2017年08月10日

だから、支持率が上らんのだろ…。

産経ニュース;【北ミサイル】グアムの米戦略爆撃機、北朝鮮へ先制攻撃の準備整う 米NBCテレビ報道 2017.8.10 10:01

>米NBCテレビは9日、国防総省が北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の一つとして、米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を実行する準備を整えたと伝えた。トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にあるとしている。

>複数の軍当局者がNBCに語ったところでは、空爆には米領グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB1爆撃機を使用。戦闘機による護衛と電子戦機や空中給油機の支援の下、北朝鮮国内にある約24カ所のミサイル基地や実験場、関連施設などを攻撃するとしている。

>米空軍は5月末から今月8日にかけて、B1爆撃機をグアムから朝鮮半島上空などに飛ばす予行演習を計11回にわたって実施している。うち数回は航空自衛隊と韓国空軍の戦闘機がB1を護衛する共同訓練を行った。

>B1爆撃機は、爆弾や射程千キロ以上の長距離空対地ミサイル(JASSM-ER)などの通常兵器を最大約60トン搭載することができる。グアムには現在、6機のB1が配備されている。





例によって、イナダガー、ニッポウガー、で。

根本的な日本の安全保障には、華麗にスルーの我が党… ( ̄∀ ̄) アヒャ





NHKニュース;日報問題 小野寺大臣が説明 民進党など「稲田氏の出席必要」 8月10日 13時27分

>PKO部隊の日報をめぐって衆議院安全保障委員会の閉会中審査が開かれ、小野寺防衛大臣は、稲田元防衛大臣が公表の是非について方針を決めた事実はないとする特別防衛監察の結果を説明し、再発防止策を徹底する考えを強調したのに対し、民進党などは、真相究明には稲田元大臣の出席が必要だと繰り返し追及しました。

>衆議院安全保障委員会では、破棄したとしていた南スーダンのPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題をめぐり、先に特別防衛監察の結果が公表されたことを受けて、10日、閉会中審査が行われました。

>冒頭、小野寺防衛大臣は監察結果を報告し、稲田元防衛大臣の関与について、「ことし2月13日と15日に防衛省幹部から説明が行われた際、陸上自衛隊における日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できないものの、稲田元大臣から公表の是非に関する何らかの方針の決定や承認がなされた事実はなかった」と述べました。

>そのうえで、小野寺大臣は「大臣に、陸上自衛隊に日報が存在することを報告したかどうか意見が分かれた。ただ『ない』という人は明確に終始一貫しており、『したかもしれない』という人は、二転三転し、あいまいなこところもあったので、今回のような表現になった」と説明しました。

>また、小野寺大臣は、大臣就任後、稲田元大臣に電話し、監察結果の報告書の内容に間違いがないと確認したことを明らかにしました。そして、小野寺大臣は「今回の問題の根底にあるのは、防衛省・自衛隊で情報公開の重要性への認識が十分でなかったこと、そして、何より、省内の関係部局の意思疎通が十分でなかったことだ。これからしっかり省内改革で対応していきたい」と述べ、再発防止を徹底する考えを強調しました。

>一方、民進党などは、「当時のことをいちばん知っている稲田元大臣が説明するのが当たり前だ」などとして、真相究明には稲田元大臣の出席が必要だと繰り返し追及したのに対し、小野寺大臣は「政治家は国民に対してしっかり説明する責任はあるが、稲田元大臣の出席は委員会の中で判断される内容だ」と述べました。

>午後からは、参議院の外交防衛委員会で日報問題をめぐる質疑が行われます。






ryoko_006.jpg







高校生にも読んでほしい安全保障の授業
高校生にも読んでほしい安全保障の授業佐藤 正久

ワニブックス 2015-08-05
売り上げランキング : 116192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
高校生にも読んでほしい海の安全保障の授業 - 日本人が知らない南シナ海の大問題 - 日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書) 日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558) 国を守る責任 自衛隊元最高幹部は語る (PHP新書) 図説・ゼロからわかる 日本の安全保障 賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門 (幻冬舎新書) 守るべき人がいる 集団的自衛権と安全保障 (岩波新書) ありがとう自衛隊 〜ヒゲの隊長が綴る日本再興奮闘記〜 (ワニブックスPLUS新書) 【図解】 図25枚で世界基準の安保論がスッキリわかる本

posted by kwazz at 13:59| Comment(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: