2020年06月23日

スパコンも、使い勝手が重要です(きりっ)!

共同通信;蓮舫氏「努力に敬意」 スパコン「富岳」世界一で 2020/6/23 00:00

>立憲民主党の蓮舫副代表は22日、スーパーコンピューター性能ランキングで日本の新型機「富岳」が世界一になったことを受け「文部科学省も理化学研究所も、前向きな改革に取り組んで来られた努力に敬意を表する」とした。共同通信の取材に文書で回答した。

>旧民主党政権の事業仕分けでスパコン開発を巡り「2位じゃ駄目なんでしょうか」とした自身の発言に関し「速度が世界一になったとしても、使い勝手が悪ければ使われない。スピードばかりにこだわる理由を問うた」と当時の経緯を説明した。

>事業仕分け、行政事業レビューの結果、スパコン開発は総合的な性能を追求する方針に転換したと指摘した。





意味不明の言動も、やっぱり上から目線… ( ̄∀ ̄) アヒャ





KSL-Live!;クラウドに詳しい蓮舫さん「スパコンは速度が世界一でも使い勝手が悪ければ使われない」2位じゃダメなんですか?の言い訳を展開するも、また何かを勘違いしている模様 2020.06.23

>私のような素人にはスーパーコンピューターの「使い勝手」の意味が分からない。一般的なスーパーコンピューターは高速な計算能力を有するが、その計算能力を使う側は外部から接続して操作するはずなんだが。もしかして蓮舫さんは「ジャパネットたかた」とかで買えるパソコンと同じものだと思ってるのだろうか?

(略)

>また「スピードばかりにこだわる理由を問うた」と言ってますが、スーパーコンピューターの存在価値は速度です。どれだけ容量が大きくて便利であっても、速度が出なければ意味がない。扱うデータによっては早い遅いのレベルじゃなく計算が終わらない。

(抜粋)






東スポWeb;丸山穂高議員が蓮舫議員の“スパコン世界一”の敬意表明に「政権にもいないからどうでもよい」 2020年06月23日 13時13分

>丸山穂高衆議院議員(36)が23日、ツイッターで、蓮舫参議院議員(52)が日本のスーパーコンピューターが計算速度世界一になったことに敬意を示したという記事に言及した。

>蓮舫議員は民主党時代の事業仕分けでスパコン開発をめぐり「2位じゃだめなんですか」と発言し、物議を醸した。しかし日本のスパコン「富岳」が世界一になったことについて22日「敬意を表する」といった趣旨の回答をしている。

>これを受けて丸山議員は「蓮舫議員は国籍がクラウド疑惑の方の説明をして欲しいですね。マルチリージョンなのか、議員なってから国内サーバーに変更したのか、ずっと国内鯖なのかの説明こそ必要で。この2位じゃダメなんですか?の件からのはもう政権にもいない蓮舫議員の意見はどうでもよいですね」と依然としてはっきりしていない国籍問題を明確にすべきと主張した。






uhyo_001.jpg














posted by kwazz at 17:45| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: