2017年12月23日

奉祝、天長節。

時事ドットコム;退位の日まで「務め果たす」=天皇陛下、84歳に−皇位継承に向け準備 2017/12/23-05:41

>天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿「石橋の間」で記者会見。2019年4月30日の退位が決まり、「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたい」との考えを示した。

>「ご退位後は少しゆっくりと」=前侍従次長の佐藤さん

>陛下が自身の退位の日が決まったことについて、公に感想を述べたのは初めて。「多くの人々が各々(おのおの)の立場で考え、努力してきてくれたことを、心から感謝しています」と話した。

>会見では、原稿を手にこの1年の出来事を回顧し、感想を述べた。2月末から1週間の日程で初訪問したベトナムでは、人々から温かい歓迎を受け、「両国間の緊密な関係に深く思いを致しました」と振り返った。帰途、タイに立ち寄り、昨年死去したプミポン前国王を弔問。「長い交流の日々を懐かしく思い出しながら、最後のお別れをいたしました」と述べた。

>10月には九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市と大分県日田市を訪問。車中から全壊した家屋の様子を目の当たりにし、「自然の力の恐ろしさを改めて感じさせるものでした」と回想した。11月に鹿児島県の離島3島を訪問した際には、「島の人々が、それぞれの伝統を育み、その自然をいかして生活を送っている姿を、頼もしく思いました」と振り返った。

>来年11月、初孫に当たる秋篠宮家の長女眞子さま(26)が大学時代の同級生の小室圭さん(26)と結婚することについては「大変喜ばしく、二人の幸せを願っています」と祝福。「来(きた)る年が国民皆にとって良い年となるよう願っています」と述べ、約15分間の会見を締めくくった。













天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)
天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)竹田 恒泰

PHP研究所 2017-12-17
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
百田尚樹 永遠の一冊 (『月刊Hanada』セレクション) 月刊Hanada2018年2月号 韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト S 8) チベット 自由への闘い ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ首相との対話 (PHP新書) 『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕 (PHP新書) 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり 「小池劇場」の真実 (幻冬舎文庫) 朝鮮半島終焉の舞台裏 (扶桑社新書) 月刊Hanada2018年1月号 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)

posted by kwazz at 18:00| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: