2019年12月23日

桜も、下げ止まりか?

日本経済新聞;内閣支持率横ばいの50% 日経世論調査 2019/12/22 20:01

>日本経済新聞社とテレビ東京による20〜22日の世論調査で安倍内閣の支持率は50%となり、前回11月の調査から横ばいだった。不支持率も横ばいの41%だった。首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題について、政府の説明に「納得できない」と答えた人は74%、「納得できる」と答えた人は14%だった。

>安倍内閣を「支持する」と答えた人は男性が前回より3ポイント減の53%、女性は3ポイント増の46%だった。世代別では18〜39歳が56%、40歳代・50歳代は50%、60歳以上は48%と若いほど高かった。

>臨時国会で野党が桜を見る会を追及していた時期に実施した前回11月の調査では、内閣支持率は50%で前々回の10月調査から7ポイント低下していた。

>桜を見る会に関する政府の説明に「納得できない」と答えた人は内閣不支持層で92%で、内閣支持層、自民党支持層でも6割を超えた。

>日本船舶の安全のため中東に海上自衛隊を派遣する方針には「賛成」が49%、「反対」が38%だった。憲法改正に向けて各党が具体的な議論をすべきかどうかを聞くと「議論すべきだ」と答えた人は74%と11月の調査から横ばいだった。

>日韓関係に関しては「日本が譲歩するぐらいなら関係改善を急ぐ必要はない」が70%、「関係改善のためには日本が譲歩することもやむを得ない」は20%だった。

>調査は日経リサーチが12月20〜22日に全国の18歳以上の男女に携帯電話も含めて乱数番号(RDD方式)による電話で実施し、957件の回答を得た。回答率は43.8%。





そもそも、桜を見る会の何が問題なのか。

特定野党も、マスゴミも、言ってることが二転三転で… (´▽`*) アハハン♪





zakzak;元気のない安倍政権に喝! 諸悪の根源は左派野党にあるが…自民党側による発信少なく、静かすぎる 2019.12.21

>報道各社の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が落ち込んだ。共同通信では、不支持率が支持率を1年ぶりに上回った。首相主催の「桜を見る会」疑惑の影響が大きく、83・5%が「(疑惑について)十分に説明しているとは思わない」と回答している。

>今回ばかりは、野党ではなく、元気のなかった安倍政権に物申したい。

>先の臨時国会は、まさに桜一色で、憲法改正の議論は進まず、可決した日米貿易協定の承認案も十分な議論が尽くされたとは思えない。

>左派野党がブーメランも気にせずに批判・攻撃を続けたのは、安倍内閣の支持率を下げたいからだろう。野党の支持率も下がったことで分かるように、諸悪の根源は、左派野党にあると思う。

>一方で、安倍首相や内閣、自民党側による発信は少なく、静かすぎた。政府が国会質疑で、野党から「口撃」されてサンドバッグ状態となる日本では、もっと発信しなければならない。

>ドナルド・トランプ米大統領を見習うべきだ。

>野党・民主党が多数を握る米下院は18日、トランプ氏への弾劾訴追決議案を可決した。2016年の大統領選の結果を認めない民主党は、トランプの就任直後から「弾劾」に取りつき、マスコミと共謀して根拠を探していた。ロシアゲートが不発に終わり、ウクライナゲート疑惑を“捏造(ねつぞう)”してトランプ氏を攻撃したのだ。

>私は、民主党が大統領攻撃ばかりに専念して、本来議会でやるべき仕事をやっていないと感じている。日本の無責任野党も全く同じだ。

>トランプ氏は、民主党にどんどん反撃している。弾劾には、ツイッターで100回以上も投稿した。反トランプ報道に徹しているマスコミを迂回(うかい)して、直接国民に自らの言動を説明している。マスコミが必死に批判しているが、国民の多くはトランプ氏に理解を示し、集会を開けば大盛況だ。来年の大統領選に死角はない。

>トランプ氏の政治手法は当初、与党・共和党内で軋轢(あつれき)を生んだが、その発信力や行動力には、政党を束ねる力があった。この間、実績を重ねてきたため、今では共和党内にトランプ氏を批判する者はほとんどいない。ついに、18日の世論調査では、どの民主党候補を相手にしても、20年の大統領選でトランプが当選する結果が発表された。

>一方、安倍首相はどうだろうか。「桜を見る会」について先月、官邸で会見を行ったが、国民に直接訴えることはほぼなかった。もっとSNSを活用して、批判しかできない野党を徹底的に糾弾すればよい。

>政治というのは泥仕合だ。あらゆる手段を通して国民と徹底的なコミュニケーションをとり、信頼を勝ち取る手段を安倍政権には勧めたい。






sakura_001.jpg














posted by kwazz at 17:33| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: