2020年10月19日

毎度お馴染みの、御用聞き外交だね…w

産経ニュース;自民・河村氏、韓国与党代表らと会談 徴用工は前向き交渉で一致 2020.10.19 18:04

>日韓議員連盟(額賀福志郎会長)の幹事長を務める自民党の河村建夫元官房長官は19日、韓国滞在中に会談した「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表ら与野党関係者と、いわゆる徴用工問題など日韓間の懸案について両政府が前向きに交渉する必要があるとの認識で一致したと明らかにした。河村氏が同日、帰国した成田空港で記者団の取材に応じた。

>河村氏は李氏との会談で、菅義偉(すが・よしひで)首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことについて「戦死された皆さんへの弔意や感謝の念を一国の首相として示した」と理解を求めた。また、ドイツで韓国系市民団体によって設置された慰安婦像に言及し、「日本側の韓国に対する感情が良くなくなる」と指摘した。李氏から具体的な言及はなかったという。

>河村氏は、韓国の国会議員でつくる韓日議員連盟の金振杓(キム・ジンピョ)会長とも会談し、同議連が11月12〜14日に来日することを確認。韓国側から菅首相や二階俊博幹事長との会談の打診があり、国会の状況を見て調整する。





おまエラ、約束守れよな! 、で済む話… ( ̄∀ ̄) アヒャ





wowKora;李洛淵代表「菅義偉首相の供物奉納は遺憾」に対し、河村建夫幹事長「批判はよくわかる」 2020/10/18 21:54

>共に民主党のイ・ナギョン(李洛淵)代表は18日、菅義偉首相による靖国神社への供物奉納と関連して、側近の河村建夫日韓議員連盟幹事長に遺憾を表明したと明らかにした。

>李洛淵代表はこの日午後、ソウル・ヨイド(汝矣島)の国会で河村建夫幹事長と40分間にわたり非公開の会談を行い、直後に記者たちに「遺憾を表明した」と述べた。

>韓国の政界では前日(17日)、秋季例大祭を迎え、靖国神社に供物を奉納した菅義偉首相の行動に対して批判する声が上がった。菅義偉首相は、2012年12月に官房長官就任後、靖国神社を参拝したり、供物を奉納したりはしなかったが、この日「真榊(まさかき)」という供物を首相名義で奉納した。

>李洛淵代表によると、河村建夫幹事長はこれに対して、「韓国と中国の批判はよく分かっているが、安倍晋三元首相から続いてきた慣例」とし「菅義偉首相も官房長官時代は参拝しなかったが、首相になったため前任の首相がすることを継承している。両国の批判はよく分かっている」と答えた。

>「年内に義偉菅首相との会談実現の可能性について議論したか」という質問には、「(議論)していない」と答えた。

>また、ユ・ミョンヒ(兪明希)産業通商資源部・通商交渉本部長の世界貿易機関(WTO)事務総長選挙の支持要請と関連して、「(河村建夫幹事長が)日本政府は(立場が)決まっていないが、李洛淵代表からそのような要請があったということを受け付けると述べていた」と伝えた。






中央日報;河村幹事長、強制徴用関連「文喜相案」に関心…韓国政界、否定的立場を伝達 2020.10.19 10:44

>韓国を訪問中である日韓議員連盟の河村建夫幹事長が韓国政界の要人らと会談した席で、文喜相(ムン・ヒサン)前国会議長が提案した強制徴用問題解決方式に関心を示していたことが分かった。

>河村氏は18日、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表をはじめ、野党「国民の力」の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長、韓日議員連盟会長の金振杓(キム・ジンピョ)民主党議員、国家情報院の朴智元(パク・ジウォン)院長らと相次いで会談した。

>河村氏はこれら要人と会った席で「『文喜相案』が再び発議されたが、これは今後どうなりそうか」とその動向について尋ねたという。これに対し金振杓氏は「韓日関係が悪化した現在では協力関係を基盤とする『文喜相案』が解決法にはなりえず、法案が通過する可能性もほぼない」として否定的な立場を伝えたことが分かった。

>文喜相前韓国国会議長が発議した強制徴用問題解決法案は、韓日企業と国民(1+1+α)が自発的に出した寄付で財団を設立して被害者に慰謝料を支給することが主な内容だ。この法案は前回の第20代国会任期満了で廃棄されたが、今年6月、無所属の尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)議員が再発議した。

>しかし、徴用被害補償請求訴訟で勝訴した当事者と彼らを支援する市民社会団体は、「文喜相案」が日本の謝罪・賠償責任を免じているとし、受け入れられないとの立場だ。






higurashi_001.jpg














posted by kwazz at 18:43| Comment(0) | 韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: