2020年02月11日

このままなら、野党惨敗!

産経ニュース;小沢一郎氏「このままなら野党惨敗」 合流協議破談で 2020.2.10 11:21

>国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で講演し、同党と立憲民主党の合流協議が破談となったことについて「このままの状況でいけば(次期衆院選で)野党は自民党に勝てないどころか惨敗に終わる。国民民主党の皆さんはたぶん、心の中で自覚しているだろう」と述べた。自身が主宰する政治塾で語った。

>小沢氏は「(予算成立後の)4月以降は衆院解散・総選挙がいつあってもおかしくない。野党の結集を何としても図りたいが、今日ではまだ全く見通せない」とも語った。





まっとうに国会審議もできないようなポンコツが、いくら集まろうが。

所詮、ポンコツはポンコツ… (´▽`*) アハハン♪





共同通信;衆院予算委員会で野党議員が退席 2020/2/10 17:06

>立憲民主、国民民主両党などは10日の衆院予算委員会の一般質疑で、北村誠吾地方創生担当相の答弁に納得せず、退席した。





読売新聞オンライン;北村氏、再び答弁二転三転…野党反発し一時退席 2020/02/10 19:28

>公文書管理を担当する北村地方創生相は10日の衆院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」の推薦者名簿を内閣府が加工して国会に提出した問題を巡り、再び答弁を二転三転させた。野党は北村氏の資質を問題視しており、追及を強める構えだ。

>野党共同会派の山井和則氏が政府の「行政文書の管理に関するガイドライン」に違反するどうかただしたところ、北村氏は「今までのところはご容赦たまわりたい」と答弁した。同じ質問をすると、「大急ぎで整理している」と返答に窮し、最終的には「違反にあたらない」と語った。野党議員は反発し、一時退席した。

>この日の質疑では、北村氏の答弁を補佐する政府参考人の出席を巡り、与野党が対立した。開会は予定より1時間遅れ、与党などの賛成多数で出席が決まった。






NHK NEWS WEB;安倍内閣 「支持する」45%「支持しない」37% NHK世論調査 2020年2月10日 19時24分

>NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント上がって45%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は1ポイント下がって37%でした。

(以下略)






NHK NEWS WEB;政党支持率 NHK世論調査 2020年2月10日 19時28分

>NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、
「自民党」が37.4%、
「立憲民主党」が6.0%、
「国民民主党」が1.0%、
「公明党」が4.0%、
「日本維新の会」が1.4%、
「共産党」が2.6%、
「社民党」が1.2%、
「れいわ新選組」が0.6%、
「NHKから国民を守る党」が0.2%、
「特に支持している政党はない」が38.0%でした。






アノニマスポスト;【動画】立憲民主、国民民主の議員 国会審議中に突然騒ぎ出し退席 小学校の頃こういう奴らいたよな?〜ネットの反応「支持率と精神年齢は低い」「まーたサボってんのか」 2月 10, 2020

>Dappi
@dappi2019

大臣答弁に気にくわず野党が大騒ぎする

久兵衛デマの黒岩宇洋が野党に離席を促す

山井和則「打切らしていただきます!」

野党がサボりだす

またも国会をサボりだす野党。
この状況下でコロナより『桜がー』の揚げ足取りをしてる神経も理解出来ない。
無責任野党の存在そのものが国難#kokkai


>ネットの反応

・基地外だな

・国民が選ぶんだから
国民が辞めさせられないとおかしいと思うんだ

・同じような国民に問うたところで無駄だろ

・働かねーなら金返せよパヨカス野党

・これダサかったな
デマノイが同じ質問→同じ回答
納得できないと勝手に質問放棄して退席
質問時間終了したが委員長に言われて戻ってくる

・こいつらは日本人の血税を無駄遣いすることが目的だからな

・支持率と精神年齢が低い

・これをTBSとテレ朝がアクロバット擁護するからなあ

・学級崩壊かよw

・税金泥棒する事しか考えてないなコイツら…ホンマにクソな連中だわ

・まーたサボってんのか

・これでいくら貰ってるのかマスコミは報道しろよ

・とにかく足を引っ張るのが目的だから、これでいいんだろうな。
投票する奴らもね。

・狂人を演じてるうちに本当に気が狂ったんだろ

・野党は個人攻撃に終始するだけで日本国民のことなど1ミリも考えていないよね




















posted by kwazz at 04:40| Comment(0) | 国会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: