2019年10月31日

まんま、昔の悪夢党ですやん…w

共同通信;小沢氏、「年内に新党目指す」 次期衆院選に向け 2019/10/29 21:29

>国民民主党の小沢一郎衆院議員は29日のインターネット番組で、立憲民主党などと結成した衆参両院の会派について、次期衆院選に向け年内に新党結成へ発展させたいとの意欲を示した。「今年中に新党だ。統一会派を一つの党にするのが目標だ。そうすれば、いつ選挙があっても勝つ」と述べた。

>現在の政治情勢について「国民は安倍政権にものすごく不満を持っている。政権交代を望んでいる。野党がばらばらでなく一つの党になれば絶対に勝つ」と強調した。

>一方で「仮に一つの大きな党になれなければ、野党にもう望みはない」とも語った。





やってることは同じなんで、一つにまとまった方が判り易いけどね… (*´∇`) アハハ





産経ニュース;立民・安住氏「一切の日程協議に応じない」 2019.10.31 10:41

>自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は31日午前、河井克行法相の辞任を受け、国会内で会談した。安住氏は菅原一秀前経済産業相も含めて閣僚の辞任が相次いでいることを踏まえ、同日の国会審議に応じないと通告した。今後の日程協議については野党側は同日午後にも開く幹事長・書記局長会談で方針を決める。

>会談は森山氏の呼びかけで開かれた。安住氏は森山氏に「この先、一切の日程協議に応じるつもりもない。国対委員長レベルで日程協議をしたり、委員会の動かし方を話す次元ではない」と野党側の意向を伝え、その場を退席した。

>一方、森山氏は会談後、記者団に「経産相に続いて法相が辞任したという現実は与党として真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。その上で「国会は国民生活に直結をする大事な法案をお預かりしており、その責任を果たしていくことが大事だ」とも語り、国会正常化に向けて野党側と協議していく考えを強調した。






Share News Japan;野党、また国会をサボる… 法相辞任で「審議できる状況にない!」 2019-10-31

>法相辞任 与野党の動きや反応 野党側“国会審議に応じられず”

▼記事によると…

・河井法務大臣が辞表を提出したことについて、与野党の動きや反応です。

野党側は、国会対策委員長が会談し、「閣僚の相次ぐ辞任で混乱が続いており、審議できる状況にない」として、31日に予定されている衆議院の本会議や衆参両院の委員会などの開催には、すべて応じられないという認識で一致しました。

2019年10月31日 13時56分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012158061000.html

(略)

>▼ネット上のコメント

・世界一楽な職業だよな、日本の野党議員

・野党は全員辞めろよ

・揚げ足取りとサボリでお金がもらえるお仕事です

・他人の揚げ足取っていちゃもんつけて国会をサボるだけの簡単なお仕事

・ニートよりたちが悪い

・隙あらば審議拒否

・仕事してるパフォーマンスだけでお金が貰える






yasuna_sonya_001.jpg














posted by kwazz at 15:37| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: