2017年10月14日

結局、風は吹かず仕舞い…w

朝日新聞デジタル;自公、300議席うかがう勢い 朝日新聞情勢調査 2017年10月13日22時45分

>22日投開票の衆院選について、朝日新聞社が実施していた電話調査が13日終わり、全国約8万8千人の有権者からの回答に全国の取材網の情報を加え、選挙戦序盤の情勢について全容を分析した。現時点では@自民党と公明党を合わせた与党で300議席をうかがう勢いA希望の党は、東京で候補者を立てた23すべての選挙区で先行を許す――などの情勢になっている。

>全289の選挙区を全国の「縮図」となるよう統計的に分割し、10、11日に144選挙区、12、13日に残りの145選挙区を調査した。投票態度を明らかにしていない人が4割前後おり、今後情勢が大きく変わる可能性がある。

>調査で安倍政権の5年間の評価を聞くと、「評価する」44%、「評価しない」41%と割れている。ただ、「評価しない」と答えた人でも、選挙区では3割近くが自民候補に投票する意向を示した。野党が分散していることに加え、政権批判票の受け皿になり切れていない状況がうかがえる。

>自民は、全国190以上の選挙区で一定の差をつけている。2016年の参院選で野党統一候補に苦戦した東北でも、5割の選挙区で優勢に立つ。比例区と合わせ、公示前勢力(284議席)に迫る勢いだ。公明は、公示前の34議席を維持できるかどうか。

>希望と日本維新の会は勢いがなく、それぞれ公示前の議席(希望57、維新14)を下回る可能性がある。希望は小池百合子代表のおひざ元、東京で、比例区でも自民に差をつけられている。維新も、地盤の大阪で先行を許す選挙区が目立つ。

>立憲民主党は、公示前の15議席から40議席前後に増える勢い。選挙区では北海道や近畿などで、やや優位に立つ候補がおり、比例区も30議席をうかがう。共産党は公示前の21議席に届くかどうか。社民党と、新党大地は議席の確保を視野に入れている。

(略)





緑のたぬきの野望見え見えで、左右双方からソッポを向かれちゃったよね… ( ̄∀ ̄) アヒャ





時事ドットコム;衆院選投票先、自民30%=内閣不支持、支持を逆転−時事世論調査 2017/10/13-16:30

>時事通信が6〜9日に実施した10月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比4.7ポイント減の37.1%だった。不支持率は同5.1ポイント増の41.8%で、8月の調査以来、不支持が支持を再び上回った。一方、衆院選比例代表で投票したい政党は、自民党が30.7%で最も多く、希望の党が11.8%で続いた。

>希望の小池百合子代表(東京都知事)が衆院選に出馬せず、首相指名への対応を曖昧にしたことなどが影響したとみられる。立憲民主党も参戦し有権者の意識はなお変化する可能性もある。

>自民、希望両党以外の比例投票先は、公明党5.9%、共産党4.5%、立憲民主党4.4%、日本維新の会3.1%、社民党1.2%などの順。「分からない」は33.8%だった。

>衆院選の投票については、「必ず行く」との回答が61.7%。次いで「たぶん行く」26.6%、「たぶん行かない」5.7%、「行かない」3.5%だった。

>内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」15.1%、「リーダーシップがある」9.5%、「首相を信頼する」9.1%。一方、支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」26.0%、「期待が持てない」17.6%、「政策が駄目」12.9%などだった。

>政党支持率は、自民党が前月比0.2ポイント増の23.9%。以下、公明党3.6%、立憲民主党2.7%、希望の党2.6%、共産党2.5%、日本維新の会1.4%など。支持政党なしは同5.7ポイント減の57.2%だった。

(略)






hope_003.jpg







マスコミはなぜここまで反日なのか
マスコミはなぜここまで反日なのかケント・ギルバート

宝島社 2017-09-25
売り上げランキング : 862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか 日本よ、咲き誇れ (WAC BUNKO 264) ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書) 韓国人の皆さん「強制連行された」で本当にいいの? 冗談か悪夢のような中国という災厄 悲しいサヨクにご用心! 平和の夢に支配された日本人の悲劇  「ダチョウの平和」をむさぼるなかれ (自由社ブックレット11) それでも反日してみたい 希望の日米新同盟と絶望の中朝同盟: フェイク・ニュースの裏側にある真実 日本を救う最強の経済論

posted by kwazz at 12:24| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: