2020年08月24日

カメレオン・アーミー。

産経ニュース;河野防衛相が女系天皇容認論 次の天皇「内親王のお子さまも」 2020.8.23 23:24

>将来の首相候補の一人に数えられる河野太郎防衛相は23日夜、インターネット動画サイトのライブ配信で皇位継承のあり方について「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と断った上で、女系天皇の容認も検討すべきだとの考えを示した。

>河野氏は、現在の皇室の状況に言及し「男子のお世継ぎがいなくなったときにどうするのか、考えておく必要はある」と強調。かつては側室制度があったが「この21世紀になってそうはいかない」とも述べた。

>その上で、国民は「毎日国民のことを考え、災害が起きれば(被災者を)勇気づける」といった皇室の姿を支持しているとの見解を示し、「とすると、その皇室のメンバーである(天皇、皇后両陛下の長女の敬宮=としのみや)愛子さまをはじめ内親王のお子さまを素直に次の天皇として受け入れることもあるのではないか」と自説を述べた。

>男系を維持するための旧宮家復帰に関しては、旧宮家は1400年代に今の天皇家から男系が分かれたと説明し、「600年前に分かれた人が戻ってきても『本当の万世一系といえるの?』『遺伝子を調べて微妙に違いがあったらどうなの?』というところも考えていかなければならない」と慎重論を唱えた。

>また、今後首相を目指す可能性について「初当選の時から言っている」と改めて意欲を示した。





その時々で、様々に色を変化させる紅乃傭兵Jr.。

晴れて総理総裁となった暁には。

さて、どういった色を見せるのか? … (´▽`*) アハハン♪





zakzak;河野防衛相が「女系天皇容認」 「ポスト安倍」問題ありか 2020.8.24

>河野太郎防衛相は23日、動画投稿サイト「ユーチューブ」などに番組を配信し、皇位継承のあり方について「1000年以上続く男系が続くなら男系がいい」と断ったうえで、女系天皇の容認も検討すべきだとの考えを示した。河野氏は「ポスト安倍」候補として、外交・安全保障では得点を重ねてきたが、「国体」に関する認識に問題がありそうだ。

>注目の番組で、河野氏は「皇室のメンバーである(天皇、皇后両陛下の長女の敬宮)愛子さまをはじめ内親王のお子さまを素直に次の天皇として受け入れることもあるのではないか」と述べた。

>皇位は、初代の神武天皇から第126代の天皇陛下まで、一度の例外もなく父方を遡(さかのぼ)れば天皇にたどり着く「男系継承」である。

>これを維持するため、「旧宮家の皇室復帰」などが検討されているが、河野氏は番組で慎重論を唱えた。

>明治天皇の玄孫(やしゃご)である作家の竹田恒泰氏は以前、夕刊フジのインタビューで、「『女系天皇』を認めれば、その瞬間、王朝が変わる。男系継承は1ミリも譲ってはダメだ。仮に、男系の血筋を引かない人が天皇になれば、『天皇の血統原理』が失われる」と語っている。






Share News Japan;竹田恒泰氏、河野太郎大臣の持論に「女系天皇容認なら、それ以外が完璧でもダメだ。 日本の総理として相応しくない」 2020-08-24

>竹田恒泰さんのツイート

女系天皇容認なら、それ以外が完璧でもダメだ。

日本の総理として相応しくない。

天皇の存置は国柄の根幹に関わる問題。

最高のシェフが最高の食材で料理を作っても、少量でもウンコが混ざったら食べられたものではない。

外交防衛で評価できることもあったが、全て台無しだ。

(略)

>ネット上のコメント

・まったくもって同感!この一言ですべてが台無し。

・中共へのアピールかもしれません。

・勉強不足なのだと思います。是非竹田先生に教えを受けて欲しいと思いました。

・この人をこれまで少しでもいいと思ってた人がいることに驚く。どこ見てるんだろう。

・残念です。本当に残念です。

・女系天皇容認はないわ。男系の血を絶やすことはない。それなら側室制度を設ける方がまし。

・竹田学校を観て勉強すべきですね。






FRIDAYデジタル;河野太郎を直撃! かつて主張していた「脱原発」はどうなったのか 「次の総理」とおだてられ、反骨の志を捨ててしまったの? 2018年07月13日

(略)

>「エネルギーの安定供給はアベノミクスの必須条件だ」と語る安倍晋三首相(63)のもと、原発推進を続けてきた自民党だが、与党の全員が同じ旗を振ってきたわけではない。脱原発派の急先鋒として知られていたのが、河野外相だ。

>「『原発ゼロの会』の代表として執行部に真っ向から楯突いた河野は、党内では完全に異端児扱いされていた。原発に頼らなくてもエネルギーは確保できる、というのが河野の主張でした」(自民党ベテラン議員)

>しかし、’15年10月に発足した第3次安倍改造内閣で行革担当相に抜擢されると、河野氏の過激な脱原発論はめっきり影を潜めた。

>「河野さんは当時すでに当選7回でしたが、大臣経験がなかった。それに業を煮やした後援会長から、『自民党の本流で出世するという約束はどうした』と詰められたんです。出世を取るか、それとも『脱原発』にこだわるか。河野さんは前者を選び、安倍首相に追従する道を選んだ」(地元支援者)

>河野氏は’11年10月7日号で、本誌に登場。当時俳優だった山本太郎参議院議員と原発を進める政権を猛批判、最後には「脱原発」という色紙まで書いている。はたして河野外相は、長いものに巻かれ、反骨の志を捨ててしまったのか。色紙を持って直撃したのが冒頭のシーンだが、渋面を作るばかりで、原発についての思いは一切明言しなかった。

>「脱原発の志自体はまだ持っていることは間違いありません。河野さんは支援者向けに発行している『ごまめの歯ぎしり』というタイトルの国政報告紙で、〈閣僚になることは不自由なこと〉〈原発の再稼働の可否について発言する自由を失いました〉と、苦しい胸の内を率直に語っています」(前出・支援者)

>ポスト安倍を決める総裁選は’21年に行われる、と予想されており、河野氏は総裁候補の一人として見られている。政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

>「河野氏が菅義偉官房長官や麻生太郎副総理から可愛がられているのは間違いない。しかしそれは、かつての異端児的な言動を封印し、政権の思惑通りに動いてくれるからでもある。次期総裁に推す声があるのは確かですが、実際に総裁選が始まった時に『脱原発』という志を表に出すのかどうか。河野氏自身も自縄自縛に陥っているのかもしれません」

>河野氏が総裁選に打って出れば、原発についての思いをしつこく問われるのは間違いない。その時、答えに窮しないためにも、いまこそ、「脱原発」を語るべきなのではないだろうか。






tarosa_001.jpg














posted by kwazz at 18:09| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: