2020年10月26日

選挙は、基本、自助だろ…w

産経ニュース;首相所信表明演説 独自色アピールも問われる社会像 2020.10.26 14:43

>26日の菅義偉(すが・よしひで)首相の所信表明演説は、安倍晋三政権の路線を継承しつつ、「デジタル庁の創設」や「マイナンバーカードと健康保険証の一体化」など、首相就任以来訴えている肝いり政策を並べる。ただ単に安倍路線を継承するだけでなく、首相の独自色をアピールする意欲がにじむ。

(略)

>国民からの期待が高まる一方で、個々の具体的政策が首相の目指す国のあり方にどのように結びつくか、演説の中で十分に説明されているとは言い難い。首相は「私が目指す社会像は、『自助・共助・公助』そして『絆』だ」と強調するが、今後の国会論戦で丁寧に説明していくことが求められる。





選挙区で、自ら勝ち抜いていくという自助よりも。

端から党任せ、他人任せの、比例でのゾンビ復活頼みという、共助、公助のためだけに。

ドタバタ合流劇場を演じた、泥舟選挙互助会… ( ̄∀ ̄) アヒャ





コロナ痛快新聞;「もう一つ消えれば…我が党の時代」立憲・安住氏が発言 2020年10月26日 13時07分

>まもなく党が一つ消えれば、いよいよ本格的に我が党の時代が来る――。立憲民主党の安住淳国会対策委員長が26日、国会内で開かれた党会合でこう発言し、会場がどよめく場面があった。国民民主党の野党統一会派からの離脱が決まったなか、立憲との合流協議を受けて党の分裂の危機を迎えている社民党を念頭に置いたものだった。他の議員たちの反応を受け、「余計なことを言ってすみません」と平謝りだった。

>立憲の衆参両院議員が集まる場でのあいさつ。6月に閉会した通常国会では、旧立憲、旧国民、社民に無所属議員を加えた野党統一会派「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」を結成していた。

>安住氏はこの会派名に触れ、「ものすごい長い名前だったけど、ようやくここにきて『立憲・社民・無所属』となり、まもなくもう一つ消えれば、『立憲・無所属の会』ぐらいになる。いよいよ本格的に我が党の時代が来るんじゃないか」と語った。

>国会対策を担う安住氏としては、会派を離脱していった玉木雄一郎代表が率いる新しい国民民主党への皮肉だったとみられる。

>一方で、立憲と、地方組織を持つ社民党との合流について、自身の期待がにじみ出たようだ。ただ、社民内では合流の是非をめぐって、激しい議論が続いている。






KSL-Live!;【動画】立憲のちびっこギャング・安住国対委員長が失言「社民党が消えれば、いよいよ本格的に我が党の時代が来る!会派は減るが議員はシコシコ増やす」 2020.10.26

>立憲民主党の安住国対委員長は26日、臨時国会召集を受けての両院議員総会を開き、国民民主党が会派を離脱し会派名が短くなったとして「間もなくもうひとつ(社民党)消えれば、ようやく立憲民主党・無所属の会くらいになって、いよいよ本格的に我が党の時代が来るんじゃないか」と述べた。また、会派離脱や合流が進むことについては「会派は減るが議員はシコシコ増やす」と党勢拡大への意欲を見せた。

>社民党の消滅を望んでいる?

>安住国対委員長は発言の後に「余計なことを言って済みませんでした」と頭を下げ、会場からは笑いが起きていた。合流による議席増で、党全体が驕り高ぶっているようだ。

(以下略)






ika_010.jpg














posted by kwazz at 16:35| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: