2020年08月20日

これまた、報道しない自由ですね…w

産経ニュース;立民・安住氏「首相は予算委で健康状態の説明を」 2020.8.20 12:14

>自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は20日、国会内で会談した。安住氏は臨時国会の早期召集を重ねて要請するとともに、9月2日に衆院予算委員会の閉会中審査を開き、安倍晋三首相が出席して自身の健康状態を説明するよう求めた。

>森山氏は国民民主党の解散に伴う会派の変更を見定めるべきだと主張し、折り合わなかった。来週に再度、国対委員長会談を開く見通しだ。





合流バタバタ劇場の埋蔵金、50億円也… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;国民・玉木代表が強烈なド正論! 「内ゲバするなら全額国庫返納」 50億円総取り狙う合流組にチクリ 2020.8.20

>国民民主党の玉木雄一郎代表が、ド正論を放った。同党が、立憲民主党への合流組と不参加組に分かれることを受けて、税金から支出された政党助成金が含まれる「約50億円」という資金の行方が注目されているが、「内ゲバなら全額国庫返納」という方針を示したのだ。確かに、選挙目当てで「政策・理念」を無視して離合集散するようなら、新型コロナ対策に使った方がいい。

>国民民主党は19日、両院議員総会を都内で開き、立憲民主党との合流新党を結成する方針を賛成多数で了承した。新党には、平野博文幹事長や、原口一博国対委員長、小沢一郎衆院議員ら、衆参の所属議員62人の多くが参加する見込み。9月中にも「帰ってきた民主党」とも言われる140人超の新党が誕生しそうだ。

>一方、玉木氏は「政策・理念」重視で、合流新党に参加しない意向を改めて表明した。前原誠司元外相や、古川元久代表代行、山尾志桜里衆院議員らも不参加を明言している。

>こうしたなか、焦点とみられるのが「50億円」争奪戦だ。合流組は新党への「持参金」が減ると、合流後の影響力が低下するとして、「金を分け合う分党はダメだ」と総取りする構えだ。合流組には、政治資金に精通する“大物議員”もいる。

>これに対し、玉木氏は19日の記者会見で、不参加組の議員数に応じた資金配分を求める考えを示唆し、「常識的な範囲で決まっていく。ともに歩んできた仲間なので、別れても円満かつ友好的にやることが大事だ」「お金をめぐって内ゲバをするようなことがあれば、国民から見放される。そんなことするなら全額国庫に返した方がいい」と語った。

>2014年に解党したみんなの党は、残余金約8億2600万円を国庫に返納している。






yasuna_010.jpg














posted by kwazz at 14:02| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: