2021年10月20日

与野党でって、ヲイヲイ…w

産経ニュース;与野党「断じて許されず」 北ミサイル発射を非難 2021/10/19 22:00

>与野党から19日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する声が相次いだ。「国連安全保障理事会決議に違反するものであり、断じて許されない。東アジアの平和と安定を脅かす」(山口那津男公明党代表)と非難した。

>山口氏は「二度と行わないように、国際社会が連帯して阻止しなければならない。そして平和と安定を取り戻す」と川崎市で記者団に強調した。

>立憲民主党の枝野幸男代表は、東京都内での街頭演説で「国連安保理決議に明白に違反する暴挙だ」と指弾。「健全な日米同盟を基軸に両国が連携しながら、北朝鮮の暴挙に毅然(きぜん)と対応しなければならない」と訴えた。

>共産党の志位和夫委員長は「北朝鮮は核開発と関連活動を中止し、放棄すべきだ。そのために国際社会は、結束して働き掛けるべきだ」とする談話を発表した。





平和を騙る、口先ばかりの九条脳内フローラ。

そもそも、国民の生命、財産を護るための現実論は、ノープラン… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;公明代表「敵基地攻撃は古い議論」 岸田首相を牽制 2021/10/19 21:02

>公明党の山口那津男代表は19日のNHK番組で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け敵基地攻撃能力の保有検討に言及した岸田文雄首相を牽制(けんせい)した。「敵基地攻撃能力というのは昭和31年に提起された古めかしい議論の立て方だ」と述べた。

(以下略)






zakzak;【国家の流儀】台湾、朝鮮半島有事の日米共同対処に反対!? 立民の安全保障政策の問題点「安保法制の違憲部分を廃止します」 2021.10.20

>立憲民主党の公約を見ると、「平和主義と専守防衛を旨としつつ、日米同盟を基軸とした現実的な外交・安全保障政策を推進します」とある。

>第2次安倍晋三政権のときに、気が狂ったように「戦争法案反対」を叫んできたのに、現実的な安全保障政策を採用するようになったのかと「誤解」してしまいそうだ。この立憲民主党の問題点を理解するためには、日米同盟の発展史を理解しておく必要がある。

(略)

>第4段階が2015年、第2次安倍政権のときだ。野党が戦争法案と呼んだ「平和安保法制」を成立させた。朝鮮半島や台湾海峡で紛争が起これば日本にも影響が出てくる。よって日本の存立を危うくし得る事態では、在日米軍基地から台湾などに向かう米軍を「後方支援」するだけでなく、「米艦を防護」できるようにしたのだ。

>ところが、立憲民主党は「安保法制の違憲部分を廃止します」として第4段階を否定しようと考えている。台湾や朝鮮半島での紛争に日米共同で対処することに反対しているわけだ。

>台湾で紛争が起これば沖縄にも戦火が及ぶし、朝鮮で紛争が起こればミサイルが日本に降ってくる。そのとき、日米共同で対処するのを反対しているのが立憲民主党なのだ。






chiya_002.jpg










posted by kwazz at 13:50| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: