2017年08月12日

埒が明かないのは、こいつのオツムの方だろ…w

BuzzNews.JP;民進党・升田世喜男議員が答弁への苦言呈す際に拉致被害者にかけたダジャレ?「ラチがあかない」 2017/8/10 14:52

>8月10日の衆議院安全保障委員会で質疑に立った民進党の升田世喜男議員が、期待通りの答えを得られず何度も聞き直した結果、「ラチがあかない」と苦言を呈す場面で北朝鮮の名前を挙げる場面がありました。

>北朝鮮にかけて?「ラチがあかない」

>升田議員は日報問題について追及する中で2月13日の大臣レクにおいて稲田前防衛相への報告があったのかなかったのか極めて曖昧だと指摘、報告があったとされる発言が複数、なかったという発言も複数、またわからないという発言も複数あったとされている点を取り上げ、それぞれ具体的に何人だったのか、と質問。

>これに対し防衛監察本部副監察官は複数、という以上の言及は関係者の特定につながる可能性があるため差し控えるとして回答しませんでしたが、升田議員は「納得出来ない」として再度の答弁を求めます。しかしやはり「人数については個人特定され供述が明らかになる可能性があるため控える」と踏み込んだ回答には至っていませんでした。

>その後も「全く納得できない」として再び質問した升田議員でしたが、ここでも副監察官からは「繰り返しになるが」としてやはり同じ答弁が返って来てしまったため、遂に升田議員は人数ではなく「せめてどっちが多かったぐらいは言えませんか?」と質問を変えて譲歩を迫ります。

>ところが副監察官はこれにも応じること無く「最大限努力した結果なのでご理解頂きたい」と話すだけでした。すると升田議員は業を煮やしたのか「こういうのを押し問答って言うんですか?」と呆れた様子を見せるとこう語ったのです。

>升田「まぁ北朝鮮・・・まぁこれ言ったらちょっとダジャレになるから止めますが、ラチがあかないですね本当にね。」

>この発言は「ラチがあかない」を「拉致があかない」とかけたのか、と受け止められ批判の声も上がっていますが、少なくとも閣僚が同じ発言に及んでいたらどのような問題になっていたのでしょうか。

>升田世喜男議員の発言

>升田「あのね、2月の13日の大臣レクがどうして大事か。これね、敢えて言うまでもないと思うんですが、これを防衛大臣にですよ、報告があったかなかったか。あったとすれば、当時の防衛大臣の国会での答弁がこれ虚偽答弁になるんです、あったとすれば。で、なかったとすれば、防衛省職員の自衛隊法56条の職務規定違反となります。こういう意味合いが持つもんですから、2月の13日のやり取りというのは明らかにしてもらわないと困る!人数が言えないと言うならば、肯定をした人と、あるいは割合と、それはなかったという割合。せめてどっちが多かったぐらいは言えませんか?」

>副監察官「お答え致します。我々と致しましては客観的な資料を基軸と致しまして、一方からの主張だけではなく、多方面からの主張を総合的に勘案して事実を認定したところでございまして、その結果、我々と致しましては何らかの発言があった可能性は否定できないという事実認定しか出来なかった、ということは残念でございますけれども、最大限努力した結果でございますので、ご理解頂きたいと思います(頭を下げる)」

>升田「えー・・・、まぁこういうのをなんて言うんですか押し問答って言うんですか?まぁ北朝鮮・・・まぁこれ言ったらちょっとダジャレになるから止めますが、ラチがあかないですね本当にね。これね、本当に重要なんですよ。(以下略)」





この手のクズには事欠かない、人罪豊富な、我が党… (ノ∀`) アチャー





産経ニュース;【閉会中審査】北の脅威はどこ吹く風… ミサイルよりも「日報」「加計」か 2017.8.11 08:13

>10日に行われた衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる応酬に終始した。また、同日の菅義偉官房長官の記者会見では、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設に絡み、一部メディアの記者が同趣旨の質問を連発するおなじみの光景が繰り広げられた。北朝鮮のミサイルの脅威もどこ吹く風のようだ。

>「なぜ稲田朋美元防衛相の出席がかなわなかったのか。納得できない」

>衆院安保委で質問に立った民進党の升田世喜男(せきお)氏はこう不満を爆発させた。

>確かに、稲田氏は防衛相辞任で国防への信頼を失墜させた一連の問題への説明責任を果たしたことにはならない。「安倍晋三首相は丁寧に説明すると言っているが、やっていることは逆だ」(民進党の山井和則国対委員長)という批判は一面の真実を突いている。

>ただ、そうした点を差し引いても、この日の質問には目に余る部分があった。

>「大臣にこのようなこと聞くの、酷(こく)ですよね。関係ないんですから。知ったこっちゃないですよね」

>民進党の福山哲郎幹事長代理は参院外交防衛委員会で、稲田氏が出席しないことへの恨み節を小野寺五典防衛相にぶつけた。

>招致を拒否した自民党国対への不満であればまだ同情の余地もあるが、委員会運営について閣僚にただしたところで詮(せん)ない話だ。

>福山氏は「大臣をさらし者にしているが、新大臣には罪がない」とも述べた。「さらし者」という表現が出てくる時点で、自身の追及が「批判のための批判」であると認めたに等しい。

>菅氏の会見では、東京新聞社会部記者が「平成27年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が首相官邸で加計学園事務局長と面会した」との朝日新聞報道を取り上げ、質問を重ねた。

>菅氏は「国会で柳瀬氏が答えた通りだ」と応じても、記者は引き下がらずに同じ趣旨の質問を続けた。あげくの果てに「国民が理解しがたい話を政府がひたすら言い続けているようにしかみえない」と、自らの主張を「国民」と置き換えて一方的に言い連ねた。













日米同盟のリアリズム (文春新書)
日米同盟のリアリズム (文春新書)小川 和久

文藝春秋 2017-07-20
売り上げランキング : 331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
米中激突 戦争か取引か (文春新書) 日本の軍事力 自衛隊の本当の実力 (ベスト新書) 中国がトランプに完全に敗れる6つの理由 日本がアジアの前面に登場するときが来た 赤化統一で消滅する韓国 連鎖制裁で瓦解する中国 韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧 コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書) 誰も知らない憲法9条 (新潮新書) 知らなきゃヤバい! 防衛政策の真実 「米中経済戦争」の内実を読み解く (PHP新書) ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判 (ちくま新書 1267)







posted by kwazz at 04:35| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: