2020年06月30日

日本でも、報道されはじめましたね…w

ニューズウィーク日本版;世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして... 2020年6月29日(月)11時35分

>新型コロナの発生地とされる中国湖北省に、新たな脅威が迫っている。

>集中豪雨により長江上流で大規模な水害が発生。中流域の同省宜昌市にある世界最大の水力発電ダム「三峡ダム」が決壊する恐れが出ている、と学者が指摘している。

>6月下旬も釣りを楽しむ人の姿が見られたが、仮に決壊した場合、犠牲者数はコロナの比ではない。

<2020年7月7日号掲載>





武漢肺炎の時同様。

さすがに、隠しきれないレベルにまで達しちゃったか… (ノ∀`) アチャー





Share News Japan;【中国】洪水被害で住民が相次ぎ動画投稿 → 当局が投稿者を逮捕するよう指示 2020-06-25

>重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制

“▼記事によると…

・中国南部と中部などの住民は、豪雨による洪水で深刻な被害を受けている。ネットユーザーは、氾濫した川の状況や流される住宅の動画を相次いで投稿した。そうした中、当局がネット上の言論統制を強め、洪水の被害を投稿した者を逮捕することが明らかになった。

・重慶市に住む法学者の宋建生氏は、中国当局が、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染状況の隠ぺいと同様に、洪水の被害状況を隠そうとしているとした。

同氏は、「情報封鎖は中国高官らの習慣となっている。そのせいで国民が深刻な被害を受けている。天災というよりは、人災だ。だから、当局は救援活動もしないだろう」と批判した。

宋氏は、中国当局が情報を封鎖する目的は政権を維持し、その無能さを隠すためであると指摘した。

2020年6月24日 20:19
https://www.excite.co.jp/news/article/EpochTimes_58621/

(略)

>ネット上のコメント

・何で隠すんだい?

・国民がどうなろうが、メンツが重要。

・尖閣じゃなくて、重慶に船出せばいいのに

・もはや言論統制など意味が無いのに…

・武漢コロナもそうですが、今回の三峡ダムの危機についても言論統制や公安の力を使い民衆の声を封じ込めようとするなら永遠に民衆の支持は永遠に得られんよ。

・動画上げただけで逮捕てー笑 笑えないね...

・こんなのが国政を担ってる国があるとかヤバすぎ






kanna_001.jpg














posted by kwazz at 03:46| Comment(0) | 中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: