2018年02月06日

選挙結果が、直近の民意だろ…w

沖縄タイムス+;名護市長選で敗れたが…「民意は生きている」 沖縄県・翁長知事、新基地阻止を改めて強調 2018年2月5日 15:26

>沖縄県の翁長雄志知事は、4日の名護市長選で新基地建設反対を訴えた現職の稲嶺進氏が敗れたことに関し「私が(新基地建設阻止の)公約を掲げ、支えて頂いた県民の民意は生きている」と述べ、県民は新基地建設反対の意思を持っているとの認識を示した。埋め立て承認を撤回する考えに変わりはないことも明言した。5日、県庁で記者団に語った。

>知事は撤回を検討しているか問われ「法的な意味合いをしっかりと考えながら判断したい」と述べた。

>また、安倍晋三首相が新人の渡具知武豊氏が当選したことに対し、名護市民へ「感謝」を示した上で新基地建設工事を続ける考えを明言したことに「国が沖縄の民意を一顧だにしなかったのは事実だ。民意は総理が胸を張って言えるものではない」と不快感を示した。





こういう基地外の基地外活動も。

まっとうな名護市民の反感を買った、ってことはないのかい… (´▽`*) アハハン♪





琉球新報;「これからも頑張る」 選挙一夜明け、市民ら90人 ゲート前で座り込み 2018年2月5日 13:10

>【辺野古問題取材班】名護市長選から一夜明けた5日午前、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では約90人の市民らが座り込み、反対の声を上げた。

>午前中に工事用の機材や石材を積んだ工事車両112台がゲート内に入った。正午現在、2度目の搬入に向け、市民の排除が続いている。

>午前8時45分ごろ機動隊が市民を排除し始め、断続的な小雨の中で、市民は「暴力をやめろ」「違法工事を止めろ」「子どもたちの未来のために座り込んでいるだけだ」と訴えた。同9時20分ごろにゲートが開き、雨でぬれた道路に散水車が水をまいて工事車両がゲート内に入った。

>本部町から訪れた女性(70)は「選挙は厳しい結果になったが、気がくじけるのを奮い立たせてきた。負けないぞと思って来たみんなを見て、これからも頑張ろうという思いだ」と語った。【琉球新報電子版】






elma_maid_002.jpg







決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)
決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)別冊宝島編集部

宝島社 2012-10-15
売り上げランキング : 351623

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 (ポスト・サピオムック) 日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオムック) マンガ 尖閣・竹島・北方領土 ~知らなきゃヤバい国境問題~ 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905) 中国が耳をふさぐ尖閣諸島の不都合な真実 ~石垣市長が綴る日本外交の在るべき姿~ (ワニブックスPLUS新書) 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) 南京事件「証拠写真」を検証する 日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース 高校生にも読んでほしい安全保障の授業







posted by kwazz at 05:55| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: