2021年11月08日

期待はずれに、ならないようにね…w

スポーツ報知;橋下徹氏、代表選めぐり揺れる維新に「松井さんに甘え続けるのか。創業者たちから真に自立するのか」 2021年11月8日 12時10分

>元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が8日までに自身のツイッターを更新。自身が生みの親である日本維新の会の今後について、コメントした。

>この日、衆院選で第3党に躍進した維新が常任役員会で、代表選を行うかどうかを決める臨時党大会を27日に開くことを決定。松井一郎代表(大阪市長)と吉村洋文副代表(大阪府知事)のいずれも代表選が行われる場合は立候補しない考えを示し、代表選が行われない場合は松井氏が続投することになることを報じた記事を貼り付けた橋下氏。「松井さんは代表選をやった方がいいという考え。維新の会は、松井さんに甘え続けるのか。創業者たちから真に自立するのか」と問いかけると、「自立する国家、自立する地域、自立する個人が維新の政治理念の中心のはず」と続けていた。





いつまでも、地方の首長人気にオンブにダッコで。

所属国会議員の中から、代表選の候補も出せないような。

ヘタレ・ローカルパーティが、憲法を云々するなよな… (´▽`*) アハハン♪





共同通信;維新と国民、改憲に向け連携 9日にも幹事長、国対委員長会談 2021/11/7 11:03

>国民民主党の玉木雄一郎代表は7日のフジテレビ番組で、日本維新の会と国会運営での連携を強化するため、9日にも両党の幹事長、国対委員長会談を開催すると明らかにした。玉木氏と同じ番組に出演した維新の吉村洋文副代表(大阪府知事)は、憲法審査会などで憲法改正論議の促進を目指す考えで一致した。

>吉村氏は「国民民主の皆さんとは非常に価値観が近いところがある。個々の政策や、法案などを実現するために協力していくのが非常に重要だ」と強調した。改憲を巡り、玉木氏は「衆参両院の憲法審査会は毎週開いたらいい。議論するために歳費をもらっている。開かない選択肢はない」と語った。






mion_001.jpg














posted by kwazz at 14:14| Comment(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: