2020年05月23日

ほんとに処分が甘いよね…w

Sponichi Annex;小倉智昭氏 黒川氏らの賭け麻雀に「時期ももう最悪 よくもやれたものだなと」 2020年5月22日 11:52

>キャスターの小倉智昭氏(72)が22日、フジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に出演。緊急事態宣言のさなか、5月1日と同13日に産経新聞記者や朝日新聞社員と賭け麻雀をしていたことを認め、辞表を提出した東京高検の黒川弘務検事長(63)について「よくも麻雀をやれたものだな」とあきれ顔を見せた。

>政府は1月、定年延長をできないとしていた検察庁法の解釈を変更し、閣議決定で黒川氏の定年を8月まで延長。政府与党は、政府の判断で定年を延長できる検察庁法改正案の今国会の成立を目指したが、著名人らがツイッターで相次いで非難し、多くの検察OBも法案への反対を表明。国民の理解を得られないと判断し、成立を断念した。

>そういった動きの中での21日発売の「週刊文春」の報道で明らかになった黒川氏らの賭け麻雀。小倉氏は「時期も、もう最悪」とバッサリ。「そういう時期によくも麻雀をやれたものだなと思う。事情を聞かれた時にだいたい少なめに言う。数千円から2万円って、(金額が)かなり動いていたんじゃないかなって想像する人は多い」とただただあきれた。





ヲイ! 産経新聞の当事者は、お咎めなしかいっ!? … ( ̄∀ ̄) アヒャ





Sponichi Annex;黒川氏の「訓告」処分 田崎史郎氏「非常に甘いと思う」 小倉智昭氏は「ちょっとおかしい」」 2020年5月22日 11:50

>政治ジャーナリストの田崎史郎氏(69)が22日、フジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に出演。緊急事態宣言のさなか、5月1日と同13日に産経新聞記者や朝日新聞社員と賭け麻雀をしていたことを認め、辞表を提出した東京高検の黒川弘務検事長(63)への処分について不満をあらわにした。

>田崎氏は「非常に甘いと思う」とバッサリ。「訓告では、給与のカット、退職金もそのままもらえるわけです。実質的な実入りは全然関係ないんです。そういう意味じゃ、国家公務員法に基づく、彼は国家公務員ですから。それによる懲戒処分を行うべきだった。その前提として、検察庁がもっと調べるべきだったと思う。回数や、いつからやり始めたかについて、朝日と産経が全然調整しないで発表しているので、違いが分かる。数年前からやっているとしたら、常習性があったということ。もっと最高検察庁がきちっと調べて、きちんとした処分をすべきだったと思う」と続けた。

>さらに「これは検察官適格審査会にかけてもおかしくない事案なんです」とも。「検察官適格審査会に決まると、3年間、弁護士になれないんです。黒川さんは今やめてもすぐ弁護士になれるんです。だから、非常に甘い処分なんです」と訴えた。

>また、MCを務めるキャスターの小倉智昭氏(72)も同件について「検察っていうのはプロ。取り調べをして、どのぐらいの罪状なのか、求刑する立場」と指摘。「自分たちの事だと軽く済ませちゃうというのがちょっとおかしい」と不満を訴えた。






hatena_001.jpg














posted by kwazz at 11:42| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: