2019年11月20日

ブーメラン、飛びまくりじゃないですか…w

zakzak;「桜を見る会」問題、立憲民主・海江田氏も「5000円」!? 夕刊フジ質問状に「きょうは回答できない」 2019.11.20

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に開かれた「前夜祭(夕食会)」をめぐり、左派野党は「会費一人5000円は安すぎる」などと追及している。ところが、立憲民主党の最高顧問、海江田万里衆院議員の資金管理団体が提出した政治資金収支報告書を見ると、同じホテルで「一人5000円程度」と計算できるパーティーを開催していた。

>海江田氏の資金管理団体「海江田万里を支える会」が2015〜17年に提出した政治資金収支報告書には、毎年12月、ホテルニューオータニ(東京・千代田区)で「海江田万里を支える会望年会」というパーティーを開催していた。

>注目のパーティー収入と、支払いをした人数、ホテル側への支出は別表の通り。全員が会場に訪れていたとして計算すれば、一人当たり約4398円から約5587円になる。

>安倍首相後援会の「前夜祭」と、さほど変わらない金額ではないか。

>そこで、夕刊フジは18日昼すぎ、海江田事務所に、以下のような質問状を送った。

 (1)支払いした人と参加者を同じと考えれば、1人あたり5000円程度です。これは、ホテル側と交渉・合意のうえで支出したものでしょうか?

 (2)1人あたり5000円程度とすれば、安倍首相の「前夜祭」とほぼ同額です。野党やメディアは「1人5000円では、ニューオータニではパーティーはできない」と批判していますが、どうお考えですか?

 (3)参加者が少ない場合も考えられます。前出した3年間の参加者を教えていただけますか?

 (4)提供した飲食の内容をお教えくださいませ。「銀座久兵衛」の寿司は出ましたか?

>19日夕まで、約1日半回答を待ったが、海江田事務所は「今日は回答できない」としている。





そもそも、桜を見る会の何が問題だったのか。

もう、わけわかめ… (*´∇`) アハハ





zakzak;「よくわかっている先生、野党にもおられるはず」 ニューオータニ側が明かす「領収書」と「明細書」 2019.11.20

>安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に開かれた「前夜祭(夕食会)」をめぐり、左派野党やメディアは「会費一人5000円は安すぎる」「領収書を一人一人に発行するのはおかしい」などと批判している。事実はどうなのか? ホテルニューオータニ側に疑問について聞いた。

>「当ホテルは、お客さまの安全、安心を担保しています。個別のパーティーについては回答できませんが、一般論としてお話ししたい」

>同ホテルの関係者はこう語った。

>まず、注目された会費一人5000円について。

>「開催時期や人数、食事や飲み物の内容、宿泊とのパッケージか、お客さまの利用頻度など、さまざまなケースがあり得ます。他ホテルとの競合になりますので、いろいろな相談をさせていただいている。『端数を切ってほしい』などよくあります。ケースによって、さまざまです」

>与野党関係ないのか?

>「当然です。野党にも、よく分かっている先生もおられるはずです」

>領収書を一人一人に発行する件はどうか?

>「当然、あり得ます。会費制のパーティーや食事会、女子会など、一人一人に領収書を切るケースはいくらでもあります。総額を超えなければ、領収書はご依頼通りに発行します。テレビで『考えられない』という指摘があったようですが、現状をよく知らない方の発言じゃないでしょうか。他のメディアの取材にも同様に答えているのですが、答えた通りに報じてくれない。不可解です」

>野党は、明細書を開示を求めているが、あり得るのか。

>「一般論として、ホテルはお客さまとの信頼で成り立っています。お客さまの了解がなければ開示できません。会費制のパーティーの場合、参加者全員の了解がなければ無理でしょう」






NHK NEWS WEB;与党 国民投票法改正案採決目指す 野党 「桜」追及へ 国会 2019年11月20日 12時50分

>今の国会の会期が残り3週間を切る中、与党側は、国民投票法改正案の採決を目指す方針を確認しました。一方、野党側は、総理大臣主催の「桜を見る会」について、徹底して追及する方針を確認しました。

>自民・公明両党の幹事長と国会対策委員長らは、20日朝、都内で会談し、安倍総理大臣の在任期間が憲政史上最長となったことを受け、今後も緊密に連携していく方針を確認し、政府が編成作業を進める今年度の補正予算案について、災害からの復旧や経済対策のため、10兆円規模にすべきだという考えで一致しました。

>そのうえで、衆議院憲法審査会で継続審議となっている国民投票法の改正案について、野党側の理解も得て、今の国会で採決を目指す方針を確認しました。

>自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「改正案をそのままにするのは立法府の不作為に映るのではないか。野党の理解をいただく中でしかできないことだが、成立を目指す努力を続けていく」と述べました。

>一方、野党側は、国会対策委員長が会談し、国民投票に伴うテレビ広告の規制を優先して議論すべきだなどとして、現時点では採決に応じられないという認識で一致しました。

>そのうえで、「桜を見る会」をめぐって、安倍総理大臣からの推薦が1000人程度で、選挙のために公的な行事を利用した疑いがあり、看過できないとして、改めて予算委員会の集中審議を求めるなど、徹底して追及する方針を確認しました。

>立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「『桜を見る会』の招待者の内訳が明らかになり、自民党ぐるみで税金の目的外使用をしていたという観点が出てきた。徹底的にただしたい」と述べました。

>共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で「モラルハザードが起き、隠蔽や改ざんなどによって、立憲主義が破壊されたという意味で、かつてない最悪の内閣だ。長期政権を許したのは、われわれの力不足もあるが、『桜を見る会』の問題で、この内閣を打倒したい」と述べました。






asan_001.jpg














posted by kwazz at 17:33| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: