2016年11月22日

もう、終わったひとでそ…w

日刊ゲンダイ;安倍首相ペルーで赤っ恥…オバマ米大統領と会談できず 2016年11月21日

>最後の最後まで袖にされた格好だ。

>ペルーで開催されたAPECに出席した安倍首相は、来年1月に任期を終えるオバマ米大統領との会談を熱望。事務方に必死で調整させていたが、短時間の立ち話で終わった。国際情勢に対処するため両国が引き続き連携する必要がある、という従来の認識を共有しただけだったようだ。

>オバマ大統領がいつも以上に冷淡なのは当然で、色物扱いしてきたトランプ氏の次期大統領就任が決まると、安倍首相は大慌てで会談をセッティング。「APECまでの給油地だから」という理由で、ニューヨークに勇んで駆け付けたのだ。それもオバマが欧州歴訪で外遊中という、まるで間男のようなタイミングだった。

>一方、中国の習近平国家主席とは約10分間会談。来年が日中国交正常化45周年に当たるのを踏まえ、両国関係の改善へ努力することで一致した。

>東京で来月開催予定の日中韓首脳会談について、「(日中の)2国間関係の文脈においても、実りの多い訪日にしたい」と水を向け、李克強首相の来日を要請したが、明確な回答はなかったという。





世界の関心は、オバマから、すでにトランプへ… ( ´∀`)b





産経ニュース;立ち話でおしまい、日米首脳 安倍晋三首相にとってオバマ氏とは何だったのか 阿比留瑠比 2016.11.22 01:00

>安倍晋三首相は20日(日本時間21日)、訪問先のペルーの首都リマでオバマ米大統領とごく短時間、立ち話を交わした。両首脳は、この4年間の日米同盟強化の取り組みについて「双方が強い指導力を発揮してきた」と互いをたたえ、感謝を述べあった。ただ、おそらく最後の接触となるにもかかわらず、米側は正式な首脳会談も開こうとせず寂しい幕引きとなった。首相にとってオバマ氏は、どんな大統領だったのか。(阿比留瑠比)

>「これは大丈夫だ。うまくやっていける」

>トランプ米次期大統領との初会談ではこう手応えを感じた安倍晋三首相だが、オバマ氏との関係は当初、ぎこちなかった。オバマ氏がこの5月に現職の米大統領として初めて、被爆地・広島を訪れるほど両首脳の関係が構築されるまでの道程は、平坦(へいたん)ではなかった。

>「明日はオバマ氏とのガチンコ勝負になる」

>平成25年2月22日のワシントンでのオバマ氏との初会談前夜、再登板を果たして約2カ月の安倍首相は周囲に意気込みを語った。首相は当初、1月中の訪米を目指していたが、米側が日程調整などを理由になかなか首を縦に振らず、じらされての会談実現だった。

>オバマ氏サイドに対しては、安倍首相の就任前から日米双方の左派・リベラル勢力によって「危険なナショナリスト」「歴史修正主義者」などといったレッテルが刷り込まれていた。

>この訪米の際のオバマ氏主催の昼食会でも、安倍首相を含む両国要人がワイングラスを傾ける中で、オバマ氏のテーブルの上にはミネラルウオーターが1本置かれているだけだった。オバマ氏はあくまで前評判通りの「ビジネスライク」に徹し、胸襟を開く様子はなかった。

>「初めの頃、オバマ氏は私を腫れ物に触るように扱っていた」

>安倍首相が周囲にこう振り返るように、日米両首脳には当初、明らかに距離感があった。それどころか、この年12月に首相が靖国神社に参拝すると、米側が「失望」を表明するという日米対立まで起きた。

>「オバマ政権は全く戦略的でない。あんな声明を出したって、中国や韓国の反日勢力を勢いづかせてかえって東アジアの緊張を高めるだけだ。米国の世界戦略として全く意味がない」

>安倍首相は周囲にこう激怒したが、同時に日米関係の修復・強化の手も冷静に打ち続ける。

>安倍首相は、国際会議や各国首脳との個別会談などあらゆる機会を通じ、自身は自由、人権、法の支配など民主主義の諸価値を何より大切にしていることを訴え続けた。また、首脳会談を拒否している中韓に対しても、「対話の窓」は常に開かれていることを強調し、徐々に国際社会での信用を高めていく。

>一方、オバマ氏は「世界中の首脳に友人がいない。特に英国、サウジアラビア、イスラエル…と同盟国とは関係が悪い」(外務省)といわれる孤立気味の大統領でもあった。

>26年6月にブリュッセルで行われた先進7カ国(G7)首脳会議では、ウクライナ問題を引き起こしたロシアへの制裁方針をめぐって首脳間でオバマ氏が孤立し、オランド仏大統領とは激しい口論にもなった。そこに助け舟を出し、会議を軟着陸させたのが安倍首相だった。周囲にこの時のことをこう明かしている。

>「イタリアのレンツィ首相にはハイタッチを求められ、オバマ氏には初めてハグ(抱擁)された」

>ようやくオバマ氏が、安倍首相への信頼を態度に表した瞬間だった。さらに安倍首相は、安全保障と歴史問題の二つの面から戦略的に日米同盟強化を図る。

>安保面では、一時的に内閣支持率を約10ポイント犠牲にしてまで米国や英連邦各国からの要請が強かった特定秘密保護法と、集団的自衛権を限定容認する安全保障関連法を相次ぎ成立させた。

>歴史問題においては、米上下両院合同会議演説で米議会を魅了する「和解」のメッセージを発し、米国が歓迎できる戦後70年談話を発表した。安倍首相はこの頃、「米国に対しては、歴史問題はもう終わった感がある」と感想を漏らした。

>外交面での実績の積み重ねと、内政における高い内閣支持率の維持という強い政権基盤を示したことで、ようやくオバマ氏の広島訪問に持ち込んだのである。

>一方、トランプ氏とはどうなるか。安倍首相は会談後、周囲にこう今後への自信を示していた。

>「トランプ氏と(外国首脳として)最初に会えたのはよかった。初接触は重要だ。彼は基本的に、大統領就任までの会談要請は断っているということだ」






JCCテレビ;11/21 08:06 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】各国首脳が安倍総理を質問攻め・「トランプ次期大統領はどんな人?」

>先週金曜日、安倍総理大臣は米国・トランプ次期大統領と非公開会談を行った。

>安倍総理は非公式の会談であったことから会談の中身について語らなかったが、表情からは友好的なやり取りが想像できる。

>安倍総理はペルーでAPEC首脳会議に出席。

>ジャーナリスト・山口敬之は「トランプ次期大統領は各国首脳と向き合ってきた安倍総理に各国首脳の人柄について質問したい。

>安倍総理はいい先生。

>APEC首脳会議の全体会合にオバマ大統領が遅れたため会議前に各国首脳と話す機会がありトランプ次期大統領との会談の中身や人柄について安倍総理は質問されたようだ」と電話コメント。

>トランプ次期大統領はTPP離脱を掲げている。

>参加12か国の首脳会議ではTPPの早期発効に向けてそれぞれの国が手続きを加速させることを確認。













マスコミが報じないトランプ台頭の秘密
マスコミが報じないトランプ台頭の秘密江崎道朗

青林堂 2016-10-08
売り上げランキング : 724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
国際法で読み解く世界史の真実 (PHP新書) 世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing) アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 (祥伝社新書) コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く 日本人が教えたい新しい世界史 古事記の宇宙 トランプ革命で復活するアメリカ: 日本はどう対応すべきか 2017年 世界最終戦争の正体 あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学 大間違いのアメリカ合衆国

posted by kwazz at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック