2020年09月18日

これまた、ブーメランになんないかい?

産経ニュース;立民・安住国対委員長「政府の責任は大きい」 ジャパンライフ幹部ら逮捕 2020.9.18 11:10

>立憲民主党の安住淳国対委員長は18日、磁気治療器の預託商法などを展開していた「ジャパンライフ」の元会長らが詐欺容疑で逮捕されたことを受け、政府批判を強めた。元会長は安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、安住氏は「『桜を見る会』の招待状が2千億円の詐欺を生むきっかけになったことを考えれば、政府の責任は非常に大きい」と述べた。

>国会内で記者団に語った。

>安住氏は、菅義偉首相が就任後の記者会見で、「客観的にみておかしいことは直していかなきゃならない」と述べたことに触れ、「最初にこのことの再調査をお願いしたい」と実態解明を求めた。





旧悪夢党も、マスゴミも、当事者側なんだが… ( ̄∀ ̄) アヒャ





政治知新;またもや大ブーメラン!鳩山政権もジャパンライフ会長を『桜を見る会』に招待していた!野党議員もジャパンライフ会長のお中元を受け取る! 2019.12.09

>致命的な大ブーメランだ。「悪夢の鳩山由紀夫政権」も、ジャパンライフの山口会長に対し、2010年に招待状を出していたということが発覚した。それも他ならぬTBSの取材によって明らかとなった。久しぶりにいい仕事をしたTBS。

>そして、さらに野党議員にもジャパンライフ会長が大量のお歳暮を贈っていたことが明らかになった。

(以下略)






政治知新;ジャパンライフ会長、安倍総理夫妻との面識を否定!招待状もチラシとしては配布していなかった!安倍総理の無実が確定し、デマを信じたメディアと野党の責任問題へ! 2019.12.09

>ジャパンライフの山口会長が安倍総理夫妻と面識がないことが明らかとなった!ジャパンライフの山口会長がTBSの取材に対し、そのことを明言したのである。

>しかも、山口会長は、『桜を見る会』招待状もチラシとしては配布していないことを明らかにした。これは山口会長に批判的なメディアの報道とも一致する。

>つまり、安倍総理はジャパンライフ問題における無実がTBSによって証明される事態になったのである。

(以下略)






zakzak;ジャパンライフ元会長逮捕 「預託商法」の悪質マルチで 桜を見る会、朝日新聞OBらも宣伝に利用 2020.9.18

>磁気治療器の預託商法などを展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」をめぐり、警視庁は18日、詐欺の疑いで創業者で元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)を逮捕した。悪質なマルチ商法の「宣伝用資料」には、山口容疑者に対する安倍晋三首相(当時)主催の「桜を見る会」(2015年)の招待状や、自民党の二階俊博幹事長らを囲み、元朝日新聞政治部長や、政治評論家、ジャーナリストらと懇親会を開いていたことも記されていた。



>捜査関係者によると、山口容疑者は元幹部らと共謀して、同社が債務超過であることを知りながら、利息や元本を支払うなどと装い顧客12人から計約8000万円を詐取するなどした疑いが持たれている。

>同社は、高齢者ら全国の約7000人の顧客から総額約2000億円を集めたとみられており、警視庁は事件の全容解明を進める。

>ジャパンライフをめぐっては、日本消費経済新聞が18年2月5日付のスクープ記事で、同社元社員から入手した「宣伝用資料」を報じている。

>同資料によると、山口容疑者に出された首相主催の「桜を見る会」の招待状や、山口容疑者主催で、元朝日新聞政治部長や、政治評論家、ジャーナリストらとともに、月一回、高級ホテルで政治家や官僚を呼んで懇親会を開いていたことも、マルチ商法の「宣伝」に使われていた。

>ジャパンライフは14年9月と10月、消費者庁から「行政指導」を受け、16年以降、業務停止命令などの「行政処分」を複数回受けている。

>元朝日新聞政治部長は昨年12月、夕刊フジの取材に応じ、同社の顧問となり顧問料を受け取っていたことを認めたうえで、「(山口容疑者は)政界と関係の深い人で、政治記者として、いろんな場所で会っていた。昔から顔は知っていた」「ジャパンライフがどのような事業を行っていたのかは知らないし、関わっていない」「事件が顕在化した17年にテレビで知り、懇親会はやめた」「『大変心外で、遺憾』という言葉に尽きる」と語っていた。






sakura_002.jpg














posted by kwazz at 18:31| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: