2020年07月05日

だから、いつまでたってもダメなんだよ…w

時事ドットコム;108万人目指し署名運動 共闘狙いも国民・玉木氏不参加―野党 2020年07月04日07時10分

>立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党有志議員らが、次期衆院選での投票率10%アップを呼び掛ける署名運動を開始した。5日投開票の東京都知事選で4党の足並みはそろわなかったことから、共闘の機運を高めることが狙い。2019年の自民党員数108万人を上回る署名集めが目標だ。

>運動の本部長に就任した立憲の枝野幸男代表は1日の記者会見で「野党の連携を強め、国民に呼び掛ける意味で大変有意義な活動だ」と強調した。

>4月の衆院静岡4区補欠選挙で、野党は候補者を一本化して臨んだが敗北。立憲は都知事選での野党共闘を目指したが、国民民主は自主投票に回った。早期の衆院解散も取り沙汰されるが、候補者調整は進まず、立憲、国民両党の合流協議も見通しが立っていない。

>運動を呼び掛けた無所属の中村喜四郎元建設相は取材に、「永田町で共闘や合流の問題(の話)をしていても前に進まない。みんなで汗をかいた方が合理的だ」と狙いを説明する。

>共産の志位和夫委員長や社民の福島瑞穂党首、無所属の野田佳彦前首相ら約140人の衆参国会議員が参加。ただ、国民の玉木雄一郎代表は「署名した人が選挙に行くとは限らない」と周辺に語り、党員集めを優先すべきだとして参加しなかった。





国会内での、まっとうな政策論戦のために汗をかくことはせず。

国会外での、パフォーマンスばかりで汗をかく。

選挙のためだけの、泥舟互助会… (´▽`*) アハハン♪





Share News Japan;山里亮太「やることなす事 全て反対…」→ 中居正広「野党だね!」 2020-07-05

>話題の画像

(略)

>ネット上のコメント

・蓮舫さん、言われてまっせw

・中居くん、ド正論!

・普通の感覚を持った人なら口から出ても不思議はない

・たぶんジャニーズ事務所だったら言えなかったですね。もう中居さんは無敵だ。

・中居くん、ド正論!

・普通の日本国民の率直な感想ですね。

・中居まともだったんだ〜 俺も今度から意識して「野党かよ」使おっと






Share News Japan;熊本県球磨川水系で進められていた九州最大級のダム計画、民主党政権が中止させていた… 2020-07-04

※過去記事より


>熊本・五木村にバンジー場開業 日本一の清流に向かってジャンプ!

“▼記事によると…

・「日本一の清流」である熊本県五木村の川辺川に架かる銀杏(いちょう)橋(高さ77メートル)に、命綱をつけ橋から川へ飛ぶ「ブリッジバンジージャンプ」が開業した。ブリッジバンジージャンプが楽しめる施設は西日本初で、通年営業は全国初。川辺川ダム建設が中止された同村は、水没予定地だったこの場所を地域活性化の“ジャンプ台”にしたい考えだ。(谷田智恒)

2015.4.12 07:03
https://www.sankei.com/region/news/150412/rgn1504120041-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら


>川辺川ダム中止表明10年 水没免れた熊本・五木村、集落存続に力

“▼記事によると…

・熊本県で国が高度経済成長期から進めた川辺川ダム建設計画は、民主党政権が中止を表明してから、9月で10年になる。水没を免れた同県五木村は、人口減少や高齢化にあえぎながらも、地場産業を立て直して集落の存続を図っている。

2019.8.18 07:00
https://www.sankei.com/region/news/190818/rgn1908180017-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら


>熊本県知事の建設白紙撤回から10年 「ダムによらない治水」の今は

“▼記事によると…

・熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も残っている。

2018年9月11日 19時32分
https://mainichi.jp/articles/20180911/mog/00m/040/007000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

(略)

>ネット上のコメント

・民主党仕分けの被害者ですね。パフォーマンスで失われた人命ですね。

・これは実は人災なんだよな。利根川下流域の住民は八ッ場ダムが完成していて本当に助かった。これについては、首都圏の他の知事と連携し、再開に持って行った上田清前知事には感謝しかないよ。

・政治家の人気取りの政策で人の命が奪われる。有権者が賢明な判断をしなければなりませんね。

・だけど一番の原因は、当時マスコミこぞって今の様に自民党叩きしてマスコミに騙されて民主党を選んだ国民が一番悪いんだけどね。選挙を山本太郎や立花の様な人にノリで投票すると民主党政権の二の舞になる。

・民主党政権って「ダム必要か?」と言いながらスーパー堤防も反対してたんだよね。考えや方法を間違ってたとかいうことではなくて、人を守る気がなかった

・天国と地獄の結果が出ましたね。仕分けで人の命が奪われました

・耳障りの良いことに心を奪われてはいけない。旧民主党政権の悪行で、今、命を奪われているんだぞ!




















posted by kwazz at 05:00| Comment(0) | 政界再編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: