2017年02月12日

何でも反対、難癖つけてりゃすむ、お気楽稼業…w

朝日新聞デジタル;「ゴルフに興じる首相、誇れない」民進・蓮舫氏 2017年2月11日17時08分

>■蓮舫・民進党代表

>安倍晋三総理は、一貫して(米国側に)TPPを粘り強く説得をしていくと言っていたが、あっさりと二国間の交渉という形に落ち着いた。なぜ姿勢が急に変わったのか、説明してもらいたい。TPPは昨年の国会で、無理に通す必要は全くなかったということは、むしろ明らかになった。(中東アフリカ諸国からの入国禁止の大統領令をめぐり)世界中から、トランプ大統領がまた人権を侵害するような行動をしないか、厳しいまなざしが向けられている中、トランプ大統領とにこやかにゴルフに興じている日本の総理というのは、私は誇れるものではないと思う。(党本部で記者団に)





国籍のハッキリしない我が党の代表様は、世界に誇れるのか… ( ̄ー ̄) ニヤニヤ





TBS News i;日米首脳会談受け、与野党反応 11日18:31

>日米首脳会談を受けた与野党の反応です。

>「米軍を受け入れてくれている日本国民に感謝すると。選挙中の言葉から見れば(トランプ大統領が)考えられないようなことをおっしゃったと」(自民党 高村正彦副総裁)

>自民党の高村副総裁は、トランプ氏が共同記者会見で日本国民に対し「アメリカ軍を支えている」と感謝の意を示したことについて「お互いにいい関係ができたと思う」と評価しました。また、麻生副総理が日本企業が進出するインディアナ州が地元のペンス副大統領との間で、2国間の貿易の枠組みなどをテーマに対話を始めることについては「アメリカの中で日米の経済関係がウィンウィンになっている象徴みたいな地域についてペンス氏はよく理解している」と期待を示しました。

>「安倍総理がTPPを説得すると言っていたものが、あっという間に2国間交渉に応じると、共同声明に明記されていますから。なぜ変わったのか、何をもって変わったのかは、これちょっと説明していただかないと」(民進党 蓮舫代表)

>一方、民進党の蓮舫代表は「ゴルフの長い時間も食事の時間も相当2人でいる時が長い」と指摘し、「2日間で何が話されたのか、何らかの約束をしたのか国会でしっかり確認していきたい」としています。






小西ひろゆき (参議院議員)‏@konishihiroyuki

>この写真を入国禁止の差別(国際法違反)を受けた7か国の国民の皆さんはどう受け取るだろうか。

>品格なき安倍総理によって日本国の品格が失われた。

>憲法前文には「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とあり、安倍総理の外交姿勢は憲法違反である。






帰化人_002.jpg







蓮舫「二重国籍」のデタラメ
蓮舫「二重国籍」のデタラメ八幡和郎

飛鳥新社 2016-12-21
売り上げランキング : 2729

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書) 世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書) 蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 - (ワニブックスPLUS新書) 絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション) 崩韓論 呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248) 暗闘 豊洲利権と蓮舫 ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249) 「和の国」のかたち: 日本人への遺言PARTII







posted by kwazz at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック