2020年02月29日

この次も、サービスサービスぅ♪

zakzak;麻生太郎氏、新型コロナで中国・英国をバッサリ! 「船籍は英国だが何一つ発言しない…割を食っているのは日本じゃねえか」歯に衣着せぬ“麻生節”炸裂 2020.2.29

>中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させて注目されている。中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の船籍がある英国にも怒りを込めた。ネット上では拍手喝采が送られている。

>「あの国の言っている数字はよく分からない。どれくらいコントロールできているのか、分からないのが正直なところだ」「(中国代表は)当然、『大丈夫』と言うが、そのまま信用するほど皆、人は良くない」

>麻生氏は23日、サウジアラビアの首都リヤドで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、こう語った。

>中国当局が公表する感染者や死者の数とともに、ウイルスの感染拡大阻止に向けた取り組みについて、疑義を投げかけたのだ。

>帰国後、25日の衆院財務金融委員会では、横浜港に停泊する大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に言及した。

>前出のG20について質問された流れで、「この船の船籍は英国、船長も英国人(=本当はイタリア人)だが、英国は何一つ、発言しません。『もともと責任はお前らじゃないの』って、皆、お腹ん中では言っているが、オフィシャルでは言わないのがこの世界の常識なのかねと思いながら、日本は対応に追われている。割を食っているのは日本じゃねえか」と、べらんめえ調で答弁したのだ。

>日本は犠牲的精神で、乗員乗客約3700人という船を受け入れたのに、世界各国から批判が寄せられたことに、我慢ならなかったようだ。

>麻生氏といえば、毒舌や失言で知られるが、今回の発言には、ネット上でも、《その通り! 公の場でよく言ってくれた、麻生さん!》《麻生閣下! 国民の声を分かっておられます》などと、好意的な反応が数多く見られた。

>ジャーナリストで作家の門田隆将氏は「麻生氏は、平和ボケした風潮に同調しない、歯に衣(きぬ)着せぬ発言に人気がある。今回の中国や英国への発言も良かった。中国は官製メディアが、ウイルスを世界にバラまいた責任を小さくしようとする報道をしている。麻生氏が国際会議などで発信することは、日本や世界のために意義がある」と語っている。





切り貼り偏向報道で、印象操作のデマスゴミと。

脊髄反射のように、それに釣られる特定野党の、お馴染みの面々… ( ̄∀ ̄) アヒャ





Share News Japan;毎日新聞「麻生財務相 休校中の学童保育負担『つまんないこと聞く』」→ 記者とのやりとりがこちら… 2020-02-28

>麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

▼記事によると…

・麻生太郎財務相は28日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた小中高校などの臨時休校を巡り、共働き家庭などで生じる学童保育などの費用負担について質問した記者に対して、「つまんないこと」と発言した。

▼会話の流れ

記者
「出費について政府が臨時の支出をすることも具体的に考えているか」



麻生氏
「(休校などの)要請をして費用がかかる場合は、政府が払うのは当然のことなんじゃないですか」
「つまんないこと聞くねえ」



記者
「国民の関心事ですよ」



麻生氏
「上から(上司から)言われて聞いているの? 可哀そうにねえ」

2020年2月28日 11時56分
https://mainichi.jp/articles/20200228/k00/00m/010/121000c

(略)

>▼ネット上のコメント

・つまらんデマですね。

・読解力もなければ、正確な解釈もできない 低レベルな記者を使うなよ…

・質問が つまらない のだよ。日本語大丈夫かねぇ

・すぐバレる嘘をつく毎日新聞記者 時代錯誤甚だしい

・日テレの動画を見ると何回か同じ質問したような感じですね。それで最後につまんないこと聞くねぇって言ったのかもしれないですね!いかにも出さないと言ってる!って誘導してるような偏向報道。

・これを拡散して便乗してる議員とかいます、大丈夫ですかこれ。誰が相手でもこのミスリードのタイトルは問題にするべきだと思います

・毎日と朝日の記事の逆を考えれば正解






konata_kagami_001.jpg














posted by kwazz at 14:37| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: