2019年09月27日

森友と、おんなじ図式かい?

zakzak;「あいちトリエンナーレ」補助金不交付に大村知事「裁判で争う」の愚 門田隆将氏「当然の結論、検閲などお門違い」 2019.9.27

>愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、文化庁は、同芸術祭への採択済みの補助金約7800万円について、県からの申請手続きに不備があったとして全額不交付を決めた。一部メディアは「憲法21条の『表現の自由』が傷ついた」「検閲だ」と大騒ぎしているが、大いに疑問だ。

>「(補助金不交付の判断材料は)正しく運営ができるかの一点であり、文化庁は展示の中身には関与していない。検閲にも当たらない」

>萩生田光一文科相は26日の記者会見で語った。

>愛知県が文化庁に対し、安全面に対する懸念などを事前に申告しないなど、交付申請の手続きが「不適当」であったと判断した。

>企画展では、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、慰安婦像として知られる少女像などが並んだ。このため、「税金を投入するイベントとして適切なのか?」との批判が殺到した。テロや脅迫ともとれる抗議まで相次ぎ、開催から3日で展示中止になった。

>今回の不交付決定に、同芸術祭の実行委員会会長である愛知県の大村秀章知事は「事実誤認で一方的な決定で、承服できない」と反発し、法的措置に訴える考えを示した。

>一部メディアは「表現の自由」を掲げて、文化庁に猛反発しているが、昭和天皇に関する作品に触れず、矮小(わいしょう)化した報道もみられた。今回の決定や報道を、どう受け止めるべきか。

>作家でジャーナリストの門田隆将氏は「国民の間で展示内容について批判が上がっていた。公金支出に相応しいかどうか、総合的な判断をしたうえで、当然の結論だ。一部メディアが『検閲』などと、文化庁の責任にしているのは完全にお門違い。むしろ、表現の自由を『無制限』と認識する大村知事の責任が重い。愛知県が国を提訴するとなれば、また公金を投じることになり、支離滅裂だ」と語った。

>評論家の八幡和郎氏は「あれだけの混乱を起こした以上、文化庁の不交付決定は常識的だ。今後、つかみ金のように交付金を出すことの是非など、制度を見直すのも必要だ。大村知事は脅迫状が届いたことを理由に展示を中止したが、安直だった。きちんと事前に協議したのか、適切な対処はできなかったかが問われる。不交付決定は大村知事にも責任はある」と語っている。





内容を偽って、交付金を不正に取得、横領しようとした。

県ぐるみでの公金詐欺… ( ´∀`)b ネッ!





Share News Japan;門田隆将氏「朝日が表現の不自由展への7800万円不交付を大非難。もはや完全に日本の癌だ。」 2019-09-27

>門田隆将さんのツイート

朝日が1、2、12、28、30面を使って表現の不自由展への文化庁の7800万円不交付を大非難。

「萎縮を招く異様な圧力」だそうだ。

昭和天皇の肖像をバーナーで焼き、燃え残りを足で踏みつける等の作品群が「公金支出」に相応しいと。

崇高な表現の自由を"無制限"とする朝日の「病」。

もはや完全に日本の癌だ。

(略)

>▼ネット上のコメント

・やっとこさ市民の意見を反映した結果なのに、まだ言うか...

・足りない分は朝日を筆頭に応援している勢力がが出せばいいだけでは?

・もう大手新聞社としての役割、完全に終わってますね😱なんか怖いです😣

・自分が担当する立場にあれば、絶対に反対する。

・そこまでお怒りなら、「不自由展」を朝日新聞社の主催でおやりにやれば良いでしょうに。どえらいことになるでしょうけど。

・意にそぐわない表現はヘイトと宣うメディア、ダブスタの権化😫

・門田さん、ぜひ維新や自民に働きかけて早期実現を。






アノニマスポスト;朝日新聞「トリエンナーレに補助金出さないのは異常。公権力による表現活動の抑圧だ!」〜ネットの反応「公権力に介入されたくないなら公金にたかるなよ」「補助金がもらわないと表現できないのか?情けない話だな」 2019.09.27

>(社説)あいち芸術祭 萎縮を招く異様な圧力

表現行為や芸術活動への理解を欠く誤った決定である。
社会全体に萎縮効果を及ぼし、国際的にも日本の文化行政に対する不信と軽蔑を招きかねない。ただちに撤回すべきだ。

脅迫や執拗(しつよう)な抗議によって企画展の一つが中止に追い込まれた「あいちトリエンナーレ」について、文化庁が内定していた補助金約7800万円全額を交付しないと発表した。前例のない異常な措置だ。

萩生田光一文部科学相は「申請のあったとおりの展示が実現できていない」などと、手続き違反や運営の不備を理由に挙げた。
だが、この説明をそのまま受け入れることはできない。

中止になった「表現の不自由展・その後」には、慰安婦に着想を得た少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品などが展示されていた。
「日本人へのヘイト」といった批判が持ち上がり、菅官房長官は早くも先月初めの時点で補助金の見直しを示唆する発言をしていた。

一連の経緯を見れば、政府が展示内容に立ち入って交付の取り消しを決めたのは明らかだ。
それは、「政府の意に沿わない事業には金を出さない」と内外に宣明したに等しい。

少女像などに不快な思いを抱く人がいるのは否定しない。しかしだからといって、こういう形で公権力が表現活動の抑圧にまわることは許されない。

その道理は、今回のトリエンナーレのあり方を検証するために愛知県が設けた委員会が、おととい公表した中間報告を読めばよく理解できる。
美術館の運営や文化行政に通じた有識者、表現の自由に詳しい憲法学者らで構成された委員会だ。

中間報告は、「不自由展」の作品説明や展示方法に不備があったとしつつ、民主社会における表現の自由の重要性を説き、
▽展示が政治的色彩を帯びていても、公金の使用は認められる▽表現は人々が目を背けたいと思うことにも切り込むことがある
▽ヘイト行為の一般的なとらえ方に照らしても、少女像はそれに当たらない――と指摘。展示を中止したままでは「悪(あ)しき前例や自主規制を誘発する」と述べ、環境を整えたうえでの再開を提言した。

きわめて真っ当な内容だ。
説明の見直しなどが再開の条件に挙げられたことに、「不自由展」の関係者や出展作家の一部から反発も出ている。
だが、このまま来月14日の会期末を迎えれば、表現活動が不当な攻撃に屈して終わることになる。

主催者と一致点を見いだし、早期の再開をめざして欲しい。
圧力をはねのけ、傷ついた表現の自由を回復するために、第一歩を踏み出すことが肝要だ。

https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14194876.html


>※関連ツイート

高橋洋一(嘉悦大)
@YoichiTakahashi
天皇像が燃える動画を朝日新聞も掲載したらどうかね。国民の反応がわかるぞ。朝日新聞はあいち芸術祭スポンサーだが、公費分をすべて肩代わりしたらどう?誰も文句を言わないよ


>ネットの反応

展示会が禁止されてるわけでもなく慰安婦像が排除されてるわけでもない
きちんと説明を入れれば俺も賛成するぞ
「朝日新聞の20年に渡る誤報によって誤解と偏見が生まれ、間違ったイメージで認識されてしまった慰安婦を象徴する、実際には殆ど存在しなかった少女年齢の慰安婦の像」
デカデカと多言語でこう書けよ
「朝日新聞は誤報の訂正記事に外国からは辿り着けないような細工を施し閲覧できない状態にしていたため、海外に向けては未だに朝日新聞の誤報は続いています」
これも付け足してな

勝手に自分たちで金出してやればいいじゃん

朝日さんがお金出してあげなよ

公権力に介入されたくないなら公金にたかるなよ

税金の使い途を決めるのは公権力の通常の行使だろ
強制力を以て排除する表現の規制には全く当たらない

ことごとく日本人的感覚の逆を行く
もう赤旗いらんだろw

日本攻撃用の売春婦像(転用品)とかヘイトの化身そのものじゃねえか
火元がふざけたことほざいてんじゃねえぞ

税金の無駄遣いを止めたんだから褒めてやれよ

これな

なんで芸術するのに政府の金あてにしてるの?

反日に金出せとか調子に乗るなよ、反日ゴミ新聞がよ

自費でやれ
という5文字すら理解できない新聞社があるらしい

なんで補助金を出さないことイコール表現の自由の侵害ってなるんだよ
テメーらの金で好きなだけやってりゃ良いだろ?

右派の展覧会にも補助金出さなきゃいけなくなるが、もし出たらそこは叩くんだろうなw

あなた達の政治信条をオナニー表現することにお金は出せません
芸術にふさわしいものを出してください

人様からお金をいただく事を「当たり前」と考えてる奴には金をやる必要ない
何様だ

公金からんでたら政治活動に使うのはおかしい

ヘイトなんだから抑圧した方が良いだろ

最近朝日は本当狂ってきたな。
書いてることが事実や当事者の主張より自分の妄想が主になってる。
確かに、輸出規制にしても、今回にしても、そういう裏はあるかもしれん。
しかし、そういう裏があっても表の部分からダメダメなんだから駄目だろうと。
まずは表の事情から説明しないと。

補助金がもらわないと表現できないのか?情けない話だな






asan_001.jpg














posted by kwazz at 18:14| Comment(0) | 市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: