃金は安い

・だから低く見えるだけ

・これはファクトだ

>数字をファクトとして提示した玉木雄一郎代表と、正しい解釈を付け加えて説明してみせた安倍総理。どちらが信用に値するかは言わずもがな。

>アベノミクスで景気が回復し雇用が増加したことはいうまでもないのだから、下落した平均賃金だけを見て条件反射で安倍総理バッシングに繋げるのは間違っている。

>ここぞとばかりに2回目の「悪夢」というフレーズを使った安倍総理は相手を煽るのが非常に上手。すでにネット上では「民主党政権時代は悪夢だった」という表現がまるでキャッチコピーのようになり、定着し始めている。





賃金云々以前に、そもそも雇用がなかった悪夢党政権… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;【実質賃金低下】国民・玉木代表「これはまさにファクトです!」→ 安倍総理「ファクトとか仰ってますが…まさに民主党政権時代は悪夢」 2019-02-26

>まさに民主党政権時代は悪夢

国民民主党・玉木雄一郎
「民主党政権の方が実質賃金のレベルが高いですよと、そんな小さなことを言うつもりは全くない。(表は)これはまさにファクトです」

安倍晋三総理大臣
「ファクトとか仰ってますが…失業者は賃金を貰ってない。0で数えれば相当、低くなる。まさに民主党政権時代は悪夢」

(略)

>▼ネット上のコメント

・そのトリックまだ通用すると思ってるの?

・統計偽装とはこういうものをいう。

・玉木くんはブーメラン好きだなぁ~

・民主党の時どれだけ面接を繰り返したことか…これを悪夢と言わずなんと言う!

・民主党政権時代って希望の入ってないパンドラの箱を開けたようなもんだった

・自殺者も今より1万人も多い。民主党政権は悪夢でしかない。

・このムービー終わり間際の皆様都合が悪くなるとすぐに騒がれますがってとこ好き






詐欺フェスト_001.jpeg














posted by kwazz at 09:28| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

毎度毎度の、口から出まかせか…w

YOMIURI ONLINE;玉木氏と小沢氏の野党結集・政権交代への意欲 2019年01月30日 23時56分

>国民民主党の玉木代表と自由党の小沢共同代表は30日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、野党結集や政権交代への意欲を語った。

>玉木氏は、自由党との合流について「これから具体的な政策協議を行って、さらに連携を強めていく。急いでやりたい」と述べた。

>小沢氏は「政権交代可能な議会制民主主義を日本に定着させることが、政界に入った時からの夢だ。国民のためにも3度目の政権交代を成し遂げたい」と強調した。





議席を保守したいだけの無能が、選挙のためだけに集って政権交代を騙っても。

具体的な政策は、例によってノープラン… ( ´∀`)b ネッ!





時事ドットコム;与党、玉木氏のタブレット使用認めず=衆院代表質問 2019年01月30日18時00分

>30日の衆院本会議で行われた安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が用意した原稿をタブレット端末で読もうとしたところ、与党の反対で認められなかった。

>本会議に先立つ衆院議院運営委員会理事会で与党側が「前例がない」と難色を示したのが理由。玉木氏は質問の冒頭で「国会のペーパーレス化のためにも、こうした古いルールを改めて進めていこう」と訴えた。






Yahoo!ニュース;国会ペーパーレス化に抵抗?“野党の武器” 2018/12/11(火) 20:11

>毎年、大量の印刷物が作られる国会。その費用は年間11億円以上にのぼる。こうした慣習を改めようと、自民党の小泉進次郎議員らが11日、会合を開いた。ただ、この動きには意外な反対論も…。国会改革は進むのだろうか。

>◆国会で「ペーパーレス化」…印刷経費は11億円

>国会の最終盤といえば、法案採決の際に野党議員が委員長から資料を奪おうとするシーン。今後は、なくなるかもしれない!?

>自民党・小泉進次郎議員(10日)「ペーパーレス。次期通常国会で検討し、早期に結論を得る」

>今、国会の無駄を減らそうと、「ペーパーレス化」の動きが始まっている。国会議事堂の向かいにある、衆議院・第二別館。国会会期中の先週、その一室では、翌日採決される法案の要旨が書かれた紙を印刷しはじめていた。

>実はここは、国会内で配る文書を印刷する部署で、およそ700部を用意していた。刷ったあとは、適当なサイズに裁断し、仕分けをしておよそ1時間半かけて完成。印刷された文書は、風呂敷に包まれて運ばれ、国会で議員たちの手元にわたった。

>国会では、この他にも会議の議事録や政府の提出する資料などさまざまな「文書」が、日々、配布されている。その印刷にかかる経費は、衆参両院で実に11億円以上。私たちの税金が使われている。

>◆「国会改革」も、与野党の議論なし

>こうした中、自民党の小泉進次郎議員ら「国会改革」を掲げる議員が問題提起。

>自民党・小泉進次郎議員(今年6月)「70年ぶりということになりましたが、国会の中のペーパーレスの風穴があいたのは、国会内外で国会改革の機運が高まっていることの結果だと思います」

>しかし、今回の臨時国会では、国会改革をめぐる与野党の議論は、結局、一度も行われなかった。

>◆「ペーパーレス化」進まぬ“意外な理由”

>国会のペーパーレス化は進みづらいのか?そこには、“意外な事情”もある。

>国会の終盤で、法案の採決を阻止しようと野党が提出する内閣不信任決議案など。実は、こうした決議案は、1回につき印刷などに2時間程度かかるとされている。つまり、法案採決を時間切れに持ち込みたい野党にとっては、決議案にかかる印刷時間は貴重な「抵抗手段」なのだ。

>野党からはこんなホンネも…。

>──不信任案はペーパーレスにできない。武器を手放す必要はないでしょ

>11日、国会改革に関する自民党の会合に出席した小泉進次郎氏らは、次の国会でペーパーレス化を進めていくことなどを確認した。果たして、国会の無駄を減らす改革は進むのだろうか。






kids_001.jpg














posted by kwazz at 09:37| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

コップの中の政争…w

テレ朝news;「数合わせだと思いませんか?」小沢代表が立憲批判 2019/01/25 19:11

>自由党の小沢一郎代表は参議院で野党第1会派を目指す立憲民主党の動きについて、「数合わせだと思いませんか?」と批判しました。

>自由党・小沢一郎代表:「参議院だけ第1会派を目標に会派を作ったの?(立憲は)数合わせはだめだっていってんでしょ」「(Q.それこそ数合わせじゃないかと?)そう思いません?あなたは」

>小沢代表は会派統一を決めた国民民主党の玉木代表と対談し、「もう一度、政権交代して政権交代可能な議会制民主主義を定着させる」と目標を語りました。その後、記者団に対して自由党との連携を拒否した立憲民主党が社民党と参議院だけ会派を一緒にしたことについて批判しました。今週、小沢代表が立憲民主党について言及するのはこれが初めてです。





政権交代以前の、旧民主党議員さんたちによる野党第一党という。

ちっちゃな椅子取りゲーム… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Yahoo!ニュース;国民民主党からまたも離党者。自由党との合流が起こした野党同士討ち 1/25(金) 18:16配信

>議員6名が無言の抵抗

>1月24日は朝から慌ただしい1日だった。午前9時半に国民民主党の両院議員総会が開かれた。開催の告知が各議員事務所に送られたのは、前日の午後8時を過ぎていた。

>「果たして定足数を満たすのか」

>職員のため息が聞こえてくる。案の定、委任状を出さない無断欠席は6名に上った。その中にはかつて小沢一郎自由党共同代表の配下のもとにいた吉良州司衆議院議員、階猛衆議院議員の名前も存在する。この無言の抵抗はかなり強力だ。

>「まあ階さんは仕方ない。小沢さんに刺客をたてられたんだから」

>同情の声も聞こえている。小沢王国と言われた岩手県。階氏はその1区で5期連続で当選を果たしてきた。当初は小沢氏に従ったが、野田政権の時に決別した。やむなく書いて小沢氏に預けた階氏の離党届が勝手に提出されたというのが原因だ。

>その報復のように2012年の衆院選で小沢氏が階氏の対抗馬としてたてたのが、達増拓也知事の夫人である達増陽子氏だ。明らかに当選が目的ではなく、階氏の票を分断する意図が露骨なものだった。達増知事も小沢氏の「子飼い」として知られていた。まさに血で血を争う闘いといえた。

>国民民主党から離党者

>国民民主党への離党届も提出された。7月の参議院選で茨城県選挙区から出馬予定の藤田幸久参議院議員だ。2013年の参議院選で20万4021票の藤田氏は、56万642票獲得した自民党の上月良祐参議院議員にはるかに及ばなかった。しかも昨年12月の県議選では、国民民主党系の「茨城県民フォーラム」は幹事長が落選した。党勢がぱっとしない中で立憲民主党から候補が出されれば、目も当てられなくなるのは確実だ。

>藤田氏は同日、立憲民主党に入党届を提出。事前にFBに「インフルエンザ罹患」を告知して、外部からの接触を遮断していた。

>その背景に立憲民主党の福山哲郎幹事長の影もちらついた。枝野幸男代表がインフルエンザで登院禁止の今、野党を動かすのは福山氏しかいない。

>立憲民主党 優位へ流れは進むのか

>その福山氏は24日午後に開かれた立憲民主党の両院議員総会で、自由党の4名が抜けた参議院の会派である希望の会(残っているのは社民党の2名のみ)と統一会派を組むことを宣言した。これで公的には立憲民主党・民友会と国民民主党・新緑風会の所属議員は同数の27名となったが、立憲民主党が副議長を出しているため、参議院での野党第一会派は以前通り立憲民主党・民友会となっている。

>さらに藤田氏の国民民主党離党が正式に認められれば、立憲側の優位性は高まる。国民民主党から立憲民主党へ逃げ込む人は、これからも増えていくに違いない。

>「自民党に代わる選択肢を示したい」
「大きな塊を作りたい」

>自由党との連携を発表する際、国民民主党の玉木雄一郎代表はこう述べている。24日夜には小沢氏と会談し、今後について話し合った。しかしそのような思いと裏腹に、現実はますます厳しくなりつつある。






mahuyu_001.jpg














posted by kwazz at 04:56| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

結局、うまく行かないのは誰かのせい…w

産経ニュース;衆院憲法審査会が今国会初開催 野党は欠席、与党幹事選任のみで終了 2018.11.29 11:57

>衆院憲法審査会は29日、今国会会期中初となる審査会を開いた。自民、公明両党と野党の日本維新の会、会派「未来日本」が出席。立憲民主党や国民民主党などの野党は森英介会長(自民党)が職権で開催したことに反発し、与党の出席要請にも応じず、欠席した。

>憲法審では、自民党人事に伴い中谷元氏らが幹事を辞任。新藤義孝氏ら6人を新たな幹事に選んだ。新藤氏は与党筆頭幹事に就く。

>先の通常国会から継続審議となっている憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の審議は見送った。12月10日の国会会期末までに審査会の定例日は12月6日しかないため、自民党が意欲を示す自由討議での党改憲案の提示は極めて困難な状況だ。





いつまでもエダマメの尻を追っかけるのか、それとも維新のように独自の路線で行くのか。

それすらもはっきりさせず、フラフラとどっちつかずだから。

いまだ支持率は限りなくゼロ… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;国民民主が入管法対案を提出 立憲民主は審議入りに反対 2018.11.29 14:13

>国民民主党は29日午前、政府による外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法改正案について、技能実習制度の抜本見直しを柱とする対案を参院に提出した。政府案との並行審議を目指す。

>対案をめぐっては、29日午前の参院法務委員会理事会で政府案の今国会での成立阻止を重視する立憲民主党が国民民主案の審議入りに反対。足並みの乱れが表面化した。






NHK NEWS WEB;国民民主 外国人材法案で対案提出 2018年11月29日 12時10分

>外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、国民民主党は党独自の対案を提出し、参議院法務委員会で合わせて審議に入りたいと提案しましたが、立憲民主党が十分な説明を受けていないなどとして引き続き協議することになりました。

>外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、国民民主党は29日午前、参議院に党独自の対案を提出しました。

>対案では、政府に制度設計などの再検討を求め、受け入れる外国人労働者の数に上限を設けるほか、技能実習生などの制度を抜本的に見直すことなどが盛り込まれています。

>参議院法務委員会の理事会で、国民民主党は対案を委員会で法案と合わせて審議するよう提案しました。

>これに対し、自民・公明両党などは賛同しましたが、立憲民主党は「対案の内容について十分な説明を受けていない」などとして「扱えない」と主張し、引き続き協議することになりました。

>一方、委員会では午後から、外国人材の受け入れを拡大するための法案の趣旨説明と質疑が行われる予定で、与党側は着実に審議を進め、来月10日までの会期内に成立を図りたい考えなのに対し、野党側は成立を急ぐべきではないとして、十分な審議を求めていく考えです。

>国民民主 玉木代表「穴だらけの法案直す」

国民民主党の玉木代表は党の代議士会で、「穴だらけの法案を直していかなければならないので、参議院に提出した、わが党の対案を政府案と並べて議論していく。政府案は誰が見ても、おかしい法案なので、1歩でも2歩でもよくなるように審議していく姿を見せていきたい」と述べました。

>維新 馬場幹事長「国民民主の対案遅きに失した」

日本維新の会の馬場幹事長は党の代議士会で、国民民主党が対案を参議院に提出したことについて、「遅きに失した感じがする。参議院で法案が修正されると、もう一度、衆議院に戻ってくることになるので、物理的にも不可能ではないか。われわれが修正協議をしていたときに一緒にやるなり、アクションを起こすべきだった」と述べました。






Share News Japan;国民民主・櫻井充議員が立憲民主党に不満「我々は入管法の対案を提出したが立憲民主党が抵抗したので対案の議論が出来なかった」 2018-11-29

>DAPPIさんのツイート

櫻井充
「我々は入管法の対案を提出したが立憲民主党が抵抗したので我々の対案の議論が出来なくなってしまった。対案を出した国民民主党は議論に応じる。私達は審議を尽くし少しでも良い法案に作り変えたい」

立憲民主党が足を引っ張ることしか考えてないことを国民民主党が暴露

(略)

>▼ネット上のコメント

・立憲民主が悪いんだろうけど今更こんな泣き言言われてもアリバイ作りにしか見えないなあ…

・参院では、桜井が足引っ張りそうですけどね。

・反対だけで対案も出せず、支持率0%の国民民主党にさえも劣る、立憲民主党は底無しの政党

・辻元清美のこういうやり方ってほんまに汚い。生コンとやり方が同じ。

・>立憲民主党が足を引っ張ることしか考えてないことを国民民主党が暴露
櫻井充氏の唯一の功績と言えるのかもww

・国民民主頑張れ。

・いい事言っている事を装っておりますか、根底にあるのは、『悪いのは俺じゃない!』そういう事だと思います。

・ていうか、桜井が国民民主党だったことに驚き。

・言っちゃったね。

・野党が野党を批判してはならないなどというルールはありませんからね。野党の質向上、支持率向上の為にもどんどんやるべきです。






yasuna_002.jpg














posted by kwazz at 18:14| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

また、お約束のブーメランかい…w

産経ニュース;政治資金で交通反則金支出 国民民主の大西健介氏、愛知 2018.11.28 11:31

>国民民主党の大西健介衆院議員(愛知13区)が代表を務めていた民進党愛知県第13区総支部が昨年11月、事務所職員の交通違反の反則金1万2000円を「備品・消耗品費」として政治資金から支出したことが28日付で公表された同支部の平成29年分の収支報告書で分かった。

>大西氏側は不適切だったとして27日夜、県選挙管理委員会に訂正を申し出、28日に受理された。同支部は既に解散、大西氏の事務所によると職員は当時業務中で、反則金は県警に納付した。

>事務所は「経験の浅い担当者の判断で支出してしまった。会計責任者も気付かなかった」としている。





まっ、政治資金規正法そのものがザル法なんですけどね… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;国民民主党・大西健介議員が代表を務めていた民進党政党支部、交通違反の反則金を政治資金から支出していた… 2018-11-28

>Mi2さんのツイート

【政治資金で交通違反の反則金】

国民民主党・大西健介が代表を務めていた民進党政党支部が、秘書の交通違反の反則金を政治資金から支出。

事務所は「業務中に交通違反ということで政治資金から支出してしまった」としている。

業務中の違反だから政治資金からって、おいおい…。

(略)

>▼ネット上のコメント

・カ○過ぎて言葉も出ない‥

・セコイな。

・問題自体は非常に小さいけれど、政治資金への議員の甘い姿勢を浮き彫りにする点では大きい問題です…

・はーい、監督責任で辞職カモン

・おいおいおい。これは酷い話だな…

・まぁ〜た、単純ミスの訂正で済むのか、いい加減にしろ

・滅茶苦茶ですね。呆れますよね。

・またコイツか

・税金泥棒

・政治資金を使うという事は交通違反も政治活動なんだろうね。そいうや日本の破壊活動が主な政治活動だから気が付かなかっただけだったり






yasuna_010.jpg














posted by kwazz at 13:51| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

MeTooで、また華麗なブーメラン…w

テレ朝news;国民民主党・後藤祐一議員 政治資金収支報告を訂正 2018/11/19 23:21

>片山地方創生大臣の政治とカネの問題を追及していた国民民主党の後藤祐一衆議院議員が自らも政治資金収支報告を訂正していました。禁止されている「香典」の支出を計上していました。

>後藤議員は2010年から2014年にかけて、香典などで支出した合わせて77万5000円を政治資金管理団体の支出として計上していました。香典は公職選挙法で「寄付」にあたり、政治資金での支出が禁止されています。後藤議員は「私費による支出で事務処理のミスがあった」として、政治資金収報告書を訂正しました。後藤議員は国会で片山大臣の政治資金問題を厳しく追及していました。





元ミンスって、こんなんばっか… (ノ∀`) アチャー





産経ニュース;【民進・パワハラ議員】問題行動多発、後藤祐一氏は氷山の一角!? 頬かむりをする民進党の力は「神ってる!」 2017.2.21 21:29

>民進党の後藤祐一衆院議員がなんとも情けない不祥事を起こした。タクシー運転手の次は、防衛省の職員…。自分に対して反論できない立場の者への暴言を繰り返しておきながら、「弱い立場に置かれた人々とともに歩む」(民進党綱領)と主張してみても、説得力は皆無である。

>ただ、防衛省側に謝罪した上で記者会見を開いて経緯を説明した分、後藤氏はマシと言うべきかもしれない。疑惑や不祥事に頬かむりをし続ける議員は民進党にわんさかいるのだから。

(以下略)






Share News Japan;片山大臣の政治資金問題を厳しく追及していた国民民主・後藤祐一議員、自らも政治資金収支報告を訂正していた事が発覚… 2018-11-20

>国民民主党・後藤祐一議員 政治資金収支報告を訂正

(略)

>▼ネット上のコメント

・まーだブーメラン投げつづけているのか

・もう特定野党にいちいちブーメラン言うのも飽きたわ…

・またブーメラン刺さったのかいw

・大丈夫、マスコミはアリバイ程度に軽く報じて終わりだから

・片山辞任して野党も全員辞任すれば国民はwinwin

・スゲーよな。ブーメランだって相当な手練れでないと戻ってこないもんな

・毎回必ず喰らうんだもんな…

・こいつと今井って本当に態度が悪いよね

・だから民主なんかに任せられないんだよな。安倍一強とか言っても自民党以外に投票できそうなまともな党もないし…

・やっぱりブーメランになったかw






maika_002.jpg














posted by kwazz at 09:44| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする