2020年06月09日

共同通信がフェイクニュースでヤバい方、でしたね…w

日本経済新聞;香港問題でG7声明 日本提案 「一国二制度」維持を 2020/6/9 2:00

>中国が香港への統制を強める「香港国家安全法」を巡り、日本政府が主要7カ国(G7)の外相による共同声明を提案したことが分かった。全国人民代表大会(全人代)の制定方針に憂慮や懸念を示し、香港に高度な自治を保障する「一国二制度」の維持を求める内容で調整する。

>安倍晋三首相は8日の衆院本会議で「香港の情勢を深く憂慮している」と述べた。菅義偉官房長官も同日の記者会見で「基本的価値を共有するG7などの関係国と緊密に連携していくことが重要だ」と強調した。

>全人代は5月28日に香港国家安全法の制定方針を採択した。菅氏は採択直後に記者会見で「深く憂慮する」と表明し、秋葉剛男外務次官が中国の孔鉉佑駐日大使を呼んで日本の立場を伝えた。

>その後、米国、英国、オーストラリア、カナダの4カ国が「深い懸念」を示す共同声明を出した。菅氏は6月8日の記者会見で「日本は強い立場を直接ハイレベルで中国側に伝達するとともに、国際社会にも明確に発信してきている」と説明した。

>日本政府はG7が足並みをそろえて改めて国際社会の懸念を訴える効果を期待する。政府関係者によると声明の発表には一部の国が慎重姿勢を示しており、G7の事務レベルで協議を続ける。





それでも、しれ〜っと、知らぬ顔の半兵衛を決め込む。

オールドメディア界隈… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;政府 対中非難 G7外相共同声明を調整 菅氏「失望の声ない」 2020.6.8 18:31

>菅義偉官房長官は8日の記者会見で、中国による香港への国家安全法制導入をめぐり、「米国や英国などはわが国の対応を評価しており、失望の声が伝えられた事実は全くない」と述べ、「米国などから失望の声が出ている」とする共同通信の記事を否定した。先進7カ国(G7)の外相は中国に制度導入の再考を求める共同声明を出す方向で調整しており、日本政府はこれを主導する考えだ。

>共同通信は米国と英国、オーストラリア、カナダの4カ国が先月28日に発表した中国への共同声明をめぐり「日本政府も参加を打診されたが拒否した」との記事を配信し、7日に同社のネットサイトに掲載した。

>複数の政府関係者によると、共同声明は英国が案文がない状態で日本に打診したが、ドイツとフランスが参加しないなど、G7として一致した対応が見通せない状態だったという。

>政府関係者は「日本はG7を主導していく立場にある」と強調。政府はG7外相の共同声明を積極的にとりまとめることで、国際的な圧力を高める考えだ。

>菅氏は8日の会見で、「(制度導入の決定後)ただちに私と茂木敏充外相が深い憂慮を表明し、秋葉剛男外務事務次官が孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日中国大使を呼び出し、わが国の立場を直接、明確に申し入れた」と重ねて説明した。外務省幹部は「大使まで呼びつけたのは日本だけだ」と語るが、自民党には「『深い憂慮』では足りない」(閣僚経験者)との不満もあり、今後の政府の対応が注目される。






アノニマスポスト;共同通信「日本、中国批判声明に参加拒否」⇒本田圭佑氏「日本は参加拒否って何してるん!どんだけ他人事なん!」⇒菅長官「米英は日本の対応を評価している」⇒ 本田圭佑氏「共同通信のがフェイクニュースやったか。政府の皆さん、すみません」 2020.06.09

(略)

>ネットの反応

・即座に学んで素直に謝れる男は有能

・謝れるならパヨクじゃないな
パヨクは謝れない子供オジサンだし

・さすが本田や

・もうこれ一般人皆が共同はフェイクって知る状態だよな

・理解がはやい

・ほう…今回の件で本田圭佑の事を見直したわ。結構マジで。

・ホンダさん初手から共同通信の、嘘見抜くとは

・素直に謝れるなんて偉いな

・でも、マスゴミって間違いやフェイクや捏造ばかりしてるのに全然謝らないよね

・朝日新聞「は?ウチだって謝罪と訂正するし」

フェイクニュースは一面トップで

謝罪と訂正は小さく隅っこに

・さすがにフットワークは良いようですねw

・お気づきになりましたか

・謝れるいい大人

・この程度ができない人間の多いこと

・ほんとそれな

・これでホンダの株が爆上げだな!

・>KeisukeHonda(本田圭佑)@kskgroup2017
>この記事が本当なら日本は本気でヤバい。
>この記事がフェイクなら共同通信は本気でヤバい。
 
この時点でちゃんと可能性を考えられてる時点で頭の良い人間

・ちゃんと両面マネジメントしてんだな
賢い






joh_001.jpg














posted by kwazz at 09:42| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: