2017年02月25日

やれやれ、また難癖か…。

朝日新聞デジタル;麻生氏「何を調子いいこと言ってんだか」 民進は抗議 2017年2月24日19時12分

>麻生太郎財務相が23日の衆院予算委員会で、民進党議員の質問に「何を調子のいいことを言ってんだか」と発言したことに対し、民進が24日の同委員会の理事会で与党側に抗議した。民進の長妻昭氏が明らかにした。長妻氏によると、浜田靖一委員長は「注意すべきものは注意する」と述べたという。

>麻生氏は23日の質疑で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で価格を値引きする根拠となった地下のごみを同学園が実際に撤去したかどうかを国として調査すべきだと質問した民進の玉木雄一郎氏に向けて発言した。

>24日の理事会で、民進は麻生氏の発言のほか、日本維新の会の足立康史氏が23日の審議で「民進党の議論は本当にひどいレッテル貼りと揚げ足取りが多い」などと一方的に批判したことについて「暴言に近い発言だ」と抗議し、両氏を注意するよう浜田氏に求めた。





まっ、少なくとも、国会の質疑を見る限りは。

我が党よりも維新の方が、百億万倍確かな野党… ( ̄∀ ̄) アヒャ





NHKニュース;維新 活動方針案「政策提案型政党」目指す 2月25日 4時53分

>日本維新の会は「現政権に代わる選択肢」として、国民に信頼される政党を作り上げるため「政策提案型政党」を目指し、国会議員の定数削減といった「身を切る改革」などの実現に取り組むとした、向こう1年間の活動方針案をまとめました。

>日本維新の会の活動方針案によりますと、党の現状について、「全国的に既存政党に後じんを拝している現実を厳しく受け止める」と分析しています。

>そのうえで、「現政権に代わる選択肢」として、国民に信頼される政党を作り上げるため「政策提案型政党」を目指し、国会議員の定数や歳費の削減など「身を切る改革」や国家公務員の再就職の規制をはじめとした行政改革などの実現に取り組むとしています。

>また、時代の変化にあわせて、日本が抱える具体的な問題を解決するために憲法を改正すべきだとして、各党に具体的な改正項目を速やかに提案するよう促していくとしています。

>さらに、関西以外での党勢拡大を図るため、地方組織の整備拡充を加速させるとともに、街頭演説や座談会などを日常的に行い、党の存在感を高めたいとしています。

>日本維新の会は、さらに党内で議論を重ねたうえで、来月25日に東京都内で開く党大会で、活動方針を正式に決定することにしています。






met_001.jpg







余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交
余命三年時事日記―共謀罪と日韓断交余命プロジェクトチーム

青林堂 2017-03-10
売り上げランキング : 126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャパニズム35 韓国人による北韓論 (扶桑社新書) ジャパニズム34 あと5年で銀行は半分以下になる 福島原発事故と左翼 余命三年時事日記 外患誘致罪 米中開戦 躍進する日本 日本の兵器が世界を救う: 武器輸出より武器援助を! 慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界 ジャパニズム33

posted by kwazz at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック