2020年05月21日

ヲイ! 他人事じゃないんだぞ!

zakzak;黒川検事長が辞任へ 文春報道の賭けマージャン認める 2020.5.21

>東京高検の黒川弘務検事長(63)が、新型コロナウイルス感染拡大で全国に緊急事態宣言が発令されていた今月上旬、産経新聞記者2人、朝日新聞社員1人と賭けマージャンをしていたと、21日発売の週刊文春が報じた。法務・検察当局の聞き取り調査に、黒川氏は賭けマージャンを認め、森雅子法相がその内容を首相官邸に伝えた。黒川氏は同日朝までに辞任の意向を固めた。

>週刊文春は、黒川氏は今月1日と13日、東京都中央区の産経新聞記者宅で、住人の記者や同僚記者、朝日新聞の元検察担当記者の計4人で賭けマージャンをした疑いがあると報じた。「3密(=密閉、密集、密接)」そのものといえるマージャン後、産経記者がハイヤーで目黒区内の黒川氏宅まで送ったとしている。

>同誌は、産経新聞が用意したハイヤーを黒川氏が利用したことについては、5月1日の料金が2万5000〜3万円ほどになるとしたうえで、「便宜供与となる」と指摘。記者との賭けマージャンを含め、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあるとする人事院の見解を紹介している。

>「文春オンライン」が記事の一部を速報した20日、朝日新聞社は50代の男性社員が勤務時間外に参加していたことを認め、「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為だ。金銭を賭けていたかどうかは調査中」と談話を出した。

>菅義偉官房長官は20日の記者会見で、「報道は承知しているが、事実関係については詳細を承知しておらずコメントは差し控えたい」と発言。公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で、「事実であれば職務を続けられるという話ではない」と語った。

>立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に、「組織のリーダーとして失格と言わざるを得ない。直ちに辞任すべきだ」といい、国民民主党の玉木雄一郎代表は「事実であれば刑法の賭博罪に当たる。説明できないのなら、任にあらずとならざるを得ない」と述べた。

>政府は1月、黒川氏の職務遂行能力を評価して、検察庁法の解釈を変更して定年を8月まで延ばす閣議決定をしただけに、安倍政権への打撃も避けられそうにない。

>◆「取材源秘匿は責務、不適切行為あれば対処」井口文彦・産経新聞東京本社編集局長

>今回の文春報道で、産経新聞は文春側から、社会部記者2人が黒川弘務・東京高検検事長と賭けマージャンをしていたことの確認を求める取材を、18日午前に受けました。

>産経新聞は、報道に必要な情報を入手するにあたって、個別の記者の取材源や取材経緯などについて、記事化された内容以外のものは取材源秘匿の原則にもとづき、一切公表しておりません。

>取材源の秘匿は報道機関にとって重い責務だと考えており、文春側に「取材に関することにはお答えしておりません」と回答しました。

>ただし、本紙は、その取材過程で不適切な行為が伴うことは許されないと考えています。そうした行為があった場合には、取材源秘匿の原則を守りつつ、これまでも社内規定にのっとって適切に対処しており、今後もこの方針を徹底してまいります。





国家公務員の定年引き上げ法案で、強行採決ガー、のはずが。

よもやの先送りで。

文春砲の着弾点が、政権サイドから、マスゴミサイドへ… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Sponichi Annex;古市憲寿氏 黒川検事長の賭け麻雀報道に「政権とベタベタだって批判されてた黒川さんが新聞とベタベタ」 2020年5月21日 09:28

>社会学者の古市憲寿氏(35)が21日、フジテレビ「とくダネ」(月〜金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルス感染拡大で全国に緊急事態宣言が発令されていた5月上旬に、東京高検の黒川弘務検事長(63)が新聞記者らと賭け麻雀をした疑いがあると21日発売の「週刊文春」が報じたことについて言及した。

>番組では、速報で黒川氏が辞任の意向を固めたと伝えた。同局の山崎夕貴アナウンサー(32)から「賭け麻雀はもちろんなんですけど、この3密の状態で緊急事態宣言の間にっていうところも気になりますよね」と聞かれた古市氏は「僕そっちは別にいいと思っていて、もちろん良くはないんでしょうけど、それよりも問題の本質って政権とベタベタだって批判されてた黒川さんが実は新聞とベタベタだったってことが大きいなって思っている」と指摘。

>そして「検察ってすごい巨大な権力なわけですよね」と言い、「それを誰が監視するかってすごい大事な話で、それが国会なのか、どこが監視するのかってところでメディアの役割ってものすごく大きいと思うんですね。メディアがちゃんと検察が間違ったことをしないように見てるかどうか、監視できているかってことが日本っていう国の仕組みを考えると大事なはずなのに、そのメディアというのが検察のトップとズブズブだったってことは大きい問題だなって思います」と話した。

>週刊文春は、黒川氏が今月1日と13日、東京都内の産経新聞記者宅で、住人の記者や同僚記者、朝日新聞の元検察担当記者の計4人で賭け麻雀をした疑いがあると報じた。

>朝日新聞社は50代の男性社員が参加していたことを認め「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為だ。金銭を賭けていたかどうかは調査中」と談話を出した。産経新聞社広報部は「取材過程で不適切な行為があった場合には、取材源秘匿の原則を守りつつ、社内規定にのっとって適切に対処する」とのコメントを出した。






yasuna_004.jpg














posted by kwazz at 13:36| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: