2018年03月12日

オール沖縄は、また負けたのか…w

産経ニュース;石垣市長選、現職の中山義隆氏が3選 陸自配備計画の是非が最大争点 2018.3.11 23:12

>任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が11日投開票され、現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦=が、新人で元市議の宮良操氏(61)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=、新人の元自民党県議の砂川利勝氏(54)を破り3選を果たした。

>政府が南西諸島防衛の一環として進める陸上自衛隊配備計画の是非が最大の争点だった。中山氏は当選確実の報道を受けて記者団に、配備計画について「反対や不安を持つ方々と直接話した上で、政府や防衛省と協力していきたい」と述べた。

>投票率は73.55%で、前回(75.19%)より1.64ポイント下回った。

>市長選は、保守系が分裂する中、陸自配備を急ぎたい安倍晋三政権と、反基地の「オール沖縄」勢の象徴である翁長雄志(おながたけし)知事による「代理対決」の構図になった。今秋に控える知事選の前哨戦とも位置づけられていた。





保守分裂に沸いていたオールパヨ、涙目だな… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;石垣市長選、現職勝利で陸自配備計画加速 「オール沖縄」の反基地は限界に 2018.3.12 00:18

>沖縄県石垣市長選で政府・与党が支援した現職の中山義隆氏が3選を果たしたことで、陸上自衛隊配備計画は加速する見通しとなった。市民は国と対立する4年間ではなく、現実的な防衛政策を受け入れ、経済発展を目指す道を選択した。一方、翁長雄志知事を中心とする「オール沖縄」勢は2月の名護市長選に続く敗北となった。「反基地」で市民感情をあおる手法に限界も見え始めている。

>自民党の塩谷立選対委員長は、中山氏の当選確実を受けてコメントを発表し、「わが国の安全保障にとって極めて重要な意義を有する選挙でもあった。名護市長選に引き続き、推薦候補が連勝したことは、今後の沖縄県の選挙にとって大きな弾みとなる」とした。

>石垣島は国内外からの観光客でにぎわうが、同じ石垣市にある尖閣諸島周辺の海空域では中国の公船や軍用機による挑発行為が繰り返されている。政府が南西諸島防衛の一環として石垣島中心部に地対艦・地対空ミサイル部隊など陸自隊員500〜600人の配備計画を進めるのは、こうした脅威への対処力と抑止力を強化するためだ。

>自民党は国政選挙並みの態勢を敷いて臨んだ。党側の説得を振り切って立候補した元同党県議を除名にした上、二階俊博幹事長をはじめ延べ約60人もの国会議員が選挙中に現地入りし、組織票固めに動いた。

>中山氏は選挙中、陸自配備計画には言及せず「観光客数倍増」など2期8年の実績や国政とのパイプに力点を置いた。中山陣営幹部は「安全保障は国の専権事項。市民が望むのは国との対立ではなく、経済発展に力を注ぐ市長だ」と語る。

>名護市では、翁長氏に近い稲嶺進前市長が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対した。このため、国から米軍再編交付金が支給されず、2期8年の市の経済振興は遅れた。2月の市長選では移設容認派の渡具知武豊(とぐちたけとよ)氏が初当選した。

>翁長氏ら「オール沖縄」が占める勢力は県内11市のうち2市のみとなり、「翁長包囲網」は確実に狭まってきたといえそうだ。






umr_001.jpg







「中国」という神話 習近平「偉大なる中華民族」のウソ (文春新書)
「中国」という神話 習近平「偉大なる中華民族」のウソ (文春新書)楊 海英

文藝春秋 2018-01-19
売り上げランキング : 12812

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史 (PHP新書) 世界の中国化をくい止めろ ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0: 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序 中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書) 日本史のツボ (文春新書) 偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273) 習近平の独裁強化で世界から徹底的に排除され始めた中国 習近平の悲劇 プーチンとロシア人 知らないではすまされない自衛隊の本当の実力 (SB新書)







posted by kwazz at 05:25| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: