2020年06月14日

ネトウヨ認定、必至だね…w

Share News Japan;【拉致問題】指原莉乃さん、横田早紀江さんらの会見ノーカット動画をシェア「たくさんの若い人に知って欲しい、見て欲しい」 2020-06-14

>指原莉乃さんのツイート

先ほど番組でお話しした会見のフルです。

たくさんの若い人に知って欲しい、見て欲しいです。

自分の家族だったら?友達だったら?色んなことを考えると思います。

(略)

>ネット上のコメント

・ありがとう!!!さっしー!!!検察庁法は訴えるのに、これを叫ばない芸能人がいる中で!ありがとう!

・指原さん、ありがとう。指原さんみたいに影響力のある人が発信してくれて感謝します。ワイドナショーでは触れてくれたけどほとんどのメディアは大事な所をカットしているので。ぜひ皆さんに見てほしいです。

・いつも思うけど「フル」で見るって大切よね。一部の切り取りはご本人の伝えたい事が伝わらない事ってたくさんあるものね。

・ワイドナショーは拉致問題に触れて、その後蓮見オシリちゃんシリーズにも触れるのですね!指原さんの良く分からないことは主観で語らないスタンツは正解です。

・マスコミ批判の部分はやっぱり、ワイドなショーでも放送されませんでしたなぁ。

・事実を素直に受け取り涙する。人間として普通な事です。声をあげていきましょう!

・多くの芸能人が声をあげられないorあげない中、めちゃくちゃ尊敬します。これからも応援しています。





さて、この件では、芸NO人ダンマリ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;【日本の選択】横田さん息子に発言慎めと非難? 有田芳生参院議員の驚くべきツイート 被害者家族が思いの丈を率直に吐露することすら許されないのか 2020.6.13

>北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、5日に87歳で亡くなった拉致被害者家族会初代代表、横田滋さんの遺族が9日に記者会見を開いた。妻の横田早紀江さん(84)、双子の息子、拓也さん(51)、哲也さん(51)がそれぞれの思いを語っていた。

>早紀江さんの話では、「感謝申し上げます」との言葉が印象的だった。拉致被害者の家族で、他者には共有できないほど辛い目に遭われた方が感謝の念を語ったのだ。恨み言の一つでも述べたくなるだろうに、一切そうしたことは語らずに感謝の言葉を述べた。高貴な奥ゆかしさを感じずにはいられなかった。

>拓也さんの話で印象的だったのは、次の箇所だ。

>「私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうしてこれほどひどい人権侵害を平気で行い続けることができるのかと不思議でなりません。国際社会がもっと北朝鮮に強い制裁を科して、この問題解決を図ることを期待したいと思います」

>北朝鮮と友好関係を結ぶことが拉致問題の解決につながる−などと主張する人が存在するが、彼らは被害者家族の気持ちを考えたことがあるのだろうか。犯罪者に警官が手を差し伸べ、友好関係を築けば犯罪者は更生するとでも考えているのだろうか。強い制裁を科し続け、北朝鮮が変わることを望むのが正道というものだ。

>哲也さんの言葉は、重要な事実を的確に伝えるものだった。

>安倍晋三首相は拉致問題を解決できていないと批判する人々に関して、次のように述べた。

>「安倍政権が問題なんではなくて、40年以上、何もしてこなかった政治家や、『北朝鮮なんて拉致なんかしてるはずないでしょ』と言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍総理、安倍政権が苦しんでいる」

>まことに正論だ。被害者の家族を苦しめ続けたのは安倍首相ではなく、真剣に拉致問題を報道しなかったメディアであり、何もしなかった政治家なのである。

>この息子さんたちの発言に噛みつく政治家が現れた。

>立憲民主党の有田芳生参院議員である。自身のツイッターで9日夜、次のように発信した。

>「横田滋さんが『絶対に言ってはいけない』と基本にしていたことを息子さんが破りました。被害者家族の政治的発言は北朝鮮を挑発するだけです。これで日朝交渉は重ねて動きません。残念です」

>国会議員が、被害者の家族に向かって発言を慎めと非難しているように私には読める。言論の自由を否定するかのような発言だ。

>仮に、横田滋さんの信条が有田氏の主張通りのものであったとしても、息子さんたちは別人格だ。有田氏は北朝鮮を挑発するなと主張しているようだが、被害者家族が思いの丈を率直に吐露することすら許されないのか。

>被害者の発言を封じ、加害者の機嫌をうかがうだけでは拉致問題は解決できない。






kanna_006.jpg














posted by kwazz at 13:44| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: