2020年01月06日

9条バリアがあるから、ヘーキヘーキ…w

産経ニュース;首相、中東情勢「深く憂慮」 派遣方針は変えず 年頭会見 2020.1.6 14:45

>安倍晋三首相は6日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮で年頭記者会見を行い、緊迫化している中東情勢について「現状を深く憂慮している。事態のさらなるエスカレーションは避けるべきであり、全ての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」と述べた。

>首相は先月のイランのロウハニ大統領の訪日に触れ「この地域の緊張緩和と情勢の安定化のために、これからも日本ならではの外交を粘り強く展開する」と強調した。さらに、海上自衛隊の中東派遣について「日本関係船舶の航行の安全を確保する」と述べ、派遣方針に変更はないとの認識を示した。





例によって、何でも反対の特定野党。

なお、具体的な対案はない模様… ( ̄∀ ̄) アヒャ





zakzak;トランプ大統領“イラン大打撃”宣言! 緊迫する中東情勢、海自派遣の中止求める左派野党…タンカーの安全確保はどうする 2020.1.6

>米国とイランが一触即発の状況だ。米軍が「テロの首謀者」として、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のガーセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イラン側は軍事的報復を明言した。これに対し、ドナルド・トランプ米大統領は「(米国に報復した場合)最新鋭の軍事装備品を投入する」「大きな打撃を与える」と警告している。世界経済への影響も懸念されるなか、日本政府が昨年末に閣議決定した中東への海上自衛隊派遣に、左派野党やメディアが反対論を強めている。ただ、原油の9割近くを中東に依存する日本が、同海域での安全航行から逃げていいのか。丸腰の民間タンカーを放置するのか。

(略)
 
>「世界の火薬庫」となった中東の情勢をめぐり、世界各国は懸念を強めている。

>国連のアントニオ・グテレス事務総長は声明で「世界にはペルシャ湾岸での新たな戦争に対応する余裕はない」と警告。各国指導者らに「最大限の自制を働かせる」よう求めた。

>こうしたなか、日本政府が昨年12月27日に閣議決定した、中東海域への海上自衛隊派遣が注目されている。

>中東情勢の悪化を踏まえ、日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集を行うのが目的で、2月上旬に護衛艦1隻を送り、アフリカ・ソマリア沖での海賊対処活動に当たるP3C哨戒機を活用する。規模は260人程度。哨戒機は1月中に活動を開始する。活動中に不測の事態が生じた場合は、武器を使用できる海上警備行動を発令する。

>海自派遣が、ソレイマニ氏殺害前の閣議決定で決まったため、左派野党が問題視している。

>立憲民主党の枝野幸男代表は4日、三重県伊勢市での記者会見で、「(米軍の攻撃は)国際法上、正当化できるのか疑問だ」「中東の安定を損なうリスクが非常に高い」と指摘したうえで、「そんな中東に国会審議もなく自衛隊を送り出すのは、自衛官の安全を含めて大変由々しき事態だ」と批判した。

>共産党の志位和夫委員長も同日、党本部の旗開きで、米軍の攻撃を「国連憲章を無視した先制攻撃、軍事的挑発行為だ」と非難した。党のHPには、「自衛隊の中東沖への派兵は、いっそう無謀で、危険極まりないものとなった」「自衛隊派兵の閣議決定をただちに撤回することを強く求める」との声明が掲載された。

>ただ、日本は原油の9割近くを中東に依存している。タンカーの安全確保は、日本経済や日本社会を支えるエネルギー供給の生命線に関わる。加えて、イランの在留邦人678人(外務省、2016年10月)をはじめ、中東には多数の日本人が暮らしている。自衛隊派遣には邦人保護という視点も必要ではないか。

>日本政府は現時点で、海自の中東派遣方針に変わりはないようだ。

>自民党の中山泰秀外交部会長は「日本の安全保障政策を、地球儀を俯瞰(ふかん)しながら考えることが重要だ。経済大国の日本が、自国船舶の航行の安全を自国で確保することは、世界の安定にもつながる。いつまでも他力本願で『日本の船を助けてください』と言えますか? 国際法上も、世界の常識でも『自分の船は自分で守る』のは当然。野党幹部の発言は的外れだ。厳しい中東情勢の下、現地に派遣される自衛隊員に『何ら憂えることなく、頑張ってほしい』と送り出す条件を整えることこそが、国益上も大切だ」と語っている。






Share News Japan;立憲・枝野代表「中東地域に自衛隊を行かせて良いのか」→ 門田隆将氏「他国に日本船を守らせて通用すると思う根拠をまず示せ」 2020-01-06

>門田隆将さんのツイート

立憲枝野氏が「(危険な)中東に自衛隊を行かせて良いのか」と会見。

それを言うなら「それ程危険な地域に石油タンカーを行かせていいのか」ではないか。ついでに「石油に頼らず日本は石器時代の暮しに戻れ」と言いなさい。

他国に日本船を守らせて通用すると思う根拠をまず示せ。

(略)

>▼ネット上のコメント

・門田さん、ごもっとも

・本当にそれ!アメリカの為にとかじゃなく日本事なのに……

・「それ程危険な地域に石油タンカーを行かせていいのか」まさに正論。原発はとめるでエネルギーはどうする。

・自衛隊のための安全ではなく、安全のために自衛隊があるんだ。

・自衛隊でも危ないのにタンカー行かせるって、ロジック破綻してますね。

・自国の資源は自国で守る。当たり前のことだ。

・石油を運ぶ人も、それを守る人も日本には必要です。






yuri_001.jpg














posted by kwazz at 18:01| Comment(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: