2018年02月02日

新しい音声データ、キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!!!!

日テレNEWS24;共産、森友“新・音声”で昭恵夫人関与追及 2018年2月1日 12:19

>国会で共産党の辰巳議員は、森友学園の国有地売却問題をめぐり安倍首相の昭恵夫人の関与がはっきりと表れた新たな音声データを独自に入手したと追及した。

>辰巳議員は、音声データでは、当時の籠池理事長が昭恵夫人から土地の売却をめぐる財務省との交渉状況をたずねた上で「頑張ってください」という電話があったと話しているとただした。

>共産党・辰巳孝太郎議員「ゴミの補償という森友学園にとって重大な局面において、昭恵氏自身が籠池氏に電話をして(財務省との)直談判の中身をたずねて、頑張ってくださいと応援の気持ちを伝えていたということであります。総理、大変なことじゃないですか?」

>安倍首相「今のあれは籠池さんの発言ですね。ころころころころ言ってることを変える人物が、またそういう証言をしているということの紹介をされたんだろうと。金額の交渉等には一切関わってないということは、今まで答弁している通りです」

>安倍首相はこのように改めて関与を否定した。

>また辰巳議員は、別の音声データで当時の財務省の理財局幹部が籠池氏に「応援する気持ちでやっている」と発言しているとただすと、財務省は事実だと認めた。辰巳議員は「公務員が特定の事案を応援するのはあり得ない」と批判した。





アッキー自身の電話での音声ではなく、籠池がそう聞きましたよ、というだけの音声データー。

よしんば、アッキーがそう言ったとしても、単なるリップサービスで。

それが即、何らかの疑惑を立証するものでもなかろうし… ( ̄σ・ ̄*) ホジホジ





時事ドットコム;安倍首相、昭恵氏の関与否定=籠池氏側「電話あった」−参院予算委 2018/02/01-18:16

>安倍晋三首相は1日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」への国有地格安売却問題をめぐり、学園が計画した小学校の名誉校長を務めていた昭恵夫人の関与を問われたのに対し、「売買、金額の交渉に一切関わっていない」と改めて否定した。共産党の辰巳孝太郎氏は、学園前理事長の籠池泰典被告が交渉過程で「昭恵氏から電話があった」と明かした音声データを基に質問。首相は「事前の質問通告がない」として確認を避けた。

>辰巳氏は、籠池夫妻が2016年3月16日に近畿財務局と協議した際の録音とされるデータを紹介。それによると、籠池氏は前日に東京の財務省理財局担当者と面会したことに触れ、「われわれが財務省から出た途端に安倍夫人から電話があり、『どうなりました? 頑張ってください』と言っていた」と発言した。

>辰巳氏は「重大局面で昭恵氏が籠池氏に応援の気持ちを伝えていた」と指摘し、昭恵氏が値引きに影響を与えたとの疑念を示した。これに対し、首相は昭恵氏の関与を重ねて否定するとともに、「(籠池氏は)ころころ言っていることを変える人物だ」と反論した。

>財務省の太田充理財局長は、籠池夫妻に対応した同局担当者が当時、昭恵氏が名誉校長に就いていたことを「承知していた」と説明。別の音声データで、この担当者が「応援する気持ちで近畿(財務局)はやっている」と述べていたことも確認した。

>これに関し、共産党の志位和夫委員長は記者会見で「昭恵氏関与の疑惑は濃厚になった」との認識を示し、昭恵氏の証人喚問を求めていく考えを示した。

>一方、太田局長は学園との交渉経緯を記録した内部文書について、今年1月の開示分以外にも存在することを認めた。「個人情報や不開示(とすべき)情報がないか確認している」と述べ、精査が終わり次第、追加開示する方針を示した。













徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪小川榮太郎

飛鳥新社 2017-10-18
売り上げランキング : 1070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊Hanada2018年2月号 [雑誌] 徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり (青林堂ビジュアル) 永田町アホばか列伝 月刊Hanada2018年1月号 [雑誌] 天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書) 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 報道特注(本) (扶桑社BOOKS) 百田尚樹 永遠の一冊 月刊Hanada2017年12月号 [雑誌] 朝鮮半島 終焉の舞台裏 (扶桑社BOOKS新書)







posted by kwazz at 05:17| Comment(0) | 日本共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: