2017年11月07日

何でも批判してりゃ済む、簡単なお仕事ですからね…w

BuzzNews.JP;日米首脳会談に一定の評価下した維新・民進・立憲と批判一方の社民・共産、微妙な立ち位置の希望の党 2017/11/6 22:00

>11月6日に行われた安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談に関する各党のコメントがそれぞれのスタンスを象徴しているようです。

>日米首脳会談について日本維新の会・馬場伸幸幹事長は「回を重ねるごとに中身が濃くなっているように見える」と評価。また民進党の大塚耕平代表も「日米が連携と結束を強化し(中略)率直に評価したい」と述べているほか、立憲民主党の福山哲郎幹事長も「日米の首脳が緊密に話し合いをしたことについては率直に評価したい」としています。

>一方、共産党の志位和夫委員長は北朝鮮問題を念頭に「対話による解決を否定し、米国による軍事力行使を容認する従来の主張の繰り返しだった」「外交的解決のための方策は一切語られず、両首脳の『危険な無策』があらわになった」などと批判。

>また社民党は「日米首脳会談について」との談話を発表、その中で安倍首相の対米姿勢を「すりより」「へつらい」と非難、「手放しで無批判に対米追従するという姿勢が浮き彫りとなり、後々禍根を残すことを懸念する」と厳しい論調を崩していません。

>そうした中、希望の党・大島敦幹事長は拉致問題で米国側の協力を期待できるようになったことに対する一定の評価をする、とはしながらも通商問題では「安易に妥協すべきではない」、また北朝鮮問題に関しても「偶発的な軍事衝突の危険はないのか、懸念をぬぐえない」と語る微妙なコメント。

>対立すべき論点では対立する一方で評価できる部分については「率直に評価する」と潔い感もある立憲民主党とは対照的に、保守を志向しながらも政権批判の受け皿足る存在をという難しい立ち位置が中途半端な反応につながっている、との印象を与えています。

>共同代表選で路線が確定するまでは微妙な情勢であることが否めない希望の党ですが、そもそも共同代表が誰になるかによって党の主張が大きく変わる可能性があるという現状が政党としての信頼性を揺るがせていることに議員達は気づいているのでしょうか。





アベガー、トランプガーで、政権批判ばかりに終始し。

内政、外交ともにノープランなのが、日本のパヨ野党… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;【トランプ氏来日】共産・志位和夫委員長「両首脳の『危険な無策』があらわになった」 2017.11.6 17:56

>共産党の志位和夫委員長は6日の記者会見で、安倍晋三首相とトランプ米大統領による日米首脳会談について「北朝鮮問題では対話による解決を否定し、米国による軍事力行使を容認する従来の主張の繰り返しだった」と述べたうえで「外交的解決のための方策は一切語られず、両首脳の『危険な無策』があらわになった」と批判した。

>志位氏は「安倍首相は偶発的な軍事衝突をどう避けるのかに対する答えがない」とも指摘したうえで、米朝による直接対話を求めた。さらに両首脳が共同記者会見で「米国が北朝鮮へ軍事攻撃した場合、日本人拉致被害者をどう救出するか」との質問に明確に答えなかったことを捉え「常に深刻なところで両首脳が答えを持っていないことが露呈した」と語った。






産経ニュース;【トランプ氏来日】社民党又市幹事長「『すりより』『へつらい』を印象付けた」安倍首相のゴルフ外交を批判 2017.11.6 19:15

>社民党の又市征治幹事長は6日、安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を受けて「(北朝鮮に対して)制裁や圧力ありきではなく、対話に向けた粘り強い外交努力こそ求められている。トランプ氏の過激な言動を慎むよう忠告し、戦禍を防ぐよう全力を挙げるべきだ」とするコメントを出した。

>又市氏はコメントで、トランプ氏について「近代史において最も不人気な大統領」と評し、安倍首相に対して「トランプ政権との間に取るべき距離を熟慮すべきだった」と注文をつけた。また、トランプ氏とのゴルフやイバンカ大統領補佐官への待遇を挙げ、「『お友達作戦』ともいうべき異例の厚遇ぶりだ。『すりより』『へつらい』を印象付け、手放しで無批判に対米追従するという姿勢が浮き彫りとなった」と批判した。






redteam_001.jpg







それでも反日してみたい
それでも反日してみたいはすみとしこ

青林堂 2017-09-15
売り上げランキング : 1978

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悲しいサヨクにご用心! そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界 ジャパニズム39 吉原の真実 知らないことだらけの江戸風俗 (自由社ブックレット10) 寄生難民 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) 報道特注(本) 永田町アホばか列伝 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)







posted by kwazz at 05:23| Comment(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: