2020年06月10日

後出しジャンケンが、アイツラの流儀だから…w

zakzak;横田滋さん遺族が会見 息子・哲也さん「何もしていない方の安倍政権批判は卑怯…拉致なんかないと言ってきたメディアに責任」 2020.6.10

>北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、5日に87歳で亡くなった拉致被害者家族会初代代表の横田滋さんの遺族による記者会見が9日、東京・永田町の議員会館で行われた。妻の早紀江さん(84)と、双子の息子、拓也さん(51)と哲也さん(51)が出席した。

>早紀江さんは、滋さんについて「朴訥(ぼくとつ)な人で、器用ではなかった。病床でも愚痴を言わず、弱音を吐かない強い人だった」といい、「(拉致問題解決に)全身全霊打ち込んで、頑張ったと思っています。本当に安らかに、静かないい顔で天国に引き上げられました」といい、周囲への感謝を語った。

>拓也さんは「父はめぐみの写真を撮ることが大好きだった。どれだけ会いたかっただろうと思うと悔しくて仕方ない」と語り、「私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害を平気で行い続けることができるのかと不思議でなりません。国際社会がもっと北朝鮮に強い制裁を科して、この問題解決を図ることを期待したい」と語った。

>哲也さんは「いつもにこにこ笑顔で、笑っている印象が強くて優しい人だった」と父を振り帰り、「拉致問題が解決しないことについて、ジャーナリストやメディアの方々の『安倍晋三首相は何をやっているんだ』という発言を耳にする」「安倍政権が問題なのではなく、40年以上も何もしてこなかった政治家や『北朝鮮が拉致なんかしているはずない』と言ってきたメディアがあったから安倍政権が苦しんでいる」「安倍首相は動いてくださっている。何もやっていない方が政権批判するのは卑怯(ひきょう)だ。的を射ていない発言をするのは、やめてほしい」と述べた。





拉致被害者家族すらも、政治利用で。

政権批判に余念のない、特定野党、デマスゴミ界隈… (ノ◇≦。) アチャー





KSL-Live!;横田滋さんの息子・哲也さん「何もしなかった政治家が政権批判、やめてほしい」有田芳生「横田滋さんの思いを知らない妄言でしょう」 2020.06.10

(略)

>有田「横田滋さんの思いを知らない妄言」

>哲也さんの発言を受けてかは不明だが、立憲民主党の有田芳生参院議員は以下のような投稿をツイッターで行っている。

“安倍総理の空疎な答弁については、議事録が出たらお知らせします。横田滋さんがお亡くなりになって、安倍首相を批判する政治家はおかしいと語った人がいるようです。横田滋さんの思いを知らない妄言でしょう。私はご本人からも聞き、手紙も持っています。”

>名指しこそしていないが、哲也さんの気持ちを結果的に踏みにじる暴言だ。哲也さんは安倍政権への批判をすべてやめて欲しいとは言っていない。この40年間で何もしなかった政治家や、拉致被害者家族の訴えを否定してきたメディアが、拉致問題に取り組んできた安倍総理を今になって批判するのはおかしいと言っている。正論だ。

(略)






KSL-Live!;【動画】辻元清美ら野党議員、予算委員会で横田滋さんへのお悔み述べず 与党議員は全員がお悔みを述べてから質問 2020.06.9

>総理と全閣僚が出席した9日の衆議院予算員会で、与党議員3名と立憲民主党の枝野幸男代表は質疑の冒頭で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父・横田滋さんへのお悔みの言葉を述べた。

>NHKの中継が入るような重要な審議では特に、質疑の冒頭で国民関心事で亡くなった方へのお悔みを述べることが慣例となっているが、枝野代表を除く野党会派の6名はお悔みを述べず質問に入った。

>拉致問題より疑惑追及

>お悔みを述べなかったのは以下の6名、

川内博史(立憲民主党)

大串博志(立憲民主党)

辻元清美(立憲民主党)

渡辺周 (国民民主党)バッジ有

後藤祐一(国民民主党)

岡本充功(国民民主党)

(略)

>そういった方の訃報に際して、お悔みの一つも述べられないような国会議員が、偉そうに安倍総理を批判しているのだ。特に辻元氏は社民党時代の冷たい対応を被害者家族から批判されているだけに、どんな顔で与党議員の悔やみを聞いていたか。質疑にたった辻元氏はマスクをしており表情は完全に読み取れないが、口調と目から判断するに少し笑っていたように見えた。

(略)






アノニマスポスト;6月10日の日刊スポーツ(朝日新聞系)、横田哲也さん会見の発言内容から『ジャーナリストやメディア』批判がスッポリと抜け落ち、『40年以上何もしてこなかった政治家が悪いということ』だけになる… 2020.06.10

>6月10日の日刊スポーツ

rachi_001.jpg


横田哲也さんの“本当の”発言部分抜粋

“「一番悪いのは北朝鮮ですが、問題が解決しないことに対して、ジャーナリストやメディアの方の中には、安倍総理は何をやっているんだ、というようなことをおっしゃる方もおられます。ここ2、3日目、北朝鮮問題は一丁目一番地だというのに、何も動いていないじゃないか、というような発言をメディアで目にしましたが、安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。安倍総理、安倍政権は動いてくださっています。

やっていない方が政権批判をするのは卑怯です。拉致問題に協力して、様々な覚悟で動いてきた方がおっしゃるならまだわかるが、ちょっと的を射ていない発言をするのはやめてほしいと思います。うちの母も、有本のお父さんも、飯塚代表もかなりのお年で健康も芳しくありません。これ以上同じことが起こらぬうちに、政権におかれては具体的な成果を出して欲しい。国内には敵も味方もありません。日本対北朝鮮、加害者対被害者の構図しかありません。これからも協力をお願いしたいと思います」と話した。(ANNニュース)

https://blogos.com/article/463472/

(以下略)






Share News Japan;【拉致問題】横田めぐみさんの弟・横田哲也さん「40年間何もして来なかった方が安倍総理を批判するのは卑怯だ!」 2020-06-09

>織田秀信さんのツイート

横田めぐみさんの弟

横田哲也さん
「ここ数日、安倍総理を批判しているマスメディアと政治家がいるが、拉致など無いと報道をしていたマスメディアや政治家達がいたから、安倍総理がこれ程までに苦労をしている。40年間何もして来なかったあなた方が安倍総理を批判するのは卑怯だ‼」

まさにその通り‼

(略)

>ネット上のコメント

・確かに!ここまで拉致が大事になったのは安倍さんが居たから。でも7年間、拉致問題が進まなかったのは
残念です。もっと民意盛り上げなきゃ!!共産党、社民党は土下座しても許されない。

・私達が言いたかった事を代弁していただき、有難うございました!見ていたら涙が出てきました!

・よくぞ!仰ってくださいました!

・拉致事件が起きてから世間に知られるまでの約20年の間の政治家の対応についてはほとんど知らないので紹介して欲しいです。

・この発言は非常に重い。いかに今の特定野党とマスコミが日本を貶めているか、よくわかります。

・勇気のある発言をしてくださった横田哲也さんに、もし心ないことをいう人があらわれそうなら、サポートしなければ。SNS上なら、通報、注意。

・この言葉物凄く感動しました。生中継だからメディアもカットできなかったですね。皆さんに聞いてもらいたいです




















posted by kwazz at 14:46| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: