2018年04月30日

働き方改革も、パワハラでブーメラン…w

毎日新聞;民進と希望 パワハラ規制法案、審議拒否の中で参院に提出 2018年4月27日 21時57分

>民進党と希望の党は27日、働き方改革関連法案の対案の一部に当たる「パワハラ規制法案」を参院に提出した。両党を含む野党6党が審議拒否を続ける中での法案提出について、希望の岡本充功衆院議員は記者会見で「参院は審議は止まっているが、与党が強行していないので提出した」と説明した。




さして物も考えず。

その場しのぎの、見てくれだけのパフォーマンスに終始するから… ( ̄∀ ̄) アヒャ





YOMIURE ONLINE;野党ヒアリングが物議、「邪道だ」身内も批判 2018年04月30日 06時35分

>国会で審議拒否を続ける立憲民主、希望、民進など野党6党が、各省庁の担当者を呼び出して説明を求める合同ヒアリングを展開している。

>メディアに全面公開して世論に訴える戦略の一環で、2月から7テーマで計83回開いた。正確な議事録もなく、議場外で官僚に答弁を迫る手法には、与党だけでなく、身内の野党からも「単なるパフォーマンスで邪道だ」と突き放す声が出ている。

>27日夕、野党6党は国会の一室に財務省の担当者らを集め、福田淳一・前財務次官のセクハラ問題についてただした。財務省がこの日、福田氏を「減給20%・6月」とする処分を発表したことを受け、急きょ開催されたもので、野党議員が矢継ぎ早に「処分が軽すぎる」「麻生財務相も謝罪すべきだ」などと迫った。






yasuna_002.jpg







「日本型リベラル」の化けの皮-ガラパゴスなサヨクたち―知らずにはびこる反日洗脳と言論封殺 (別冊正論31)
「日本型リベラル」の化けの皮-ガラパゴスなサヨクたち―知らずにはびこる反日洗脳と言論封殺 (別冊正論31)産経新聞社 別冊正論編集部

日本工業新聞社 2018-03-26
売り上げランキング : 10764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2018年5月号 (正論) 財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史 (月刊Hanadaセレクション) 月刊WiLL (ウィル) 2018年 5月号 月刊Hanada2018年5月号 宣戦布告: 朝日新聞との闘い・「モリカケ」裏事情から、在日・風俗・闇利権まで、日本のタブーに斬り込む! 正論2018年6月号 正論2018年4月号 新・東京裁判論 GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神 朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す (産経セレクト S 9) 月刊WiLL (ウィル) 2018年 6月号







posted by kwazz at 18:29| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: