2021年11月09日

和を以て貴しと為す!

時事ドットコム;国民、独自路線へ傾斜 維新と協力協議 2021年11月08日07時01分

>先の衆院選で議席を増やした国民民主党が独自路線へと傾斜し始めた。立憲民主党を中心とする政権追及型の野党協調より、選挙で訴えた対案重視の「政策先導型」が支持されたと自信を深めているためだ。既に立民を中心とする野党国対の枠組みからの離脱を決定。国会対応や政策調整で与野党と等距離を保ち、存在感をアピールする構えだ。

(略)

>ただ、年内に予定される臨時国会、来年1月召集の通常国会で野党共闘を維持したい立民は困惑している。立民関係者は「和を乱すような勝手なことをされては困る」と顔をしかめる。

>国民の動きは、来年夏の参院選に向けた野党各党の戦略にも影響しかねない。勝負のカギを握る改選数1の「1人区」で国民が独自に擁立を進めれば、野党候補の共倒れを招きかねないからだ。

>逆に国民も野党協調路線に背を向けることで、現職が改選となる山形、大分2選挙区に関し、立民などとの競合を誘発するおそれもある。共産党幹部は「共産も参加した枠組みで山形、大分も勝利した。変なことをするなら状況は変わる」と国民をけん制した。





選挙のためだけの互助会は、何でも反対の簡単なお仕事です… ( ´∀`)b ネッ!





共同通信;維新、国民の幹部が会談 国会運営で連携強化を確認 2021/11/9 11:13

>日本維新の会、国民民主両党の幹事長、国対委員長は9日、国会内で会談した。国会運営で連携する方針を確認する見通しだ。維新は衆院選で非自民の姿勢を強調すると同時に、立憲民主、共産両党などによる野党共闘を批判し、公示前の4倍近い議席を得た。国民も立民、共産両党などとは一線を画し、これまで参加していた野党国対委員長会談の枠組みからの離脱を決めた。

>国民の玉木雄一郎代表と維新の吉村洋文副代表(大阪府知事)は7日のフジテレビ番組で、憲法改正論議の促進を目指す考えで一致しており、衆参両院の憲法審査会を巡る議論の進め方について意見を交わす可能性もある。






Yahoo!ニュース;維新と国民、初の幹事長、国対委員長会談 政策面で連携強化確認 11/9(火) 10:19

>維新、国民の幹事長・国対委員長会談は初めて。世界的な原油価格の高騰を受け、揮発油税の課税を停止する法案を次期臨時国会に共同提出する方針で一致した。国会議員の歳費2割削減措置の延長を目指す方針でも合意した。国会の憲法審査会の早期開催を目指す考えも確認した。維新の馬場伸幸幹事長は記者団に「はっきり言って、立憲、共産両党の妨害で最近の国会でまともな(憲法)議論をしていない」と述べた。

(抜粋)






TBS NEWS;JNN世論調査、現金給付「生活困窮者を対象」が42% 8日 2時35分

>政府が検討する新型コロナ対策の現金給付について、「生活困窮者を対象に給付するべき」と答えた人が42%だったことが最新のJNNの世論調査で分かりました。

>岸田内閣を支持できるという人は、先月の調査から0.7ポイント上昇し、59.3%でした。一方、支持できないという人は0.3ポイント減って34.4%でした。

>先月末に行われた衆議院議員選挙について聞きました。立憲民主党や共産党など野党が共闘して政権交代を目指したことについては、「評価する」が41%、「評価しない」が48%と、「評価しない」が上回りました。立憲民主党や共産党の支持層の75%以上は共闘を評価しているものの、「政党支持なし」と答えた人の中では「評価しない」が上回っています。

(略)

>各党の支持率はご覧の通りとなっています。日本維新の会が2位になるのは、今の体制になって初めてです。






tbs_yoron_2110.jpg














posted by kwazz at 13:44| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: