2020年08月21日

ちっとも新しくねぇよぉ〜w

スポーツ報知;田崎史郎氏、立憲と国民の合流新党に「ドラマの再放送。期待感が全く起きない」 2020年8月20日 15時2分

>政治ジャーナリストの田崎史郎氏(70)が20日、TBS系情報番組「ひるおび!」(月〜金曜・前10時25分)に生出演。国民民主党が解党し、立憲民主党に合流し新党を結成することに見解を示した。

>新党結成について田崎氏は「批判はいっぱいあるんですけど」とした上で「野党が一つの大きな塊になる意義は、選挙を戦う上で非常に大きいですよね。自民党の一党支配みたいな現状を打破する可能性が生まれてきます」とした。

>一方で「ただし6人の顔ぶれ(枝野幸男氏、福山哲郎氏、平野博文氏、小沢一郎氏、野田佳彦氏、岡田克也氏)を見ても、ドラマの再放送ですよね。期待感が全く起きないでしょ」と話し、「期待感は持てないけれども、塊を作ったことには意義があって。だから与党には脅威になるということ」と続けた。





まるっきり人気も出ずに、大コケにコケ、打ち切りになったテレビドラマを。

これまた、まったく同じ顔ぶれで再現、リメイクするようなものか… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





KSL-Live!;維新・松井代表「帰ってきた民主党」発言を撤回→「ウルトラマンに失礼なので。やっぱり民主党、そもそも民主党、元々民主党って事ですね」 2020.08.21

>日本維新の会の松井一郎代表は20日、立憲民主党と国民民主党の合流について「帰ってきた民主党」と14日の記者会見で発言したことを撤回した。

>松井代表の”発言撤回”は、19日の立憲民主党の会見で福山哲郎幹事長が党名揶揄に反論したことを受けてのもので、「帰ってきた民主党はウルトラマンに失礼なので撤回します。やっぱり民主党、そもそも民主党、元々民主党って事ですね」と新たなネーミングを3つ提示している。

(以下略)






zakzak;「そもそも民主党」金と票の確保が目的か 政策と理念の放棄…合流新党に期待なし 2020.8.20

>大阪や東京をはじめ、全国各地で新型コロナウイルスの感染者が再拡大している。18日の大阪の新規感染者は185人だった。ほとんどが軽症か無症状の若者で、無症状者が知らずに活動して感染を広げている傾向があるようだ。

(略)

>こうしたなか、立憲民主党が、国民民主党などに呼び掛けた合流新党が、衆参で計140人超の規模となるとの報道があった。正直、「新党」と報じるのは、おかしいと思う。

>あるベテラン議員が「もともと仲間だから…」と語っていたが、まさに、「悪夢の民主党政権」の面々が、衆院選が近づいてきたので「金」と「票」を確保するために再結集したといえる。完全な選挙互助会であり、「帰ってきた民主党」「そもそも民主党」という方が正確だろう。

>国民民主党の前原誠司元外相が「共産党と選挙協力する立憲民主党に身を置くことはできない」として、国民民主党に残留する意向を明らかにした。

>共産党は、党綱領に「日米安保廃棄」「自衛隊の解消」を掲げている。公安調査庁は、暴力革命の可能性を否定していないとして、「破壊活動防止法(破防法)」に基づく調査対象団体としている。前原氏の指摘は極めて重要だといえる。

>加えて、国民民主党の衆院議員の多くは、前回の衆院選(2017年10月)では、小池百合子都知事が率いた保守系政党「希望の党」から出馬して議席を得ている。希望の党は、公認条件として、「寛容な改革保守政党」「現実的な安全保障政策」「憲法改正を支持」「外国人への地方参政権に反対」などと記された「政策協定書」への署名・捺印(なついん)を求めたと報じられている。

>どうして、立憲民主党と合流できるのか理解できない。

>一般社会では、契約書や誓約書を破ればペナルティーを受けるが、永田町には「金」や「票」のためには嘘八百を並べても平気な人々が多々いる。政治にとって最も重要な政策や理念はどうしたのか。国民をバカにしている。人間として恥ずかしいと思わないのか。

>私は、いわゆる「合流新党」には、まったく期待していない。 (日本維新の会代表、大阪市長・松井一郎)






ren_dagashi_001.jpg














posted by kwazz at 04:36| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: