2018年03月13日

一年前のデジャヴで、ブーメラン再び…w

共同通信;「昨年衆院選の正当性に疑問」と希望代表 2018/3/12 13:15

>希望の党の玉木雄一郎代表は、森友学園文書の書き換えに関し「改ざんにまみれた中で安倍政権は昨年、衆院選に打って出ていたことになる。正当性に疑問がある」と取材に述べた。




中山成彬センセって、まだタマキンの党の所属議員さんですよね、確か… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





アノニマスポスト;森友文書に「塚本幼稚園に来訪した政治家」の名前の中に自民・杉田水脈議員の名前も 杉田水脈議員「維新の会で視察に行っただけなのに、決裁文書になぜ私が載ってるの?」〜ネットの反応「籠池の大風呂敷な学園紹介の記述ですね」「削除されて当然」 2018年3月12日

>森友決裁文書

>籠池さんが参加している団体として、日本会議、麻生太郎、平沼赳夫、安倍晋三の名前。

>森友学園に来訪したことがある人として、中山成彬、三木圭恵、杉田水脈、上田小百合、安倍昭恵の名前。

>がありますね。ですが、単なる森友学園の概要の説明部分。

>なんで野党は大騒ぎしているの?

(略)

>杉田議員のブログより

>森友学園をめぐる決裁文書に書き換えがあったとされる問題で、削除された記述の中に私の名前があるということについて

>森友学園をめぐる決裁文書に書き換えがあったとされる問題で、削除された記述の中に私の名前があるということで、マスコミからコメントを求められました。全く与り知らぬことであり、初耳で困惑しております。

>どうやら、改ざん前の決裁書には《森友学園への議員等の来訪状況》が参考として記載されており、その中に私の名前があったとのこと。

>塚本幼稚園視察は、当時所属しておりました日本維新の会の女性局で、党務として医療機関施設と併せて日本維新の会の同僚議員(女性局の国会議員と市議)とともに視察したものです。

>・視察に行っただけなのに、決裁文書になぜ名前が載っていたのか?

>・視察に行ったのは事実なのになぜそれが削除されたのか?

>どちらの理由もよくわかりません。

>明日、財務省から直接私に説明があるとのことです。

http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/9072893.html

(以下略)






zakzak;官僚の文書「書き換え」疑惑に“前例” 民主政権時代に発覚も「減給処分」のみ 2018.3.8

>財務省の決裁文書「書き換え」疑惑の“前例”といえる違法行為が、民主党政権の2010年に発覚していた。厚労省東北厚生局の職員が、情報公開法に基づき開示した文書を改竄(かいざん)し、減給の懲戒処分を受けたのだ。当時、菅直人内閣の長妻昭厚労相は記者会見で謝罪したが、辞任はしなかった。

>改竄されたのは、東北厚生局が、福島県内の柔道整復師の養成専門学校に対して行った実地調査結果に関する文書。

>07年に開示請求を受けて公開する際、職員は文書から《未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる》などと指摘した部分を削除し、一部の行政文書を別の文書に差し替えたとされる。

>10年に再び、同じ文書の開示請求があり、請求者が07年の文書にない記述に気付いたという。

>東北厚生局の調査では、この職員以外の関与は認められなかった。発覚時、独立行政法人に移っていた職員は「再三、照会や苦情を受けてノイローゼ気味だった。余計な情報を出さない方がいいと思った」などと説明し、減給1カ月(10分の1)の処分を受けた。

>長妻氏は10年6月、処分時の会見で「民主主義の根幹である情報公開制度であってはならないことが起き、おわびする。厳重に再発防止に努める」と述べた。引責辞任はしなかった。






konata_kagami_tsukasa_002.jpg







徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 1475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 売国議員 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する シンギュラリティの時代へ 日本のオールターナティブ: クラークが種を蒔き、北大の前身、札幌農学校が育んだ清き精神 (銀鈴叢書) 永田町アホばか列伝 お雇い外国人――明治日本の脇役たち (講談社学術文庫) 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 安倍叩きならなんでもOK! 朝日新聞〈フェイクペーパー〉と言論犯罪 (月刊WiLL2月号別冊) 月刊Hanada2018年3月号 韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑社新書)







posted by kwazz at 05:28| Comment(0) | 希望の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: