2021年10月20日

ヲイヲイ、選挙期間中も難癖かい…w

Yahoo!ニュース;立民・枝野代表が岸田首相の危機管理のなさを批判 ミサイル発射時に東北に遊説中 10/19(火) 17:22

>立憲民主党の枝野幸男代表(57)が19日、都内で衆院選候補の応援演説を行い、北朝鮮のミサイル発射をめぐる岸田文雄首相(64)の対応を批判した。

>同日午前、北朝鮮は弾道ミサイルを日本海に向けて発射したとみられている。その際に岸田氏も松野博一官房長官も東京にいなかったことが問題視されていた。

>枝野氏は北朝鮮のミサイル発射について「暴挙です。断固として許されるものではない。日米間で連携しながら毅然と対処しないといけない」と厳しく非難した。

>続けて自身が官房長官に就任した際を振り返った。「引き継ぎ事項があった。有事が生じたときに官邸が司令塔になると。総理か官房長官のどちらかは必ず東京にいてくださいということだった。今日、総理は東北に遊説、官房長官は千葉にいた。いつから慣習を壊していたんですか。危機管理の意識が足らないことが露呈した」

>枝野氏の勢いは止まらない。「どういう危機管理をしているのか。これがコロナ対策でも皆さんの命を脅かしてきた」「第6波のリスクがあるなかでこの政権に委ね続けるのかどうかがこの選挙の争点です」「改めて今日のこの状態で直下型地震が起きていたらどうするのか。(岸田氏が)東京に戻りたくても戻れない」とボルテージを上げた。

東京スポーツ





そもそも、市民連合の正式名称は、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合。

そっちこそ大丈夫なのか? 立件共産党… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





産経ニュース;首相「万全の態勢」強調 北発射で遊説切り上げ 2021/10/19 21:36

>北朝鮮が19日に弾道ミサイルを発射したことを受け、政府は国家安全保障会議(NSC)を官邸で開いた。岸田文雄首相は終了後、記者団に「敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討するよう改めて確認した」と説明した。首相は同日公示された衆院選の自民党候補を応援するため東北を訪れていたが、予定を切り上げて急遽(きゅうきょ)東京に戻った。

>首相は発射時に福島市に、松野博一官房長官は自身が出馬した選挙区がある千葉県市原市におり、いずれも東京を離れていた。首相はこの点を記者団から問われ、磯崎仁彦官房副長官が松野氏の職務を代理していたとし、「必要ならば自衛隊機ですぐ東京に戻れる態勢も整えていた」と説明した。

>首相官邸の危機管理をめぐっては、最近では令和元年7月の参院選中に安倍晋三首相(当時)と菅義偉官房長官(同)が同時に東京を離れた日が17日に上ったが、官房副長官が待機して緊急時に備えていた。衆院解散後の平成29年10月も安倍氏が京都府、菅氏が北海道に出張して官邸を不在にしていたこともあり、今回の対応は前例を踏襲した形だ。

>今回のケースでも緊急時に自衛隊機で東京に戻る手はずは整っていた。北朝鮮がミサイルを発射したことで日本に対して直接の影響はないと判断し、自衛隊機の使用は見送った。

>それでも首相が応援演説の予定をキャンセルして東京に戻ったのは、危機管理対応に万全を期すためだった。首相は党首討論などで、自衛隊を否定する共産党と選挙協力する立憲民主党の有事対応能力に疑問を呈していた。

>首相は福島市内で一報を聞き、その後に仙台市で街頭演説を行った後、新幹線で帰京した。官邸ではNSCを開いて関係閣僚に対応を指示したほか、記者団の質問には福島市内で応じたものも含めて1日3回答えた。この間、政府は首相官邸危機管理センターの官邸対策室に緊急参集チームを招集。関係省庁間で情報を集約して対応に当たり、外交ルールを通じて北朝鮮側に抗議した。






kassen_001.jpg














posted by kwazz at 05:07| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: