2017年08月09日

ようやっと、離党かい…w

YOMIURI ONLINE;細野氏が離党届「共産との共闘は信念に反する」 2017年08月08日 15時34分

>民進党の細野豪志・元環境相は8日、国会内で野田幹事長と会談し、離党届を提出した。

>細野氏は会談後の記者会見で、離党の理由について蓮舫代表が進める共産党との協力を挙げ、「基本的政策が根本的に異なる共産党との共闘は信念に反する」と説明した。





さて、ミドリの小池と話が付いたか… (´▽`*) アハハン♪





産経ニュース;【民進党代表選】枝野幸男前幹事長が基本政策発表 原発ゼロ法案、年内にも 2017.8.8 21:55

>民進党代表選への立候補を表明している枝野幸男前幹事長は8日、国会内で記者会見し、選挙戦で打ち出す基本政策を発表した。「多様性を認め合い『お互いさま』に支え合う日本」を掲げ、医療、介護や子育て支援の充実を訴える。

>菅直人内閣の官房長官として、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に対応した経験から、「原発ゼロ法案」を年内にも国会に提出する考えも示した。党方針の「2030年代原発ゼロ」の年限前倒しも検討するという。

>憲法改正に関しては、9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の改憲案に反対姿勢を示す一方、「必要な条文改定にはしっかりと取り組む」と明言した。

>一方、赤松広隆前衆院副議長が束ねる旧社会党系グループは8日の会合で、代表選で枝野氏を支援することを決めた。代表選は枝野氏と前原誠司元外相の対決が軸となる見通しだ。






boomerang_001.jpg







「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)
「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)浅羽 通明

筑摩書房 2016-02-08
売り上げランキング : 143448

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
右翼と左翼 (幻冬舎新書) 宗教に関心がなければいけないのか (ちくま新書) 愛国と信仰の構造  全体主義はよみがえるのか (集英社新書) アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書) 反米という病 なんとなく、リベラル 現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書) 憲法の涙   リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください2 この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案 日本会議の研究 (扶桑社新書) 偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち

posted by kwazz at 05:52| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: