2019年07月26日

今や、反公共放送が正義だから…w

産経ニュース;丸山穂高氏「非常におもしろい政党」 N国入党打診に前向き 2019.7.25 17:52

>先の参院選で政党要件を満たした「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表は25日、北方領土を戦争で取り返すことの是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員と国会内で会談し、入党を打診した。丸山氏は会談後、記者団に「非常におもしろい政党だ。NHK改革は必要だと思うので、折り合えるのでは」と前向きな姿勢を示した。支援者らと相談した上で29日にも判断する。

>会談は立花氏側から呼びかけ、1時間半以上に及んだ。立花氏は会談後「誰でもいいということではなく、丸山氏の政治家としての生き方も含めてぜひ一緒にやりたいと伝えた」と記者団に語った。「(入党の)最低限の条件はNHK改革だ。そこだけ合意を頂ければ、それ以外の条件を出さない」とも述べた。

>立花氏はまた「僕を含めて(党所属議員が)5人じゃないとNHKに出演させてもらえない。『日曜討論』に出たい」と語り、党勢拡大に意欲を示した。





次の衆院選を見据えて、足元の定まらないタマキンに見切りを付け、N国へ合流。

ってぇのも、ありそうだわね… ( ̄∀ ̄) アヒャ





産経ニュース;NHK受信料19億円支払い命令確定 東横インの上告退ける 2019.7.25 17:47

>ホテルの客室に設置されたテレビの受信料を支払っていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」とグループ会社に支払いを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は東横イン側の上告を退ける決定をした。東横イン側に計約19億3500万円の支払いを命じた2審判決が確定した。決定は24日付。4裁判官全員一致の結論。NHKによると、受信料訴訟で認められた支払額では過去最高。

>訴訟では、全国230カ所余りのホテルに設置されたテレビについて、平成24年1月〜26年1月に未払いとなっていた約3万4000台分の受信料が争われた。

>東横イン側は「NHKとの間に一部は支払いを免除するとの合意があった」として、一部の支払い免除を主張したが、1審東京地裁判決は「放送法は合意による免除を許可していない」と退け、受信料の支払いを命じた。2審東京高裁は1審判決を支持した上で、1審が請求を棄却したホテル1カ所についても受信契約の締結と約560万円の支払いも命じ、NHKの訴えを全面的に認めた。東横イン側が上告していた。

>NHK広報局は「主張が認められたと受け止めている」。東横イン側の代理人弁護士は「当方の主張が受け入れられず、極めて残念だ」とコメントした。






Share News Japan;理学博士「NHKの料金請求は犯罪。日本人宿泊者は、自宅とホテルで二重に支払いを強制させられる。2か所で同時にNHKを見ることは絶対にない。」 2019-07-26

>@gatapi21さんのツイート

NHKの料金請求は犯罪。

ホテル宿泊者自身の宿泊料に、NHKの料金が上乗せさせらるのでホテルが払うのではない。

日本人宿泊者は、自宅とホテルで二重に支払いを強制させられる。同一日本人は、2か所で同時にNHKを見ることは絶対にない。

(略)

>▼ネット上のコメント

・やはりTV機器に料金を課すという方法に問題があると思います。私はホテルに宿泊してもTVを見ません。TVに料金を課すのなら、今後、当然のようにTVのない部屋が出て来ますし、予約やチェックインの際、TVのない部屋を希望する宿泊客が多くなります。これではNHKはより嫌われる存在になるでしょう。

・高田先生の指摘でスッキリしました。民法では「二重払い」を最大限忌避します。少なくとも私法上は違法行為であり、宿泊者が損害賠償請求の主体となりそうですね。

・民主主義国家で理解できないNHKの存在だと思います。まるで中国共産党のように国民が選択のできない状況ってなんなんだ。とても不自然な存在で、これが合憲なんて憲法自体が間違っていると思う。日本国民は韓国にも目覚めたしNHKにも目覚めるべきだ。

・次の衆院選、NHKから国民を守る党が躍進する気がする

・自宅っていうか各家庭で誰か1人払ってればそれで良いのでは?この裁判官大丈夫?

・自宅においても、NHK地上波とNHK-BSを同時に視聴できないので、BS分を払っている人は、二重取りされていると思います。

・NHKだけは許すのはやめておきましょう!






mahuyu_003.jpg














posted by kwazz at 13:29| Comment(0) | NHKから国民を守る党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: