2016年05月12日

わが党の見解こそが正義ですっ(キッパリ)!

産経ニュース;【民進・山尾政調会長釈明会見】有権者への花代と香典認める 違法性は否定 「党の統一見解だ」 2016.5.11 18:25

>民進党の山尾志桜里政調会長(衆院愛知7区)は11日の記者会見で、平成25年11月から26年5月にかけて、選挙区内の有権者計6人に渡す花代と香典料に計4万4875円を支出していたと明らかにした。山尾氏は、後援会からの支出が不適切だったとして、自身が支部長を務める政党支部が支出した形に訂正したと説明した。だが、総務省のホームページは「政治家が選挙区内の人に寄附を行うことは、名義のいかんを問わず特定の場合を除いて一切禁止されています」と紹介。「政治家からの寄附禁止」として、花代や香典料の支出禁止を例示している。公職選挙法に抵触する可能性がなお残るが、山尾氏は「『政党支部の支出は禁止されていない』ということが民進党の統一見解だ」と強調した。記者会見の詳報は以下の通り。

     ◇

>「私の政治関係の収支について報告できることを申し上げたい。まずガソリンの件だが、弁護士同士の協議が続いている。2点目だが、(政治活動の拠点として活用してきた)『さくら館』について、『訂正します』と申し上げていた点を訂正した。3点目だが、ご指摘をきっかけにできるだけ徹底した調査ということで、少額領収書を含めて精査を進めてきた。そうしたら選挙区内の方への支出の中で、事務手続きの誤りから、『後援会が支出した』と記載されていたケースがあったので、5月9日、後援会ではなく総支部(政党支部)が支出したということで訂正を行った」
 
>−−訂正について詳しく聞きたい

>「『さくら館』については、(過去の)説明の会見で申し上げた通りのことをやったという報告なのだが、『さくら館』について所有者の方から私どもの総支部が無償供与を受けていたこと。そして私ども総支部がさらにその場所を後援会である『桜友会』と『さくら塾』に無償供与をしていたこと。こういったことについて実態を反映させるべく収支報告書を訂正して記載を改めた」

>「もう一点だが、選挙区内の相手先にお花と香典を送った件が6件あった。実際は総支部が支出すべきところを後援会が支出したというふうに誤って記載がなされていたので、それを総支部が支出した形で訂正を行った。6件について申し上げると、お花が2件、香典が4件。お花の2件の金額は7875円と2万1000円。香典は5000円が2件、3000円が2件。時期は、お花が平成25年11月22日と26年2月8日。香典は3000円が26年3月24日と26年5月12日。5000円は26年2月5日と26年3月30日だ」

>−−花代と香典料は公選法にも触れるのではないかと思うが

>「総支部が支出することは禁止されていないということが民進党の統一見解だ」

>−−こうなってしまった理由は
 
>「それは本当に記載にミスがあったのでそれをしっかりと訂正したことに尽きる」

>−−お花と香典の送り先は?

>「6件6人の選挙区内の方だった」

>−−有権者か

>「そうだ」

>−−お花はどういった目的で渡したのか。これまで「新築祝い」という話も出ているが

>「そこはこの場で正確なことを申し上げる術がないのだが、いかなる趣旨の花であれ、選挙区内の有権者に渡っているものなので、これは総支部として支出すべきものであり、総支部として支出したということで訂正することが大事だと思う」





( ー`дー´) チッ、うっせぇなぁ〜、訂正したからいいんだよっ!





山おしり_002.jpg







カエルの楽園
カエルの楽園百田尚樹

新潮社 2016-02-26
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊Hanada 2016年6月号 さよならパヨク 大放言 (新潮新書) 経済で読み解く明治維新 江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する 国会議員に読ませたい敗戦秘話







posted by kwazz at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック