2020年09月11日

始まる前から終わってる、お約束の伝統芸…w

東スポWeb;元芸能人§@舫氏の重要ポスト続投に若手議員が猛反発 2020年09月11日 06時15分

>新党「立憲民主党」(枝野幸男代表)の新人事で、蓮舫参院議員(52)が重要ポストに起用されるとの見方が党内に広がり、若手議員が猛反発している。

>蓮舫氏は10日、都内ホテルで行われた旧立民、国民民主党の合流新党代表「新党代表・党名選挙」で、国民の泉健太政調会長(46)と争い代表選を制した枝野氏の推薦人に名前を連ねた。

>代表選出後の会見で枝野氏は、旧民主や旧民進党出身者らが再結集した新立民人事を15日の結党大会までに決める意向を示した。人事については「全くの白紙だ。奇をてらうことはしない」と話したが、立民の若手議員はこう怒りを爆発させる。

>「実は告示直前に若手議員30人が枝野氏、泉氏に続く第3の候補者擁立に動いた。しかし、蓮舫氏らの枝野氏陣営に知られて切り崩された。悔しい思いをしたんです」

>若手議員らは党の代表、党名も変わらないというマンネリ打破のため、れいわ新選組の山本太郎代表(45)にも接触し、野党連携を模索したが結局、不発に終わった。

>立民中堅議員は「我々の力不足です。蓮舫氏は党幹部の参議院幹事長か国対委員長に就くでしょうね」と肩を落とした。

>枝野氏や蓮舫氏ら旧立民幹部らに対し、若手、中堅議員が不満をぶちまける背景には、最近話題となった枝野氏の議員会館の自室での違法(健康増進法違反)喫煙問題や、蓮舫氏の離婚騒動にみる2人の資質の問題があるという。

>「他にも、枝野氏は自民党の三原じゅん子参院議員にテレビで『恥を知りなさい』の名ゼリフで斬られても、反論できなかった。蓮舫氏はいい加減、元芸能人の看板を外して、若手・中堅と党執行部の間に入る地味でも重要な役割を果たしてもらいたい」(前出の若手議員)

>新・立民はスタートからまとまるどころか波乱含みの展開だ。





クルリクルクルと、地球に優しい廃物利用のリサイクルで。

いつかどこかで見たような顔ばかりの、使い回しのポンコツと。

マスゴミに甘やかされて、一向に育つ気配もないままに。

いつまで経っても使えない、口先ばかりのポンコツと。

人罪豊富な我が党は。

早くも、これまたお約束通り、ポンコツ同士の内ゲバ勃発か… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





変態新聞;合流新党 幹事長には福山氏を検討 枝野代表選出「玉木新党にも連携呼びかけ」 2020年9月10日 20時09分

>今後の焦点は枝野氏による党役員人事で、党内融和をいかに図るかがポイントとなる。党内では国民民主党からの合流組や野田佳彦前首相、岡田克也前副総理ら無所属議員に配慮するよう求める声が出ている。

>枝野氏は会見で人事については「全くの白紙。具体的な構想はない。人事について奇をてらうことをしない。オーソドックスにやる」などと述べるにとどめた。党内では枝野氏が代表選で勝ったことにより、新幹事長には枝野氏を支え続けてきた福山氏を就任させ、旧来の立憲主体の党運営を行うとの見方が出ている。

(抜粋)






tsumiki_001.jpg














posted by kwazz at 19:20| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: